「上昇テンポ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

FRBの金融政策正常化と米国の個人消費

...のすそ野を担う中・低所得者層の所得環境が厳しさを増している。足元、労働需給の改善を受けて賃金上昇テンポは加速しつつあるが、労働市場の構造変化を考慮すれば、その程度は金融危機前よりも鈍くなろう。○家計部門の負債の状況をみると、所得環境が厳しいなかで、家計は教育ローンと自動車ローンを中心に消費者信用への依存を強めている。前者の場合、授業料の上昇が顕著であるなかで、家計の負担はかつてよりも重くなっている。後者の場合、サブプライム層に対する貸し付けも増えており、信用リスクの高まりが警戒される。政策...

2015年1月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

足踏みする消費者物価と追加緩和の意味

...頃から足踏みした要因を分析する。第三に、「大胆な金融緩和」から消費者物価への波及経路を再確認するとともに、市場の反応を通じて、今回の追加金融緩和の意味について考察する。◆コアCPIは、2012年12月から翌年1月にかけて下げ止まり、2013年春から徐々に上昇へ転じた。消費者物価が2013年春以降緩やかな上昇を続ける下で、政府の2013年12月の「月例経済報告」において、消費者物価の基調判断から「デフレ」の文言が削除された。2014年夏頃からは、円安による物価の押し上げ効果が縮小し始め、消費者物価の上昇テンポ...

最近の統計調査結果から 2014年10月

...ところ弱い動きもみられる。(前月とかわらず)輸出は、横ばいとなっている。(前月とかわらず)生産は、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動の影響もあって、このところ減少している。(前月:弱含んでいる)企業収益は、改善に足踏みがみられる。企業の業況判断は、慎重となっているものの、大企業製造業ではやや改善している。(前月:改善の兆しもみられる)雇用情勢は、着実に改善している。(前月とかわらず)消費者物価は、このところ上昇テンポが鈍化している。(前月:緩やかに上昇している)月例労働経済報告 ―10月―労働経済面をみると、雇用...

2012年6月19日日本銀行フィードバック数:14社会/政治

金融経済月報(6月)

...した内外需要を反映し、生産は緩やかに増加していくと考えられる。この間、世界経済を巡る不確実性は引き続き大きい。とくに、欧州債務問題に伴う国際金融資本市場の状況については、十分注意してみていく必要がある。物価の現状について、国内企業物価の3か月前比をみると、国際商品市況の反落などから、上昇テンポが鈍化している。消費者物価(除く生鮮食品)の前1年比は、概ねゼロ%となっている。物価の先行きについてみると、国内企業物価は、国際商品市況の動きなどを反映して、当面、弱含みで推移するとみられる。消費者物価の前年比は、当面、ゼロ%近傍...

最近の統計調査結果から-2014年11月分

...としては改善に足踏みがみられるが、大企業ではこのところ改善の動きもみられる。企業の業況判断は、大企業製造業ではやや改善しているが、全体としては慎重さがみられる。(前月:企業収益は、改善に足踏みがみられる。企業の業況判断は、慎重となっているものの、大企業製造業ではやや改善している)雇用情勢は、有効求人倍率の上昇には一服感がみられるものの、改善傾向にある。(前月:着実に改善している)消費者物価は、このところ横ばいとなっている。(前月:上昇テンポが鈍化している)月例労働経済報告 ―11月―労働経済面をみると、雇用情勢は、有効...

少子化についてのレポートです。

少子化問題と少子化対策に関する調査研究

...)(出所)厚生労働省「平成 25 年人口動態統計」2丙午(ひのえうま)とは、干支(えと)のひとつで、60 年に1回まわってくる。丙午の年に生まれた女性は気性が激しいという迷信から、この年に子どもを生むのを避けた夫婦が多いと考えられている。3 久我(2013)-5-2 未婚化・晩婚化の進行少子化の要因として、まず非婚化・未婚化の進行があげられる。図表 2-2 の通り、生涯未婚率4は男性が 1990 年以降、女性が 2000 年以降上昇傾向をたどっている。特に男性の上昇テンポは急激で、1990 年時...

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

...よる原材料価格上昇は国内向けに最終製日銀の企業物価指数で、加工段階別にみた品を作るメーカーにとっては利益を圧迫する物価がどのように推移しているか、みてみよ要因にしかなっておらず、この状況は今も変う。日銀の企業物価指数はモノの値段を表わわっていないと考えられる。すもので、原材料から最終製品の価格をすべ12年後半以降の物価上昇局面でも最終財価て含んでおり、企業物価全体の上昇率は13年格は13年8月に一時、前年比0.8%まで上昇12月に前年比2.5%と高まった。率が高まったが、その後むしろ上昇テンポはここから加工段階別に、川上から①輸入品鈍化している。12月の...

2014年9月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の住宅資材・用地問題の分析~米国住宅市場の供給制約に関する検証(2)~

...均に比して小幅な上昇にとどまっている(同②)。他方、家賃の推移を消費者物価指数(CPI)からみてみると、2009年から2010年頃を除けば、上昇基調が続いている(図表7)。建設コストの上昇が抑制される一方で家賃が上昇してきたことを踏まえれば、建設コストの問題は、賃貸住宅市場では供給サイドの制約になっていないと考えられよう。図表8の集合住宅建設デフレーターと家賃の比率をみると、2010年以降、2005年平均を示す1.00の水準に向けて比率が低下し、建設コストよりも家賃の上昇テンポが速いことが分かる(図表8の②)。ここ...

2014年3月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年3月)

...力人口、就業者数及び完全失業者数は減少した。雇用者数は増加傾向にある。新規求人数は増加していることから、有効求人倍率は上昇している。製造業の残業時間は増加している。賃金をみると、定期給与は底堅く推移している。現金給与総額はこのところ持ち直しの動きがみられる。先行きについては、着実に改善していくことが期待される。3.物価と金融情勢物価は、緩やかに上昇している。物価は、緩やかに上昇している。国内企業物価は、このところ上昇テンポが鈍化している。2月の国内企業物価は、前月比 0.2%下落した。輸入物価(円ベ...

2014年11月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年11月)

... 改 善 し て い る が 、全 体やや改善している。としては慎重さがみられる。有効求人倍率の上昇には一服感がみられる着実に改善している。ものの、改善傾向にある。このところ横ばいとなっている。このところ緩やかに下落している。このところ上昇テンポが鈍化している。このところ横ばいとなっている。(注)下線部は先月から変更した部分。月例経済報告平成 26 年 11 月総論(我が国経済の基調判断)景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。・個人消費は、持ち...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年11月号

...の推移が注目される。スタンダード&プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数(主要 10 都市圏ベース)は 8 月前月比+0.88%(7 月同+0.66%)、主要 20都市圏を対象とする指数も 8 月同+0.93%(7 月同+0.60%)と上昇した。連邦住宅金融局(FHFA)による住宅価格指数(全米ベース。リファイナンスに伴う再評価を除く、売買取引の価格情報のみを対象とした系列)は、8 月時点で同+0.32%(7 月同+0.81%)と上昇テンポが減速した。連邦準備制度理事会(FRB)が注...

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

...ァイナンスに伴う再評価を除く、売買取引の価格情報のみを対象とした系列)は、11 月時点で同+0.05%(10 月同+0.49%)と上昇テンポが減速した。地域別に見ると、中西部を除く広い地域で減速が見られている。連邦準備制度理事会(FRB)が注目していると言われる米調査会社CoreLogic による住宅価格指数(全米ベース。差し押さえ物件を含む系列)は 12月時点で同+0.53%(11 月同+0.74%)、差し押さえ物件を除く系列も 12 月同+0.44%(11 月同+0.56%)に上昇した。設備...

2014年9月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

内外金利・為替見通し No.26-6  国内金利環境:14年度の日本経済は、減速しつつも回復基調を維持

...期比年率4.2%増と潜在成長率を上回る伸びを達成した。1~3月は寒波など悪天候の影響で3年ぶりにマイナス成長に落ち込んだが、天候の回復とともに、経済活動は回復軌道に復帰した。今後は、雇用情勢の改善につれて潜在需要が徐々に顕在化し、米国経済は本格的な回復局面を迎えよう。QE3は10月で打ち切られようが、賃金・物価の上昇テンポは緩やかで、利上げは15年半ば以降に持ち越される公算が大きい。ユーロ:4~6月は、前期比ゼロ成長と足踏み状態に陥った。景気は持直しの方向を維持しているとみられるものの、ECBは金...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ