「世界輸入」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年6月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済と電力需要の予測です。

2014・2015年度 日本経済と電力需要の短期予測(2014年6月)

...予測比1.3%減)〜企業の経常利益や雇用者報酬は伸び低下「国内物価の上昇」:国内企業物価は標準予測比1.2%上昇、消費者物価は同0.2%上昇〜実質購買力や国際競争力の低下 → 内外需減少⇒【結果】2014年度の実質GDP成長率は前年度比0.5%増、販売電力量増加率は同0.2%増まで増加率が低下(標準予測比では、実質GDP・販売電力量ともに0.3%減) (2)「中国経済が急減速する場合」(本文P4)<標準予測> 実質世界輸入(日本を除く)2013年度=前年度比4.0%増、14年度=同4.7%増、15年度...

2014年10月29日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要

...び減速した。日本の輸出数量も海外需要との関係)、価格弾力性(輸出と円相ほぼそれに沿った動きで、海外景気減速が輸場との関係)が昔と今でどう変わったのかを出停滞の一因と言っていい(図1参照)。みてみよう(表1参照)。ただ、問題は、1980年代後半以降、世界全1975年~1989年の期間では、輸出の所得弾体あるいは先進国全体の輸出数量の伸び率が性値(実質世界輸入の1%の増加に対する輸日本の輸出数量の伸び率を上回ることが常態出数量の変化)は1.448と大きく、価格弾性値(円化していることだ。2008~13年の5年間...

2013年2月7日日本総研★フィードバック数:4社会/政治

90~95円がリーズナブルとのことです。

円相場の適正水準を探る

...から円安を批判される筋合いではない。 世界輸入に占める日本の輸出シェアは足元で4%台まで低下。日本の輸出シェアと円実質実効為替レートの関係からは、同レート 75 前後(ドル円換算で 90 円台前半)が適正と試算。ただし、足元の輸出シェア低下には、為替だけでなく、経済連携協定締結の遅れなど立地競争での立ち遅れもあり、円安だけでは輸出の大幅増加は期待薄。 以上のように、日本経済の実力からみて、90~95 円がリーズナブルな水準。一方、現状下では、90 円超の円安になると鉱物性燃料輸入の名目GDP比が 2008 年水準を超え、とり...

2013年10月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアが通貨危機に陥る可能性は極めて低い-財政収支と経常収支からみた経済見通し

..., Comtrade ほかより作成(資料)世界銀行資料より作成この 3 品目においてインドネシアは世界有数の輸出規模を誇る。一方、中国とインドが世界輸入に占める割合は非常に高い。この結果、インドネシアの非原油・ガス貿易には両国の景気が色濃く投影されるようになった。例えば、インドネシアは世界最大のパーム油の輸出国であり、2012 年の世界輸出の 47.0%を占める。一方、パーム油の世界最大の輸入国はインドで 2012 年の世界輸入の23.1%を占める。中国(19.0%)はインドに次ぐ規模で、両国で世界輸入の 42...

2014年3月31日日本総研フィードバック数:0社会/政治

わが国輸出入の構造変化を探る-貿易赤字はピークアウトも黒字化には時間

...は利益確保を優先しているとみられ、こうした点を踏まえると、円安により期待される輸出数量の押し上げ効果は以前と比べて低下。(3)さらに、企業が輸出価格を引き下げたとしても、構造変化が輸出の伸びを抑制している可能性。世界輸入と為替レートなどを説明変数として輸出数量関数を推計したところ、とりわけ所得弾性値に大きな変化。1990年代に大幅に低下した所得弾性値は、2000年代以降さらに低下しており、わが国の輸出構造に変化が生じている可能性を示唆(図表3-3)。(%)15(図表3-1)自国・地域...

2014年10月3日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の輸出動向について

...の輸出が海外需要や円相場であるいは日本の輸出が他国の輸出に比べて増は説明できない要因によって停滞しているこ加しにくくなっていることは円高が原因ではとになるわけだが、輸出数量を被説明変数とない。多少の振れはあるものの円の実質実効し、海外需要(実質世界輸入)と円相場(円レートは1990年代後半以降、円安基調で推移の実質実効レート)を説明変数とする回帰分している。現在の円の実質実効レートは日本析式を推計し、輸出の所得弾力性、価格弾力の輸出が世界に比べても伸びていた1980年代性がどう変化したのかをみることで、その点前半のほぼ同程度にまで下落しているが、日を確認してみよう(表2)。(表2)輸出...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」,報告書

...他の変数は外生変数としている。投資収益(直接投資によるもの)の受取は対外直接投資ストックと為替レートにより決定される。また、投資収益(直接投資によるもの)の支払は、対内直接投資ストックと長期金利から決まる。16経常収支ブロック、財輸出入中国向け通関輸出各国向け輸出価格指数GDPデフレータ(日本)NIEs向け通関輸出実質GDP(各国)、その他世界実質輸入額ASEAN向け通関輸出GDPデフレータ(各国・地域)、世界輸入価格指数その他世界向け通関輸出為替レート通関統計ベース輸出額輸入価格指数通関統計ベース輸入額経常収支ブロック(国際...

2014年3月31日日本総研フィードバック数:0社会/政治

経常収支赤字化圧力にどう対処すべきか

...かながらも海外景気の回復が見込まれるなか、円安基調も手伝って輸出額がマイルドながらも増加すると考え6日本総研Research Focusられるからである。問題は 2015 年以降の経常収支がどうなるかである。この点を展望するために、いくつかのシミュレーションを行ってみよう。まず、【ベース・ケース】として、・為替相場が現状横ばいで推移する・原発稼働をさせない・世界輸入数量が年率3%(ここ2~3年の平均ペース)で増加する・日本の実質GDP成長率が年平均で概ね1%、名目は2%で推移するとの前提のもとで輸出入額の中期推移をシミュレートした。輸出...

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015~16年米欧経済見通し-グレート・リセッションの後遺症が残る米国と、下振れリスクを抱える欧州

...▲4762003 04▲805060708091011121314(資料)ECB(年/月)▲5↓資金不足▲ 10▲ 152003 04(図表4-3)ユーロ圏の域外向け輸出(前年比)ユーロ圏除く世界輸入実質実効為替レート(2四半期先行)実質輸出(推計値)実質輸出(実績値)(%)為替レートの20寄与見通し151050▲5▲10▲15▲20▲252003 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15(資料)Eurostat、ECB、IMF(年/期)(注)推計式は、ln(実質輸出)=8.4...

2013年7月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

...総研Research Focus分析 中国は上向く材料に欠如。欧州は政策面からの悪化に歯止め。(1)中国では、景気の牽引役の一つであった輸出の伸び悩みが持続。この背景の一つに、人件費 上昇を受けた競争力低下を指摘可能。2000年入り以降一貫して上昇してきた日米欧の輸入に 占める中国のシェアは、2009~2010年をピークに頭打ち・低下へ(図表2-1)。新興国で シェア拡大の余地はあるものの、もはや世界輸入の増加ペースを大きく上回る輸出の伸びは 期待薄。もう一つの牽引役であった投資も、政策...

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成24年度海外産業事情等調査委託費 今後の経済連携に向けた我が国を含む各国・地域の経済連携協定の概要と効果の調査・分析 報告書

...果により日本産品の輸入が増加したものであるかどうかの推定を行うこととした。この分析のため、次のデータ分析を行った。① Global Trade Atlas の提供する年次データにおいて、EPA の発効年の前年、その年の 10 年前の年(当該データがない場合、最も古い年)、完全なデータが入手できる直近の年である 2011 年、の 3 年分について、HS4 桁の品目別に、日本からの輸入及び全世界輸入の全てのデータを取得した。② 当該データから、日本からの輸入額及び日本からの輸入を除いた全世界からの輸入額を計算し、それぞれについて、10 年前の年から EPA 発効...

2014年7月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【2014~2015年度日本経済見通し】"成長力"が問われるわが国経済-堅調な内外需の一方、懸念される資本と労働の不足

...数量に対する所得弾性値(図表7-3)資本生産性の推移(%)1.4521.2501.00.8480.6460.40.2440.0421980年代40199597990103050709(資料)内閣府を基に日本総研作成(注)資本生産性=実質GDP/民間企業資本ストック。1113(年)1990年代2000年~現在(資料)内閣府、日本銀行、IMFなどを基に日本総研作成(注1)推計式は、ln(輸出数量)=α+β*(日本除く世界輸入)+γ*(実質実効為替レート)+δ*(リーマン・ショックダミー)とし、各期...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ