「人材管理」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年4月23日ITRフィードバック数:0キャリアとスキル

国内の提供形態別人材管理(タレントマネジメント)市場規模推移および予測

...ITRが人材管理(タレントマネジメント)市場規模推移および予測を発表2015年度の市場は前年度比32.3%増と大幅増、2016年度は同34.9%増とさらなる拡大 2017年4月13日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の提供形態別人材管理(タレントマネジメント)市場規模推移および予測を発表します。 国内人材管理市場の2015年度の売上金額は29億5,000万円...

2013年6月11日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:人事・人材管理市場2013

...ITR Market View:人事・人材管理市場2013本レポートは、人事管理、給与管理、人材管理(タレントマネジメント)、就業管理、LSP(Labor Scheduling Program:就労者スケジューリング・プログラム)、LMS(Learning Management System:学習管理システム)製品を対象に国内56社のベンダーへの調査を基に市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。人事管理:2011年度の市場は前年度比2.9%減と...

2012年4月17日ITRフィードバック数:3企業情報システム

ITR Market View:LMS市場2012

...はパッケージ市場の出荷金額は前年度比3.2%減と不調となりましたが、SaaS市場は同27.7%増と急速に拡大しました。昨今のクラウドブームによりSaaSを選択する機運が高まっており、2011年度もこの傾向が続き、同年度にはSaaS市場がパッケージ市場を上回り、過半数を占めると予測しています。 LMS市場:提供形態別出荷金額推移およびシェア(2009~2011年度予測) ITRのアナリストである大杉豊は、「2012年度以降、本市場における大きな流れとなるキーワードは、グローバル対応、人材管理・人材最適化であり、LMSのSaaSによ...

2016年12月19日カオナビフィードバック数:0社会/政治

「褒める」文化に関する調査

...【「褒める」文化に関する調査を実施】 約8割のマネジメント層が「直接部下の顔をみて褒める」ことを実践。一方、その内の6割が「社員の顔と名前が一致しないことがある」現状 ~テレワークや就業場所の分散化により、部下の顔と名前の不一致がおこり、直接褒めることができない可能性も明らかに~クラウド人材管理ツール『カオナビ』を提供する株式会社カオナビ(本社:東京都港区、代表取締役:柳橋 仁機)は、企業に勤める経営者・役員、管理職、一般社員の各200名(合計約400名)を対象に、企業内の「褒める」文化...

2016年3月9日サイダスフィードバック数:0ビジネス

人事管理システムに関する調査

...担当者が関心をもっているトピックは、第1位「戦略的採用計画の策定」(45%)、第2位「社内コミュニケーションの活性化」(44%)、第3位「多様な人材の活用」(43%)(2) 「社内コミュニケーションはあまり活性化されていないのが現状」が46%(3) 社員のコミュニケーション状況の悩み・課題は、「組織の縦割り」がトップで1/4(4) 必要な人材管理・育成システムの機能は「スキル情報管理」が63%でトップ※調査結果をまとめたレポートをご用意しております。ご希望の方はこちらからお気軽にお問い合わせください。■社内...

「ミレニアル世代のキャリア」調査

...く事をキャリアの最優先事項に挙げた日本のミレニアル世代は、11%に過ぎません。“自身がリーダー的役割を担うことが、キャリアの最優先事項ではない”というミレニアル世代の傾向が明らかになりました。今後伸ばしたいスキルは何ですか?日本のミレニアル世代は、「リーダーシップ(10%)」「人材管理(6%)」といったマネジメント能力を身につける事より「専門的な職業スキル(37%)」「対人スキル・チームワーク・コミュニケーション(27%)」「IT/テクノロジー(20%)」といった個人のスキル開発を重視している事が読み取れます。調査結果より~ミレニアル世代のキャリア、キー...

2012年7月10日アイティメディア★フィードバック数:8企業情報システム

キーマンズが人事管理システムについての調査結果を公表しました。

人事管理システムの導入状況

...キーマンズネットでは、2012年5月22日〜 2012年5月29日にかけて「人事管理システムの導入に関するアンケート」を実施した(有効回答数:510)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の51.8%、一般部門が48.2%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「導入のきっかけ」や「満足度」など人事管理システムの利用状況に対する質問や、「グローバルでの人材管理範囲」「人事部の課題」「10年後の人事部」など、人事部の業務内容を把握するための質問など。その結果、人事...

2011年1月12日Aonフィードバック数:2キャリアとスキル

就職先としての魅力度で日本企業と欧米企業の間には大きな開きが

...ーイットは世界最大の組織人事コンサルティングおよびアウトソーシングサービス企業です。クライアント企業のパートナーとして、福利厚生や人材管理に関連して組織が直面する、複雑な財務上の課題解決と業績向上をお手伝いします。エーオンヒューイットは、人事管理、退職金・年金、投資管理、保険・福利厚生、報酬等、人材管理に関わる幅広いサービスの提案、設計、導入、運用等を行います。エーオン ヒューイットの組織は世界カ国地域に展開し、名のプロフェッショナルを抱えています。エーオンヒューイットのサービスは、クライアント企業とその従業員に対してより働きやすい職場と環境の提供を実現するものです。エー...

2015年度ベスト・エンプロイヤー企業

...、アジアはほとんどの参加企業が導入済である(97%)。高い業績を生み出す企業カルチャー・日本の参加企業のうち79%の企業が非公式的なプロセスでハイポテンシャル社員を選別している一方で、アジアでは75%の参加企業が正式な人材管理プロセスを通じてハイポテンシャル社員を選別している。・日本では自分の努力がマネージャーから認められていると感じている社員は2人のうち1人だが、アジアでは社員3人のうち2人がそのように答えている。アジアのベスト・エンプロイヤー企業の社員の場合は、その80%が自...

2016年度Edenred-Ipsos Barometer調査

...世代も、献身的な働きが認められること、能力を開発できることを主に望んでいるようです。実際、仕事の貢献度に対する報酬(ミレニアル世代57%、他の世代62%)が第1位、次に自己開発の機会(それぞれ38%と34%)が挙がっています。快適な職場環境が重要だとする割合は、仕事の貢献度への評価を求める割合の半分で、よりフラットな組織構造を求める割合は最下位でした。会社が直面している主な課題として30歳未満の世代が挙げたのは、人材管理(忠誠心:32%、雇用:29%)、人間的側面への配慮(ライフバランス:28%、社会...

2011年3月4日Aonフィードバック数:1キャリアとスキル

主要各国の昇給率と業績変動賞与調査結果に基づく最新動向

... MeasurementTM)の詳細結果は、調査に参加した企業には無料で提供しています。本年は、昇給率調査のみ実施で、参加費用は無料です。非参加企業がレポートを購入する場合は5万円となります。調査に関するお問い合わせ先:エーオンヒューイットジャパン Tel: 03-4580-2380 E-mail: infotokyo@aonhewitt.comエーオンヒューイットは世界最大の組織人事コンサル ティングおよびアウトソーシングサービス企業です。クライアント企業のパートナーとして、福利厚生や人材管理に関連して組 織が...

2014年9月10日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

年間祝祭日数世界ランキング

...なれば業務に影響が出る事は必至です。」国の定める祝祭日は流動的で、データは毎年変化する。国によっては特別な文化行事や宗教行事のために4年おき、あるいはその年限りの祝日を設定することもあり、場合によっては地方行政に最終決定を委ねる国もある。グローバル人材管理する上では、福利厚生という限られた分野の中でも、非常に複雑な事まで把握する必要が出てくる。グローバル規模で人の異動を管理する企業担当者にとって、最新の正確なデータに基づいて効率的に判断、管理することは必要不可欠である。地域毎の祝祭日アジア太平洋地域アジア太平洋地域では、インドが18...

2012年3月7日アクセンチュアフィードバック数:1ビジネス

ビジネスに対するBPOの効果を最大化するには、企業の取り組み方の変革が重要

...実施した調査結果は示しています。一方で、BPOを単なる業務の効率化やコスト削減施策の視点でしか捉えていない企業は、競争優位に立つことが難しくなるでしょう。すなわち、ハイパフォーマンスBPOの成功要因を踏まえて大きなビジネス効果を発揮させることは、製品開発期間の短縮、革新性の向上、顧客ロイヤルティーの改善、優れた人材管理や収益向上など、多岐にわたる新たな競争力確保につながります。」調査結果では、ハイパフォーマンスBPOを実現するにあたり、導入企業とBPO事業者の協同した管理体制構築の重要性が挙げられています。協同...

2014年2月19日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

会社PCのUSB差し込み口からスマホなどの充電は許可されている?

...ネス環境が目まぐるしく変化していく昨今、顧客のニーズは常に変わり、多くの人々が一律ではなく、「…いま脚光を浴びつつある「HR Tech」。最もハートを込めて管理すべき人材管理・採用の部分を、ビッグ… 「ビッグデータ」関連のセミナー 【人工知能(機械学習)そのものの研究から、その応用へ】大学における研究対象は、機械学習などの人工知能そのものの研究から、それらをどう応用するかに広がりつつありま…<第一部>並列分散処理環境「Hadoop+Spark +Cassandra」構築運用サービスご紹介データ分析では、「大量...

グローバルでのCEO調査です。

第16回 世界CEO意識調査

...な人材の採用と維持は引き続きCEOにとっての大きな課題です。今後の成長を脅かす重大な要因として58%のCEOが挙げたのは重要スキルの確保の可否でした。スキル確保の問題が特に深刻だったのは規模の小さい企業と、アフリカ、中東、アジア太平洋などの高成長地域でした。また、スキル不足に対するCEOの懸念が最も強かったのは鉱業(75%)で、建設(65%)、通信産業(65%)、テクノロジー(64%)、保険(64%)がこれに続きました。こうした点を踏まえると、CEOの4分の3以上(77%)が今後12カ月間に自社の人材管理...

2014年6月10日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

欧米アジアの外国企業の対日投資関心度調査報告書

...の大きさ・成長性】 市場規模、消費者数の伸びは確実である。中国における当社の製薬、化粧品、消費財関連製品の大きな伸びを期待している。(欧州、機械工業) 相当長期的にビジネスチャンスが存在すると思われる。(北米、その他製造)【規制】 人材管理は難しいが、柔軟な労働法があるためあまり問題にはならない(欧州、機械工業)中国悪い面【一般人材の獲得】 市場の成長性は高いが、人材管理が難しい。(北米、情報通信) ビジネスは繁盛しているが、バブルがはじけそうな予感がする。(欧州、機械工業)【規制...

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

イノベーションによる成長を目指す中国― 担い手となる民営企業 ―

...に、人材開発の仕組みの整備に力を入れる。人材を生かし、より柔軟な人材管理の仕組みを確立し、人材の移動、起用、役割発揮の体制・仕組み上の障害をなくし、技術者によるイノベーションと起業を最大限に支持、支援する。教育改革を深め、教育方法を刷新し、人材育成の環境を整える。海外の優秀な人材を積極的に招致するために、より積極的な国際人材招致計画を定め、より多くの海外の人材を呼び込む。 第四に、良好な政策環境を築くことに力を入れる。政府の科学技術に対する資金投入を増やし、企業...

2013年12月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

介護と仕事の両立支援の課題~介護中の社員が置かれる状況から考える~

...中の社員の増加が企業に及ぼす影響企業にとって介護中の社員の増加は、人材管理上のリスク要因と言える。第一に、介護と仕事の両立によって社員の疲労が蓄積し、生産性が低下するリスクがある。在宅で介護を行いながら働く人の場合、日中は訪問介護やデイサービスを利用できても、夜間や休日に自分図表 290要介護認定者出現率(2010 年)図表 3900(%)8007071960160050400305285003640772750 755 754667700576044535919209 5~7 0~ 7 49 0~ 9 46 5~ 6 92008 5~ 8 948 0~ 8...

2014年7月8日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

タイにおける現地人材の採用と定着の実態

...することに注力してきましたが、今後は、現地の成長市場を取り込むために、現地マネジャーと共に価値共創をしていかなくてはなりません。タイ+1との関係では、リージョナルレベルのマネジメントができるような中間管理職の人材育成と獲得が必要になります。ここで「人材」という場合に、どのレベルの人材なのか、工場の作業員なのか、中間管理職なのか、用語の定義を明確にすべきだと思います。そうでなければ、まったく仕事に対する価値観や人材管理のポイントが異なる人材をごちゃ混ぜで議論してしまうことになります。タイにも、英語はもとより、多様...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ