「マクロ政策」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年4月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年3月)

...ア連銀総裁は低金利政策のコストの大 きさを懸念すると同時に、住宅バブルによる 資産減少に対して低金利政策は消費支出を 刺激するよりも民間貯蓄を増やすと警告し る。 ▶一方、ハト派のバーナンキ連銀議長は長期 金利の上昇からキャピタルロスが生じても、 それは連銀のマクロ政策の目標達成にとっ て副次的なものと捉え、あくまで低金利政策 を維持する姿勢を示している。 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階...

2014年11月11日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

為替レートが日本の輸出に与える影響の数量的評価:構造VARによる検証

...為替レートが日本の輸出に与える影響の数量的評価:構造VARによる検証 祝迫 得夫(ファカルティフェロー) /中田 勇人(明星大学) 概要日本のマクロ政策論議では、為替レートの変動が輸出ならびに国内の景気に与える影響に大きな関心が寄せられてきた。しかしリーマン・ショック後の2008 年末から2009 年にかけての局面では、円高の急速な進行という「価格ショック」と同時に、世界的な景気の減速に伴う総需要の急激な落ち込みという「数量ショック」が発生しており、円高...

2015年3月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

輸出・経常収支の動向と日本経済の将来

...2014年度 第3回一橋大学政策フォーラム 輸出・経常収支の動向と日本経済の将来開催案内我が国のマクロ政策論議では、為替レートと輸出の動向が国内景気に与える影響に、常に大きな関心が寄せられてきた。しかし、アベノミクス開始後の急速な円安の進行にも関わらず、輸出の伸びは鈍いままで、企業の海外への生産拠点の移動も進んでいる。最近の日本の輸出や貿易・経常収支の動向をどのように理解すべきなのか、それは今後の我が国のマクロ経済パフォ-マンスにどのような意味を持つかについて議論する。 イベ...

2015年2月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドの緊急利下げに続くアジア諸国

...再建の動きが確認されれば2015年の早い時期に利下げを行う方針、である。しかし、2015年2月3日の定例会合を待つことなく、1月の緊急会合で利下げが決定された。特に、物価安定については、インドの主要な原油価格指標(インディアン・バスケット、2週間平均ベース)が、前回の政策会合のあった12月上旬に1バレル=67ドルだったのに対し、1月前半は50ドルと約25%下落していたことが大きく考慮された。インド経済は2014年に入り景気の浮揚感を欠いていた。個人消費は一時的要因から堅調に推移したものの、投資の不振が続いていた。同時に、マクロ政策...

2014年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドのモディノミクスに過度な期待は禁物

...ほ総合研究所は「期待が先走るモディノミクス」と題するリポートを発表している1が、その中ではインド新政権の改革には多くのハードルがあるとの認識も示している。下記の図表に示されるように、インド経済は2014年1~3月期の成長率が前年比4.6%で、前期から横ばいの伸びが続いた。個人消費は一時的要因から堅調に推移したものの、投資の不振が続いている。マクロ政策の関係上、金融引き締めの継続で、設備投資の減速と耐久財を中心に個人消費の停滞が続くとみられる。■図表:インドの実質GDP推移16(前年比,%)12総固...

2015年5月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

進展する人民元の国際化と今後の展望-資本取引の自由化との関係

...たらす。(2)資本取引自由化のリスクと自由化の順序の議論さらに、資本フローの拡大やボラティリティの上昇により、為替レート、株価、金利などの変動が大きくなる。信用リスクや流動資本取引の自由化は、その前提条件が充足性リスクも増幅する。受け入れ国の経済規模されていない場合、通貨・金融危機に結びつに比べて資本フローの金額が大きい場合、国くリスクがある。マクロ政策の不適切な運営、内経済の不安定性が高まる可能性がある。金融部門の脆弱性、資本流入の促進政策など資本取引自由化の前提として、健全で維持によって、過剰...

2014年11月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治

経済共同体の設立とASEAN諸国の金融資本市場

...経済共同体の設立とASEAN諸国の金融資本市場調査部主任研究員 清水 聡   要 旨1.近年、アジアなどの途上国に対する資本フローが急増している。これにはメリットとともに、官民の債務増加や資本フローのボラティリティの上昇など、デメリットも大きい。途上国には、緊急時の流動性支援体制の強化、マクロ政策の適切な運営、国内金融システム整備の加速、などの対応が求められる。資本取引規制により資本流入を抑制する方法も考えられるが、ASEAN経済共同体の設立を2015年末...

2014年7月6日財務省フィードバック数:0ビジネス

上場企業と非上場企業の資本構成―法人企業統計を活用した分析―

...場に関わらず企業が同様の方法で意思決定を行うのであれば、研究対象を上場企業に限定しても差し支えない。しかし、上場企業と非上場企業の意思決定が大きく異なれば、上場企業を対象として行われてきたこれまでの研究成果の一般化はできない。したがって、上場企業と非上場企業の比較は、企業の意思決定に関する先行研究から得られた含意を適切に解釈するために必要である。また、非上場企業の中に大規模な企業が多数存在する場合、非上場企業を分析から除外してしまうと、マクロ経済に大きな影響を及ぼす主体のインセンティブを見落とす結果となってしまう。このため、マクロ政策...

2013年3月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

海外駐在情報:2013年の全人代と中国のマクロ政策動向

...経済調査室(香港)Economic Research Office (Hong Kong)海外駐在情報BTMU China Economic TOPICS( No.48 )范小晨 (Fan Xiaochen)Head of Economic Researchxiao_chen_fan@hk.mufg.jp2013-3-212013 年の全人代と中国のマクロ政策動向【要旨】¾今年の全人代では 2013 年の実質 GDP 成長率に関する政府目標値を 2012 年と同様の 7.5%に設定した。今後...

2013年7月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスで何が変わったのか~安倍政権半年間の評価と今後の展望~

... 策~「アベノミクス」の6カ月間は潮流の転換を後押しする意識転換~31.(1) 安倍政権の経済政策 「アベノミクス」① : 「三本の矢」と司令塔○ 安倍政権の経済政策「アベノミクス」は、「三本の矢」で構成・ 「三本の矢」 : ①大胆な金融政策、②機動的な財政政策、③民間投資を喚起する成長戦略○ 経済政策の司令塔は、経済財政諮問会議(マクロ政策)と日本経済再生本部(成長戦略などミクロ政策)・ 経済財政諮問会議は「経済財政運営の基本方針」(骨太方針)を、また日本経済再生本部・産業競争力会議は「日本...

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の中国経済を展望する

...内の学者や政府関係者の成長率目標に関する見解が多く伝えられたが、直前の党政治局会議で現在の‘穏中求進’(穏健なマクロ政策、穏健な成長率と物価水準を維持しつつ、構造改革を進める)方針を堅持することが確認された中で、目標を7.5%に設定すべきか、または7%に抑えるべきか、見解は大きく分かれている(12月9日付経済参考報、12日付第一財経日報等)。何れにせよ、以前の8%成長を死守する‘保八’の姿勢は過去のものだ。中国経済の潜在成長率については中国内でも様々な議論があるが*、高齢化の進展に伴う生産労働人口の低下や農村余剰労働力の縮小(ルイス転換点の到来)から、中国...

2014年7月30日京都大学★フィードバック数:0社会/政治

豊かさの指標として人工資本、人的資本、自然資本をまとめた包括的富指標についてのレポートです。

日本の包括的富推計

...以降の政府のマクロ経済政策を背景に、もっぱらそれが景気変動などマクロ経済の分析に用いられてきたからである。言うまでもなく、こうしたマクロ政策は、所得や消費の拡大を通じて、国民の福祉(wellbeing)を増大する構図を暗に想定している。それに対して、富の会計の主要な目的は、世代を通じた福祉の維持、すなわち持続可能性の評価にある。福祉を時間軸で捉えた場合、関心の中心は消費から資産、つまり富に移る。一定の所得のもとでも、資産を取り崩せば消費を増やすことができるし、貯蓄を通じて資産を殖やせば消費は減る(Stiglitzet al...

2011年12月21日内閣府フィードバック数:1社会/政治

緊張続く欧州政府債務問題―市場と世論のジレンマに立たされるユーロ圏―

...の持続可能性について市場の懸念が急速に拡大している。イタリアは、ユーロ圏第3位の経済規模を誇り、ユーロ圏全体の約 17%を占める大国(図6)であることから、イタリア政府の債務問題の帰趨は、ギリシャ債務問題に比べその規模や範囲の面でも世界経済により大きな影響を与えかねないことから、財政再建についての責任は極めて重大である。イタリア政府は 2011 年夏以降数次にわたる財政再建策を講じたものの、ベルルスコーニ首相(当時)個人のスキャンダル等の問題も相俟って、一部格付会社が指摘するように、経済成長率見通しの弱さや政治的な脆弱性により、財政再建を含むマクロ政策...

2015年4月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年4月号

...報告書に表れたドル高への不満実際、米国財務省が半期に一度公表する為替報告書の最新版(4/9)では、報告書の冒頭でドル高の進行に言及すると共に、金融緩和に偏った他国の政策アプローチを強く批判した。今年に入り、世界では金融緩和が相次いでおり(図表 4)、ドル高が加速する要因になっている。昨年 10 月に公表された為替報告書では、こうした指摘は全く見られなかった。「グローバルな主要課題は需要の伸びを押し上げることであり」、「短期的には、より景気刺激的なマクロ政策が不可欠」と述べるに留まったのである。G20声明にも変化。17 日に...

2013年12月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2013年12月)

...、製油所やマリーナシティー、ラブアン・本土を結ぶ橋の建設等を検討中で、推定投資額は50億米ドル。15日中央銀行は、不動産の高騰抑制策として、住宅ローンの融資上限の基準価格を、割引前の表示価格から実売価格への変更を金融機関に対して通達し、即日実施した。融資上限の実質的引下げ。15日マレーシア政府、個人情報保護法を施行(下記①)。20日ムーディーズは、政府の財政改革への期待感や安定したマクロ政策を評価し、の格付け見通しを「安定的」から「強含み」へと引上げた。国債の格付けは「A3」のまま。21日観光・文化...

2014年5月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国における証券化市場の再開と今後の課題

...システムの高度化には不可欠なものではあ的に適合するものであると考えられている。このような政策動向や近年の中国の金融経済環境に鑑みて、証券化を推進する目的として考えられるものは、次の通りである。第1は、中国のマクロ政策的な観点である。成長が鈍化した中国経済において、当局は信環太平洋ビジネス情報 RIM 2014 Vol.14 No.53103用総量の拡大を抑制しつつ、その構成内容のた。ところが、中国が投資主導で経済成長を改善を図る方向性を打ち出している。実際、続けることは限界に近づいており、財政支出2013年の社会融資総量の動きをみると、年前...

2014年5月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 新局面に入る日中韓経済と経済関係の現状】強まる韓国の対中経済依存―顕在化するジレンマ

...下した。 沿海部で企業倒産やレイオフなどが相次ぎ、農村からの出稼ぎ労働者の失業増加が社会の安定を損なう恐れが出てきたため、中国政府はマクロ政策の目標を従来の「景気の過熱防止」から「安定的で比較的速い経済発展の維持」に変更した。成長の確保に向けてインフラ投資の拡大と消費の刺激が積極的に図られたのに伴い、対中輸出は徐々に回復に向かった。とくに「家電下郷」プロジェクトに支えられて中国で液晶テレビの生産が増加したことにより、韓国から液晶パネルや半導体、電子部品などの輸出が増加した。この結果、対中輸出依存度は2010...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年10月号

...は政府機能の転換を改革の深化への突破口とし、政府と市場、社会との関係を正しく処理し、改革ボーナスの放出に努力し、安定成長・構造調整・改革促進を統一中華人民共和国成立64周年 的に進め、現在だけでなく長期的にも恩恵をもたらす一連の政策措置を実施してきたと発言。経済の下振れ圧力が高まりつつある中、マクロ政策を安定させ、調節方式9月30日 李克強首相経済政策祝賀招待会でのスピーチを刷新し、行政支出を圧縮し、財政赤字の拡大を防ぎ、金融を緩和も引き締めもせず、市場の期待を効果的に誘導した。現在、中国経済は安定の中で好転の兆しを示しており、今年...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度中小企業支援調査(レアメタルの主要な供給国における産業実態調査)

...)中国政府の全体像と各機関の役割国家の最高意思決定の機関国務院国家発展・改革委員会(旧国家計画委員会)(National Development&Reform Commission)マクロ政策の策定・決定機関• 国家経済の長期発展の戦略の策定• マクロ経済の監視、産業連携の促進• 財政、金融などの戦略策定への関与• 大型プロジェクトの計画策定への関与工業・信息化部商務部(Ministry of Industry &(Ministry of Commerce )Information...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ