「信用供与」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~

...ーバル経済下では欧米や東アジア諸国の動向にも注目しておく必要がある。そこで本稿では、最新データと現地調査に基づき、まず米国住宅市場の現状を報告したい。米国の家計には、バランスシートの改善と債務負担の改善がみられる。新設住宅着工戸数や既存住宅取引、改修工事への投資は回復基調に転じており、差し押さえ件数も望ましい状況になりつつある。住宅ローンの信用供与は厳格に行われているが、住宅一次取得者は取引数の30%程度を維持し、住み替え購入者や投資家の需要が住宅市場の回復を支えている。危機的水準にあった住宅の在庫月数はバブル以前の4~5ヶ月前後の水準まで低下し、不動...

2017年1月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

我が国の株式市場における海外投資家の動向

...国の株式保有構造の推移を確認する。外国法人等の株式保有比率をみると、1990年代初頭の株式保有比率5%弱から上昇を続け、2013年度には30%超まで上昇している(図2)。一方、金融機関(銀行や保険会社)の株式保有比率は、1990年代半ば頃までは株式持ち合いを軸に15%程度の株式保有比率があったものの、大口信用供与等規制の強化等の制度的要因を背景に、持ち合い解消が進むなかで、徐々に低下している。この低下分は、この間に株式保有比率を高めていた外国法人等が受け皿になっていたと考えられる。また、投資部門別の売買動向を確認すると、我が...

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

密かに活況を呈するネパールの証券市場とその課題

...代金は世界金融危機後に一時的な落ち込みを見せたが、2011/12年度より復調に転じた。2013年後半からは驚くべき速さで拡大しており、2014年7月までの1年間は、前年同期比の3.5倍に上る売買高を記録した。現地経済紙やアナリストのコメントに拠れば、売買拡大の背景としては政情の安定、経済改革への期待、金融機関による信用供与拡大と金利の低下などが指摘されている。この状況の中、ネパールの証券市場運営においてはシステム面で2つの課題が指摘されている。第一は、株券の清算・決済システムである。先進国では一般的となった株券電子化による電子的振替決済であるが、ネパ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ