「先行き期待」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年12月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

日本の不動産バブル崩壊:世界への教訓はなにか

...バブル潰しは深刻な副作用をもたらす③バブルが破裂した状況に対処するのは、債務の肩代わり、自国通貨安での外需依存、先行き見通し改善での資産価格の底入れ3.バブル崩壊に伴い先行き期待が一旦落ち込むと、元に戻すのは極めて長期を要する4.金融の歴史は不動産を中心とした信用拡張とその反動であった(資料)みずほ総合研究所さらに筆者が指摘したかったのは、信用活動の調整の結果として生じるとされる「日本化現象」が日本以外にも生じることである。下記の図表は日米独の10年国債利回り推移である。欧米での信用ブームが調整に転じた2007年以降の状況は、日本...

2016年5月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「上場企業の不動産取得」調査

...公開日付:2016.05.12 2015年に国内不動産の取得や工場・社屋の新設などを公表した上場企業は56社で、3年連続で前年と並んだ。アベノミクス効果による景気の先行き期待から、上場企業の不動産取得の動きは活発化したが、一方で中国経済の減速など景気の先行き懸念を背景とする、リスク警戒感の高まりもあって、前年水準を超えない「足踏み」状況が続いている。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2015年に国内不動産(固定資産)の取得(建物の新設等を含む)を決議、公表...

2014年8月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年上半期「上場企業の不動産取得」調査 前年同期より1.5倍で推移

...2014年上半期「上場企業の不動産取得」調査 前年同期より1.5倍で推移 公開日付:2014.08.08 アベノミクス効果による景気の先行き期待から、企業が事業拡大に備え不動産を取得する傾向が強まっている。2014年上半期に、国内不動産取得や工場・社屋の新設などを公表した上場企業は27社にのぼり、前年同期より1.5倍のペースで推移している。こうした上場企業の不動産取得の動きは、前向きな設備投資マインドの改善ぶりを反映した。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2014年上...

2014年8月10日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

2013年のまとめです。

2013年の新設法人は約11万社 4年連続で増加

...,371社(同1.2%)と続く。また、幅広い投資家による中小企業・ベンチャー企業などへの投資促進が目的の投資事業有限責任組合は、景気の先行き期待と法人税がかからない利点もあって前年比55.4%増(312→485社)と急増した。このほか、企業保有の不動産などの資産を譲り受けて証券化する、特定目的会社も同48.6%増(74→110社)で、不動産市況の活況を反映した。介護老人保健施設や有料老人ホーム経営などの社会福祉法人も同20.1%増(268→322社)、集落単位で農家が各自の農地を持ち寄り、農機...

2013年11月12日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

不動産を取得した上場企業は44社 3年ぶりに前年水準を上回る

...不動産を取得した上場企業は44社 3年ぶりに前年水準を上回る 公開日付:2013.11.11上場企業の不動産取得が活発になっている。2013年に国内不動産取得や工場・社屋の新設などを公表した上場企業は44社にのぼった。3年ぶりに前年水準を上回り、前年比でも2倍増で推移している。アベノミクス効果による景気の先行き期待から、事業拡大とともに事業用収益物件を取得する傾向が強まり、企業の設備投資が活性化していることを窺わせた。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2013年に...

足元で反発がみられる原油価格~持続的な回復に向けた条件とは?~

...で需給改善に向けた期待感が高まっています。こうした材料から、市場では原油価格の底入れ観測が強まり、投資家の売買動向を示す先物取引状況を見ても、足元で買いポジションが増加しているだけでなく、これまで価格上昇の重石となってきた過度な売り圧力の減少傾向がみられており、投資家が先行きに対して強気姿勢を強めていることがうかがえます。また、株式市場でも、先行き期待や出遅れ感などからエネルギー株の反発が顕著となっています。今後の注目材料としては、これまで公平な供給調整を主張して頑なに減産姿勢をとらなかったOPEC(石油輸出国機構)が、6月の...

2016年11月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年1-10月「上場企業の不動産取得」調査

...公開日付:2016.11.09 アベノミクスによる景気の先行き期待から、上場企業の不動産取得は一時より活発の動きを見せている。だが、2016年1-10月に国内不動産の取得、工場・社屋の新設などを公表した上場企業は43社にとどまり、4年ぶりに前年割れになる見通しが強まった。これは円高やデフレ脱却の遅れなど、景気の先行き不透明感の広がりを背景に、投資マインドの様子見傾向を反映したものとみられる。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2016年1-10月に国内不動産(固定資産)の取...

2013年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安効果現る

...ZEW景況感指数(半年後の景況感)は+48.2と市場予想(+35.0)を上回ると共に前月(+31.5)から大幅に改善し、2010年4月以来の高水準となった(下図)。足元ではユーロ高が懸念されているものの、世界経済の回復期待を背景に先行き期待感が一段と高まった模様。2月米NAHB住宅市場指数は46と市場予想(48)と下回ると共に前月(47)から悪化。独ZEW100景況感指数500-50-100050607080910111213(備考)Bloombergにより作成。本資...

2015年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

懸念が一つ消え、また一つ消え、サマーラリーの準備が整いだす

...指標が全滅状態の一方、遅行指標(物価・雇用)は堅調”というアンバランスな状態だったが、昨日発表のフィリー指数が反発し、既発表の小売売上高も強さを取り戻したため、バランスは幾分改善している。その他では住宅関連指標が堅調に推移しているほか、原油も2番底が回避されつつあるなど、明るい兆しが出ている。先行きは6月ISMに先立って発表されるPMIや地区連銀サーベイ、それに関連してコア資本財受注に注目。それらが上向けば、景気の先行き期待がサポートされ、投資家心理が改善するだろう。そしてもう一つ注目されるのが、ブン...

2015年8月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2014年「全国新設法人動向」調査

...保険労務士法人が同17.9%増(56→66社)、弁護士法人が同4.0%増(99→103件)とそろって増加した。この一方で、介護老人保健施設や有料老人ホーム経営などの社会福祉法人が同27.6%減(323→234社)、特定非営利活動法人が同15.7%減(3,394→2,862社)、集落単位で農家が各自の農地を持ち寄り、農機具の共同所有や、農作業を行う農事組合法人が1.3%減(448→442社)と減少した。 2014年の新設法人の動向では、景気の先行き期待を背景に全国的な増勢が目立ち、増加率が前年水準を上回った。政府...

2015年1月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今年はいよいよ変わるのか、やっぱり変わらないか

...戦略の総動員は長い冬のなかで雪を溶かすためのものといえる。映画では「アナと雪の女王」の魔法を「真の愛」が解いたように、今日の雪に覆われて委縮してしまった日本のマインドを転換するには、「真の成長戦略」で長い時間をかけながらも自信を取り戻し、先行き期待を改善するしかない。デフレ脱却の難しさは、一旦、氷河期でも生き残る「草食系に進化」した意識バイアスが根強く浸透したなか、元のマインドに戻すことの難しさである。今日、為替は円安に、資産デフレ環境も転換し、すでに「氷河」は溶け始めてきた。しかし、これ...

日本経済(週次)予測(2014年1月13日)<景気の先行き期待感は今後しばらく高水準で推移>

...日本経済(週次)予測(2014年1月13日)<景気の先行き期待感は今後しばらく高水準で推移>2014-01-14 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.54-景気は足下、先行きともに緩やかな成長が見込まれる- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな成長が見込まれる- ・8月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から上昇したが、7-8月平均は4...

2015年5月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

...2014年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2015.05.13 2014年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は77社で、3年連続して前年度を上回った。景気の先行き期待と円安、金融緩和を背景にして、保有資産の効率的運用や財務体質の強化を目的とした不動産売却が増加している。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2014年度(2014年4月~2015年3月)に国内不動産(固定資産)の売...

2016年5月24日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「全国新設法人動向」調査

...)と個人消費の持ち直しから流通関連が高い増加率をみせた。また、訪日外国人の増加や東京五輪開催をにらんで宿泊業が58.6%増(379→601社)と1.6倍増に。さらに、製造業でもパルプ・紙・紙加工品製造が17.6%増(74→87社)、プラスチック製品製造が11.4%増(140→156社)など高い伸びを示し、景気の先行き期待の大きさをうかがわせた。一方で、電気・ガス・熱供給・水道業は33.3%減(3,301→2,203社)と前年を下回った。これ...

日本経済(週次)予測(2013年4月8日)

...日本経済(週次)予測(2013年4月8日)<大胆な金融緩和で先行き期待は大きく改善しているが、実物経済はジャンプスタートできない>2013-04-08 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月...

2014年1月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[緊急リポート]アベノミクス1年間の評価は70点~ビジネス環境No.1に向けた10の政策提言~(概要版)

...バレッジとリストラを進める企業行動の原因となった、資産デフレと円高不安の改善○ 円安・株高が企業行動の転換に寄与。2014年は「湿った薪」のようになった企業行動が転換に踏み出すことを展望【 バランスシート調整における企業財務の概念図とアベノミクス 】アベノミクスバランスシート(B/S)損益計算書(P/L)設備先行き期待低下 持たない経営悲観不動産悪の枢軸株式キャッシュ重視負債個別企業の戦略売り上げ円高での競争力低下原  価円高での経費削減人件費圧縮利  益マ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ