「中国NIEs」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

アジア主要通貨・株価の動き (2014.10.20)

...公益財団法人 国際金融情報センターアジア主要通貨・株価の動き(7 月 28 日まで)2017 年 7 月 31 日中国部アジア第 1・2・3 部Tel: 03-4330-1100(代)research@jcif.or.jpアジア主要通貨推移表<中国NIEs>(通貨名)1997/ 7/1(火)2017 7/21 (金)7/24 (月)7/25 (火)7/26 (水)7/27 (木)7/28 (金)97/7との比較中国韓国台湾香港シンガポール(元)(ウォン)(台湾ドル)(香港ドル...

2013年5月15日みずほ総合研究所★フィードバック数:2社会/政治海外

企業対象のアンケートです。

中国からASEANへのシフトに舵を切り出す日本企業~2013年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

...みずほリポート2013年5月14日中国からASEANへのシフトに舵を切り出す日本企業―2013年2月アジアビジネスアンケート調査結果◆ 今回調査では、1999年度の調査開始以降、ASEANが初めて中国を抜いて国際ビジネス展開上の注力地域の首位に。日本企業が中国からASEANシフトに舵を切り出している様子が窺われた。◆ アジアにおける売上見通しは、2012年度に関しては中国NIESで1年前の調査に比べて下ぶれ。2013 年度...

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、米欧中心に改善、ネオ・デカップリング

...ーチTODAY2014 年 2 月 19 日2014年、米国は昨年までの財政緊縮の足枷がなくなる一方で、個人・企業のバランスシート調整の後退、設備投資や住宅部門の改善から、成長率を2%台後半の水準へと上方修正した。同時に、欧州も上方に修正した。2014年は欧米諸国で財政面からの下押し圧力がやや緩和することから、世界経済成長率は+3.5%に加速すると展望している。米欧の改善の結果、日本、中国NIEs、ASEAN5の成長率を上方修正した。一方、それまでの内需拡大でマクロバランスが悪化し、経常...

英国サッチャー首相の時代、そして今~当時の世界の指導者が成し遂げたこと

...の通貨危機や経済危機が発生したが、発展途上国の経済発展は、中国NIEs、ASEAN、中国を含むBRICsと広がり、先進国と発展途上国間のいわゆる「経済格差」「内外価格差」「賃金格差」の是正が着実に進んでいる。一方、先進国にとって、格差の是正は、発展途上国への生産シフト、発展途上国からの輸入の増加などからデフレ要因の一つとなり、中でも円高が伴った日本はその圧力を最も被ったといえる。○異次元の金融緩和のゆくえは格差の是正が進行する中、先進国は様々な課題に直面し、低成長、高失業に喘いでいる。それらへの対策のひとつとして、米国...

2013年11月2日日本政策投資銀行フィードバック数:0社会/政治

DBJ Monthly Overview2013年11月号

...%)EU(10.0%)中国(17.7%)NIEs(21.7%)ASEAN(16.3%)(備考)1.米国、EUは内閣府、中国NIEs、ASEANはDBJによる季節調整値2.中国NIEs、ASEANは7~8月平均3.( )内は12年度の輸出額合計に占める構成比図表35中国601 4 7 10 1 4 7 10 1 4 7 10 1 4 710111213(月次)(備考) 1. DBJによる季節調整値2. 中国NIEs、ASEANの9月分は未公表3. シンガポールはNIEs、ASEAN双方...

2014年5月15日みずほ総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

企業アンケートです。

ASEANに対する期待と懸念を交錯させる日本企業~2014年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

...観測に伴って資金が流出して自国通貨が急落したことを受けて、緊縮政策がとられたことなどから、景気は減速した。さらに、タイでは、2013 年 11 月以降、反政府デモ隊によるバンコク封鎖など政治混乱が続いており、実体経済にも悪影響を及ぼしている。これらの結果、インド・ASEAN の成長率は共に減速した。このような経済環境を受けて、2013 年の日本企業のアジア拠点の収益満足度は、中国NIES では改善したが、インド・ASEAN では悪化した。日本企業の海外展開における最注力先は、2012 年秋の尖閣諸島問題顕在化の直後となった前回調査以降、中国...

2014年2月25日日本機械輸出組合フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

最新の機械貿易動向(2013年12月)

...の伸び率を示した機種は、①中国、その他地域向け繊維機械(56.4%増)、②NIES/ASEAN、中国向け半導体製造装置(49.4%増)、③中国NIES/ASEAN、EU 向け電子計算機(28.0%増)、④NIES/ASEAM、北米向け磁気カード・ディスク等(28.0%増)、⑤NIES/ASEAN、中国向け電池(27.2%増)、⑥北米、EU、中国向け医療機械(25.3%増)、⑦北米、EU 向け TV(24.8%増) 、⑧北米、NIES/ASEAN、EU 向け農業機械(21.6%増)、⑨北米、その他地域向け乗用車(21.5...

2015年2月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車輸出は回復するか~円安下でも国内回帰を阻む3つの要因~

...ドに生産シフトが進んだだことを映じじているとみみられる。一一方、電気機械械は2012年にに100を超ええ、国内生産の方がコストメリットを享受でききる可能性がが高まっていいる。電気機機械でも米国国からアジア への生産シフトが進んだが、欧州州での生産がが維持されてていること、 またアジアアの中でも相相対的にコス トが高い中国NIES比率が上上昇したこととが、足元のの海外生産ココストの上昇昇につながったと考えら れる。もちろん試算結果は相当のの幅をもっててみる必要ががあるが、輸輸送機械ではは、平均...

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013・14・15年度 内外経済見通し

...と企業のバランスシート調整の後退、設備投資や住宅部門の改善から 2%台後半の水準へと上方修正した。同時に、欧州も上方修正し、2014 年は欧米諸国で財政面からの下押し圧力がやや緩和することから、世界経済成長率は+3.5%に加速すると展望している。米欧の改善の結果、日本、中国NIEs、ASEAN5 を上方修正した。一方、それまでの内需拡大に伴うマクロバランスの悪化、経常収支の赤字を抱えるインド、ブラジルは下方修正した。日米欧の先進国は新興国不安という不確実性を抱えながらも、経済回復、資産...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(内外経済の見通し/全文)

...5図:主要な輸出先国・地域の実質GDP成長率と日本の実質輸出の推移8(前年比、%)(前年比、%)見通し206154102500-2-5米国中国NIEs実質輸出〈右目盛〉-4-6111213欧州ASEAN4、インド合計150(%)(兆円)2007年度平均100850400+44%-50-10-100-15-15014経常利益額〈右目盛〉-4-8同、前年比変化率〈左目盛〉-1213(年)(注)8月26日時点で2013年4-6月期決算を公表済の企業のうち、2006年1-3月期...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(日本経済の見通し)

...へと進んでいくものと予想される。第6図:東証一部上場企業の経常利益の推移(連結ベース)第5図:主要な輸出先国・地域の実質GDP成長率と日本の実質輸出の推移8(前年比、%)(前年比、%)見通し206154102500-2-5米国中国NIEs実質輸出〈右目盛〉-4-6111213欧州ASEAN4、インド合計150(%)(兆円)2007年度平均100850400+44%-50-10-100-15-15014経常利益額〈右目盛〉-4-8同、前年比変化率〈左目盛〉-1213(年)(注)8月26日時点で2013年4-6月期...

2015年2月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2015年2月号

...通貨ベース輸出物フトが進んだことを映じているとみられる。一方、電価が低下しなくとも割安感が生じている可能性はあ気機械は 2013 年に 100 を超え、国内生産の方がコスる。しかし、過去と比べれば価格効果は限定的であろトメリットを享受できる可能性が高まっている。電う(図表4)。気機械でも米国からアジアへの生産シフトが進んだもっとも、円安(価格)効果が小さくなることは短が、欧州での生産が維持されていること、またアジア期的には(過去に比べて)輸出が増えにくくなる要因の中でも相対的にコストが高い中国NIES 比率がとなるが、中期...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度アジア産業基盤強化等事業「今後の技術協力の方向性に係る調査」報告書

...から途上国へのネット資金流入の推移】出所:FASID国際開発研究センター「開発への新しい資金の流れ」、P.14(4)我が国企業の新興国における製品・サービスの市場シェアわが国企業は近年新興国を有望な市場と見ているものの、競合する外国企業に対して概してシェアを確保できていない。【新興国における製品・サービスの市場シ ェアの状況】中国NIES、ASEAN4では、比較的シェアを確保できているが、それ以外の国では苦戦している。29【新興国市場において製品を販売するにあたっての最大の競争相手】出所:通商白書2008BRICs市場...

2015年2月18日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~

...の成長鈍化基調が続くほか、ロシアやブラジルは2015年にマイナス成長に○ メインシナリオは世界経済の緩やかな回復だが、中国等の新興国やユーロ圏の景気下振れリスクは残存。原油安の悪影響や地政学的リスクも含め、世界経済減速の可能性には留意4世界経済は2016年にかけて緩やかに拡大○ 予測対象地域計の成長率は、2015年は前年並みにとどまるも、2016年にかけて高まる見込み・ 2015年は、米国やユーロ圏を上方修正する一方、日本や中国NIEs、ブラジル、ロシアを下方修正、全体でも下方修正・ 2016年は、資源...

2013年6月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2013年5月(全体版)

...決算における企業収益は円安の追い風を受けた製造業を中心に大幅な増加となり、今期についても更なる増益予想が示されている。この先、成長戦略に伴う政策的サポートや期待成長率の持ち上がり、名目金利よりも物価の上昇ペースが上回ることに因る“実質”金利の低下なども予想され、設備投資は着実に回復へ向かう見通しだ(第 5 図)。第4図:主要な輸出先国・地域の実質GDP成長率と日本の実質輸出の推移8(前年比、%)(前年比、%)見通し第5図:実質設備投資と資金調達金利の推移100154102500-4-6欧州ASEAN4、インド合計5見通し-5米国中国NIEs実質輸出〈右目盛〉(%)206...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(アジア経済の見通し)

...平成 25 年(2013 年)11 月 29 日~景気は持ち直すも、成長の加速ペースはごく緩やかに止まる見通し~1.アジア経済全般(1)景気の現状中国や韓国の景気アジア経済は中国NIEs を中心に持ち直しの動きがみられる。第 3 四は幾分持ち直し半期の実質 GDP 成長率をみると、中国や韓国は投資・消費を中心に幾分持ち直した。他方、これまで堅調であった ASEAN では、マレーシアやフィリピンが消費を中心に底堅さを維持する一方、インドネシアやタイは減速した(第 1 表)。タイ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ