「ロビー活動」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(ロシアにおける現地進出日本企業団体のロビー活動等の活発化に関する調査)報告書

...平成25年度経済産業省委託調査平成25年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(ロシアにおける現地進出日本企業団体のロビー活動等の活発化に関する調査)調 査 報 告 書2014年3月一般社団法人ロシアNIS貿易会はじめにトヨタ自動車の工場進出表明以後、ロシアでの工場建設を含め日本企業の進出が急増するとともに、日系企業のロシアでのビジネスの阻害要因が表面化し、ロシア政府に対する日系企業のロビー活動の必要性がでてきている。ロシアではすでに日系企業団体が活動しており、一定のロビー活動...

2014年3月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域金融機関に求められる役割と持続可能なビジネスモデル ~論点整理~

...ィーガル法の存在にあることを指摘して、ロビー活動を積極的に行っていた。この背景には、米国の投資銀行を含むシャドーバンキングが銀行の伝統的な貸出を上回る勢いで成長していた時期と重なる(下記グラフ)。欧州ではユニバーサルバンク、英国ではマーチャントバンクであり、欧州の国によっては一定の条件の下、銀行と事業会社が相互に参入することが可能であった。日本国内では、こうした欧米の影響を受け、一般事業会社の銀行業への参入とともに、銀行業と商業の相互参入の議論もなされていた。ただし、利益相反、銀行業の健全性維持、市場の寡占化、セー...

Renewable Energy World Europe(その2)

...スキームの無理の無い段階的廃止を確保しながら、FIT の適用年数を限定してきたことによって、ほとんどの国で FIT は“高度なタリフ制度”へと進化してきた。投資家に対する安全を提供するために、この支援スキームは通常 10 年から 15 年の適用期間を持っている。また、いくつかの国では、FIT はまた、全負荷の時間のみに限定されている。複数の再生可能エネルギー資源間の価格の差別化も、多くの国で行われている。欧州では非常に少数の国が、FIP を採用しており、ベルギーは主要国の 1 つである。大規模な電力多消費型産業界が、電気料金に課徴金を課すような制度に対して積極的にロビー活動...

インドネシア 鉱石輸出規制によるニッケル需給へのインパクト

...Newmont Corp.(+日本)が操業 製錬所建設計画数の少なさ、GDPへの影響のほか米国のロビー活動もあり、精鉱での輸出は時限的に許可された しかし、高率な輸出税に反発し両社は政府との個別交渉を申し入れ。製錬所建設のための保証金預入、輸出税(7.5%、暫定税率25%より引き下げ)の支払い及びCoW改定に関するMoUを締結することで輸出再開に至った。2014年2月2014年3月2014年4月PT FI-Antamによる銅製錬所建設の共同FS開始PT FI、Grasberg銅山操業6割削減PT FI...

2014年5月6日日本産業機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

欧州のCCSの状況について(その1)

...つか多くの国で温室効果ガスの削減目標を達成することを助ける技術であることを信じている。しかし、欧州議会における私の最近の経験の中には、熱意― 1 ―調査報告 ウィーンを持って将来像を共有する政治的なロビー活動を構築できなかった厳しい状況がある。1 年前、私は、CCS の独自目標を達成できなかった理由を特定し、技術の発展を奨励するために行うべきことを決定する環境委員会の席で政界の同僚を説得した。党全体で何年もの間、同僚と共同で作業を行い、レポートを書く準備を進めた。良いニュースとしては、CCS を支援するためのイニチアチブの提案ならびに宣言を記したレポート『Developing...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国における原子力発電及び核燃料サイクル動向調査)最終報告書

... が単独法案として纏められるとは考え難い。よって、同法案の支持者は、歳出権限法案など、「可決が必須の」大型法案に添付する戦略を取るであろう。ワシントンにある原子力産業界の政策団体である原子力協会(NEI)は、H.R. 1280 に強く反対しており、今後の動きに対抗するロビー活動を行っている。NEI は、この法案のために、他国が米国との間で 123 協定を結ばなくなると主張している。また NEI は、他国が協定に署名するとしても、米国が濃縮・再処理条項を強調することを「嫌い」、結局...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ