「ヘイズ給与」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

法務専門家の採用動向に関する調査結果

...事務所は厳しい審査基準で臨んでおり、高い資質と経験が求められています。一方で、企業の人件費は抑えられる傾向にあり、最近法務専門家として採用された人材の給与は前職と同等額でした。『2012年度ヘイズ給与ガイド』でも報告されていますが、日本の法務市場の報酬は比較的低めで推移しています。そのため候補者はより一層自分が興味を持てる専門分野をめざし、転職先企業の将来の潜在的な成長力を考慮に入れ転職しています」。ヘイズ・ジャパンによる弁護士の採用動向に関する調査結果は次の通りです。法務専門家(弁護士、パラリーガル、法令順守、法務...

社員の定着率を高めるためには

...で競争できるレベルかどうか調べて下さい。「ヘイズ給与ガイド」で業界の報酬レベルを確認することもできます。企業の中には昇給に制限が設けられ、社員に競争力のある報酬を与えられないところもあるでしょう。その場合は、年金、保険、住宅手当、ジム会員権など社員への福利厚生の充実化を行うこともできます。ワーク・ライフ・バランス: 「ワーク・ライフ・バランスの改善」を転職の理由として挙げた中途採用者が22%であった事からも、社員の定着率を高める戦略に、ワーク・ライフ・バランスの改善を組み入れる必要があるのではないでしょうか。成果管理: 社員...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ