調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 仮想化ソフトウェア

「仮想化ソフトウェア」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年8月8日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェア

...、2016年の国内クライアント仮想化市場に関し、国内シンクライアント専用端末市場、国内クライアント仮想化ソフトウェア市場、国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、国内クライアント仮想化サービス市場、国内モバイル仮想化ソリューション市場それぞれの主要ベンダーの競合状況を分析し、その結果を発表しました。2016年の国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場売上額は5,166億円、前年比27.3%増で、ベンダー別では、上位から富士通、NEC、日立製作所、日本ヒューレット・パッ...

2014年12月3日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

矢野経済研究所の調査です。

国内企業のIT投資に関する調査結果 2014

...も増額を予測する。◆IT投資は仮想化、セキュリティ、サービスが市場を牽引2014~2015年度はWindows Server 2003のサポート切れに伴う移行作業を見込む民間企業が多く、また、どの業種においても仮想化ソフトウェアやセキュリティ関連ソフトウェアへの投資優先度が高い。ITベンダー側の動きもサービスへの注力が目立ち、今後はハードウェアからBPOやクラウドコンピューティングなどサービス分野へのシフトがより鮮明になっていくと考える。 ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その...

2017年7月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

...の発表はIDCが発行した「国内クライアント仮想化市場予測、2017年~2021年」(JPJ41779717)にその詳細が報告されています。本調査レポートでは、2017年~2021年の国内クライアント仮想化市場について予測を行っています。対象はシンクライアント市場、クライアント仮想化ソフトウェア市場、クライアント仮想化ソリューション市場の3つの市場です。(※詳細についてはへお問い合わせ下さい。)<参考資料>国内クライアント仮想化ソリューション市場 売上額予測、2016年~2021年Note: 2016年は...

2017年7月5日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ソフトウェア市場 2016年の実績と最新予測

...会議アプリケーションやファイル同期/共有ソフトウェアの需要が拡大するなど、場所やデバイスを問わずに業務を実現するコラボレーティブアプリケーション市場が伸びました。一方、システムインフラストラクチャ市場では、仮想化ソフトウェアとオペレーティングシステムの売上減少が影響し、微増に留まりました。2017年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率3.9%を見込んでいます。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.3%、2021年には3兆3,342億円に達するとIDCでは...

2017年8月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内システムソフトウェア市場予測

...市場の2016年~2021年のCAGRは3.5%と予測しています。今後もバーチャルマシンソフトウェアは低成長が続きますが、その一方でOpenStackとDockerに代表される新たなSoftware-Defined Computeソフトウェアの成長が市場を牽引するとみています。【バーチャルクライアントコンピューティング市場】クライアント仮想化ソフトウェアであるバーチャルクライアントコンピューティング市場は、2016年で前年比8.9%増の261億6,100万円になりました。地方...

2013年12月25日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ベンダ&利用戦略から学ぶ最新「SDN」事情

...物理的なネットワーク構成をそのままに、ソフトウェアで通信経路を制御できるSDN(Software Defined Network)。国内システムベンダの強力な推進力で大手物流会社や病院など一般企業への適用成功事例が報告されているが、グローバルなシステムベンダや仮想化ソフトウェアベンダは積極的に注力を続けており、大規模システムばかりでなく中堅規模の企業での導入効果も期待できるようになってきた。その一方、対応できる人材不足や標準化の行方への不安から導入検討をためらう企業もまた少なくない。SDNベン...

2016年12月12日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年と今後4年間のサイバー脅威予測

...他のITインフラ向けソフトウェアや仮想化ソフトウェアを標的とする攻撃が増加 2017年には、ITインフラの脆弱性を狙った攻撃が多発する可能性があります。また、クラウド技術の急速な普及に伴い、仮想化のセキュリティも重要な課題になるなか、仮想化ソフトウェアに対する組織的なエクスプロイトや高度な攻撃が発生するのは時間の問題と考えられます。ハードウェアやファームウェアを狙う高度な攻撃が増加 ハードウェアやファームウェアは簡単な攻撃対象ではありませんが、攻撃に成功すれば、検出されずに長期間システムに潜伏し、さま...

2010年2月8日ガートナーフィードバック数:8企業情報システム

日本のIT市場予測:2009年度に引き続き2010年度も縮小、本格回復は2013年度に

...月調査では大きく増えている。2008年11月調査と比べると、どの企業規模のセグメントでもサーバ仮想化のニーズは大きく高まっているが、特に従業員数2,000人以上の大企業におけるニーズが高く、回答企業の45%が2009年度から2010年度にかけて「新規投資あるいは追加投資する」と答えている。サーバ仮想化もコスト削減が主目的ではあるが、サーバ仮想化ソフトウェアや周辺サービスへのニーズが増大し、一時的に市場規模を押し上げる可能性はある。日本のIT市場の本格回復は2013年度過去の調査結果から、IT予算...

2009年11月17日インプレスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

レンタルサーバー調査報告書2010

....2.5 独自ドメイン名の利用2.2.6 マルチドメイン利用可否2.2.7 利用可能マルチドメイン個数2.2.8 データバックアップ(ユーザーによる復元用)2.2.9 データバックアップ(事業者による復旧用)2.2.10 ディザスターリカバリー2.2.11 仮想化ソフトウェア2.3 サーバースペック2.3.1 サーバーCPU世代2.3.2 サーバーCPU周波数2.3.3 サーバーメモリ容量2.3.4 サーバーHDD容量2.3.5 サーバーHDD構成2.3.6 回線帯域保証2.4 制限2.4.1...

市場調査で占う2016年のIT動向--調査記事をまとめてチェック

...らかにした。2015年08月20日 IDC Japanは8月18日、国内ストレージソフトウェア市場の2014年の売上実績と2015年~2019年の予測を発表した。2015年08月19日 2015年現在のIT戦略にクラウドが影響を与えると考える企業は44.8%にとどまり、2年後のIT戦略でもクラウドが影響を与えると考える企業割合は50.1%――。IDC Japanの調査で明らかになっている。2015年08月12日 IDC Japanは7月29日、仮想化ソフトウェア市場の調査と予測を発表した。仮想...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ