「ペンディング」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

CFOリサーチ グローバル・ビジネス・スペンディング・モニター2015

...ーバル企業の財務責任者(CFO)565名を対象に過去7年間行っている意識調査「アメリカン・エキスプレス/CFOリサーチ グローバル・ビジネス・スペンディング・モニター2015」の結果を発表しました。今年の調査で顕著だったのは、日本のCFOは過去2年、国内市場に成長の機会を見いだしていましたが、今後は海外市場により期待していることが明らかになりました。さらに、日本企業の投資水準は昨年と比べて大きな変化はないものの、徐々に積極的な投資から支出・投資の管理を強化する方向へとシフトしていることが分かりました。1.国内...

グローバル企業のCFO対象の調査です。

財務責任者(CFO)を対象とした意識調査

...ターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:ロバート・サイデル)は、グローバル企業の財務責任者(CFO)519名を対象に行った意識調査「アメリカン・エキスプレス/CFOリサーチ グローバル・ビジネス・スペンディング・モニター2013」の結果を発表しました。今回で6回目の実施となる本調査は、アメリカン・エキスプレスの法人事業部門と、CFOリサーチ・サービスが、2013年3月に米国、ヨーロッパ、カナダ、ラテンアメリカ、アジア、オーストラリアなど世界各国の企業で活躍するCFOを対象に共同で行ったものです。今年...

2016年12月29日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野/企業規模別予測

...きく上回り、2020年には約13兆9,018億円の市場規模に達します。予測期間前半では、既に一般消費者に行き渡ったモビリティが企業向けで成長し、これをベースにクラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長し、後半にはビッグデータ市場の成長も誘発します。しかし、第3のプラットフォームへの支出がデジタルトランスフォーメーションに見られる企業変革を生み、より大きな投資対効果を生み出すことかどうかは、企業の組織構造や文化も同時に変革できるかにかかっています。IDC Japan ITスペンディング グル...

2016年9月13日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測

...テンツアプリケーションの連携強化、クラウドを活用したマイクロサービス機能提供、およびコグニティブシステムを連携させた付加価値の拡大を目指すべきである」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ/ITスペンディング グループディレクターの眞鍋 敬は分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測、2016年~2020年」(JPJ40607516)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内コラボレーティブ/コン...

2017年6月7日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SMB IT市場において最新予測データを発表

...らに拡大するとみています。国内SMB IT市場は、PCなどの更新需要が回復していることからプラス成長を予測しています。なおSMBでは、既存システム刷新、またはPC更新需要が中心にIT支出の拡大を予測していますが、2020年以降はこれまでのIT支出の反動もあり、低い成長率を予測しています。IDC Japan ITスペンディンググループ リサーチマネージャーの市村 仁は「ITサプライヤーは、国内SMB IT市場において、2020年以降に市場拡大を持続させるために、SMBの経営課題の解決に直結する提案を積極的に行い、IT活用...

2016年12月14日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

...ビス企画の推進」の回答率が高く、産業特有のIT活用領域が浮かび上がりました。IDC Japan IT スペンディング マーケットアナリストの岩本 直子は「ユーザー企業におけるITの取り組みが組織横断で推進されていく現状を踏まえ、ITサプライヤーは、より事業部門や経営層へのアプローチを強化し、IT部門のミッション遂行を支援すべきである」と述べています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 産業分野別 企業規模別予測、2016年~2020年」(JPJ41772116)および「2016年 国内IT市場...

2016年7月24日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別予測

...体分野で成長が顕著になります。第3のプラットフォームの事業戦略への活用については、予測期間前半は大企業が中心となり、後半は中堅中小企業でも活用するケースが増えていきます。しかし第3のプラットフォームへの支出がデジタルトランスフォーメーション(DX)に見られる企業変革を生み、より大きな投資対効果を生み出すことかどうかは、企業の組織構造や文化も同時に変革できるかにかかっています。IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬 弥生は「ITベンダーは、第3のプラットフォーム活用の鍵を握る大企業に対して、とか...

2016年10月22日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内先端IT技術利用動向調査

...について取り上げ、中小企業における先端IT技術活用の可能性について議論しています。どちらのケースにおいても、先端技術を活用して事業成長を実現するためには、単なる技術の導入だけでは不十分であり、経営戦略に組み入れた検討を実施すべきであることを示しています。IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬 弥生は「ITサプライヤーは、ユーザー企業のデジタル変革を支えつつ、モビリティ、クラウド分野からIoT、認知システム、ビッグデータ活用へ、デジ...

2017年1月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 地域別予測

...機関などそれぞれのニーズや課題の違いを的確に捉える必要があります。IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬 弥生は「ITベンダーは、企業向けには大企業を中心にデジタルトランスフォーメーションを提案、推進し、行政関連市場においては地域間格差の是正に向けて第3のプラットフォームを活用した地方創生を推進していくべきである」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 地域別 予測アップデート,2016~2020年」(J17220301)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内IT市場を8地域(北海道/東北...

2017年2月13日IDC★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内金融IT市場予測 ~ FinTech活用に向けたIT支出が急拡大 ~

...タ連携の阻害要因となっています。IDC Japan ITスペンディンググループ リサーチマネージャーの市村 仁は「ITベンダーは、セキュリティ対策のほか、顧客データ管理/分析といった分野を中心にして、金融機関の『FinTech』ソリューションの提供本格化に向けてのサポートを強化することが重要となる」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「2016年 国内金融IT市場動向調査:「FinTech」のインパクトと金融機関のIT戦略の変革」(JPJ41849816)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内...

2017年4月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析

...占め、特にLOB主導でシステム選定と導入が進められていく業務領域であると分析しています。昨今、IoTやコグニティブ/AIシステム、AR/VRをはじめとするイノベーションアクセラレーターの取り組みにおいて「実証実験で終了し、その先に進まない」ことが課題として挙がっています。それは、これらのプロジェクトが事業部門単独でIT部門や他部門の積極的な関与なく、小規模に実施されていることと関連しているとみています。IDC Japan ITスペンディング シニアマーケットアナリストの岩本 直子は「実証実験をLOB部門...

2016年10月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内中堅中小企業IT市場におけるベンダー動向分析

...の「コモディティ化」が加速しており、従来のような既存システムの更新案件中心のビジネスは縮小傾向となるだけではなく、他社との差別化も困難となっています。ユーザー企業へのアプローチの拡充、または包括的なサポートなどを積極的に提供することで他社との差別化を図る必要がありますが、ベンダー、SIerが単独で対応することは困難な場合も多くあります。IDC Japan ITスペンディング リサーチマネージャーの市村 仁は「ITベンダーは、販売パートナーだけではなく、他業...

2016年11月7日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内中堅中小企業IT市場における「第3のプラットフォーム」利用調査

...ラットフォーム」ソリューションも課題解決のために採用しています。その他の地域では、IT活用は最低限に抑えており、課題解決のためのIT活用に消極的な企業が多いことから、「第3のプラットフォーム」ソリューションの利用も停滞していることがわかりました。以上のように、中堅中小企業における「第3のプラットフォーム」ソリューションのIT支出動向は拡大が見込まれていますが、地域別にみると、IT利活用における企業の期待度の違いによってソリューションの活用状況に大きな差異があります。IDC Japan ITスペンディング リサ...

2017年6月20日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測

...リティクス市場は大手企業や一部の中堅企業を中心に導入が進み、産業分野ごとに多様なユースケースが生まれています。IDC Japan ITスペンディンググループのシニアマーケットアナリストである岩本 直子は「今後、実証実験後の実装フェーズをいかに推進していけるかが、国内の第3のプラットフォーム市場のさらなる拡大の鍵となる。ユーザー企業のステークホルダーを巻き込みプロジェクトを推進できるITサプライヤーが、本市場の競争優位を獲得する」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内第3のプラットフォーム市場 産業分野別 企業規模別予測、2017年...

2016年7月8日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 IT支出動向および予測

...ネス成長に戦略的にITを活用している産業分野を中心に、安定したIT投資が維持されるとみています。また、2016年3月に実施したユーザー企業調査では、産業分野ごとに業務の現場における第3のプラットフォームの活用度の差異が見られました。IDC Japan ITスペンディング マーケットアナリストの岩本 直子は「業務の現場で第3のプラットフォームの活用が進む現状を踏まえ、ITベンダーはユーザー企業の業務への理解をいっそう深め、テク...

2017年6月14日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

...ザー企業に対して、新しい分野でのIT支出を促進することが求められます。IDC Japan, ITスペンディンググループのリサーチマネージャーである市村 仁は「ITサプライヤーは、ユーザー企業にIT活用の有効性の認識を促進させるために、人材不足を解決する業務効率化を図るソリューションなどメリットを実感しやすいソリューションを積極的に提案することが重要である」と述べています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 産業分野別 企業規模別予測、2017年~2021年」(JPJ41778517)にそ...

2017年8月17日IDCフィードバック数:0大型消費/投資

国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向

...金融機関に留まらず、スタートアップ企業、他の産業分野を含む「FinTechエコシステム」が構築され、多くの企業の業務/システムに効果が波及するとみています。IDC Japan ITスペンディング リサーチマネージャーの市村 仁は「ITサプライヤーは、金融機関を中心とした『FinTechエコシステム』構築に向けて積極的に支援することが今後の金融機関向けビジネス拡大に重要になる」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「2017年 国内の金融分野における第3のプ...

2017年7月18日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 最新地域別予測

...に困難になるとみています。IDC Japan ITスペンディンググループ リサーチマネージャーの市村 仁は「ITサプライヤーは、販売チャネル、サポート体制を見直し、第3のプラットフォームの活用などより効率的な施策を検討することが求められる」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内IT市場 地域別予測,2017~2021年」(J17220303)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内IT市場を8地域(北海道/東北地方、東京都、関東地方、北陸/甲信越地方、東海地方、近畿地方、中国/四国地方、九州...

2011年12月19日MasterCardフィードバック数:0社会/政治

世界の消費支出に関する中期的見通し

...の金融機関およびカード会社と加盟店に、ペイメントに特化したコンサルティング・サービスを提供しています。 Mastercard Advisorsでは、現金や小切手などあらゆる支払い形態を含めて国内の小売およびサービスの売上高を追跡するマクロ経済調査「SpendingPulse(スペンディングパルス)」レポートを定期的に発行しています。SpendingPulseレポートは現在、米国および英国で入手可能です。Mastercardのグローバル経済アドバイザーを務めるユワ・ヘドリック-ウォン博士は、25年にわたり30ヵ国...

2014年10月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等委託費(アジアリサイクルビジネス展開可能性調査事業)フィリピンにおける電気電子機器廃棄物のリサイクル事業に関する実施可能性調査報告書

...チ以上の液晶等)であり、製造会社は販売実績に基づき、一定割合の上記対象品目を回収することが義務付けられる。加えて、携帯電話については販売会社に無償での回収を義務付けるとともに、フィリピン国民が携帯電話を固形廃棄物として処分することを禁じるとしている。この法案は 2014 年 7 月現在、議会でペンディングとなっており、実現性は必ずしも高くはないが、このような法案が提出される等、フィリピンにおける E-waste への関心が高まっているといえる。83. フィリピンにおける電気電子機器廃棄物の発生量3.1.電気...

2015年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力先物市場に関する調査報告書

...ップその他のデリバティブ契約をいう19。この「 C6エネルギー・デリバティブ契約」の詳細については、同指令第 95 条「経過規程(Transitionalprovisions)」において規定される通りペンディング扱いとなっており、現在も検討が続けられている。なお現在、欧州委員会によるレベル 2 の委任法に基づき、ESMA が詳細を検13MiFID Ⅱ第 4 条第 1 項(23)において規定。“金融商品に関連する権利又は注文の売付及び買付を寄せ集めるよう設計された施設又はシステム”として定義される。原文: “ ‘organized...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ