「予測平均値」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

平成26年7月度 経営者の住宅景況感調査

...期が消費税駆け込みのピークであったため、その分前期比マイナスは大きくなる」、「駆け込み時期との対比のため、大幅減の見通し」、「昨年駆け込み増があったため、昨年対比は厳しい見込み」、「消費税の反動減からは回復するも、需要の拡大は期待できない」、など、前年の駆け込みによる受注増との比較からもマイナスが継続するとの声が多く聞かれる。 平成26年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した16社の予測平均値が、総戸数88.0万戸(前4月度88.4万戸)という予測結果となった。 利用関係別では、持家が30.5万戸(前4月度30.4万戸)、分譲...

2013年8月2日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年7月度 経営者の住宅景況感調査報告

...するとの見通しを立てている。 平成25年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した17社の予測平均値が、総戸数93.3万戸(前4月度92.1万戸)で前回より微増の予測結果となった。 利用関係別では、持家が34.3万戸(前4月度34.1万戸)、分譲住宅26.1万戸(同25.7万戸)、賃貸住宅32.5万戸(同32.1万戸)となっている。以上平成25年7月31日 経営者の住宅景況感調査報告景況判断指数から見た主な傾向平成25年7月度経営者の住宅景況感調査集計結果各社経営者による住宅景況判断指数の推移グラフ 住宅市場について...

2015年5月1日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年4月度 経営者の住宅景況感調査報告

...改正大綱などの住宅取得支援策の効果に期待する声も多く聞かれ、回復基調が継続している。 平成27年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した16社の予測平均値が、総戸数88.9万戸(前1月度88.6万戸)という予測結果となった。 利用関係別では、持家が29.5万戸(前1月度29.1万戸)、分譲住宅23.6万戸(同23.4万戸)、賃貸住宅34.7万戸(同35.3万戸)となっている。以上平成27年4月30日 経営者の住宅景況感調査報告景況判断指数から見た主な傾向平成27年4月度...

2014年5月8日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年4月度 経営者の住宅景況感調査

...的な景気停滞が予想されるため受注の落ち込みが続く可能性がある」、「引き続き消費増税の影響で減少を予想」、「4月からの消費税増税により、すべての部門で前期比大幅なマイナスになる」、「各セグメントで反動減からの回復の兆しではあるものの、前期が駆け込み受注前倒しで受注増のため、対前年比での大幅増は難しい」、「上期前半は、同じように決断を急がないという傾向が続くと考えている」など、マイナスからの回復は難しいとの声が多く聞かれる。 平成26年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した15社の予測平均値が、総戸数88.4万戸(前1月度88.8万戸)とい...

2013年5月1日住宅生産団体連合会フィードバック数:1大型消費/投資

平成25年4月度 経営者の住宅景況感調査

...良くなりそうと回答しており、全体としてもプラス基調が継続・拡大するとの見通しを立てている。平成25年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した17社の予測平均値が、総戸数92.1万戸(前1月度91.4万戸)という予測結果となった。利用関係別では、持家が34.1万戸(前1月度34.3万戸)、分譲住宅25.7万戸(同25.7万戸)、賃貸住宅32.1万戸(同31.3万戸)となっている。以上平成25年4月30日 経営者の住宅景況感調査報告景況判断指数から見た主な傾向平成25年4月度...

2015年2月1日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年1月度 経営者の住宅景況感調査

...税率アップ先延ばしにより鈍化するもののプラスを予想」、「税制改正による取得促進に期待」、「住宅エコポイント再開などのプラス要素により若干の回復が見込まれる」、など、緊急経済対策や、税制改正大綱など、住宅取得支援策の決定による効果に期待する声も多く聞かれ、回復基調が表れている。 平成26年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した16社の予測平均値が、総戸数87.9万戸(前10月度87.0万戸)という予測結果となった。 利用関係別では、持家が29.1万戸(前10月度29.6万戸)、分譲住宅23.7万戸(同23.7万戸)、賃貸住宅34.4万戸(同33...

平成26年1月度 経営者の住宅景況感調査報告

...とリフォームの堅調さは、消費増税実施まで続くと見ている」、「10月〜12月に引き続き、新築・建て替え受注は消費税増税に係る経過措置前受注の反動減によりマイナスとなるが、リフォームは増税前の駆け込み受注により大幅増加」など、分譲・リフォーム部門が牽引することにより、全体的には大きな減少とはならないとの期待を込めた声も聞かれる。 平成25年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した17社の予測平均値が、総戸数96.7万戸(前10月度95.1万戸)で前回より1.6万戸増の予測結果となった。 利用関係別では、持家が34.9...

平成26年10月度 経営者の住宅景況感調査

...税再増税や贈与税の優遇策が決まっていないため、住宅購入の意思決定が先送りとなり、前年比プラスとまでにはならない見込み」、「昨年反動減時期との比較のため良化して見えるが苦戦」、「消費税増税の駆け込みも見込めず、引き続き停滞が見込まれる。但し、昨年比ではポイントを上げる見込み」など、前年の駆け込みの反動減との比較からプラスに回復するとの声が多く聞かれる。 平成26年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した16社の予測平均値が、総戸数87.0万戸(前7月度88.0万戸)という予測結果となった。 利用関係別では、持家が29.6万戸(前7月度30...

平成25年10月度 経営者の住宅景況感調査報告

...の先高観により大幅な減少とはならない」、「反動減は少ない」、「リフォームは堅調に増加、その他の事業は平準化」、「良化」、「良くなることを期待する」など、政策効果や、分譲・リフォームにより全体的には大きな減少とはならないとの期待を込めた声も聞かれる。全体的な指数としては戸数が平成23年第4四半期、金額が平成21年度第3四半期以来のマイナスに転じるとの見通しである。 平成25年度の新設住宅着工戸数の予測については、回答した16社の予測平均値が、総戸数95.1万戸(前7月度93.3万戸)で前回より微増の予測結果となった。 利用関係別では、持家...

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年9月(日本)

... 12/12 13/313/613/9 (年/月)(注)ESPフォーキャスト調査による「10年物国債利回り」の予測平均値から、同「消費者物価(生鮮食品を除く総合)変動率の予測平均値(『2014年度』は消費税率引き上げの影響を除いたベース)を引いたもの。(資料)日本経済研究センター資料より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成931.00.80.60.42011年度の予測値「量的・質的金融緩和」の導入(13/4)2012年度の予測値2013年度の予測値2014年度の予測値5/1 5/16 5/31 6/15...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ