調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ロシア経済制裁

「ロシア経済制裁」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月25日笹川平和財団フィードバック数:0ビジネス

北極海航路:2014年

...に恵まれなかったこと、ロシアNSR航行規則の改訂、EU経済圏の不況、ウクライナ情勢に伴う米国のロシア経済制裁など幾つかの要因はあるが、主たるは国際海運運賃市場の動向と燃料価格の下落である。物流面では、これまで欧州・アジア間のNSR海上輸送は、中国経済が支えてきたと言ってもよい。しかし昨年来中国GDP成長速度の失速があり、鉄鉱・石炭等ドライ・バルク分野の減少影響が大きい。併せて、原油価格の下落、米国のシェール・ガスおよび石油開発ブーム、アフリカ各地での天然資源開発の台頭、インド市場の急成長などが、コス...

対ロ制裁下で進むロシア中国のエネルギー協力

...いるアジア向けの LNG 輸出プロジェクトとして注目されている事業だが、欧米諸国の対ロシア経済制裁によって欧米からの資金調達に困難になったことから、同事業は設備や資金の調達をアジア圏、特に中国を中心としたものにシフトしている。2014 年 11 月にロシア RIA Novosti が伝えたところによれば、パートナーである CNPCの助力を得て、中国の複数の銀行から総額 100 億ドル以上の資金を調達できる見込みになった。また、液化設備のプラントモジュールは、中国企業が大量受注したとみられている。総重量 40 万ト...

市場データです。

ベースメタル国際需給動向

...政策金利引き上げ等の懸念が上値を抑え、足取り鈍く推移して3月を終えた。ニッケルは、インドネシアにおける鉱石輸出停止が続く中、2月末から本格化したウクライナ問題を巡る対ロシア経済制裁の懸念が更に上昇要因となり、3週間で14%上昇し、約1年ぶりの高値を記録した。 参考として図1-1に2014年2~3月の為替相場を、図1-2に欧米中の製造業PMI推移を示す。鉱業動向 2014年2~3月のベースメタル相場は、米中の経済指標に加え、ウクライナ問題や中国債券市場初のデフォルト等のイベントに大きく影響を受けて、鉱種毎に異なる動きを見せた。 2月初...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ