「予算比率」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年8月30日ディスコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の研修についての調査です。

企業の研修・教育担当者に聞いた 社員研修の現状と課題に関する調査レポート

...社員研修については、入社前の内定者教育や入社後のフォロー研修も含めて、95.9%とほぼ全ての企業で実施していることが分かりました。また全体的に若手社員に対する教育が手厚い一方で、経営人材の育成については必要性を感じながらも手薄になっている実情が浮かび上がりました。<< 内 容 >>1.研修担当部署に関して2.研修の対象と予算比率3.研修プログラム4.若手社員に身に付けさせたいもの5.研修の効果測定6.研修の実施方法7.社内研修の講師8.アセスメントの活用9.英語研修の実態10.経営人材の育成《調査概要》調査...

2017年5月28日ITR★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内金融IT市場動向調査2017

...国内金融IT市場動向調査2017同レポートは、金融業におけるIT投資動向「IT投資動向調査編」と主要なITサービス分野の市場シェアをまとめた「ベンダー市場調査編」からなり、前者は国内企業を対象に実施した「IT投資動向調査2017」から金融業での調査結果を、後者は44の製品・サービス分野を対象とし主にベンダーへのヒヤリング調査などからITRが推計した金融業における市場規模推移とベンダーシェアを掲載しています。本レポートのハイライトは以下の通りです。 ■2016年度の金融業IT予算比率は6.1...

2011年11月29日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRによる投資動向調査です。

IT投資動向調査2012

...発生した東日本大震災によって多くの企業が事業戦略の見直しを迫られたことを考慮すれば、わずかとはいえプラス成長となったことを評価すべきといえます。しかし、2012年度に向けた予想では0.83と小幅な上昇にとどまっており、今後の国内企業のIT投資が低成長で推移することをうかがわせる結果となりました。 <参考資料2> IT投資指数の変化(2001~2012年度予想) 出典:「IT投資動向調査2012」ITR IT予算比率と戦略投資比率はともに上昇企業の売上高に占めるIT予算比率では、2011年度は2010年度を0.2ポイント上回る3.0%となり、5年振りに3%台に上りました。ただ...

2010年11月29日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRから投資動向調査の速報が発表されました。

IT投資動向調査

...の実績値からさらに上昇しており、企業のIT予算額は再び上昇機運を描きつつあります。 <参考資料2> IT投資指数の変化(2001〜2011年度予想) 出典:「IT投資動向調査2011」ITR 2010年度のIT予算の対売上高比率は再び上昇企業の売上高に占めるIT予算比率は、2010年度は2009年度を0.2ポイント上回る2.8%でした。3年連続で続いていた下落傾向に歯止めがかかり、再び上昇に転じました。 2011年度に向けて重視する IT動向は「統合」と「仮想化」全20項目の主要なIT動向のうち、ここ...

2011年7月12日ガートナー★フィードバック数:25企業情報システム

ガートナーが震災を受けてのICT市場についての調査結果を発表しました。

東日本大震災後の国内ICT市場予測

...ートフォンに関して個人と企業の両方でのニーズが高まり、テレコム全体 (携帯電話を含む機器とサービス) ではプラス1.7%を見込んでいます。表1 日本におけるICT市場規模予測出典:ガートナー (2011年7月) なお、企業向け調査 (注2) においては、クラウド・コンピューティングに関しても、震災後にプロジェクト件数の増加傾向が見られました。企業予算額における比率 (平均値) は小さいものの、2010年 (年度) の1.4%から、2011年は1.7%と増加しています。内訳も、2010年は、クラウド・コンピューティングに対する予算比率...

2016年6月7日カンター・ジャパン★フィードバック数:0モバイル

フェイスブックとテレビ―のシナジーについて(クロスメディア・リサーチ)

...された複数の効果データを統合する形で行った。態度変容効果という同じ土俵で、メディア間の効果の違いやシナジー効果についての発見をご紹介する。大型キャンペーンでの平均的なデジタル予算比はまだ1割今回の分析の対象となったキャンペーンは、成熟ブランドから新製品ブランド、消費財から耐久財、全性年齢をターゲットにするものから特定の性年齢をターゲットにするものなど、異なる条件・状況下で実施された。いずれも共通しているのは数億円のメディア予算で実施された大規模なブランドキャンペーンであったということだ。これらのキャンペーンのメディア予算を平均化すると、デジタルの予算比率...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ