「世帯比率」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月23日東洋経済新報社★フィードバック数:0大型消費/投資

東洋経済の街ランキングです。

「住みよさランキング2015」トップ50

...成指標である「住宅延べ床面積」のデータを2008年から2013年に更新するとともに、2010年国勢調査のデータを採用していた「持家世帯比率」についても、2013年「住宅・土地統計調査」のデータに入れ替えた。なお、5つの観点と採用15指標、評価方法についての詳細は5ページに記した。 中学校6割、小学校3割の教師が「過労死ライン」を超える残業。「先生に謝らなければならない」と吐露するのは前文部科学事務次官・前川喜平氏。ブラック職場の改革は待ったなしだ。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2013年11月25日東洋経済新報社フィードバック数:0ライフスタイル

サプリ、トクホの嘘と本当

...の規格基準を満たせば、「栄養機能食品」と呼ぶことができるが、ビタミンとミネラルの計17成分に限られている。ほとんどのサプリがそれ以外だ。 家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2016年5月31日東洋経済新報社フィードバック数:0社会/政治

採用実績社数が多い「就職に強い大学」200校

...に力をいれている大学ベスト100」でも6年連続のトップで、「就職の明治」との呼び声も高い。次いで3位に同志社大学、4位に立命館大学と関西私立の雄といえる2校が、そして5位には法政大学がランクインした。トップ5の顔ぶれは難関私大として括られることが多い、いわゆる早慶MARCH・関関同立クラスの大学となった。 家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2014年8月14日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

博報堂の調査です。

「ソロ男」クラスター分析

...年時点)、さらに、総世帯における単身世帯比率も31.2%(2010年時点)と共に増え続けおり、独身・単身世帯者の数は今後ますます拡大していくと推測されています。それら独身・単身世帯者を母数とする「ソロ男」は、将来的に大きなボリューム層へと発展する可能性があると考えられます。 また、博報堂は本日より「ソロ活動系男子研究プロジェクト」を発足いたしました。今後、年1回の定量調査分析レポートの発表のほか、企業向けの市場開拓、商品開発ワークショップの開催、受託調査、書籍出版などを予定しています。博報...

2016年6月26日東洋経済新報社フィードバック数:0大型消費/投資

最新!「住みよさランキング2016」トップ50

...ニュータウンの開発および北総線の延伸とともに発展してきた比較的新しい市。北総線の千葉ニュータウン中央駅から東京都心まで鉄道利用の所要時間は約50分。東京と成田国際空港を結ぶ交通軸上にあるため、成田空港へのアクセスは良好ながら、羽田空港へも直通電車が走っている。印西は利便度、快適度などが上位人口は2015年国勢調査(速報)で約9.2万人。そのうちの半数以上が千葉ニュータウン区域に在住する典型的なベッドタウンで、現在も人口、世帯数ともに増加傾向が続いている。納税者1人当たり所得や持ち家世帯比率などの指標も高い水準にある。「利便度」の3位をはじめ、「快適度」15位、「富裕...

2016年6月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

2018~2033年までの空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)、および2015~2030年までの既存住宅(新築以外の住宅)流通量を予測

...~59歳の男女9,204名)を対象にNRIが実施したアンケート調査によると、既存住宅を購入した世帯の比率は、2005年の18%から2015年には29%に増加しました。この傾向が2016年以降も継続すると仮定すると、既存住宅流通量は2025年に31万戸、2030年に34万戸へ増加すると予測されます。図2 既存住宅流通量、既存住宅を購入した世帯比率の実績と予測結果出所)国勢調査、総務省「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数将来推計」、総務省「住宅・土地統計調査」、NRI住宅...

2014年7月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

社会活動:女性に偏るもう一つの負担

...会活動では地域で働く男性や定年後のシニア男性が中心となって活動を盛り立てていることも多い。しかし、社会活動は育児の一部と見なされているものも多いため、家事・育児と同様に女性の「役割」と捉えられがちである。そして、実際に女性に負担が偏っているのが統計にも表れている。子供や地域社会の安全維持・活性化を行うことは非常に重要である。だからこそ、性別、就業/未就業などの違いにかかわらず、誰もが参加しやすい仕組みにしていくべきであろう。(※1)共働き世帯とは、夫婦ともに非農林業雇用者の世帯(※2)共働き世帯比率は、「共働き世帯数+専業主婦世帯(夫が非農林業雇用者、妻が...

2014年12月4日博報堂フィードバック数:0マーケティング

BIG PRESENTATION 2015「デュアル・マス」

...と生活の未来像を提言するプレゼンテーション・コンテンツです。■デュアル・マス誕生の時代背景 ― 戦後70年、生活者が生み出す“生活の新レジーム”22世紀初頭に5千万人以下に減少すると予測される日本の人口。経済の定常化もあり、戦後確立した制度(年金、健康保険)や生活モデル(標準世帯)が根本的に見直されています。こうした社会の大転換を受け、生活者も生活基盤を主体的に選択し始めます。自らの生き方や考え方、行動の仕方がそれぞれ2つの大きな塊に収束。この2つの大衆が共存する時代を「デュアル・マス」と名付けました。単独世帯比率は年々増加し、今や3世帯...

2016年11月17日ガラポン★フィードバック数:0マーケティング

ワンセグ全録レコーダー「ガラポンTV」視聴動向調査

...視聴動向が大きく異なります。この特殊性を踏まえた上で調査結果を公表し、「ガラポンTVの視聴動向」と「一般的なタイムシフト視聴の動向」との違いを知っていただくことが、テレビ番組の視聴機会の増大に向けたテレビ業界全体の創意工夫の糧となり、テレビ業界の発展に貢献することだと考えております。■主な調査結果・2016年10月(10月3日(月)~10月30日(日))のガラポンTVユーザーにおける視聴世帯比率(該当番組を5秒以上視聴したユニーク視聴世帯数÷関東1都6県のガラポンTV利用世帯数(3111世帯))が高い上位50番組...

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:874大型消費/投資

「住みよさランキング2013」トップ50

...市をはじめ近隣から多くの買い物客らが集まるため「利便度」でも全国1位と部門2冠。さらに「快適度」も5位と、3部門で全国トップクラスの評価となったことが寄与した。ただ、学生や若年層世帯が多いため、持ち家世帯比率は低く「住居水準充実度」では754位と最下位レベルにある。 8月29日、日本列島を越えてミサイルを発射した北朝鮮。経済制裁は強化されるが、北朝鮮は経済成長を続け、効果は見込めない。日本への落下の可能性は?国民保護は十分か。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

子どものいる世帯の生活状況および保護者の就業に関する調査2014(第3回子育て世帯全国調査)

...の暮らし向きのゆとり感をたずねたところ、子育て世帯の13.7%(ふたり親世帯11.8%、ひとり親世帯27.3%)は暮らし向きが「大変苦しい」と回答している。子ども数でみると、「子1人」世帯の12.4%、「子2人」世帯の13.0%、「子3人以上」世帯の17.0%は暮らし向きが「大変苦しい」と回答しており、多子世帯の暮らし向きは比較的厳しい状況にあることが分かる。ふたり親世帯の低所得世帯比率は減少傾向であるが、ひとり親世帯は逆に増加している。税込所得300万円未満の低所得世帯は、ふたり親世帯の4.6%を占めており、第1回調査(7.2%)と第...

仕事と子育てについての調査です。

「第3回(2014)子育て世帯全国調査」結果速報

...-1)<ふたり親世帯の低所得世帯比率は減少傾向、ひとり親世帯は逆に増加>税込所得 300 万円未満の低所得世帯は、ふたり親世帯の 4.6%であり、第 1 回(2011)調査と第2 回(2012)調査時と比べて減少傾向にある。一方、ひとり親世帯の 59.9%が低所得世帯であり、第 1 回調査と第 2 回調査時より増えている。(6 頁、図表 1-2)<ふたり親世帯の貧困率は横ばい、ひとり親世帯の貧困率は悪化>等価可処分所得が貧困線以下の貧困世帯の割合は、子育て世帯全体では 13.2%、ふた...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度中小企業支援調査(我が国自動車産業の今後のあり方に係る調査研究)

...者所得に占める割合 4.47%)34.75.634.7売上増(C)×粗付加価値部門計に占める雇用者所得割合(51.2%)×雇用者所得に占める市民税収の割合(4.47%)失業給付(十億円)16.916.924.2「雇用増加数」  ×1人あたり平均受給額(125,200円)  ×国の負担割合(13.75%)(07年以降の暫定割合)  ×支給月数(5ヶ月)生活保護(十億円)18.718.726.7「雇用増加数」  ×1世帯あたりの平均最低生活費(117,500円)(08年7月 月刊保護決定上状況額)  ×生活保護世帯比率...

2013年4月21日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:4社会/政治

消費税増税の影響を見ています。

経済レビュー:消費税率引き上げがもたらす家計負担の大きさと個人消費への影響

...国立社会保障・人口問題研究所の推計値60,0007050,0006040,0005030,0004020,00030世帯主が59歳以下の世帯〈左目盛〉同60歳以上の世帯〈左目盛〉世帯主が60歳以上の世帯比率〈右目盛〉10,000085909500051015(注)2009年以前は国勢調査の結果を基に補完推計。(資料)総務省統計、国立社会保障・人口問題研究所資料より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成9201020 (年)した上で、消費税率引き上げ後の実質消費支出の変化を改めて試算し直すと、2016年度...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ