「レンジ相場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月16日みずほ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2015年6月12日 人民元為替週間レポート

...のオンショア実勢相場は実需のドル買いが若干見られたが、基本的には6.20半ば-6.21後半の狭いレンジで推移。日中の値幅も90PIPSに抑えられている状況。■来週の見通し→ ドル人民元は6.1950-6.2150のレンジ相場。①過去の当局発言等を鑑みても、当局がこれ以上の元安進行を望んでいない事から、当面はレンジ相場が続く公算が高い。日中の変動幅も低い状況が続く可能性大。②発表された貿易統計では、貿易黒字は保っているものの、輸出/輸入の前年同月比は低下しており、元高への影響は限定的とみられる。今後、中国...

2013年11月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

再び上昇基調強める日本株~ボラティリティの高まりに警戒~

...みずほインサイトマーケット2013 年 11 月 28 日再び上昇基調強める日本株市場調査部シニアエコノミストボラティリティの高まりに警戒03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 日本株はいわゆる「アベトレード」復活の様相を呈しながら再び上昇基調を強めている。日経平均は5月の調整後のレンジ相場を上抜け、一時年初来高値に迫る水準まで上昇した。○ 日本株上昇を主導しているのは、海外投資家の買いであり、背景...

ブラジルへの資金流入が活発化

...4月から利上げを始めました。しかし最近の金融政策決定会合の声明文や議事録、あるいは中央銀行関係者の発言では、利上げのインフレ抑制効果は今後現れ、将来的にインフレ率は沈静化すると示されています。こうした発言などから、中央銀行は利上げ打ち止めを視野に入れていると推測され、近い将来にも金融政策が変化する可能性が想定されます。金利上昇リスクは以前より低下しており、債券市場は堅調な相場展開が見込まれます。為替については強弱要因が混在しているため、レンジ相場を見込んでいます。レアル高要因としては、需給...

2015年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...今後この操作目標は変更される可能性があります。※1ページ目の「当資料のお取り扱いにおけるご注意」をよくお読みください。3/9債券・為替市場【米国債券】 レンジ相場継続か3月末政策金利10年国債利回り【先月の回顧】0.00~0.25%1.92%前月末差0.00%-0.07%3月の米国債券市場は、10年国債利回りで2%を超えて上昇する中で始まりました。雇用統計が強い内容であったことから、上旬のうちに利回りは大幅に上昇しました。しかし、ECBが国債購入を開始すると、急低下したユーロ圏の債券利回りに連れて、米国の債券利回りも低下に転じました。雇用...

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 盟友不仲説

...14837.68円で取引を終了。先週のラリーの反動が意識されるなか、中国株の下落を嫌気して一時200円超下落したが、その後下げ渋り。・中国メディアの報道によると、一部の中堅銀行が不動産開発、セメント、鉄鋼向け融資を一時停止したとのこと。これを受けて上海株は不動産株を中心に1.6%程度下落している(15:00)。【注目点】~盟友不仲説~・日経平均が昨年来高値(16291円)から一時14%下落して14008円を付けた一方、USD/JPYは昨年末時点の105.31から下落したものの101.50近傍を下限としたレンジ相場...

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 個人投資家が帰ってくる

...・債券】~EONIA上昇→追加緩和期待~・17日の海外時間ではGBPが最も強く、USDがやや弱め。USD/JPYは米経済指標に対する反応も限定的で104.20-40のレンジ相場。他方、EURは軟調。EONIAが0.343%と、年末(0.446%)に次ぐ水準に到達したことで追加緩和期待が高まった。英小売売上高が+2.6%と予想(+0.3%)を大幅に上回ったことを受けてGBPはこの日の最強通貨。20日の日本時間では日本株の下落もあり、JPYが買われる展開となっている。・米10年金利は▲2.2bpの2...

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 今年はコジンの出番

...済指標は概ね好調だったにも拘らず米金利が低下、USDは主要通貨に対して売り優勢。アジア時間に急落したAUDに買い戻しが入ったほか、CHF、JPY、EURなども反発した。一方、新興国通貨は引き続き軟調。金は反発、原油は続落。17日日本時間では主要通貨に目立った動きはみられず。USD/JPYは104.30を中心としたレンジ相場。・米10年金利は▲5.0bpの2.84%と、12月FOMC(17-18)前の水準に到達。1月からは実際にQEが縮小しているが、今のところ影響は限定的。欧州債市場は全般的にラリー。好調なスペイン入札や米金利低下もあり、独10...

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

ASEAN・インド月報(2013年3月)

...始まったリンギット相場は、2月末に急落した反動もあり、一旦は3.08台まで反発した。その後中国正月に入ったことから、全般的に動意薄で3.09台を中心としたレンジ相場が続いた。欧州GDP成長率が予想以上に落ち込んだことによるリスク回避の動き(リンギット売り要因)や、米公開市場委員会議事録を受け、量的緩和が早期に終了するとの観測(ドル買い要因)もあったが、3.11台を大きく抜けることは無かった。ここまで対ドルでのアジア通貨安を引っ張ってきた円下落が、節目となる95円で抑えられたことが、リンギットを下支えする要因となった。前月...

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...ドルでは水準を切り下げました。昨年末にかけての上振れの反動もあり、株安を受けて下落して始まると、年初の数日で1ユーロ=1.35米ドル台に沈みました。その後は、米国の雇用統計の悪化を受けてユーロ高に振れたり、逆に、米国の他の経済指標の改善を受けてユーロ安に振れたりしつつ、おおむね1.36米ドルを挟んだレンジ相場となりました。下旬には新興国不安からリスク回避の動きが強まる中、ユーロ圏のPMIが上振れたこともあり、一時1.37米ドル台まで値を戻しましたが、月末にかけてはドイツ、ユーロ圏の消費者物価の伸びが予想を下回ったことで、一部...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ