「ロシア国内」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年9月13日トレンドマイクロ★★フィードバック数:0マーケティング

「フェイクニュース」に関する調査

...ースサイトでの記事掲載は500~1,300元(約8,200~2万1,000円)で可能としています。またロシアのサイトでは、4,000~6,000文字までの記事を作成し、ロシア国内のニュースサイトに掲載することを30万~55万ルーブル(約54万~99万円)で請け負っています。さらに別のロシアのサイトでは、ロシア国内の新聞や雑誌上に「広告と表示されない形」で記事掲載することに対しては、150万ルーブル(約270万円)程度で可能としているPR代理店の存在を確認しています。●図1:ニュ...

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

世界同時量的緩和の中、一人デレバレッジに挑むロシア経済

...的に2月12日にベラルーシ・ミンスクで仏・独・露・ウクライナの4ヵ国首脳会談で停戦の合意(ミンスク合意)にこぎつけ、欧州本土での紛争拡大を水際で食い止めている。◆昨年12月に通貨ルーブルが危機的な状況に陥った背景には、ロシア国内の原油・ガス等の輸出企業による対外債務返済に対する過度な警戒感が挙げられる。ルーブルの大幅減価によるバランスシートの毀損を警戒した輸出企業が、決済通貨であるドルの売却/ルーブル購入をストップしたため、ルーブルの下落が加速した。ただし、たとえロシア中銀が、今後1年半...

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア、格下げでますます袋小路に追い込まれる ~大量の資金流出が続くなか、格下げは実体経済の下振れを招くことになろう~

...に同国から海外資金は差し引きで 637 億ドル流出超の状況となっており、国際機関などによる見通しでは今年通年の資金流出額は 1500 億ドルに上るとの見方も出ている。同国の外貨準備高は先月末時点で 4428 億ドルと世界第3位の規模にあることを勘案すれば、国内銀行が海外との取引が停止されても直ちに外貨資金調達などに悪影響が出る可能性は必ずしも高くない。しかし、足下ではウクライナ情勢がさらに悪化する可能性が出ており、欧米諸国は追加的な経済制裁に踏み切る可能性を示唆する動きをみせている。これまでの経済制裁によってロシア国内...

2015年3月25日笹川平和財団フィードバック数:0ビジネス

北極海航路:2014年

...【Ocean Newsletter】バックナンバー 海洋政策研究財団特別研究員、元北海道大学大学院教授◆北川弘光 NPO法人海遍路代表、高知大学名誉教授◆山岡耕作 ニューズレター編集代表((独)海洋研究開発機構上席研究員/東京大学名誉教授)◆山形俊男北極海航路:2014年[KEYWORDS]北極海航路/ロシア国内法/燃料費下落 海洋政策研究財団特別研究員、元北海道大学大学院教授◆北川弘光ほぼ順調に航行隻数を伸ばしてきたシベリア沿岸域を通る北極海航路(NSR)は、氷況に恵まれなかったこと、ロシ...

2014年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ緊張再燃3つのリスク ~クリミアに追随する動きが広がる~

...今回の政府機関占拠にロシアが関与していた場合にも、その目的は東南部への軍事侵攻の口実を作ることではなく、ウクライナ政府に揺さぶりを掛けることにあると考えられる。既に欧米諸国はロシアがウクライナ東南部への介入を強めれば、貿易取引や金融取引の全面的な禁止を含む追加の経済制裁措置を採る方針を表明している。ロシア国内のナショナリズムを鼓舞する目的を除けば、さらなる軍事侵攻はロシアにとって経済的な打撃が大き過ぎる。ロシア寄りとされるウクライナの東南部の州も、住民構成でみるとウクライナ系住民の割合がロシア系住民を上回っている(図表1)。この...

2013年12月22日PHP研究所フィードバック数:0ビジネス

「PHPグローバル・リスク分析」2014年版

...書の内容は上記PDFでご覧いただけます(A4版、ページ数約24ページ)。 PHPグローバル・リスク分析の推移(2012―2016年) 畔蒜泰助(あびる・たいすけ) 東京財団研究員兼政策プロデューサー1969年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。モスクワ国立国際関係大学国際関係学部修士。専門はロシア国内政治、ロシア外交政策、ロシアのエネルギー戦略。露ヴァルダイ・クラブのメンバー。著書に『「今のロシア」がわかる本』(三笠書房・知的生きかた文庫)、『原発とレアアース』 (共著、日経...

2014年12月21日PHP研究所★★フィードバック数:0社会/政治

シンクタンクによるトップ10です。

「PHPグローバル・リスク分析」2015年版

...書の内容は上記PDFでご覧いただけます(A4版、ページ数約24ページ)。 PHPグローバル・リスク分析の推移(2012―2016年) 畔蒜泰助(あびる・たいすけ) 東京財団研究員兼政策プロデューサー1969年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。モスクワ国立国際関係大学国際関係学部修士。専門はロシア国内政治、ロシア外交政策、ロシアのエネルギー戦略。露ヴァルダイ・クラブのメンバー。著書に『「今のロシア」がわかる本』(三笠書房・知的生きかた文庫)、『原発とレアアース』 (共著、日経...

エマージング10~投資10ヵ国についての四半期コメント~

...を要する分野が数多く存在していロシアます。また、隣国ウクライナで、EU(欧州連合)との統合路線を棚上げした現政権に対する反政府デモが激化するようであれば ロシア国内外の安定を脅か権に対する反政府デモが激化するようであれば、ロシア国内外の安定を脅かす可能性があります。z 当四半期、ロシア・ルーブルは米ドルおよびユーロに対して軟調に推移し、リーマン・ショック後の安値水準近辺まで下落しました。z 当四半期、同国の株式市場は下落基調で推移しました。足元のバリュエーションは株価の割安さを示唆しているものの、2014年の企業収益見通しは、前年...

2015年1月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア経済は油価急落で悪化へ~短期的にはデフォルトリスクは限定的~

...に、もし現在の高い政策金利が長期間続き、連邦財政支出が大幅に削減される事態になれば、実質GDPの減少が2009年よりも深刻なものとなる可能性も否定できなくなる。ただし、現在のロシアの状況は、次の2点において2009年とは異なっている。第1に、足元のルーブル・レートの下落率は2009年よりも大きい。また、欧米の制裁に対する報復措置として、ロシアは農畜産物の輸入禁止措置を講じている。これらは、ロシア国内市場における製造業や農業の競争力改善をもたらし、生産水準の維持・拡大につながる可能性がある(輸入...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ