調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 不動産デベロッパー

「不動産デベロッパー」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

中国の個人投資家が海外不動産市場に向かう背景

...中国の個人投資家が海外不動産市場に向かう背景 <要約・概要> 中国資本による海外不動産投資は、不動産デベロッパーや機関投資家といった法人だけでなく、中国の個人投資家による投資も活発化している。個人投資家は富裕層が中心で、投資国・地域も多様化している。 その背景を整理すると、主に8つの理由があると考えられる。これらの背景から、個人投資家の投資意欲は高まってきており、海外への投資の流れは今後も続くとみられる。関連レポート・コラム 関連する分野・テーマをもっと読む 当サイトのレポート・図表...

2014年7月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国出張メモ、不動産不安とアベノミクスへの関心

...経済と金融の両面から、企業、家計、地方政府、銀行のそれぞれに悪影響を及ぼしうる。特に、デベロッパーはもとより、生産能力の過剰な業種や地方政府への影響が懸念される。今後の住宅市場については、住宅需給の地域差等を考慮した柔軟な政策対応や、人口増及び都市化による堅調な実需を背景に長期低迷には陥らないとみずほ総合研究所は展望している。ただし、政府の政策対応によっては調整圧力が高まるリスクも残存しよう。■図表:住宅市況調整の経済への主な影響の経路企業住宅販売価格下落、住宅販売の低迷建材等の派生需要減家計金融機関住宅関連消費財の需要減少雇用所得環境の悪化不動産デベロッパ...

“不動産テック”(ReTech:Real Estate Tech)カオスマップ2017年版 考察レポート

...めなければいけない時代へと転換しつつある中で、大手の不動産プレイヤーのビジネスモデルはその変化に対応しきれていない。従って、こうした大手の不動産プレイヤー自身もテクノロジーによる破壊的イノベーション起こさざるを得なくなってきており、一部のプレイヤーは水面下では動きだしつつある。例えば、大手の不動産デベロッパーでは、三菱地所がスマートロックのライナフに出資し、スマート内覧に取り組んでいる。加えて、5月11日には新たな3ヵ年中期経営計画にてインバウンド、ベンチャー企業との協業によるテナントビジネスの価値向上に向けて1,000億円...

中国経済の“新常態”とそれを揺るがす“4つの問題”

...、合理的とされる4~6倍よりも3割程度高い。住宅バブルが崩壊して合理的水準まで下落すると、不動産デベロッパーの経営に打撃を与えるとともに、不良債権が増えて銀行経営にも影響が及ぶ。一方、バブルの膨張を放置しても、問題を先送りしただけで、いずれ危機が訪れることには変わりない。従って、“新常態”を維持するためには、バブルを潰して“中高速”成長が保てなくなるのを回避し、同時にバブルを膨張させて将来に禍根を残すことも回避する必要がある。住宅バブルの度合いをゆっくりと引下げる、即ち...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ