「人件費比率」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年12月14日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

人件費による企業ランキングです。

給料をたくさん払っているトップ700社

...によって人件費に含まれる費用の基準には微妙な違いがあるものの、要は給料だ。そのうち人件費が高い700社を掲載した。平均年収と売上高人件費比率のデータも併載している。トヨタ自動車やNTT(日本電信電話)、JTなど米国会計基準(SEC)や国際財務報告基準(IFRS)で決算情報を開示している企業は「人件費」科目がないため、今回のランキングには含まれていないが、企業規模や業界などでどれぐらい人件費が負担になっているのかの傾向をつかんでもらえるはずだ。1位はイオン。人件費総額は7405億円に上った。2位はセブン&アイ・ホールディングスで4305億円。言わ...

雇用ポートフォリオ編成のメカニズム

...を確保できる範囲で)、要員数と人件費予算が決定される。これは財務アプローチである。図表2 責任センターと要員数・人件費予算の決定方法の対応関係決定された要員数と人件費予算が事業所や職場におろされる過程で、非正規労働者の活用が検討され、組織の雇用ポートフォリオが編成される。その結果として、責任センター別に、雇用ポートフォリオ編成の特徴がみられる。収入センターでは、売上高の予測から業務量を見込んで、その業務量をこなすために必要な要員数を導き出す。人件費予算は売上高に人件費比率をかけるか、要員...

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

様々な労働分配率:結局パイの拡大こそが重要

...レから脱却することが可能となろう。(※1)国民経済計算(SNA)における国民所得や雇用者報酬などの概念の解説については、例えば、当社レポート 市川正樹「経済指標を見るための基礎知識 第7回 GDP統計(その4)確報による中長期的分析」(2013年1月31日)を参照。(※2)例えば、付加価値に営業外収益を加え、営業外費用を控除したものに対する人件費比率ではあるが、市川正樹「余裕の出てきた資金をどう将来の成長に振り向けるか」(2013年12月11日)、当社コラムを参照。(※3)大住荘四郎(1997)「入門SNA-国民...

2013年5月30日日本総研フィードバック数:1ビジネス

アジア進出わが国企業の収益構造の変化-地場企業との取引拡大で利益率改善

...事業活動基本調査」では統計上の制約費は入手出来ないものの、売上高と仕入高のがあって厳密な分析は出来ないものの、あるデータはあるため、ここから原材料費の動き程度の示唆は得ることが出来た。は推測出来る。売上高に対する仕入高の比率まず、売上高人件費比率や売上高販管費比を「仕入比率」として計算すると、各地域と率は大きな変化がないようである。例えば、も、2008年度まではほぼ横ばいで推移してき2007年度から2010年度までのデータが得られたものの、2009年度以降は大きく下方に屈折る 売 上 高 人 件 費 比 率 を み...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

素形材産業ビジョンの見直しに向けた素形材動向調査

....5101.492.992.689.391.8103.095.893.3(2)人件費比率製造品出荷額等に対する現金給与総額の割合をみると、素形材産業全体では 2010 年で 20.1%と、製造業全体及び輸送用機械器具製造業をそれぞれ 10 ポイント前後上回っている。業種別にみると、31.9%を占める金型が突出しており、熱処理(24.2%)がこれに次ぐ。これら2業種以外の5業種は素形材産業全体の平均を下回っており、中でも鍛造の 12.5%が最も低くなっているが、製造業全体の平均を上回っている。時系...

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年12月報

...連続で上昇しており、雇用形態にかかわらず人手が足りていない状況が続いている。各社の人件費が増加傾向となっているなか、売上高人件費比率も上昇しており、企業のコスト負担増加は今後の業績を圧迫する要因となろう。 ■信用補完制度の見直し、金融機関や中小企業にさらなる意識改革が求められる経済産業省は12月20日、中小企業政策審議会金融ワーキンググループにおいて、中小企業・小規模事業者を支える信用補完制度の見直し内容の骨子を固めた。創業から事業拡大、再生まで企業のライフステージ別にきめ細かな対応が盛り込まれたが、そこ...

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年報

...のコスト削減努力だけでは対策が追いつかない可能性がある。原油価格が急上昇した2007年〜2008年には、運輸業や自動車小売業の倒産件数が急増しており、今後の燃料価格の動向は注視する必要がある。加えて、企業の人手不足感が高まってきている。TDB景気動向調査によると、雇用過不足DIは建設業や運輸・倉庫、情報サービス、飲食店などを中心に正社員・非正社員とも2016年7月以降6カ月連続で上昇しており、雇用形態にかかわらず人手が足りていない状況が続いている。各社の人件費が増加傾向となっているなか、売上高人件費比率も上昇しており、企業...

2014年11月13日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

台湾の半導体産業についてのレポートです。

高まる台湾半導体産業の国際競争力-ファウンドリ事業とスマートフォン需要の拡大で勢いを増す

... Electronics や米国 Apple との競争に敗れ、足元では中国の低価格スマートフォンメーカーの台頭により低迷。以上の①~④の変化のなかでコンピュータや液晶デバイス、通信機器が勃興と衰退を繰り返す一方で、集積回路を中心とする半導体の輸出は順調に拡大している。半導体の輸出が伸びた理由としては、①ファウンドリ事業が成功したこと(この点は後述)、②集積回路工場の海外移転が進んでいないこと、があげられる。集積回路工場の多くが台湾に残っているのは、集積回路工場の売上高人件費比率の低さが背景にある。集積...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度我が国経済社会における基盤整備,印刷産業におけるビジネスモデルの調査研究事業報告書

...の平均経常利益率 .........................................................................................................78(6) 従業員一人当たりの年間売上高 ...........................................................................................78(7) 人件費比率 ...........................................................................................................................79(8...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ