「中国ブランド」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年1月4日Baidu★フィードバック数:0大型消費/投資

中国百度検索より日本に関する検索キーワードランキング

...獲得している。全体としてはローカルブランドが選ばれている様子。Haier、TCL、SAKURAはスマホ、PC展開を行う中国ブランド。Hisense、Mideaはスマホ、PC以外にエアコンなども扱う。【中国で人気の自動車】(コメント)1位のVolkswagenは、中国に最も早い時にに輸入が開始された外国産自動車。実は中国のタクシーをほぼ全て網羅している。事件の影響は大きかった!? 全体としては、LAMBORGHINI、CHEVROLET、BMW、MASERATI、Mercedes-Benzなど高級車がTOP10...

2017年6月9日カンター・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ

...なタイプの起業家が現れます。非テクノロジーブランドでも、テクノロジーによるイノベーションで消費者への訴求力をさらに高めている。例えば、急成長を遂げたAdidasではフットウェアの生産に3次元印刷を導入しています。また、ファーストフードブランドのDomino’s Pizza(ドミノピザ)では顧客に注文のリアルタイム追跡を提供し、消費者の心を捉えています。BrandZトップ100にランキングされる企業は、若い企業が増えている。ブランドの平均事業歴は、2006年調査当初は84年でしたが、現在は67年で、より新しいテクノロジーブランドの参入と中国ブランド...

材料の種(ねたのたね)2014年 年間まとめ号

...、アジアの市場性を捉える記事は沢山ありました。例えば東南アジア消費120兆円(2月)、アジアベビー出生年6600万人、アジア6億人市場開花、内需拡大で世界が争奪戦(3月)、中国シニア市場2億人80兆円市場(4月)、中国政策緩和で新生児年1600万人(9月)、中国ブランド消費25%増(1月)、東南アジア深夜消費争奪戦24時間拡大(6月)、スマホ アジアで20億人。ネット消費に商機(2月)など。これは経済発展で中間層増加による市場結果といえますが、頼もしい期待市場といえます。因みに2011年の...

ミャンマー農村部の生活実態とBOPビジネスの可能性(1)

...おける貧しい家庭であるといわれている。テレビ市場ミャンマーでは、テレビが普及しているが、市場の55%は中国企業ブランド品。次に、FujiやStarなどの国内ブランドも合計で17%と大きなシェアを獲得しており、市場第2位となっている。中国ブランドと比較すると、東芝やソニーなどの高級ブランドはほとんど市場シェアを獲得できていない。表は、ヤンゴン市内の輸入業者、ディストリビュータ、家電専門小売店、百貨店の21インチカラーテレビの販売情報(2011年11月)を基にブランド別市場シェアを推計したものである。ミャ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ