「予測総括」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年3月19日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

中国・アジア経済持ち直し、リスクは14年に

...投資の拡大や在庫調整の進展等を背景に中国の景気が加速した。対中輸出の増加を背景に、他のアジア諸国の経済も回復基調になった。2013年の景気は中国が主導する形で当面底堅いと予想している。2014年は先進国経済の持ち直しやインドの金融緩和を背景に、景気の加速を展望する。一方、中国は金融引き締めで景気が小幅減速すると展望している。■図表:みずほ総合研究所のアジア経済予測総括表(2013年3月)(単位:%)アジア中 国NIEs韓 国台 湾香 港シンガポールASEAN5インドネシアタ イマレーシアフィリピンベトナムインドオーストラリア2009年2010年2011年...

2014年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

足元下振れだが、来年は「トリプルメリット」で飛躍も

...かけて予想以上に改善しやすい状況にある。■図表:みずほ総合研究所の世界経済予測総括表(2014年11月)(前年比、%)暦年2012年2013年2014年2015年(実績)(実績)(予測)(予測)(前年比、%)2014年2015年(9月予測)3.23.13.23.53.23.6日米ユーロ圏1.11.21.52.11.52.1米国2.32.22.22.92.12.9▲ 0.7▲ 0.50.81.00.81.21.51.50.42.01.21.46.16.16.05.96.16.1中国7.77.77.47.17.57.3NIEs2.02.83...

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013~20年度 中期経済見通し

...が目標としている「2 年で 2%」には届かないであろう。図表 120112012日本GDP短期予測総括表20132014年度実質GDP内需201210~1220131~34~620147~9 10~121~34~620157~9 10~121~3前期比、%0.31.22.90.90.31.00.90.70.91.1 ▲ 1.30.70.4前期比年率、%--------1.14.13.82.93.44.7 ▲ 5.12.81.40.41.4前期比、%1.31.92.60.20.30.60.70.80.81.1...

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年1-3月期GDP2次速報後改定)

...回復に伴う需給バランスの改善や、期待インフレ率の上昇に伴って、物価は緩やかに上昇する。日本銀行が目標として掲げる「2%」の物価上昇実現は困難だが、14 年度には「デフレ脱却」が実現するだろう。【日本経済 予測総括表】【今回予測】2012年度2013年度2014年度実績予測予測(%)2015年度【前回予測値(13年5月16日公表)】2013年度2014年度2015年度日本経済予測予測予測予測実質GDP(内需寄与度)(うち民需)(うち公需)(外需寄与度)民間...

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)

...時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。【日本経済 予測総括表】【今回予測】2012年度2013年度2014年度実績予測予測(%)2015年度【前回予測値(14年2月17日公表)】2013年度2014年度2015年度日本経済予測予測予測予測実質GDP(内需寄与度)(うち...

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気後退は避けられる~

...経済対策策定などの効果もあり、均してみ今夏のボーナスは増加に転じたとみられるが、れば景気回復局面が持続すると予想する。今後の企業業績の大幅改善を受けて、14 年度のボーナスは増加幅の拡大が予想される。回復がしんけ よしき(主席エコノミスト)日本経済予測総括表【今回予測】2012年度2013年度2014年度実績予測予測(%)2015年度【前回予測値(13年6月10日公表)】2013年度2014年度2015年度日本経済予測予測予測予測実質GDP(内需寄与度)(うち民需)(うち公需)(外需寄与度)民間...

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気回復が持続~

...の賃上げ機運が高まると予想さ+2.5%の高成長を予想する。14 年度は消費税率れ、14 年度には増加に転じる可能性が高い。こ引き上げにより+0.9%に減速するが、緩やかなのように、景気の回復から遅れる形で家計の所回復は持続可能、15 年度も+1.1%と着実な改善得も改善が見込まれる。消費税率引き上げによが続くだろう。り個人消費は下押しが避けられないが、景気のしんけ よしき(主席エコノミスト)日本経済予測総括表2012年度2013年度2014年度実績予測予測(%)2015年度日本経済予測実質GDP(内需寄与度)(うち...

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度の景気は加速。14年度は減速も、回復基調は維持~

...再度の消費税率引き上げが下押し要因になる夏のボーナスについては小幅増にとどまったとものの、均してみれば景気回復局面が持続可能みられるが、今後の企業業績の大幅改善を受けと予想する。て、14 年度のボーナスは明確な増加が予想される。足元では減少が続いている所定内給与につしんけ よしき(主席エコノミスト)いても、景気回復に伴う労働需給の改善や物価日本経済予測総括表【今回予測】2012年度2013年度2014年度実績予測予測(%)2015年度【前回予測値(13年3月8日公表)】2013年度2014年度日本経済実質GDP(内需寄与度)(うち民需)(うち公需)(外需寄与度)民間...

2015年1月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度日米経済見通し 日本 ~景気は明るさを取り戻す見込み~

...原油価格の下落と円安・株高いが、15 年度は+1.8%、16 年度は+1.6%と着実な改善が実現すると予想する。は日本経済にとって追い風になるだろう。景気は次第に明るさを増すと予想している。2四半しんけ よしき(主席エコノミスト)期連続のGDPマイナス成長になったことで悲観的なムードが強まり易いが、景気の先行きに日本経済予測総括表2013年度2014年度2015年度2016年度予測予測日本経済実績実質GDP(内需寄与度)(うち民需)(うち公需)(外需寄与度)民間...

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~

...は緩やかに上昇する。日本銀行が目標として掲げる「2%」の物価上昇実現は困難だが、14 年度には「デフレ脱却」が実現するだろう。1本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。【日本経済 予測総括...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。【日本経済 予測総括表】【今回予測】2012年度2013年度2014年度実績予測予測(%)2015年度【前回予測値(13年6月10日公表)】2013年度2014年度2015年度日本経済予測予測予測予測実質GDP(内需寄与度)(うち民需)(うち公需)(外需寄与度)民間...

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

...はいずれもプラス成長となり、最悪期は脱している。財政緊縮の影響が小さくなる 2014 年には 3 年ぶりのプラス成長に復すると見込まれる。しかし、官民のバランスシート調整圧力を抱える南欧諸国の低迷が続く中、実質GDP成長率は+0.9%と 1%を下回るであろう。図表 7世界経済予測総括表(前年比、%)暦年2011年2012年2013年2014年(実績)(実績)(予測)(予測)(前年比、%)2013年2014年(9月予測)予測対象地域計3.83.22.93.32.83.3日米ユーロ圏1.41.40.91.70.91.6米国1...

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

...のバランスシート調整圧力を抱える国の回復力は引き続き弱く、内需の回復テンポは緩やかであろう。2015 年はユーロ安に支えられて輸出が加速するものの、内需は本格的な回復には至らないとみられる。成長率は 2015 年も 1%台前半(+1.3%と予測)にとどまろう。図表 4世界経済予測総括表(前年比、%)暦年2011年2012年2013年2014年2015年(実績)(実績)(実績)(予測)(予測)(前年比、%)2014年2015年(3月予測)予測対象地域計3.93.23.03.23.53.43.5日米ユーロ圏1.41.41.01.72.11.92.1米国1...

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013・14・15年度 内外経済見通し

...諸国の経済活動も足元で底入れしている。2013 年前半に進行したユーロ高が一服したことも、今後は輸出の追い風となるだろう。官民のバランスシート調整圧力を抱える南欧諸国の回復力は引き続き弱いため、ユーロ圏全体でみると大きく成長率が高まることは期待しがたい。それでも、2015 年の成長率は+1.3%と 2 年連続のプラス成長を維持するであろう。図表 6世界経済予測総括表(前年比、%)暦年2011年2012年2013年2014年2015年(実績)(実績)(予測)(予測)(予測)(前年比、%)2013年2014年(12月予測)予測対象地域計3...

2013年8月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

...半は小幅ながらプラス成長を維持するとみられる。2014 年は輸出主導での緩やかな景気回復により 3 年ぶりのプラス成長が見込まれる。しかし、南欧諸国を中心に財政緊縮の下押し圧力が残る中、実質GDP成長率は+0.8%と1%を下回る低成長にとどまるであろう。図表 6世界経済予測総括表(前年比、%)暦年2011年2012年2013年2014年(実績)(実績)(予測)(予測)(前年比、%)2013年2014年(前回:6月予測)予測対象地域計3.83.22.83.32.93.5日米ユーロ圏1.41.40.71.60.81.6米国1.82.81.42.21...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ