「充電インフラ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度中小企業支援調査EV・PHVや充電インフラに関する実態調査

...平成23年度中小企業支援調査EV・PHV や充電インフラに関する実態調査報告書平成24年 3 月㈱ユニバーサルエネルギー研究所【目次】はじ...

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度「充電インフラ整備に関する実態調査」報告書

...「充電インフラ整備に関する実態調査」報告書平成 23 年3月㈱ユニバーサルエネルギー研究所目 次ページはじめに ..................................................................................................................................................................1第1章EV・PHVタウンにおける充電設備設置・運用...

CPCを用いた米国特許分析:電気/ハイブリッド自動車関連技術 特許総合力ランキングトップ3はトヨタ自動車、CHRYSLER GROUP、GM GLOBAL TECHNOLOGY

...、主に「【Y02T10/62】ハイブリッド自動車関連技術」分野で注目度の高い特許を有しています。また、「非接触受電装置、非接触送電装置、非接触給電システムおよび電動車両」や「共鳴型非接触充電装置」など、「【Y02T10/70】電気自動車のバッテリー関連技術」分野として充電インフラに関する特許出願も積極的に行っています。 2位CHRYSLER GROUPは、「ハイブリッド電気車の熱エンジンと電気モータートルク配分法」や「ハイブリッド自動車ブレーキ混合方式」など、「【Y02T10/62】ハイ...

2014年7月7日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第4回

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し ◆水素エネルギーの利用に関する取組みは継続して進められてきており、国による主要な事業費用の合計は2003~2013年度で3,000億円以上に及ぶ。水素の需要・供給それぞれの技術にある程度の目途が立ち、水素社会の実現に向けて動き出そうとしている。◆電気自動車は、車両購入に対する国の助成や、充電インフラ...

2017年4月4日PSソリューションズフィードバック数:0デジタル家電

「瀬戸内カレン」利用実績及び利用者アンケート

...県小豆郡土庄町豊島にて展開されているパーソナルモビリティのレンタルサービス事業です。ソフトバンクの移動体通信網につながる車載機を搭載し、パーソナルモビリティの位置情報をリアルタイムに把握して可視化できるようになる他、運転状況を中央管制センターにて監視する仕組みも備え、急発進や急ブレーキ、コースアウトなど運転が適正に行われていないことを自動で検知します。また、充電インフラとしてソフトバンクが開発した充電・認証システム「ユビ電」を活用します。なお、本事業のサービス提供基盤には、オラクルのPlatform as a Service(PaaS)製品群「Oracle Cloud...

トーマツの調査です。

電気自動車(EV)など次世代車に関する消費者意識調査

...っていますか?(%)回答結果はリリース本文をご覧ください【EVの購入検討意向】 認知度に連動、緩やかに下降傾向 (2012年17.9%⇒ 2013年15.0%⇒ 2014年13.8%)購入検討意向割合についても、認知度と同様に、毎年漸減の傾向が見られた。消費者は、「価格」「航続距離」「充電インフラ」において、従来のガソリン車と同等レベルを一貫して求めており、これがEVの購入検討意向を下げる三大障壁となっている。いずれの要素もこの数年で改善は見られているものの、未だ...

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業」報告書(次世代自動車分野(台湾に関する調査))

...国(台湾)への次世代自動車導入戦略を策定する。対象車種(Platform)がターゲットとする富裕層への調査で市場ニーズを分析した上で、事業モデルを設計する。その上で、GLM 社とユーロン社との提携に係る検討を行う。その上で、充電インフラの整備、購入インセンティブ付与のための補助金制度等、EV導入に向けた課題を抽出した上で、EV を推進する他国の推進政策・ファイナンス政策を調査し、台湾当局への政策提言・ファイナンス面の提案を検討する。以上を経て、事業実現可能性の調査を行う。そして、環境社会的側面、エネ...

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国電気類自動車元年のスタート

...意見」には、電気自動車(EV)をはじめとして、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)を重点とする次世代自動車産業の国家戦略を再確認する25項目の施策が盛り込まれている。その内容を大別すると、主に六つの分野に分かれるが、ここでは最も重要な三分野を紹介する。充電インフラの整備に関する総合政策の確立充電施設の規格を統一して、電力網構築、都市整備計画、土地利用政策に充電施設の配置計画を取り入れる。2020年まで充電利用に係る電気料金を、政府指導価格方式により、市民用、業務用、政府...

2017年2月8日Roland Bergerフィードバック数:0大型消費/投資

E-モビリティ・インデックス( “E-mobility index for Q1 2017")

...政治の状況を強く受けている状況 今回のスタディ「E-mobility Index for Q1 2017」によれば、世界の各地域においてE-モビリティ市場の確立を進化させる新たな推進力となるのは、大都市圏であることが明らかとなった。世界の大都市では既に規制措置の導入が計画されており、ロンドンやパリ、メキシコシティはディーゼル及びガソリンエンジンの禁止を予定している。ノルウェーでは2025年より内燃エンジンの全面禁止を検討している。「政府の投資継続は不可欠だ。また、投資は研究開発に加え、充電インフラ拡大への助成金、販売...

2017年1月17日KPMGフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年KPMGグローバル自動車業界調査

...車を購入する際のパワートレーンとして選択した回答者の割合ただし、今後短期間でドライブトレーンがドラスティックに変化するとは考えられていないようであり、内燃機関エンジンが依然として長期的に重要であり続けることや、バッテリー式電気自動車の普及に対する懸念が自動車業界のエグゼクティブには存在している。また、燃料電池自動車への期待は日本よりもグローバルの方が高くなっている。今後かなり長期間、内燃機関エンジンは電動式のドライブトレーンより重要であり続ける。 純粋なバッテリー式電気自動車の普及は、充電インフラの不足により失敗する。 燃料...

2013年3月3日アジア太平洋研究所★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

関西を中心としたレポートです。

太陽電池、リチウムイオン電池の生産・販売等の動態からみる課題と対応方策

...2013 年 2 月 28 日APIR Trend WatchNo.15―太陽電池、リチウムイオン電池の生産・販売等の動態からみる課題と対応方策―関西の太陽電池・リチウムイオン電池生産額の大幅増加を数値目標の 1 つに掲げた「関西イノベーション国際戦略総合特区」が政府により指定され 1 年が過ぎた。この間、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(以下、買取制度)がスタートし、直近では平成 24 年度補正予算に次世代自動車充電インフラ整備促進事業が盛り込まれるなど、関連政策も推進されている。本稿...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度東アジア省エネルギー推進研究事業道路交通セクターにおけるCO2排出量削減のための調査報告書

...センティブメカニズムと競争力を考慮した施策を作成中であり、同時に充電インフラへの援助、消費者への補助金、開発費への補助金などが検討されている。(2)バイオ燃料政策農工業省(Ministry of Plantation Industry and Commodity)の管轄機関にあるマレー19 Kothandabhany, SK. Undersectary, Green Technology Policy Division, Ministry of Energy, GreenTechnology and Water Malaysia. Electric...

2013年10月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(海外省エネルギー、再生可能エネルギー、スマートコミュニティ関係ビジネスに関する情報調査事業)報告書

...開設へ韓国スマートグリッド市場拡大へ、韓国政府が本腰中国EV充電インフラ拡充、北京市が今年も建設推進ドイツなどスマートグリッド2.0がやってくる全般スマートグリッドの認知度は低下傾向;新たな調査米国GEが次世代の停電復旧システムに着手米国GEがスマートグリッド開発で、シスコや他社と競合米国Honeywell社が実施した三件のスマートグリッド・プロジェクトタイAecomがバンコク・メトロの設計コンサルにシンガポールスポーツセンターが 1,000番目の「環境に優しい」ビルに日本スマートハウス 通信方法標準化  経産省 、普及目指 し日...

2014年1月6日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:0社会/政治

2014年展望です。

経済レビュー:2014年日本経済の展望

...池の世界市場の5割を我が国関連企業が獲得する◆2030年までに、次世代自動車の新車販売に占める割合が5~7割となることを目指す◆再生可能エネルギー導入のための規制・制度改革を実施(環境アセスメントの迅速化、保安規制の合理化等)◆発電・小売の全面自由化、送配電部門の中立性の一層の確保などを柱として、電力システム改革を推進◆定置用蓄電池について、国内における初期市場の形成を支援、日本発の安全性規格による国際標準を獲得◆次世代自動車の開発・普及のため、充電インフラの整備を促し、車両購入補助、航続...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ