「不良債権処理」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年12月18日全国地方銀行協会フィードバック数:0ビジネス

地方銀行平成26年度中間決算の概要

...地方銀行の決算の状況 地方銀行平成28年度決算の概要(平成29年6月14日公表) 【要旨】※計数は、特にことわりがない限り地方銀行64行の単体ベース。( )、[ ]内は、前年同期比。 コア業務純益資金利益、役務取引等利益がともに減少し、コア業務純益は前年度比▲12.6%(▲1,531億円)の1兆660億円。業務純益コア業務純益の減少に加え、国債等債券関係損益が損超に転じたことから、業務純益は▲18.5%(▲2,353億円)の1兆348億円。経常利益業務純益の減少に加え、不良債権処理...

2013年7月8日日本銀行★フィードバック数:10社会/政治

銀行の決算についてのまとめです。

(論文)2012年度銀行決算の概要

...の主要な収益源である貸出および有価証券の資金利益をみると、利鞘の縮小を背景に国内業務部門の減益が続いている状況に変化はみられない。こうした中、大手行のコア業務純益は、手数料等の非資金利益の増加や国際業務部門の資金利益の増加から僅かに増益となった一方で、これらの利益のウェイトが低い地域銀行のコア業務純益は7年連続の減益となった。不良債権処理に伴う信用コストは、大手行では前年からほぼ横ばいとなったほか、地域銀行でも、個別貸倒引当金純繰入の増加を受けて増加したものの、足許の倒産件数、金額が落ち着いていることを受けて引き続き低水準で推移している。日本...

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 反動増は起きているが

...計画始動でどうなる?2016年の中国経済 欧州金融見通し ~政治リスクと不良債権処理が課題の欧州~ 誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。 民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政...

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 脱国債?

...経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)貸出の低迷が銀行の預貸ギャップの拡大につながり、それを埋めるために国債投資をせざるを得ない、という構図が定着している。預貸ギャップが経常的にプラスになったのは不良債権処理が本格化した 99 年からである。その後貸出残高の底打ち、増加の動きがあったものの預金残高の増加ペNO.46脱国債?常務取締役経済調査部長佐久間 啓資料1預金・貸出残高(国内銀行銀行勘定)(億円)6,200,0006,000,0005,800,0005,600...

2012年7月31日内閣府フィードバック数:9社会/政治

キプロス財政の現状について

...支援国となっているギリシャとは異なり、恒常的な赤字を抱えているという状況ではない。加えて、租税負担率についてもユーロ圏平均と比較して低い状況であり(図2)、2011年12月にはVATを15%から17%に引上げるなどの歳入強化に向けた取組を進めており、引き続き歳入増の余地があると予測される。以上を踏まえれば、キプロス財政は金融支援を受け、不良債権処理が完了すれば、持続可能な状態に復帰するものと期待される。ただし、国内産業で大きな割合を占める金融業は、かつてタックスヘイブンとなっていた影響で発達した側面もあり、中長...

2012年7月17日日本銀行フィードバック数:2社会/政治

(論文)2011年度銀行決算の概要

...の基礎的な収益であるコア業務純益をみると、国内業務部門の貸出利鞘の縮小傾向に変化がみられない中、資金利益の減少を主因に、大手行、地域銀行ともに、2006年度以降の減益傾向が続いている。不良債権処理に伴う信用コストは、倒産件数・金額が低水準に止まったことや、正常先債権に対する引当率が低下したこと等を受けて、大手行、地域銀行ともに、3年連続の減少となった。この間、不良債権比率をみると、大手行、地域銀行ともに、2010年度末対比横ばいとなった。ただし、不良債権比率については、貸出条件緩和債権の要件見直し等が、要管...

2013年11月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し 債務危機からの回復は道半ば

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州金融見通し 債務危機からの回復は道半ば銀行同盟に向け銀行セクターの改善はこれからが正念場 ◆欧州での各アセットクラス(株式、債券、オルタナティブ)および金融機関の動向をピックアップした。欧州銀行セクター業績見通しを悲観的にさせるECBの利下げ欧州銀行の円建て債券(サムライ債)発行が拡大日本企業のユーロ・ユーロ債、ユーロ・ポンド債調達の拡大ユーロ圏銀行の資本増強は進んでいるが、レバレッジ比率は未だ低迷不良債権処理...

2012年5月7日法務省フィードバック数:6ビジネス

債権回収会社(サービサー)の業務状況について(概要)

...イマリーサービシングの受託債権については順調に推移しましたが、取引金融機関の不良債権処理が依然として低調であったため、スペシャルサービシングが減少したことが挙げられます。平成年月日から同年月日における取扱債権額の合計額は、前回調査時から増加となりました。弊社の顧客において投融資活動が活発化する動きがみられたものの、金融円滑化法や東日本大震災等による影響などもあり、サービサー業界は厳しい環境下にありますが、取扱い債権額は前回調査時から微増ではありますが、増加しています。 譲受債権は、前回調査との比較において極めて低調に推移しています。金融...

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ECBも異次元緩和に突入

...期固定LTROsを借入れた金融機関の多くが、その供給資金の多くを企業貸出(特に中小企業)へ振り向けず、大幅に値下がりした南欧諸国の国債投資に振り向けたという反省から来ているといえる。◆マイナス金利の導入に関しては、過去経験がないだけに市場への織り込みは不十分であったといえよう。10月に予定されているストレステストの結果発表に備えて、不良債権処理を押し進め、資本調達を優先していた欧銀にとっては、現段階で融資を拡大させるインセンティブは乏しい。いくら貸出を促せといわれても同じリスク管理能力の銀行が、飛躍...

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年3月(アジア)

...、中銀は不動産市場の回復を狙い 30 兆ドン(約14 億ドル)規模の低所得層向けの低利住宅ローンを開始するとの報道もある。今後を展望すると、根強いインフレ圧力を背景にインドの金融緩和余地は限定的であり、ベトナムも不良債権処理には相応の時間を要する見込みである。海外景気が回復に向かうなか、2013 年のアジア経済は潜在成長率近辺の成長ペースへの回帰が見込まれるが、内需の回復が鈍いインド・ベトナムは出遅れが懸念される。第1表: アジア主要国の自動車販売第1図:ベトナムの貸出残高(前年比、%)12...

2015年5月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ、デフォルトへのタイムリミット

...の危機を拡大させた要因といえる。僅か1~2年で不良債権処理が終了するという楽観論が、ギリシャ危機の現状認識を甘くし、投機的な資金の流入を招いた。そもそも前回のユーロ危機が生じてから、現時点までユーロの制度上の問題が何ら解決されていないことが危機を再発させたといっても過言ではない。ギリシャのみに非があると決め付ける前に、ユーロの構造上の問題をどのように解決するか考える必要があるといえよう。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファ...

2012年8月8日東京商工リサーチフィードバック数:14キャリアとスキル

「国内銀行の平均年間給与」調査~ 平均年間給与604万円、大手行・第二地銀で増加 ~

...別の平均年間給与は、大手行が738万3,000円(前年同期比11万4,000円増、同1.5%増)、地方銀行が627万4,000円(同2万7,000円減、同0.4%減)、第二地銀が542万2,000円(同9,000円増、同0.1%増)。大手行が4年ぶり、第二地銀が2年連続で、それぞれ増加した。 大手行は、不良債権処理を優先させたことや2009年3月期のリーマン・ショックの影響などから平均年間給与は減少していた。しかし、その後は倒産の減少による与信管理コストの減少などで業績は好転し、ここ...

2011年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:9キャリアとスキル

『国内銀行の平均年間給与』調査~平均給与604万円 4年ぶりに増加

...りに減少した。 国内銀行は、バブル崩壊後の不良債権処理で、正社員を抑制しパート社員にシフトしたほか、団塊世代の大量退職者の不補充、新卒採用の抑制など人員削減に注力してきた。その結果、年代別の人員構成に歪みも出ていたが、ここ数年は政策効果などで与信コストが減少し収益が大幅に改善した。さらにグローバル戦略への対応も迫られた結果、積極採用に転じる動きも見られる。平均年齢は2006年3月期の38.9歳から2010年3月期の38.3歳まで、毎年若返っていたが、2011年3月期は38.5歳と0.2歳上昇した。 ※09年3月ま...

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

...は元々金融システムの深化が未成熟であり、多くの国民は銀行システムへのアクセスの乏しさや不信感を理由にいわゆる『たんす預金』への依存度が高く、金融政策が効果を挙げにくい要因になってきたが、不良債権問題も金融機関の貸出態度のボトルネックとなっている。こうしたことも、中銀が今年3月に利下げを実施して政策金利は過去最低水準にあるにも拘らず資金需要が活発化しない一因になっている。不良債権処理を巡っては、わが国がODA(政府開発援助)を通じた支援を行っており、今後は処理が徐々に進展していくものと見込まれる一方、不良債権処理...

2013年6月13日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

第二地銀の「貸出条件緩和債権」が4割増

...月期で貸倒引当金を積み増した銀行は36行あり、前年同期の27行より9行増加した。中小企業金融円滑化法(以下、金融円滑化法)が2013年3月末に期限切れを迎えたが、銀行は経営改善の遅れや再建見通しが厳しい取引先の債務者区分を引き下げ、不良債権処理への対応を進めている。113銀行の「貸出金合計」は440兆8,991億円(同4.1%増)で、2年連続で増加し、貸出残高は2008年3月期以降の5年間で最高を更新した。本調査は国内113銀行の2013年3月期決算の単独決算ベースで、リスク管理債権(破綻...

2011年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:3ビジネス

2010年「業歴30年以上の企業倒産」調査

...背景で金融機関や取引先の信用を得てきた。だが、借入金に依存した経営や市場ニーズに対応した商品開発などに欠ける側面も強い。こうした老舗体質が2000年以降、裏目に出てきた。バブル期の負の遺産を清算するため、金融機関は本格的に不良債権処理を進め、業績や財務内容など定量・定性分析による客観的な貸出姿勢に変化した。2007年3月末に適用された新BIS規制も金融機関の与信姿勢に影響を与える一要因になった。 こうした状況を背景に、柔軟性に欠ける老舗企業はリーマン・ショック以降、急激な景気悪化に対応できず倒産に追い込まれ、2008年の構成比は31.2...

2015年1月23日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

業種別の分析です。

業種別にみる「景気回復度合い」調査 -増収増益業種動向-

...関連の増収率がアップした。2位の機械器具小売業は、家電や自動車など、高価格帯商品を扱う企業が多かった。この業種も2014年4月の消費税率引き上げの駆け込み需要が寄与した形だが、増税後は反動減に見舞われており、今期の業績動向が注目される。 2期連続で増収増益だった16業種のうち、最新決算での「増益額」が最大だったのは金融、保険業で2兆488億円の増益だった。株高と不良債権処理の減少などを背景に2014年3月期で好決算が続出した金融機関が利益を押し上げた。2位は輸送用機械器具製造業(同1兆5,508億円)。上位の2業種...

2011年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:2ビジネス

「国内銀行112行のリスク管理債権状況」調査 ~リスク管理債権 前年同期比1.0%増 半期ベースでは5半期ぶりに前年同期を上回る~

...年3月期以来、7半期ぶりに4兆円台に戻した。 貸倒引当金は、2009年9月中間期に5兆6,053億円まで膨らんだ。その後、不良債権処理の加速や2009年12月に金融円滑化法が施行され、返済条件緩和等を申請した企業の債務者区分を変更しなくても良くなり、貸倒引当金は圧縮されていった。また、金融円滑化法が2012年3月まで1年延長され、金融機関にコンサルティング機能を促した。貸倒引当金の圧縮は、該当企業の倒産や、金融...

2013年8月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は急減速を避けられるか?~「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権~

...にはいくつかの有利な条件がある。第一に、銀行による不良債権の自己処理の余地が比較的大きい点である。2013年3月末時点の銀行のコア自己資本比率は9.9%である(図表7)。仮にこの比率を6%にまで引き下げられるとすると、銀行業全体でみて、対GDP比で5%程度の不良債権処理資金を銀行自身で賄える余力をもっているという計算となる。第二に、政府債務の拡大余地が残されていることも有利な点である。上述の項懐誠・元財政部長の推算では、中央・地方政府合算の債務残高は2012年末でGDP比約60%に達している可能性があるとされている。ただし、3...

2013年5月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

アジアマンスリー2013年5月号

...著しい都市の家計収入・・・・・・・・・・・・・・・・・ 74.フ ィ リ ピ ン 資本流入の拡大と中央銀行の対応・・・・・・・・・・・・・・ 85.ベ6.中トナム 求められる迅速な不良債権処理と構造改革推進・・・・・・・9国 1 ~ 3 月 期 は 7.7 % 成 長 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 10アジア諸国の主要経済指標・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・112013 年 05 月 01 日(No.146)ASIA MONTHLY上席主任研究員大泉啓一郎タイ政府、大型...

2013年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州債務危機の現在:欧州出張報告 ~市場は安定も、危機国の経済的疲弊は深刻化~

...用した中小企業の資金調達支援策については、ECBが主体的な役割を担う訳ではないうえ、景気浮揚の即効薬にはならないとの見方が支配的だった。なお、ECBは7月18日に、資金供給オペを利用する際のABSの担保の掛け目(担保を計算する際の割引率)を引き上げるなど、10月から担保基準の見直しを行うことを発表した。■スロベニアとキプロスの政治リスクは?危機予備軍のスロベニアは5月のドル建て国債の発行成功で年内の財政資金を確保済みで、資金調達難をきっかけに財政支援要請に追い込まれるリスクは遠退いた。国有企業の民営化、銀行の不良債権処理、ガバ...

2013年9月5日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業の借入金利等の決定要因に関する金融機関業態による差異について

...国債の流通利回りは 4 月初旬を底に上昇し、0.8%台で推移しており、今後の動向が注視される。3 金融庁が「金融検査マニュアル」において、信用リスクを含む、金融機関が対処すべき五つのリスクを公表したのは1999年 7 月のことである。その後、同庁によって「金融再生プログラム」が2002年10月に公表され、これ以降、不良債権処理を進めるのと並行して企業ごとの信用リスクに対応した金利の設定がより明確に意識されだした。また、同庁が2003年 3 月に公表した「リレ...

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2013年9月号

...商品の規模は 2013 年 6 月程度の不良債権を銀行は自力で処理できる計算とな末で9兆8,500億元と、2012年のGDP対比19.0%に達る(図表1)。している。それゆえ理財商品離れが起これば、最終的に財政で処理できても、社会保障整備や景気刺激の●図表1 銀行の財務内容と不良債権処理能力の試算     (2013 年 6 月末)融機関のデフォルトについても、預金保険制度や破不良債権残高5,395 億元たん処理メカニズムが十分整備されていないだけ不良債権比率0.96 %に、預金の取り付け騒ぎなど、パニ...

2014年5月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 内外金融機関が抱える課題と将来】欧米の主要な総合金融機関におけるビジネスモデルの方向性

...圧縮や事業縮小圧力に晒されているといえよう。 収益性については、どの金融機関も金融危機後に大きく落ち込んだ。しかし、先に述べた通り、アメリカの金融機関は、景気の緩やかな回復や、不良債権処理の進展、コスト削減などを受け、総じて業績は回復基調にあり、2011年以降、ROAは徐々に改善されてきている(図表7)。(図表7)ROAの推移(%)2.0<米銀>1.51.0バンク・オブ・アメリカJPモルガン・チェースシティグループウェルズ・ファーゴゴールドマン・サックスモルガン・スタンレー0.50.0▲0.5▲1.0▲1.5▲2.02002 2003...

2013年12月1日金融庁フィードバック数:0社会/政治

金融庁の1年(平成24事務年度版)

...警戒制度について第2節 金融上の行政処分についてI 行政処分の趣旨II 行政処分の業態別発動状況第3節 反社会的勢力への対応について第4節 金融コングロマリット監督第5節 指定紛争解決機関第9章 預金取扱金融機関の監督をめぐる動き第1節 監督指針・監督方針I 主要行等向けの総合的な監督指針・監督方針II 中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針・監督方針第2節 預金取扱金融機関の概況I 主要行等の平成24年度決算概況II 地域銀行の平成24年度決算概況III 再編等の状況IV 不良債権処理等の推移第3節 預金...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ