「債券投資」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

所得収支からみた英国の資金循環~好調な経済の裏で強まる対外脆弱性~

...○本レポートは、近年赤字幅が拡大している所得収支に注目して、英国の資金循環構造の変化を検討するものである。英国の経常収支は足元で不均衡が拡大しているが、それは主に所得収支赤字の増加によってもたらされている。直接投資黒字の減少と債券投資赤字の増加が、所得収支の赤字幅が拡がっている大きな理由である。○直接投資黒字が減少している主な背景には、世界経済の成長力の弱さがある。そのなかでも、英国にとって最大の投資対象である欧州経済の不調が、直接投資の黒字幅の縮小に大きな影響を与えている。先行き、世界...

金利の「力(ちから)」を利用する

...う考え方を参考にすると、日本の国債利回り(下図:0.64%)で運用すると資産を倍にするには113年程度(72÷0.64=約113)かかりますが、例えば新興国の債券で運用すると6~12年程度で資産を倍にできるという計算になります。実際の海外債券投資にあたっては、為替変動や債券の価格変動などに加え、信用リスクや取引にかかる税金などが投資元本に影響を与えることから、計算通りに投資成果があがるわけではありませんが、リスクを低減させる効果がある分散投資を行ないながら、海外の高い金利を利用することによって、金利...

金利の「力(ちから)」を利用する

...%)で運用すると資産を倍にするには212年程度(72÷0.34=約212)かかりますが、例えば新興国の債券で運用すると6~12年程度で資産を倍にできるという計算になります。実際の海外債券投資にあたっては、為替変動や債券の価格変動などに加え、信用リスクや取引にかかる税金などが投資元本に影響を与えることから、計算通りに投資成果があがるわけではありませんが、リスクを低減させる効果がある分散投資を行ないながら、海外の高い金利を利用することによって、金利収入を増やす機会が得られると期待されます。 (信頼...

金利の「力(ちから)」を利用する

...う考え方を参考にすると、日本の国債利回り(下図:0.56%)で運用すると資産を倍にするには129年程度(72÷0.56=約129)かかりますが、例えば新興国の債券で運用すると6~12年程度で資産を倍にできるという計算になります。実際の海外債券投資にあたっては、為替変動や債券の価格変動などに加え、信用リスクや取引にかかる税金などが投資元本に影響を与えることから、計算通りに投資成果があがるわけではありませんが、リスクを低減させる効果がある分散投資を行ないながら、海外の高い金利を利用することによって、金利...

金利の「力(ちから)」を利用する

...う考え方を参考にすると、日本の国債利回り(下図:%)で運用すると資産を倍にするには年程度(=約)かかりますが、例えば新興国の債券で運用すると年程度で資産を倍にできるという計算になります。実際の海外債券投資にあたっては、為替変動や債券の価格変動などに加え、信用リスクや取引にかかる税金などが投資元本に影響を与えることから、計算通りに投資成果があがるわけではありませんが、リスクを低減させる効果がある分散投資を行ないながら、海外の高い金利を利用することによって、金利収入を増やす機会が得られると期待されます。 (注)上記10年国...

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 債券市場での海外投資家

...,000イギリス350,000フランスルクセンブルグ300,000その他250,000200,000150,000100,00050,000とができる。対外資産負債残高は国債だけを対象にしているわけではないという点には注意が必要だが、対内債券投資の国別残高は資料2の通りである。2012/12 末で保有残高の大きい5カ国とその他に分けてグラフを作成している。債券全体ではイギリスの大幅減少、中国の急増が目立つ。資料3は足元で増加の目立つ短期証券をみたもの0010203040506070809101112...

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資本流入と資本規制

...国からの株式投資が多かったが、債券投資も一定のシェアを占めている。流入資金の性質では、短期債務よりも長期債務の規模が大きい。資本流入増加の背景の一つとして、資本取引規制の緩和が挙げられよう。ASEAN4の資本取引規制は国によって特徴は異なるが、おおむね非居住者による証券投資を自由化している。他方で、金融機関への健全性規制によって資本流入への規制を行う傾向にある。先行き、ASEANは経済共同体創設の一環として資本取引規制の自由化をさらに進める予定である。資本流出入が急激かつ一時的に増加し、当該...

世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える

...や通貨などの動きも異なります。そのため、債券投資にあたっては、特定の国に集中投資するのを避ける必要があることに加え、投資家心理が変化する局面において、市場全体が同じ方向に動きやすいという新興国市場の特徴があることから、中長期において運用成果を向上させるためには、先進国も含めたより多くの国への分散投資が肝要といえます。なお、過去の主要国の現地通貨建て国債の騰落率からは、上昇率の高い国は一定ではなく、また、それぞれの騰落率には法則性もみられていないことが分かります。 (シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクおよびJPモル...

2014年7月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏への投資資金の流入によるユーロ相場への影響

...大しユーロ安要因となっていたにも関わらず、ユーロ高基調が継続した(図表1)。金利差の推移から乖離してユーロ高が進展した背景には、金利差以外の為替相場の決定要因が影響していたことが考えられる。具体的には、ユーロ圏への投資資金の流入、図表 1独米金利差とユーロドル相場(ドル/ユーロ)1.6図表 2(独-米、%)2.0ユーロドル相場ユーロ圏への証券投資とユーロドル相場債券投資株式投資ユーロドル相場(右目盛)(10億ユーロ)独米10年国債利回り差(右目盛)60←資金流入独米2年国債利回り差(右目盛)1.51.0ユーロは堅調(ドル/ユーロ)1...

2014年4月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)債券市場における確信の揺らぎと群集行動:中央銀行のコミュニケーション戦略に関する一考察

...日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 債券市場における確信の揺らぎと群集行動:中央銀行のコミュニケーション戦略に関する一考察2014年4月11日鎌田康一郎*1三浦弘*2要旨本稿では、日本銀行による量的・質的金融緩和政策導入後に観察された長期金利の変動の背景を投資家の確信の揺らぎと群集行動(ハーディング)から説明することを試みる。債券投資家は、金利の先行きに関する確信が揺らぐと、市場価格に追随する傾向が強まる。こうした投資家の行動は、しば...

2013年5月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の長期金利は今年も1%以上に

...(%)(%)4.51.84.01.63.51.43.01.22.51.02.00.81.5日本0.6米国(右目盛)1.00.40.507080910111213(年)(資料)Bloomberg からみずほ総合研究所筆者は長期金利を次ページの図表のように、長短金利差を目安に考えてきた。日本の過去30年以上にわたる長短金利差の平均は0.95%であり、足元では長短金利差が長期的な平均水準より低い。債券投資は運用の「おコメ」として位置づけ、その「味」はキャリーである長短金利差としてきたが、その「味」は十...

2014年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか

...国債で運用するニーズが銀行で拡大した点である。また、南欧債券相場の回復が進む中で、海外投資家も欧州債務危機で売却した南欧債を買い戻している。下記の右の図表にあるように、日本のユーロ債への投資額は2012年に入り回復しており、南欧債への投資も2013年末から回復の兆しがある。■図表:主体別の国債保有残高推移300(10億ユーロ)【スペイン】800(10億ユーロ)■図表:日本の対外債券投資推移【イタリア】 (10億ユーロ)500250700400200↑売却5,000 (資金流入)PIIGSフランス合計ドイツベネルクス0600300-5...

2014年10月13日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の対外不均衡 ~危機を背景に修正進行中だが、縮小均衡に。望まれる政策転換~

...%20072008200920102011201220132014(資料)Eurostatデータより作成危機時に域内資本フローを支えた TARGETⅡこうした経常収支の不均衡拡大は、その裏側からみれば、南欧諸国への海外からの資本流入、特にユーロ圏北部諸国からの資本流入が危機前までに急拡大したことを意味する。ギリシャ、ポルトガル、アイルランドにとって、資本流入の多くは、株式投資であった。一方、スペインとイタリアでは、危機前には債券投資の流入が急拡大した。しかし、ソブリン危機に際し、リスク警戒感の高まりからこれらの国への資本フローは急減した。スペ...

ブラジルへの資金流入が活発化

...ブラジルへの資金流入が活発化2014年5月8日<外国人投資家の動向>外国人投資家がブラジル債券への投資意欲を強めています。ブラジル中央銀行によると、外国人からの資金流出入は2014年に入りプラスに転じ、3カ月連続で流入超になりました。また同国財務省によると、2014年3月末の非居住者の国債保有金額は3,438億レアル(約15兆5千億円、1レアル45円で計算)に達し、発行額の17.3%を占めています。ブラジル国外からの債券投資フロー(百万米ドル)(2013年1月末~2014年3月末)8,0006...

2013年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「6回目のジンクス」と日米の債券投資の課題

...リサーチ TODAY2013 年 7 月 1 日「6回目のジンクス」と日米の債券投資の課題常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創筆者はグローバルな金融市場に四半世紀以上、従事してきた体験から、世界の中央銀行の金融政策に連動する「5回目のジンクス」議論を2000年代から行ってきた。その特徴は、1970年代以降に日米欧を中心に金融政策の連動が強まるなか、いくつかの共通現象が金融市場に現れることにある。すなわち、70年代以降、日米欧の政策連動のなか、日銀の利上げ局面は5回で、その...

半数以上52%の投資家が、預貯金から移してもよいと答えた『欲張らない投資』とは?

...育てる投資、Dスパイス的な投資の4つにわけて全体設計を行うという考え方です。これを「欲張らない図」としてまとめました。重要なのはBとC。Cの「育てる投資」は全金融資産の成長を引っ張る役割を担う部分。例えば、中リスク程度のバランス型ファンドや、世界に幅広く分散投資された株式ファンドなどが該当します。Dの「スパイス的な投資」は単一銘柄・国への株式投資や、単一新興国の債券投資、またはここ数年人気が高いリートなどへの投資を意味します。Bの「欲張らない投資」は全金融資産の基礎体力アップを担う部分です。目標...

Redefining business success in a changing world‐変貌する世界で成功を再定義する‐

...家のほぼ半数(49%)がこれを大きな懸念として警戒感を示した一方、CEOのその割合は17%にとどまりました。報酬レポーティングの分野では、整合性に乏しい業績連動型報酬を問題視する傾向が、特に株式投資家(42%)で強くなっています(債券投資家の回答者は28%)。この傾向には、企業とその株主の間に存在する緊張関係に加え、資本の出資者は企業の残存リスクを負うため、企業の戦略により多く自らの意見を反映させたいと考えていることが表れているのではないかとPwCは推察しています。 PwCのインベスター・エンゲージメント・ディ...

2014年6月24日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

グローバル・マネージャー・サーチ・トレンド

...は魅力的ではないとマーサーは考えていることから、代替となる債券投資における収益追求機会を探っていますが、投資マネージャーとの連携を通じて、新たな多数の投資機会を生み出しています。一つ例に挙げるなら、“バイ・アンド・メインテイン・クレジット(事業債持ち切り戦略)”です。こうした新たな機会に関心をもつ顧客はかなり多く、”バイ・アンド・メインテイン・クレジット”は、資産額において全体で2番目に多く投資するマンデートに成長しています」 グローバル・サーチ件数は2012年とほぼ同じ水準であったが、金額ベースにおいては大幅に増加している。マー...

2013年5月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

アジアマンスリー2013年5月号

...準備の運用対象には一定の信用力や流動性が求められることから、アジアでは韓国・シンガポール・マレーシア・中国などの国債が主な対象となっている。これらの国では、国債の海外投資家による保有比率が急上昇している。従来、そのほとんどは民間部門によるものであったが、現在はかなりの部分が中央銀行や政府系ファンドによるものになったとみられる。多くの国が外貨準備残高を増やす中で、運用対象の安全性や流動性に加え、収益性を重視する傾向が強まっている。こうした傾向は今後も続くと考えられ、これらの投資家による新興国債券投資が一段と増加することが予想される。■アジ...

2014年4月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中南米経済と外的ショック~QE3縮小・中国景気減速への耐性を評価する~

...環境でも追い風を受けやすく、外的ショックへの耐性が 7 カ国中最も強いと評価されるのがメキシコだ(A)。米国向け輸出依存度が高い経済構造は、金融危機局面では強い逆風となったが、米国景気が回復してくる局面では追い風に転じる。これまで中国の高成長による恩恵を受けにくく、相対的に低成長を余儀なくされてきたことは、結果として石油・天然ガス開発の民間参入を認めるエネルギー改革など歴史的な構造改革の推進につながり、成長期待が高まっている。債券投資に占める非居住者比率の急上昇は、資金流入の不安定度を高めうるが、ソブ...

2014年12月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル経済は変われるのか~第二期ルセフ政権に対する現地の見方~

...みられる資金流出への耐性、③債券投資の海外保有比率は約 2 割程度で、ソブリン・ウェルス・ファンドや年金ファンド等長期運用目的が主体、④株式投資の海外保有比率は 6 割(うち米国預託証券が 2 割)と影響力が大きいが、パッシブ投資が中心で過去の経験則では金利感応度は低い、といった点が指摘された。図表6 レアル相場の推移2.7図表7 経常収支・資本収支の推移(レアル/ドル)証券投資直接投資デリバティブ・その他投資経常収支資本収支(億ドル)2,0002.62.51,5002.41,0002.35002.202.1▲ 5002...

2014年5月9日野村資本市場研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

ASEAN投資信託市場の現状と課題

... 2009 2010 2011 2012その他債券投資ユニット国債等株式等現預金約束手形(出所)プロビデント・ファンド統計より野村資本市場研究所作成30001000500020092010マスター・ファンド数(左軸)2011事業主数(右軸)(出所)プロビデント・ファンド統計より野村資本市場研究所作成12)。これは、同時点のプロビデント・ファンド導入事業主 11,249 社の 30%に当たる。また、タイ政府は、個人事業主や非正規雇用者等へ年金カバレッジを広げるべく、民間...

30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017

...多となりました。ライフステージの移り変わりにあわせて、趣味→家族→子どもと、積極消費する対象に変化がみられました。そのほか、未婚者では「株式・債券投資」(10位、13.1%)が上位にランクインしました。30代・40代の未婚者は資産運用にも積極的な姿勢でいるようです。 月末の金曜日は午後3時を目処に仕事を終えるプレミアムフライデーなど、“働き方改革”についての取り組みが話題となっています。プレミアムフライデーは消費喚起としての効果も期待されていますが、働き方改革が進んだら、30代・40代の...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度貿易保険制度等調査委託事業,BOPビジネスに係る資金調達の円滑化に関する調査報告書

...)を実施している。これら 2 法人が一体となって同一の案件に対して投資と TA を提供し、多面的な支援を行っている。なお、個人投資家については、現時点では 10 名程度である。図表 2Grassroots Business Fund の資金提供スキーム篤志家寄付投資家Grassroots Business FundGBP(グラント)投資GBI-I(投資資金)・債券投資/融資・株式・準株式投資・キャパシティービルディング支援パッケージ社会開発効果の高いビジネス農業従事者出所)GBF 講演...

2013年9月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

景気減速局面のメキシコ経済~テキーラ・ショックの再来はあるのか~

...に比べ非常に高い(図表10)。また、IMFは、リーマン・ショック後に蓄積された外国人の債券買い越し額を「潜在的な売り圧力」とみなしており、メキシコの市場規模対比でみた「潜在的な売り圧力」は23.4%と分析対象国のなかで最も高い。分析のデータは2012年5月時点のもので、その後の1年で債券投資が積み増されていることからみると、「潜在的な売り圧力」は更に大きくなっていると考えられる。外貨準備対比でみても、「潜在的な売り圧力」は48.1%と南アフリカとならんで突出して高い水準にある。今後...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度カーボンフットプリント制度構築等事業,電気・電子機器分野における温室効果ガス排出算定ルールの構築調査報告書

...した中間製品に下流のバリューチェーン企業が行った加工(例:製造業者)。• 報告対象年における、報告企業が販売した製品・サービスの消費者による使用。• 報告企業が報告対象年に販売した製品の、使用済み時の廃棄と処理•報告企業が所有し(貸し手)、他の事業体にリースした資産の報告対象年における稼働。スコープ 1、2 に含まれない分。(リースの貸し手が報告)• フランチャイズ加盟店の稼働のうち、スコープ 1、2 に含まれない分 (フランチャイズ本部が報告)• 報告対象年における投資のオペレーションで、スコープ 1、2 に含まれない分。(株式投資、債券投資...

Weekly金融市場 2014年2月14日号

...ナスの中銀預金金利を非常に真剣に検討・ BOE:利上げの目安を失業率7%とした時間軸政策を修正、利上げ前に余剰生産能力を吸収する余地ありと、緩和継続を示唆・IMF:豪州に対して財政引締めによる成長阻害の可能性を警告・デール BOE チーフエコノミスト:市場の 15 年利上げ観測は妥当・クリーブランド連銀:6 月からの新総裁にフィラデルフィア連銀メスター氏を指名、タカ派との観測・中国人民銀:理財商品に関する債券投資で新規制導入・レッタ伊首相:辞意表明、後任はレンツィ民主党書記長が有力・ケント豪中銀総裁補佐:豪ド...

年金の運用会社対象の調査です。

ESG投資に関する運用会社アンケート結果について

...の発展・普及 ・・・ 1041アンケート調査の集計結果 ・・・ 12福山圭一、谷本奈丘、樺山和也、川名剛、宮井博1【1】ESG 運用商品の提供に関して ・・・ 12【2】ESG 運用商品の商品性について ・・・ 17【3】一般的な運用商品における非財務情報の活用について ・・・ 18【4】ESG 投資の発展・普及について ・・・ 19【5】回答いただいた社の概要について ・・・ 22参考資料 ESG 運用商品に関するアンケート調査票1・・・ 24はじめにわが国の年金資金の運用は、共済年金等における一部の債券投資...

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治

わが国サービス産業の拡大と好循環メカニズム~内外サービス需要の拡大と成長力強化・デフレ脱却のシミュレーション~

...られる果実である所得収支の黒字維持は不可欠とまで一定の国内需要が存在していたこと、②サービなっている。これまでの海外進出が遅れ気味であっスはその性質上、財に比べて国・地域における消費たサービス産業の海外展開が進むことで所得収支の者の嗜好の違いが大きく、進出しても結果的に失敗黒字幅の維持・拡大が期待できる(図表 2)。特に、や撤退につながるリスクが高いと考えられてきたこアジア向け直接投資は、現在の日本の対外投資の多と、などがあると思われる。日本の内需規模は米国くを占める欧米向け債券投資に比べて遥かにリターに次ぐ大きさであり、一定規模の国内需要が存在すン率が高く(図表3)、サー...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ