「予測日本」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年2月)解説資料

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2014年2月)解説資料 ここから本文です日本経済中期予測(2014年2月)解説資料牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度サマリーこのコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載...

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 久後 翔太郎 サマリー◆:日本経済は、2014年1月をピークに景気後退局面入りしたとみられるものの、今回...

2013年7月19日大和総研フィードバック数:2社会/政治

日本経済見通し:景気回復傾向が強まる

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:景気回復傾向が強まる ここから本文です日本経済見通し:景気回復傾向が強まる「アベノミクス」の効果は着実に浸透調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:日本経済の回復傾向が強まっている。「アベノミクス」の効果は着実に日本経済に浸透してきた。7月11日に、日銀は、景気の基調判断を「緩やかに回復しつつある」へと上方修正し、2年半振りの景気回復宣言を行った。政府も、7月の月例経済報告で、景気...

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する ここから本文です日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する日本経済は緩やかな回復軌道を辿る見通し調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 久後 翔太郎 サマリー◆:2014年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回...

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は? ここから本文です日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 久後 翔太郎 サマリー◆7年10ヶ月振りの円安が日本経済に与える影響は?:為替市場で円安が加速している。5月26日の外国為替市場において、円相場は対ドルで7年10ヶ月ぶりの安値をつけた。本稿...

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか?

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか? ここから本文です日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか?日本経済は緩やかな回復を続ける見通し調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 久後 翔太郎 山口 晃 サマリー◆:日経平均株価が2015年4月22日に終値で2万円の大台を回復した。マクロ経済の視点から、今回の株価上昇局面をどう評価すればよいのだろうか?日本の住宅・不動産市場に「バブル」的な...

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は「アベノミクス」の効果で着実に回復。4つのリスクに要注意調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆メインシナリオ:日本経済は着実な回復軌道へ:日本経済は2012年11月を底に回復局面に入ったが、今後も着実な景気拡大が続くとみられる(→詳細は、熊谷亮丸他「第178回 日本経済予測(改訂版)」(2013年9...

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題 ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題①財政規律の維持、②規制緩和など成長戦略、③雇用者所得の増加調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:2013年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.7%)であ...

2013年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」の中間評価

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」の中間評価 ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」の中間評価日本経済は「アベノミクス」の効果もあり、着実な景気拡大が続く調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:2013年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+2.7%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.4%)である。日銀...

2016年3月13日矢野経済研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

グローバルアウトソーシング市場に関する調査結果 2016

...までのグローバルアウトソーシング市場規模(事業者売上高ベース)は、年平均成長率(CAGR)5.1%で推移し、2019 年度には1兆2,383億44百万米ドルに達すると予測する。◆2019年度の日本国内向けオフショアサービス市場は16億78百万米ドルと予測日本国内のアウトソーシング事業者やユーザ企業においても、オフショア(海外)拠点における開発・統合サービスやBPOサービスの利用が拡大している。オフショアでのカントリーリスクや人件費高騰などから一部のアウトソーシング事業者では、リショアリング(再び拠点を日本に戻すこと)の動...

2013年2月20日大和総研★フィードバック数:2社会/政治

アベノミクスのリスクを検証しています。

日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する「財政規律の維持」と「成長戦略の強化」がカギ調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:2012年10-12月期GDP一次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。当社は、1月18日に安倍政権成立の影響を勘案し経済見通しを暫定的に上方修正している。今回...

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第184回日本経済予測日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~ :2014年10-12月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.9%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.8%)、今回新たに予測した2016年度が同+1.8%である。当社...

2014年2月24日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

第180回日本経済予測

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第180回日本経済予測日本経済に関する4つの論点を検証する~①賃上げ、②日銀の物価目標、③経常赤字、④格差問題~ :2013年10-12月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.3%(前回:同+2.5%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)、今回新たに予測した2015年度が同+1.5%である。今後の日本経済は、①米国...

ウィジェットの最新市場動向

...%となる96 億円をスマートフォンで売り上げているが、すべてがApp Store の売上である。 2013年のコンテンツダウンロード市場は514億円と予測日本市場のウィジェットコンテンツダウンロード金額の2013 年までの予測を行った。アップルのApp Store の成功により、スマートフォンのOS を提供しているグーグルやRIM、マイクロソフトも自社アプリ向けのダウンロードストアを開設しようとしている。また、携帯電話キャリアも自社アプリ向けのダウンロードサービスに積極的に取り組んでおり、ウィ...

2015年11月6日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

2015 Digital Index Online Shopping Predictions

...アドビ、ホリデーシーズン中のオンラインショッピング売上高の76%が全商品の1%に集中との調査結果を公開 米国のホリデーシーズン中のオンラインショッピングの売上高は記録的な830億ドルを予測日本のホリデーシーズン中のオンラインショッピング売上高は370億ドルで世界3位、オンラインショッピングでモバイル端末を利用する割合は日本が世界で最も高いと予測【2015年11月5日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、本日、ホリ...

国内クラウドストレージの市場予測

...対象本調査で集計対象としたのは、クラウドストレージを提供することでユーザーから対価を得ているサービスの金額市場。ユーザーには無料で提供し、広告料収入を得るサービスは含んでいない。個人向け法人向けを問わず、サービスの提供自身で得られる収入を集計している。 2017年までの市場規模予測日本のクラウドストレージの金額市場は、2013 年以降は前年比107%程度で推移し、2017年には800億円の市場になると予想される。 PC/フューチャーフォン別市場パソコン/スマ...

2015年1月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度日米経済見通し 日本 ~景気は明るさを取り戻す見込み~

...原油価格の下落と円安・株高いが、15 年度は+1.8%、16 年度は+1.6%と着実な改善が実現すると予想する。は日本経済にとって追い風になるだろう。景気は次第に明るさを増すと予想している。2四半しんけ よしき(主席エコノミスト)期連続のGDPマイナス成長になったことで悲観的なムードが強まり易いが、景気の先行きに日本経済予測総括表2013年度2014年度2015年度2016年度予測予測日本経済実績実質GDP(内需寄与度)(うち民需)(うち公需)(外需寄与度)民間...

データ復旧業界の市場規模への調査結果(2015年)

...2015年 データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表2016/12/20クラウド市場の成長やスマートフォンの普及を背景に、フラッシュストレージの採用は急速に伸びるもハードディスクのデータ復旧は今後、徐々に減少傾向と予測日本データ復旧協会、昨年に引続き、2015年(1-12月)のデータ復旧市場規模について統計データを発表HDDの復旧依頼件数は85,700台と微増データ復旧の業界団体である日本データ復旧協会(住所:東京都港区 以下、日本データ復旧協会)は、昨年(2014年(1月-12月...

SNSについてのレポートです。

ソーシャルネットワークサービスの近未来構図

...ムを投入後も日々少しずつゲーム内容にチューニングをかけるなど、ゲーム参加者を楽しませるノウハウが非常に優れているため、自社提供ゲームでの収益性が高いという結果を残していると言われている。このようなノウハウをスマートフォンでも活かしてグローバル市場でも実績を残して頂きたいものである。(図表10:右グラフ) 出所:MM総研調査による市場規模予測(2012年3月公表) スマートフォンの普及予測日本におけるスマートフォンは、2012年以降も契約件数が年平均成長率(2012-2017年)が26.3%と利用急拡大が見込まれており、スマ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ