「一般建設」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

埼玉県内主要産業動向調査(産業天気図) -2014年1~3月期-

...、同様な理由による卸売、燃料費の高騰や人手不足の運輸・倉庫がともに「曇り」へ後退している。先行きについては、晴れ間が消え、曇が広がる見込みである。製造業では、紙加工品等、金属製品、輸送用機械、精密機械及び飲・食料品が、非製造業でも卸売及び小売のいずれも駆け込み需要の反動減等から落ち込み、一般建設も、資材価格・人件費の上昇や人手不足から後退する見通しである。一方、製造業のうち化学・プラスチック・ゴム製品は薬価引下げに伴う医薬品の在庫調整が進展するほか、鉄鋼・非鉄金属、電子部品・デバ...

埼玉県内主要産業動向調査(産業天気図) -2014年7~9月期-

...車部品を中心とした温度検知・制御用の各種センサーの需要が堅調、電子部品・デバイスはスマートフォン・タブレット端末用部品が好調、飲・食料品はスイーツ類やパン類が堅調なことから、いずれも「曇り」へ持ち直している。非製造業では、一般建設が経済対策による公共工事が寄与し「晴れ一部曇り」へ、小売は自動車販売で反動減の影響が見られるものの、スーパーやコンビニなどで総じて売上が改善し、運輸・倉庫はコンビニ向けの取扱量が拡大するなどから、「曇り」へ各々持ち直している。先行きについては、雨はほとんど止み、晴れ...

平成26年 経済動向と消費増税後の影響を探る

...機械などでは海外企業との競争激化を強いられるでしょう。非製造業では、一般建設や住宅建設では消費増税の反動減や人件費・資材価格の上昇が懸念されますが、比較的順調な受注環境が継続するとみられます。卸・小売も、反動減による調整局面に入るものの雇用・所得環境の改善もあり大きくは悪化しないと予想しています。消費増税後の影響売上減少や価格転嫁などの課題に取り組むことが必要消費増税は実質の可処分所得を目減りさせ、駆け込み需要の反動減もあって総じて売上の減少が懸念されます。また、前回の消費増税では多くの中小企業が価格転嫁に苦戦したともいわぶぎんレポート No.174...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度アジア産業基盤強化当事業(インフラ・システム輸出に係る基礎情報収集調査)

...以外はその他とした。韓国では、発電及びエネルギー・化学・海洋セクターの受注が主であり、近年の中近東を中心とした発電及び淡水化プロジェクトの受注が伸びていることを反映している。エネルギー・化学・海洋セクターは累計受注実績としては一番割合が高く、更に詳細にセクターを見てみると、エネルギー(石油・ガス)セクターが最大であり、受注実績は拡大傾向にある(但し、2010 年は前年比 57%減であった)。化学(石油化学)セクターは逆に受注実績が激減し、海洋セクターも 2009 年をピークに受実績が減少している。8中国では、その他に分類している一般建設...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ