「上昇予想」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月20日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響を検討しています。

消費税増税と消費者マインド・物価予想

...トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税と消費者マインド・物価予想 ここから本文です消費税増税と消費者マインド・物価予想過去も駆け込みと反動減の反面、増税前にマインドが低迷し増税後に改善、物価上昇予想にも増税は影響サマリー◆最近消費者マインドの低下を示す指標が表れているが、1989年の消費税導入時や1997年の税率引上げ時の状況を見ると、消費税導入・税率引上げ前には景気動向とは逆に消費者マインドが悪化した一方、駆け込み需要が発生した。導入・引上げ後は、直後...

2015年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 利上げの階段のぼる

...したいのはイエレン議長の露骨なタカ派傾斜。2013年5月のTapering騒動がそうだったようにFEDの過度なタカ派傾斜はグローバルリスクオフを誘発する恐れがある。この場合、USD/JPYは投資家のリスク選好度低下によりJPYショートポジションが巻き戻されるため、円高に振れる可能性が高い。中長期的なUSD/JPY上昇予想に変更は無いが、FEDと市場の摩擦には注意しておく必要があろう。<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※USD/JPYEUR/USD<長期金利>※日本...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~

...%)、2014年度が+3.0%(同+2.7%)、2015年度が+1.9%(同+1.7%)である。14年4月、15年10月に実施予定の消費税率引き上げの要因を除けば、14年度が+1.0%(同+0.7%)、15年度が+1.2%(同+1.0%)となる。14年度の景気見通しを上方修正したことや、企業・家計の物価上昇予想の強まり等を受けて、前回見通しから全般的に上方修正している。日本銀行が目標として掲げる「2%」の実現こそ困難とみられるが、物価上昇率は今後着実に高まる可能性が高い。7本資...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ