「人材管理」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年6月11日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:人事・人材管理市場2013

...【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2017年3月30日(木)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 ITR Market View:人事・人材管理市場2013本レポートは、人事管理、給与管理、人材管理(タレントマネジメント)、就業管理、LSP(Labor Scheduling Program:就労者スケジューリング・プログラム)、LMS(Learning Management System:学習管理システム)製品...

2016年12月19日カオナビフィードバック数:0社会/政治

「褒める」文化に関する調査

...【「褒める」文化に関する調査を実施】 約8割のマネジメント層が「直接部下の顔をみて褒める」ことを実践。一方、その内の6割が「社員の顔と名前が一致しないことがある」現状 ~テレワークや就業場所の分散化により、部下の顔と名前の不一致がおこり、直接褒めることができない可能性も明らかに~クラウド人材管理ツール『カオナビ』を提供する株式会社カオナビ(本社:東京都港区、代表取締役:柳橋 仁機)は、企業に勤める経営者・役員、管理職、一般社員の各200名(合計約400名)を対象に、企業内の「褒める」文化...

2012年4月17日ITRフィードバック数:3企業情報システム

ITR Market View:LMS市場2012

...はパッケージ市場の出荷金額は前年度比3.2%減と不調となりましたが、SaaS市場は同27.7%増と急速に拡大しました。昨今のクラウドブームによりSaaSを選択する機運が高まっており、2011年度もこの傾向が続き、同年度にはSaaS市場がパッケージ市場を上回り、過半数を占めると予測しています。 LMS市場:提供形態別出荷金額推移およびシェア(2009~2011年度予測) ITRのアナリストである大杉豊は、「2012年度以降、本市場における大きな流れとなるキーワードは、グローバル対応、人材管理・人材最適化であり、LMSのSaaSによ...

2016年3月9日サイダスフィードバック数:0ビジネス

人事管理システムに関する調査

...担当者が関心をもっているトピックは、第1位「戦略的採用計画の策定」(45%)、第2位「社内コミュニケーションの活性化」(44%)、第3位「多様な人材の活用」(43%)(2) 「社内コミュニケーションはあまり活性化されていないのが現状」が46%(3) 社員のコミュニケーション状況の悩み・課題は、「組織の縦割り」がトップで1/4(4) 必要な人材管理・育成システムの機能は「スキル情報管理」が63%でトップ※調査結果をまとめたレポートをご用意しております。ご希望の方はこちらからお気軽にお問い合わせください。■社内...

2012年7月10日アイティメディア★フィードバック数:8企業情報システム

キーマンズが人事管理システムについての調査結果を公表しました。

人事管理システムの導入状況

...キーマンズネットでは、2012年5月22日〜 2012年5月29日にかけて「人事管理システムの導入に関するアンケート」を実施した(有効回答数:510)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の51.8%、一般部門が48.2%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「導入のきっかけ」や「満足度」など人事管理システムの利用状況に対する質問や、「グローバルでの人材管理範囲」「人事部の課題」「10年後の人事部」など、人事部の業務内容を把握するための質問など。その結果、人事...

「ミレニアル世代のキャリア」調査

...く事をキャリアの最優先事項に挙げた日本のミレニアル世代は、11%に過ぎません。“自身がリーダー的役割を担うことが、キャリアの最優先事項ではない”というミレニアル世代の傾向が明らかになりました。今後伸ばしたいスキルは何ですか?日本のミレニアル世代は、「リーダーシップ(10%)」「人材管理(6%)」といったマネジメント能力を身につける事より「専門的な職業スキル(37%)」「対人スキル・チームワーク・コミュニケーション(27%)」「IT/テクノロジー(20%)」といった個人のスキル開発を重視している事が読み取れます。調査結果より~ミレニアル世代のキャリア、キー...

2008年6月2日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

BPによるERPパッケージに関する連載です。

第5回:汎用性が高くパッケージ化の進む人事・給与管理

...人事・給与アプリケーションは業務の汎用性が比較的高く,パッケージ化しやすいという特徴がある。業種による違いよりも,企業規模,つまり社員数が多くなるほど必要性が高まる。現在は「HRM(ヒューマン・リソース・マネジメント)」として,人材管理だけではなく,雇用・スキルなどの概念を踏まえた人材戦略の考え方が浸透しつつある。 人事管理システムは,企業規模に比例して導入率が高くなる。そのパッケージ製品には差異化要因が少なく,シェアは混戦状況にある。中堅・中小企業向け市場を見ても,特定...

2011年1月12日Aonフィードバック数:2キャリアとスキル

就職先としての魅力度で日本企業と欧米企業の間には大きな開きが

...ーイットは世界最大の組織人事コンサルティングおよびアウトソーシングサービス企業です。クライアント企業のパートナーとして、福利厚生や人材管理に関連して組織が直面する、複雑な財務上の課題解決と業績向上をお手伝いします。エーオンヒューイットは、人事管理、退職金・年金、投資管理、保険・福利厚生、報酬等、人材管理に関わる幅広いサービスの提案、設計、導入、運用等を行います。エーオン ヒューイットの組織は世界カ国地域に展開し、名のプロフェッショナルを抱えています。エーオンヒューイットのサービスは、クライアント企業とその従業員に対してより働きやすい職場と環境の提供を実現するものです。エー...

2015年度ベスト・エンプロイヤー企業

...、アジアはほとんどの参加企業が導入済である(97%)。高い業績を生み出す企業カルチャー・日本の参加企業のうち79%の企業が非公式的なプロセスでハイポテンシャル社員を選別している一方で、アジアでは75%の参加企業が正式な人材管理プロセスを通じてハイポテンシャル社員を選別している。・日本では自分の努力がマネージャーから認められていると感じている社員は2人のうち1人だが、アジアでは社員3人のうち2人がそのように答えている。アジアのベスト・エンプロイヤー企業の社員の場合は、その80%が自...

2015年6月17日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内EA(Enterprise Applications)/BA(Business Analytics)ソリューション市場 産業分野別予測

...務会計を中心に成長してきましたが、グローバル展開を図る企業のタレントマネージメントなど国内の労働力不足の懸念も背景に、人材管理が注目されています。「労働生産性の向上を図るには、マイナンバー制度とストレスチェック義務化などを契機に、守りから攻めに転じる中長期での人事業務の在り方の検討、プロセスの改善、セキュリティも含めたITシステムの見直しが必要となる。同時にベンダー各社には、このような経営視点での企業の取り組みを支えるコンサルティングチャネルの重要性が増す」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ マー...

アジアで成功しているCFO像は「戦略プランニング能力と先見性のある40代の男性」

...として成功するためには「戦略プランニング能力」「先見的アプローチ能力」「営業部門との連携能力」が重要資質であることが浮き彫りにされました。レポートに描かれたCFOの典型的な人物像は「幅広い経験と豊富な人脈を持ち、人材管理や経営管理能力に優れ、長時間のハードワークをこなす一方で、時間を作ってワークライフバランスの実現に努めている40代の男性」です。このレポートについて、ヘイズのアジア担当マネージング・ディレクター、クリスティーン・ライトは次のように述べています。「多くの経理担当者は最終的にCFOの地...

2016年度Edenred-Ipsos Barometer調査

...世代も、献身的な働きが認められること、能力を開発できることを主に望んでいるようです。実際、仕事の貢献度に対する報酬(ミレニアル世代57%、他の世代62%)が第1位、次に自己開発の機会(それぞれ38%と34%)が挙がっています。快適な職場環境が重要だとする割合は、仕事の貢献度への評価を求める割合の半分で、よりフラットな組織構造を求める割合は最下位でした。会社が直面している主な課題として30歳未満の世代が挙げたのは、人材管理(忠誠心:32%、雇用:29%)、人間的側面への配慮(ライフバランス:28%、社会...

2011年3月4日Aonフィードバック数:1キャリアとスキル

主要各国の昇給率と業績変動賞与調査結果に基づく最新動向

... MeasurementTM)の詳細結果は、調査に参加した企業には無料で提供しています。本年は、昇給率調査のみ実施で、参加費用は無料です。非参加企業がレポートを購入する場合は5万円となります。調査に関するお問い合わせ先:エーオンヒューイットジャパン Tel: 03-4580-2380 E-mail: infotokyo@aonhewitt.comエーオンヒューイットは世界最大の組織人事コンサル ティングおよびアウトソーシングサービス企業です。クライアント企業のパートナーとして、福利厚生や人材管理に関連して組 織が...

分野別の人材採用動向です。

2011年7月から9月までの分野別の採用動向に関する予測をまとめたレポート

...ージャーに対する需要が高くなっています。不動産鑑定士、ビジネス・デベロップメント・マネージャーとシニア投資アドバイザーにも需要があります。また、インテリア・デザイナーとエリア・ポートフォリオマネージャーにも需要があります。「セールス・マーケティング」• ファイナンスIT業界では、ジュニアから中間管理職レベルのセールス・マーケティングの求職者に需要があります。幹部クラスでは、人材管理と収益創出・取引拡大の両面で確実な経験を持った候補者を探しています。消費者関連市場では、マーケティング・ディレクターの求職者に需要があります。また、オン...

2014年9月10日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

年間祝祭日数世界ランキング

...なれば業務に影響が出る事は必至です。」国の定める祝祭日は流動的で、データは毎年変化する。国によっては特別な文化行事や宗教行事のために4年おき、あるいはその年限りの祝日を設定することもあり、場合によっては地方行政に最終決定を委ねる国もある。グローバル人材管理する上では、福利厚生という限られた分野の中でも、非常に複雑な事まで把握する必要が出てくる。グローバル規模で人の異動を管理する企業担当者にとって、最新の正確なデータに基づいて効率的に判断、管理することは必要不可欠である。地域毎の祝祭日アジア太平洋地域アジア太平洋地域では、インドが18...

グローバルでのCEO調査です。

第16回 世界CEO意識調査

...な人材の採用と維持は引き続きCEOにとっての大きな課題です。今後の成長を脅かす重大な要因として58%のCEOが挙げたのは重要スキルの確保の可否でした。スキル確保の問題が特に深刻だったのは規模の小さい企業と、アフリカ、中東、アジア太平洋などの高成長地域でした。また、スキル不足に対するCEOの懸念が最も強かったのは鉱業(75%)で、建設(65%)、通信産業(65%)、テクノロジー(64%)、保険(64%)がこれに続きました。こうした点を踏まえると、CEOの4分の3以上(77%)が今後12カ月間に自社の人材管理...

2012年3月7日アクセンチュアフィードバック数:1ビジネス

ビジネスに対するBPOの効果を最大化するには、企業の取り組み方の変革が重要

...実施した調査結果は示しています。一方で、BPOを単なる業務の効率化やコスト削減施策の視点でしか捉えていない企業は、競争優位に立つことが難しくなるでしょう。すなわち、ハイパフォーマンスBPOの成功要因を踏まえて大きなビジネス効果を発揮させることは、製品開発期間の短縮、革新性の向上、顧客ロイヤルティーの改善、優れた人材管理や収益向上など、多岐にわたる新たな競争力確保につながります。」調査結果では、ハイパフォーマンスBPOを実現するにあたり、導入企業とBPO事業者の協同した管理体制構築の重要性が挙げられています。協同...

2013年7月4日ノークリサーチ★フィードバック数:3企業情報システム

ニーズとその実現についての調査です。

中堅・中小企業の細分化された「目的/課題」に基づくERPニーズ探索調査報告

...した選択肢設定が需要となる。 【人事・給与管理】 「改正高齢者雇用安定法」や「改正労働契約法」といった新たに施行された法制度への対応、「ソーシャルサービス を利用した人材採用」「タレントマネジメントに代表される高度な人材管理」「能力や実績に応じた給与体系の実現」 「給与計算などの定型業務のアウトソーシング」といった幅広い選択肢が必要となる。4 Nork Research Co.,Ltd調査レポート最新刊のご案内2013年中堅・中小企業の細分化された「目的/課題」に基づくERPニーズ探索調査報告「2013年版 中堅・中小...

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

イノベーションによる成長を目指す中国― 担い手となる民営企業 ―

...に、人材開発の仕組みの整備に力を入れる。人材を生かし、より柔軟な人材管理の仕組みを確立し、人材の移動、起用、役割発揮の体制・仕組み上の障害をなくし、技術者によるイノベーションと起業を最大限に支持、支援する。教育改革を深め、教育方法を刷新し、人材育成の環境を整える。海外の優秀な人材を積極的に招致するために、より積極的な国際人材招致計画を定め、より多くの海外の人材を呼び込む。 第四に、良好な政策環境を築くことに力を入れる。政府の科学技術に対する資金投入を増やし、企業...

2015年3月12日経済産業省フィードバック数:0ビジネス海外

ミャンマー貿易投資実務向上支援調査

... 名、第 2 期 25 名、第 3 期 29 名 受講料:1名 10 万チャット カリキュラム:マクロ経済・国際経済、ビジネスおよびリスク・マネジメ ント、貿易振興政策および戦略、WTO 関連の国際貿易協 定・政策・法令、貿易ビジネス実務(TBP) 、グローバル・ マーケッティング戦略(GMS) 、人材管理、小規模ビジネ ス管理、サプライチェーン管理、企業の社会的責任、証券 市場、クレーム処理等 講師:商業省、関連省庁、大学および民間企業から招聘。第 1 期は 14 名の 講師、第 2 期は 37...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ