「丸の内地区」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

オフィスビルの需給バランス改善が進む~Jリートの収益力がさらに高まる可能性

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月4日オフィスビルの需給バランス改善が進む ~Jリートの収益力がさらに高まる可能性 3日に発表された、東京23区にある大規模オフィスの供給量調査によると、2013年の供給量は延べ床面積で66万㎡となり、前年に比べ約64%減少したほか、過去20年の平均(110万㎡/年)を大幅に下回りました。これは2012年に大手町・丸の内地区で多くのビルが竣工した反動が出たことが要因とみられます。続く2014年には、延べ床面積が10万㎡を超...

2009年10月26日アイシェアフィードバック数:0ビジネス

住んでいる街に「早朝キャンパス」あれば体験してみたい!6割弱~「新たに勉強をしてみたい」人では6割強が興味アリ

...体験入学してみたい?話題の早朝キャンパス 早朝キャンパスに関する意識調査 住んでいる街に「早朝キャンパス」あれば体験してみたい!6割弱~「新たに勉強をしてみたい」人では6割強が興味アリ「早起きは三文の徳」というが、出勤前の朝の時間を利用して学べる東京・丸の内地区の市民講座「丸の内朝大学」が2009年4月の開校以降、話題となっているようだ。このような「早朝キャンパス」をどう思うか?意識調査を行い、20代から40代のネットユーザー男女542名の回答を集計した。回答者のうち、「現在...

2012年5月7日森トラストフィードバック数:4ビジネス

東京23区の大規模オフィスビル供給量調査 '12

...大規模オフィス供給量は124万㎡となり、07年以来4年ぶりに過去20年の平均(109万㎡/年)を上回った。07年以前の不動産市場の活況期に取得された大規模用地の開発が相次いで完成を迎えたことにより、都心部以外での供給が大幅に増加した。12年も、当該開発に加えて大手町・丸の内地区の建替え案件の竣工が集中するため、176万㎡と高水準の供給が続くが、好況期の影響が剥落する 13年以降は再び供給抑制傾向に転じるとみられる。特に、13− 14年の供給量は年間60∼70万㎡前後と過去平均を大幅に下回る見通し。【図1-1】 11...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 

お知らせ