「一般消費財」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

ダイワ米国バイバック・ファンド (為替ヘッジなし)【最近の市場環境について】

...かじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。販売会社等についてのお問い合わせ⇒ 大和投資信託 フリーダイヤル0120-106212 (営業日の9:00~17:00 ) HP http://www.daiwa-am.co.jp/1/5ファンド設定日以降、(バイバック銘柄の代表的な指数である)米国バイバック指数はS&P 500指数を下回って推移しました。この要因としては、米国バイバック指数のおよそ3割を占める一般消費財/サービスセクターのパフォーマンスが3月から4月に...

2015年3月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の企業業績動向と株式相場見通し

...エネルギーが 14.7%の大幅な減収に陥った他、素材や一般消費財・サービス、生活必需品、情報技術等の伸びの鈍化が目立つ。大幅減収となったエネルギーを除いた場合も増収率は 4.8%と増収率の鈍化傾向は変わらない。エネルギーや素材では原油安・資源価格下落が売上高を下押しし、消費関連や情報技術では急速に進行したドル高が減収の一因となったと考えられる。実際、ドル高については、今後の業績を下押しする影響について言及しているグローバル企業が幅広い業種で散見された(次頁図表 4)。S&P500 採用...

2014年2月3日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセンのデータです。

2013年第3四半期の世界の広告費動向

...年1月-9月期までの間に最も高い伸び率を記録したのは鉱業・農業・不動産・サービス業と、一般消費財(FMCG)のカテゴリーでした。鉱業・農業・不動産・サービス業のカテゴリーでは、特に不動産業の広告費が世界全体で11.3%増と大きく伸長しました。この原動力となったのが伸び率33.9%増のアジア太平洋で、2012年秋の米国大統領選挙の反動から5.7%減となった北米を補ってなお余りある増加でした。また、一般消費財の広告費も前年を上回る状態が続いており、世界全体で6.0%増となりました。産業...

米国の主要企業の業績見通し 原油安、ドル高のマイナス要因を織り込み、今後持ち直しへ

...マンショック後の景気後退の影響が残る2009年7-9月期以来の減益となります。■原油安による関連企業の業績悪化やドル高による海外部門の採算悪化は、事前予想への織り込みが進んでいると見られます。また、米国の景気は製造業を中心に弱含んでおり、決算発表を前に予想が実態以上に慎重になっているとも考えられ、今後上方修正が期待されます。 原油安の影響は年前半まで ■業種別には、「エネルギー」の大幅な減益に加え、「公益事業」、「素材」などで減益となる一方、「金融」、「資本財・サービス」、「ヘルスケア」、「一般消費財・サービス」が堅...

米国の主要企業の業績見通し  原油安、ドル高のマイナス要因の織り込みが進む

...%から上振れています。■原油安によるエネルギー関連の投資減速やドル高による海外部門の採算悪化は、概ね事前予想に織り込まれていたと見られ、予想対比の上振れには消費関連や情報技術関連などの業績上振れが貢献しました。 ドル高により海外部門で苦戦も ■業種別には、「エネルギー」で下方修正が続き大幅な減益となる一方、「情報技術」、「ヘルスケア」、「一般消費財・サービス」が大きく上方修正され、全体を押し上げました。その他、「資本財・サービス」でも上方修正され、全般に景気に敏感な業種が底堅い展開です。■決算...

米国の主要企業の決算見通し  2015年後半に増益率は加速

...な見方が織り込まれる傾向があることに加え、昨年来の原油安による「エネルギー」の大幅減益が大きく影響しています。 ガソリン安で消費関連が好調 ■その他の業種をみると、「素材」などで減益が見込まれているほかは、概ね堅調な増益となる見通しです。「一般消費財・サービス」、「資本財・サービス」などの景気に敏感な業種は底堅い増益が続く見込みです。■大手百貨店が年末商戦の好調さを示唆するなど、消費は底堅く推移しており、関連企業の決算が予想を上回る期待が強まっています。企業のソフトウエア投資も底堅く推移しており、「情報技術」関連...

米国の主要企業の業績動向と今後の見通し ~大幅下方修正により悪材料を織り込み~

...別にみると、国内事業が中心の「電気通信サービス」、「公益事業」がそれぞれ前年同期比+13.2%、同+7.5%と全体を支えるものの、新興国の景気減速により資源価格の下落の影響を受ける「エネルギー」、「素材」が減益の見込みです。ローンの伸び悩みや利ザヤ確保に苦戦する「金融」も減益が見込まれています。 2.幅広く下方修正、悪材料は織り込み済み  今年1月初めからの修正を業種別にみると、全10業種のうち「公益事業」を除く9業種が下方修正されています。増益率の修正幅で大きいのは、「素材」が▲10.5%、「一般消費財...

米国情報技術セクターの投資環境について

...日時点の予想PERセクター別 過去平均PERに対する現PERの乖離率エネルギー公益事業ヘルスケア生活必需品材料S&P500指数資本財・サービス割安一般消費財・サービス金融-2%情報技術(IT)-8%電気通信サービス -14%-20%-10%18%14%12%11%8%7%7%割高1%0%10%20%出所:ブルームバーグ 2014年5月7日時点本資料は、情報提供を目的としてゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、特定...

2014年5月19日コレクシア★フィードバック数:0マーケティング

商品ごとの購買までのフローが分析されています。

消費者行動図鑑

...製品やサービスが「消費者にどう選ばれ、買われているか」、知ってますか? 消費者行動図鑑は、消費者の購買行動に特化した情報サイトです。市場のあらゆる一般消費財・耐久消費財・サービスなどのリアルな「買われ方・選ばれ方」のデータを集め、分析し、そこから得られる情報を提供しています。 『消費者行動図鑑』が提供する、 消費者行動分析の新基準 現在、様々な市場調査や分析サービスがありますが「実際、消費者がどうやってモノを選び、買っているのか」は意外と知られていません。しかし、消費...

2011年11月16日リクルート★★フィードバック数:2マーケティング

ソーシャルメディアのビジネス利用についての調査結果です。

SNSは、ビジネスの現場でどう使われているのか?

...プットしたいというニーズが強いようだ。 【Facebook】海外の友人との交流、企業の公式アカウント閲覧など幅広く活用2008年に日本版がスタート、今年に入って急速に勢力を伸ばしているFacebook。世界で約8億人ものユーザーを持つ世界最大のSNSで、国内でもすでに1000万人を突破した。Facebookの最大の魅力は、やはりグローバル性。「海外の友達ともつながれるので、自分自身の輪が広がるし、企業との接点も持つことができる」(一般消費財メーカー/事務系)、「海外の情報を得たり、海外にいる友人と交流するときに特に便利」(建設/クリエイティブ系)と...

2017年1月29日ランスタッドフィードバック数:0マーケティング

「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の上位候補20社

...ンス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、UKアメリカ大陸地域:アルゼンチン 、カナダ、USA、アジアパシフィック・その他の地域:オーストラリア、中国、香港、インド、日本、マレーシア、ニュージーランド、ロシア、シンガポール・ 建設業/不動産/住関連・ 一般消費財・ 化学/医薬・ 資源/素材・ 機械/輸送用機械・ 電気/精密機器・ 商社/卸/小売業・ 金融/保険・ 運輸 ・ 情報通信/サービス業ランスタッドについて◯ラン...

2016年5月2日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

口コミから見る「働きやすい会社」ランキング2016

...上司も女性であり尊敬できる人です」(ハードウェア関連職 30代後半 男性)「ネットワークエンジニアの聖地とも言える企業。様々なネットワーク機器に存分に触れ、スキル向上を図りながら業務を行えました」(カスタマーサポート 40代前半 男性)6位:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 【一般消費財】平均点:3.79労働時間の満足度:3.86 仕事のやりがい:3.81 ストレス度の低さ:2.67休日の満足度:4.19 給与の満足度:4.24 ホワイト度:3.95ユーザーの口コミ:「若い頃から大きな裁量権を与え、OJTで育...

2013年7月19日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収1000万円強のビジネスパーソンが選ぶ息子・娘に入社してもらいたい企業

...りの黒字を果たしたことにより、今後の成長性に期待が寄せられた結果と言えるでしょう自分の娘に入社してもらいたい企業ベスト3についての考察1位 資生堂 ~ 世界的に人気の高い資生堂ブランド ~ 堂々の第一位は就活生の人気企業ランキングでも上位をキープする資生堂。日本の化粧品ブランドとして躍進を続ける同社は、世界各国でも高級ブランドとして知名度が高いことが特徴です。需要が高い消耗品を多く扱うため、安定企業であるということと、娘には常に美しくあって欲しいという願いが込められた結果なのかも知れません。2位 P&G ~世界最大の一般消費財...

近年の鉛・亜鉛市場の動向

...特徴及び性質の変化について述べた。 まず、需要については、経済的な観点及び産業分野におけるトレンドの観点から分析がなされた。同氏の説明によれば、世界経済は、中国経済・欧州経済に対する不安を主な要因として今後景気後退に向かうと見通されているが、アジアやアフリカ地域においては今後予想以上の成長を期待でき、ユーロ安の進行状況によっては欧州においても経済が回復する可能性がある。また、建設分野や一般消費財における需要も未だ多く、工業分野における需要も今後の拡大が見込まれるため、亜鉛市場含む産業分野は短期的には成長できる可能性がある。さら...

米国情報技術(IT)セクターの投資環境について

...スマートフォンやタブレット端末の台頭により減少を続けていた世界のPC出荷台数は、今年第2四半期に前年同期比0.1%増と小幅の上昇に転じました。企業のIT投資の回復やWindows XPのサポート終了に伴う企業需要の拡大が主な要因ですが、一般消費者向けのPC販売増も貢献しました。2014年4-6月期決算内容(市場予想との比較)予想以上予想通りヘルスケア予想以下86%12%情報技術情報技術(IT)73%14%金融75%11%資本財・サービス68%素材14%74%7%一般消費財・サービス60%12%エネルギー61%9%公益事業62%生活必需品42%電気...

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26)) ~NZの輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~

....49%と前月(同▲0.33%)から3ヶ月ぶりに上昇に転じており、食料品価格は上昇基調を強めている ほか、調整が続いてきた一般消費財価格も上昇に転じている。なお、原油市況の調整などを背景に運輸関連の 物価は下落基調が続いており、全般的な物価上昇圧力を抑える役割を果たしていると考えられる。なお、景気 の先行きに対する不透明感から不動産市況が下落する状況が続いており、 当月は底打ちの動きがみられたもの の、この動向は物価のみならず、景気の行方にも影響を与えるものと予想される。 26 日に発表された8月の...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾中銀、先行きの不透明感を警戒(Asia Weekly (12/23~12/27)) ~来年も経済成長率は潜在成長率を下回るとの見方を示す~

...売上高の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 5 TW 政策金利の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[シンガポール] ~足下の外需鈍化が重石となり、主力の電気機械関連で大幅な生産調整圧力~23 日に発表された 11 月の消費者物価は前年同月比+2.6%となり、前月(同+2.0%)から加速した。前月比も+0.71%と前月(同+0.12%)から大幅に加速しており、食料品やエネルギーなど価格変動の大きい生活必需品は落ち着いているものの、不動産価格が大きく上昇したほか、服飾品をはじめとする一般消費財...

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

高輸出依存国で景気の底離れが続く(Asia Weekly (2/17~2/21)) ~タイでは景気対策切れや政情不安が景気の重石に~

...いて減少基調を強めていることが影響している。なお、労働力人口の拡大ペースに頭打ちの兆しが出ており、中国本土経済の景気減速が労働意欲の低下を招いていることも予想され、必ずしも雇用機会の拡大が失業率の低下を促している訳ではない可能性も残る。21 日に発表された1月の消費者物価は前年同月比+4.6%となり、前月(同+4.3%)から加速した。前月比も+0.42%と前月(同+0.34%)から上昇ペースが加速しており、食料品価格の上昇ペースには一服感が出たほか、景気の不透明感などを背景に一般消費財価格も低下しているものの、電力...

2013年11月2日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセンの調査です。

2013年上半期及び第2四半期の世界の広告費動向

...の兆しが見えたのはヘルスケア産業で、2013年上半期は前年同期比で2.5%の増加を記録しました。また、他の産業を抑えて長らくトップシェアを守り続ける一般消費財(FMCG)も、前年比5.7%の伸長に支えられ、全産業におけるシェア21.3%を占めました。「比較的シェアの大きい広告媒体に対してはこれまでより支出を抑える動きが見られる一方、新しい媒体に向けられる予算は増え続けています。また、自動車や金融産業の大手広告主は、経済成長のペースが予想を下回る中で支出を抑制する傾向にあります。広告費を減らす産業・媒体・地域がある一方で増やす産業・媒体...

2013年8月2日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

グローバルでのデータです。

2013年第1四半期の世界の広告費動向

...ビス産業の中では特に鉱工業、農業、不動産業への広告支出が大きく伸び、世界全体で28.7パーセントの増加となりました。インダストリー&サービス産業の広告支出が最も盛んに行われたのはアジア太平洋と中南米で、それぞれ22.1パーセント、10パーセントの増加を記録しています。産業別シェアの11.5パーセントを占めることからも、インダストリー&サービス産業は広告支出活動の中で重要な役割を担っていると言えるでしょう。産業別広告費で圧倒的な存在感を示し続ける一般消費財(FMCG)も、その成長ペースを緩めることはなく、この四半期で6.1パー...

BofAメリルリンチファンドマネジャー調査:コモディティの配分が減らされる一方で、キャッシュの配分が拡大

...ルギーや素材からドル、キャッシュ、ユーロ圏株、グローバル・テクノロジーおよび一般消費財株に資金を移す動きが見られる。」と述べています。欧州株/クオンツ・ストラテジスト、Manish Kabraは次のように述べています。「ECBの量的緩和観測を背景に、欧州株への見方がひとつにまとまってきたが、景気循環の弱まりやコモディティ市況の下落が本格的な収益回復を妨げる要因となっている。」良好なインフレ動向が景気見通しを高める今後12ヵ月間、成長率はトレンドを上回り、イン...

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年2月) ~アジア新興国は海外資金と如何に付き合うべきか~

...経由による輸出が引き続き堅調なことに加えて、関係悪化の影響で鈍化していた日本向けが底入れしたほか、景気拡大が続くASEANや韓国などアジア向け輸出や、足下の原油価格の上昇を追い風に中東やロシア、豪州といった資源国向け輸出も好調に推移している。一方の輸入額も前年比+28.8%と前月(同+6.0%)から大幅に加速した。こちらも春節の影響を考慮した前月比は2ヶ月連続で拡大しており、政府の内需喚起策で個人消費などが活発化し、一般消費財の輸入が拡大したほか、輸出の堅調を反映して経済特区での輸出財生産に必要な部材などの輸入も拡大している。結果、貿易...

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の実感に近い景況感はどちら?(Asia Weekly (3/1~3/6)) ~未加工鉱石禁輸の影響でインドネシアは再び貿易赤字に転じる~

...%)から6ヶ月ぶりに前年を下回る伸びに転じた。前月比は+0.30%と前月(同+0.11%)から上昇ペースが加速しており、食料品や一般消費財などは春節(旧正月)の連休が終わったことで物価が下落したものの、住宅関連のほか、医療や娯楽といったサービス物価は全般的に上昇している。なお、生鮮品とエネルギーといった価格変動の大きい財を除いたコア物価は前年同月比▲0.20%となり、丸2年ぶりに前年を下回る伸びに転じたものの、前月比はわずかに上昇しており、物価上昇圧力はくすぶっていると考えられる。図 11 TW イン...

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1月のアジア輸出は春節の影響が直撃(Asia Weekly (2/24~2/28)) ~先進国の景気回復は外需主導の景気拡大を後押し~

...ガポール] ~先行きのインフレ懸念がくすぶる中、春節の影響で生産は全般的に一服の模様~24 日に発表された1月の消費者物価は前年同月比+1.4%となり、前月(同+1.5%)から減速した。なお、前月比は+0.15%と前月(同▲0.32%)から2ヶ月ぶりの上昇に転じており、食料品物価の上昇に一服感が出ているほか、国際商品市況の調整などを背景に一般消費財を中心に物価は落ち着いているものの、公共料金の引き上げや賃金上昇、不動産価格の上昇などが全体的な物価の押し上げに繋がっている。足下...

2014年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業の外需依存が一段と鮮明に(Asia Weekly (9/29~10/3)) ~韓国、一部に対策効果発現も景気を取り巻く状況は深刻なまま~

...加速した。ただし、前月比は+0.27%と前月(同+0.47%)から上昇ペースが鈍化しており、食料品価格が下落するなど物価動向を左右しやすい生活必需品を中心に物価が下落したことが影響した。コア物価も前年同月比+4.04%と前月(同+4.47%)から減速し、前月比も+0.29%と前月(同+0.46%)から上昇ペースが鈍化しており、一般消費財やサービス物価の上昇ペースが鈍化するなど、足下の景気が力強さを欠いていることも物価上昇圧力の後退に繋がっている。なお、今月 20 日に誕生するジョコ・ウィ...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度消費者行政推進調査等委託費(消費者の生活向上に資する新たな流通の在り方に関する調査研究)

...時の必需品物資供給のあり方にする研究会」という名称により、下記の要領で実施した。図表2-2:研究会開催要領回時期検討テーマ1平成 24 年3月 21 日10 時~ 12 時環境認識の共通化と対応すべき主要課題の抽出1.情報の共有各業界団体、シンクタンク等における、以下の内容に関する情報共有・震災時の物資供給・物流について把握している状況・今後のあり方に関する提言・我が国における一般消費財の需要に係る状況2.委員による意見交換・各業界における東日本大震災発生時の対応状況・業界あるいは有識者としての課題意識・主要課題の抽出2平成 24 年3...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ