調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 不動産バブル崩壊

「不動産バブル崩壊」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

中国経済:2015年1月の住宅価格~9ヵ月連続下落、下落スピードは再加速

...ピークに9ヵ月連続の下落となった。住宅価格が下落してきた背景には住宅販売が減少したことがある。販売不振で在庫が積み上がった不動産業者が値引き販売に走る一方、購入予定者はまだ下がると見て様子見姿勢を強めたためである。○ 最高値から6%強下落しただけでも、経営不安に陥る不動産業者が目立ってきており、さらに下落して2011-12年頃の水準(デッドライン)を下回ると、ここ数年で作られた殆どの住宅在庫が含み損を抱えることになるだろう。中国人民銀行(中央銀行)は不動産バブル崩壊...

2014年12月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

日本の不動産バブル崩壊:世界への教訓はなにか

...リサーチ TODAY2014 年 12 月 15 日日本の不動産バブル崩壊:世界への教訓はなにか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創筆者がロンドン出張したのは、ロンドン大学が主催したコンファレンスへ参加のためであった。過去、様々な国々では不動産市場がもたらした変動が、大きな金融問題や経済の調整につながった。そうした各国の事例からの教訓を探ることが、そのコンファレンスの目的であった。今回、事例としては日本に加えて、現在も不動産価格の上昇が続く英国、過去に不動産バブル崩壊...

2014年11月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート4】英国:過去10年の移民急増が悩みの種

...諸国からの移民にとって魅力の高い移住先となったのである。◆しかし、英国経済は2008年半ばから、不動産バブル崩壊に世界的な金融危機も加わってリセッションに陥り、失業率が急上昇した。2010年に誕生した保守党と自由民主党の連立政権は、移民流入を規制する政策に転じた。ただし、EU域内からの移民に関しては、「人の移動の自由」を保障しているEUの基本原則に抵触するため、これまで積極的な規制は実行できていない。◆この状況下で、EUの移民政策を批判し、移民を減らすためにも、英国はEUから離脱するべきと主張するUKIPが急速に支持を伸ばしている。2014年5月の...

2014年7月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国出張メモ、不動産不安とアベノミクスへの関心

...リサーチ TODAY2014 年 7 月 3 日中国出張メモ、不動産不安とアベノミクスへの関心常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創6月下旬、中国に出張した。今回の出張で印象的であったのは、各所で中国の不動産問題への関心が予想以上に高かったことにある。同時に、そのなかで日本の過去の不動産バブル崩壊とその後の対応に強い関心が寄せられており、その関連で過去日本が歩んできた政策対応、さらには最近のアベノミクスへも想定以上の関心があったことも印象的だった。みず...

2015年1月20日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の名目GDPとマネーサプライから見えること

...資産や不動産の価格上昇や為替相場の変化などを通じて経済成長にも影響を与えると見込まれるからである。欧米主要国を見ても、名目GDPとマネーサプライはともに増加方向で一致している。なぜ日本だけ名目GDPとマネーサプライが際立って大きく乖離しているのか。1つの理由は増加したマネーが向かった先にある。95年以降のマネーサプライの増加の多くは増発された国債購入に向かっており、民間投資に比べて経済乗数効果が劣る公共事業などに充当されている。何より大きな理由は、経済企業動向にある。過去20年間、不動産バブル崩壊後企業が縮み志向を強め、家計も消費余力が増加しない中で、内需伸び悩みとデフレが名目GDPを抑...

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 2014年、2015年経済・金融予測 ~緩やかな成長基調を維持、早期の利上げがリスク要因~

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1米国では、緊縮財政、不動産バブル崩壊の後遺症、金融規制の強化などもあり、過去のバブル期のような高成長は当面期待できないうえ、ねじれ議会による政策の手詰まりが経済成長の勢いを抑える要因になると見込まれる。一方で、超緩和的な金融政策の継続、中間所得層などへの減税の継続、新興...

2015年5月18日日本総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

外国人材についてのレポートです。

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】外国人材の活用に向け求められる制度の再構築-海外事例にみる外国人政策の視点

...人材に限らず技能人材として外国人材を受け入れできる制度がないことから、労働力の需給ギャップが一段と拡大する恐れもある。2.海外では労働力不足を外国人材の活用で補完するためにどのような制度設計を行っているのだろうか。イギリスでは、外国人材の技能レベルに応じて5階層に分かれており、①ポイント制度(Pointsbased System)、 ② 居 住 者 労 働 市 場 テ ス ト(Resident Labour Market Test)、 ③ 移 民 助 言 委 員 会(Migration Advisory Committee)が制度の三本柱となっている。不動産バブル崩壊...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ