「乗用車市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年4月14日日本自動車工業会フィードバック数:0ビジネス

2015年度乗用車市場動向調査

...ニュースリリース- 2016年04月08日2015年度乗用車市場動向調査について一般社団法人日本自動車工業会(会長:池 史彦)は、2015年度に実施した乗用車市場動向調査の結果を取りまとめました。本調査は、単身世帯を含む全国の一般世帯における乗用車の保有、今後の購入意向などを隔年毎に調査し、需要の質的変化の見通しに役立てようとするものであります。今年度は保有状況・使用実態・今後の購入意向等について時系列の動きに主眼を置きました。また、トピックとして次世代自動車・先進安全技術・次世代技術・若年...

2014年4月11日日本自動車工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2013年度乗用車市場動向調査について

...ニュースリリース- 2014年04月10日2013年度乗用車市場動向調査について一般社団法人日本自動車工業会(会長:豊田 章男)は、2013年度に実施した乗用車市場動向調査の結果を取りまとめた。本調査は、単身世帯を含む全国の一般世帯における乗用車の保有、今後の購入意向などを隔年毎に調査し、需要の質的変化の見通しに役立てようとするものである。今年度は保有状況・使用実態・今後の購入意向等について時系列の動きに注目することに主眼を置いた。また、トピックとして次世代自動車・先進...

2012年12月4日内閣府フィードバック数:0大型消費/投資海外

インド:乗用車生産と販売の動向

...は一部大手メーカーでのストや暴動による工場閉鎖等の一時的な供給制約による面もあるが、国内販売の不調が大きな要因である。国内販売台数はここ数年急速に増加してきたが、11年以降はやや鈍化傾向にある(図3)。この背景には、燃料価格の上昇、政策金利引上げによる自動車ローン金利の上昇、さらには12年3月以降の物品税の引上げ(注3)が考えられる(図4)。中長期的にはインドでは人口及び所得の増加が見込まれ、今後の乗用車市場の成長性は高いと期待されるものの、当面は乗用車の販売及び生産を取り巻く環境は厳しさが続くとみられる。 (注1)11年度(11年4月~12年3月)におけるシェアは、第1次産...

2014年3月18日ソニー損害保険★★フィードバック数:0大型消費/投資

動画とパララックスで作りこまれたコンテンツです。

あるクルマの一生

...構造基本統計調査、 及び当社調べ(平均購入金額)URL: /kouzou/z2012/index.html※ 35〜39歳の平均月収は29万7600円、給料6.4ヶ月と試算。 僕は平均的には週に5日、ご主人様を乗せて走る。この平均値はここ10年ではあまりかわってないそうな。毎日乗る人は全体の41%もいるんだって!出典:一般社団法人 日本自動車工業会「2011年度 乗用車市場動向調査」URL: /20120404_jouyou.pdf 毎月、東京から大阪まで走っちゃうって、僕は働きものだなぁ!(笑)調査...

2013年4月17日大和総研フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

中国における日本車販売、マイナス幅縮小にみる「中冷地熱」

...性の面では外国メーカーに軍配が上がり、中国車の顧客忠誠度は相対的に低い。一部はいずれ日本車を始め外国メーカーの購入者として戻ってくる公算が大きいと考えられる。日中関係悪化で最も大きな影響を受けた自動車についても回復への道筋が鮮明化しているといえよう。2012年8月から2013年3月までの中国乗用車市場の国別販売シェアの変化(%、%ポイント)(※1)2013年1月と2月の日本車販売は旧正月の時期のずれの影響で大きく変動したが、平均では17.2%減。(※2)買い替えの際に、現在使っているメーカーの製品をまた購入したいとする人の割合 この...

2013年3月18日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:10大型消費/投資

クルマ離れと義務教育の関係 ―中学校技術科教育の学習内容の変遷―

...30代後半以降の男性(第4次学習指導要領履修者まで)にしか通じない常識だったのです!知識がなければ、関心は生まれにくいと思うのですが、実際にそれを示唆する調査結果があります。日本自動車工業会が2008年度に実施した「乗用車市場動向調査」によれば、若い男性のクルマに対する関心度が低下している一方、若い女性の関心度は逆に上昇していて、若い世代になるほど関心度の男女差が小さくなっていることがわかります。調査にある「以前の大学生(現40~50代)」は、男性のみがエンジン教育を受けた世代であり、クル...

2013年5月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:4大型消費/投資

クルマ離れと義務教育の関係―中学校技術科教育の学習内容の変遷―

...世間の男性の常識だと思っていた『ガソリンエンジンのメカニズムの知識』は、現在30代後半以降の男性(第4次学習指導要領履修者まで)にしか通じない常識だったのです!知識がなければ、関心は生まれにくいと思うのですが、実際にそれを示唆する調査結果があります。日本自動車工業会が2008年度に実施した「乗用車市場動向調査」によれば、若い男性でクルマに対して関心を持つ人の割合は、年を経るごとに減少していますが、一方、若い女性で関心を持つ人の割合は、逆に上昇傾向にあります。そして、若い世代になるほど、クル...

2015年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

AEC下で進む関税撤廃によるベトナムの輸出入への影響

...元のペースにに近い前年比比+35%程度度の拡大を続け、国内販売売の半数が輸輸入品となった場合にには、2018年年には貿易赤赤字額を13.44億ドル悪化させる計算となる(図表表9)。関税撤撤廃による価格低下でで国内市場のの拡大ペーススがさらに加加速すれば、貿易収支の悪化は一層大大きくなる。。乗用車販売の増加ペペースが年率率+50%に拡拡大した場合合には、貿易易収支の悪化額は21.4億 ドルに拡大すする。ただし、国内市場がが急速な拡大大を続けるととは限らないい。乗用車市場の拡大余地地は確かに大大きいものの、現地...

2014年3月23日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

JAMAGAZINE 2014年3月号

...-71 年生)2011198150 才以上1991200120111931 年以前生1941 年以前生1951 年以前生1961 年以前生出所:日本自動車工業会「乗用車市場動向調査」その他から三菱総合研究所作成JAMAGAZINE 2014. March9これを各年齢層の保有台数に置きなおし、さらにである。従って、確かに若者のクルマ離れは生じそれぞれの人口で割ることで、主運転者としてのているが、あえて同じ表現をするならば、「中高各年齢層の乗用車保有率を推計したものが図1で年のクルマ離れ」も始...

2014年1月27日第一生命保険★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車販売についてのレポートです。駆け込み需要もテーマになっています。

2014年度新車販売の行方 ~車体課税の見直しの効果はいかに?~

...販売台数のうち、乗用車保有台数の増25加分を新規需要、それ以外を買い替え需要とすると、リー20マンショック以降の新車販売台数の減少は買い替え需要が15減少トレンドに転じたことが主因であると理解できる(資050607080910111213(年)(出所)日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会(注1)季節調整は第一生命経済研究所(注2)トレンドは、リーマンショック前5年間(03年9月から08年8月)にて算出料5)。「乗用車市場動向調査」(日本自動車工業会)をみると、新車買い替え需要のうち、新車...

2015年4月3日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内新車販売統計(2015年3月)

...連続で拡がっており、意図せざる在庫が再び積み上がる状況にある。軽乗用車市場は引き続き過剰在庫を抱えた状態であり、在庫削減のための積極販売と、それによる収益性悪化のリスクが高い状況が続こう。3図表6 乗用車輸出は3か月連続で前年同月比増となったが、SAAR は前月比で減少季調済、千台5,000新車乗用車輸出台数:全国前年同月比、%1204,5001004,000803,50015年2月SAAR 370万台前月比▲3.2%同▲12.1万台3,0002,5002,00060402001,500-20季節...

2014年3月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度アジア産業基盤強化等事業(アジア地域における鉄鋼産業基盤戦略調査)報告書

... 10 位にまで上がった。日本や韓国、マレーシア等の経験から言うと、一人当たり所得水準が 3,000~5,000 ドルに達すると、急速に乗用車の普及率が上昇する。タイはこの水準に達しており、今後の内需増も期待される。マレーシアの自動車産業は、マハティール政権の国民車政策が成功し、急成長した。1985 年から発売開始した国民車(Proton Saga)がモータリーゼーションを興して、周辺諸国より一足早く乗用車市場を形成、自動車普及率は ASEAN で最も高い水準に達している(2011 年の...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ