「先進国景気」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年2月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年2月) ~経済構造が景気の勢いに差を生み、跛行色が強まると予想される~

...ではこうした動きが弱まったことで景気の減速感に繋がっている。他方、アジア新興国の中には外需依存度の高い国が少なくない中、足下では米国をはじめとする先進国景気の回復が進んでおり、これが外需を押し上げることで景気回復を促す動きも出ている。先行きについては、米国の景気回復を背景とするQE3の縮小が徐々に進むことで、世界的なマネーの縮小は一段と進行すると予想される一方、米国の景気回復などは世界的な貿易取引の拡大を促すと見込まれ、アジア新興国景気についてもこれらの影響がそれぞれ色濃く現れることが予想される。結果、近年注目を集めてきた内需依存度が高く、ファ...

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長

...景気下支え策のメニューも全く変わっていない。その効果も、一時的なセンチメント改善にとどまろう。◆結局のところ、当面の頼みの綱は先進国景気改善に伴う輸出増加である。「偽輸出」とみられる水増しの影響が一巡する5月以降の輸出は、データとしても改善していこう。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。なお...

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気下支えのための微調整が始まる

...くとも実需のテコ入れは始まろうとしている。景気下支え策ならびに民生改善のための保障性住宅の建設加速と合わせて、今後の動向に注目したい。◆ただし、足元の政策が、鉄道投資計画の増額修正や1軒目の住宅ローンの優先貸出といった微調整で済んでいるのは、景気が大きく下振れしていないためである。例えば、今後、固定資産投資が急低下するようなことがあれば、より本格的な景気刺激策発動の可能性は否定できない。◆結局のところ、当面の頼みの綱は先進国景気改善に伴う輸出増加である。「偽輸出」とみられる水増しの影響が一巡する5月以降の輸出は、デー...

2014年4月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中南米経済と外的ショック~QE3縮小・中国景気減速への耐性を評価する~

...的に脆弱な指標も一部にみられるが、低債務・低インフレ体質により、財政・金融緩和による外的ショックへの対応余力は大きいと考えられる。2.貿易・投資を通じた外部環境変化の影響度合い(1)先進国景気回復と資本移動の影響新興国市場は、QE3 縮小のペースを織り込みつつあり、2013 年 5 月のバーナンキ前 FRB 議長発言後ほどの動揺は生じにくくなっている。IMF(2014a)の分析9によれば、米国など先進国景気の回復は、基本的には外需の拡大や交易条件(輸出物価/輸入物価)の改善を通じて、新興国経済にもプラスに寄与する。とくに、先進...

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(3)~円安効果、Jカーブ効果の現状

...の輸出が先進国内で占めるシェアを見ても、円安局面入り以降下げ止まりの兆候が見られる。円安効果は既に生じているとみられる。◆輸出が伸び悩んでいる直接の原因は先進国景気が停滞しており、輸入が伸びていないことである。しかし、景気拡大に伴って先進国の輸入も徐々に回復基調を強めていくとみられることから、日本からの輸出に関しても、今後は増加局面入りすることが示唆される。◆Jカーブ効果で貿易収支赤字幅が縮小するためには、2年程度の年月を要する。円安局面入りから1年程度は貿易収支赤字幅の拡大が続く時期であり、2013年は円安によって3兆円...

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「アジア」にみえる勢いの差とその背景 ~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~

...の世界経済を巡っては、米国を中心とする先進国による景気回復が続いている一方、2000 年代を通じて世界経済のけん引役になってきた中国などBRICsをはじめとする新興国は急速にその勢いを失いつつある。他方、「新興国」と一括りにされる境遇にありつつも、先進国景気の回復を追い風に外需主導型の景気回復の道を進む国もみられ、新興国を取り巻く環境は一段と複雑さを増している。アジアのなかでは、経済の輸出依存度が相対的に高いNIES諸国のほか、ASEANの図 1 アジ...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイの政情混乱、収束の兆しは見えず ~どっちもどっちの提案、落としどころは「直接対話」のみか~

...の政情混乱に際してもまったく指導力を示せていない。こうしたことも事態膠着の長期化が避けられない一因になっていると考えられる。 反政府運動のバンコク封鎖では一部政府機能が停止しており、実体経済への悪影響が懸念される。さらに、政府による景気刺激策も執行停止状態が続いており、政情混乱は外国企業の活動にも影響を及ぼすであろう。足下では通貨バーツの下落で輸出競争力は向上し、米国をはじめとする先進国景気の拡大も輸出の追い風になると見込まれるが、政情混乱の長期化は景気回復の好機を逃すことに繋がっている。《反政府側、政権...

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国輸出入は予想外に拡大(Asia Weekly (2/10~2/14)) ~景況感指数との齟齬を勘案すれば、勢いは続かないであろう~

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。5/6し、前月比は▲1.1%と前月(同+2.9%)から4ヶ月ぶりに減少に転じており、米国をはじめとする先進国景気の回復などを背景に輸出に底入れの動きが出ていることを反映して製造業部門の生産は堅調であったほか、発電量なども底堅かったものの、鉱業部門の生産が3ヶ月ぶりに大きく落ち込んだことが影響した。近年、鉱物...

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」 ~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~

...視し過ぎたことによる弊害が問題になっており、共産党・政府は成長の「質」を重視する方針に転換すると見込まれる。 12 月単月の経済指標からは、中国の経済成長が大きな図 2 小売売上高の推移転換点を迎えつつある様子が確認されている。共産党及び政府は経済成長のけん引役を外需から内需に転換させる姿勢をみせているが、米国をはじめとする先進国景気の堅調を背景に外需を取り巻く状況は好転しており、これは景気全体にもプラスに作用している。ただし、PMI(購買担当者景況感)などの景気指標からは先行きの輸出に対する警戒感がうかがえるなど、さら...

先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】

...調達コストの抑制などのリート市場にとっての好環境は今後も続くと期待されます。米国を中心に先進国景気は緩やかな回復が見込まれること、各国の企業業績が堅調に推移していること、世界的な低金利環境が続くと見られることなどに支えられ、先進国・新興国ともに、株価は緩やかな上昇基調が続くと思われます。 米国では景気回復や雇用環境の改善が進み、今年半ばから後半の利上げ開始が見込まれます。ただし、FRBは金利を当面低めに維持すると見られること、ECBは物価見通しの達成のためには金融緩和の強化も予想されることなどから、主要国の国債利回りの上昇は緩やかと思われます。 米ドル円相場は、米国...

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、未加工鉱石禁輸のインパクト ~景気の大幅下振れのみならず、国際的な信認低下に繋がる恐れ~

...を対象に輸出許可の義務化や輸出税引き上げ、業者ごとに輸出割り当てを取り決める方針を示した。しかし、これらの措置は3ヶ月ごとに見直しが行われており、昨年は国際金融市場の混乱に伴い通貨ルピア安が急速に進展したことで、その要因となる経常赤字縮小を図る観点から規制を緩める動きに転換せざるを得なくなった。最新の政府見通しによると、昨年の鉱石輸出は前年を大きく上回る見通しとなっており、未加工鉱石の輸出禁止を前に一部の業者は駆け込み的に輸出拡大に動いたことや、米国をはじめとする先進国景気の回復による輸出拡大も影響している。結果、一昨...

2013年8月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ経済の先行きに「黄信号」か!? ~V字回復の反動が色濃いなか、ファンダメンタルズの悪化に新たな懸念~

...半の経済成長率が年率で二桁ペースの高い景気拡大が必要であり、大規模な景気対策などに類する景気の押し上げが不可欠である。足下では、米国や日本をはじめとする先進国景気に回復の動きがみられ、欧州景気にも底入れの動きが出ているものの、先行きの回復は総じて緩慢なものになると見込まれることから、同国の外需を大きく押し上げると期待することは難しい。さらに、アジア新興国についても米国の量的金融緩和の減速観測による国際金融市場の混乱の余波を受けて減速懸念が出ており、一時の勢いを失いつつある。他方、内需については年前半の反動減から底入れが進むと期待されるが、家計...

2013年11月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

堅調な景気の背後で悩めるシンガポール ~外国人労働者への規制強化の動きは潜在成長率の低下を招く可能性も~

...ともに底堅い拡大を続けている。先行きは米国のQE縮小などによる外部環境の動揺は懸念されるが、先進国景気の拡大などを背景に、外需拡大がけん引役となって緩やかな景気拡大を続けるものと予想される。 堅調な景気拡大を続ける同国だが、足下ではその成長を促す経済構造を巡り問題が出ている。貿易自由化や外資誘致などの競争政策は、地理的条件なども重なり海外からの投資流入を促して経済成長に繋がったが、国民からは反発が強まっている。外国人労働者の流入による同国民との就業機会の奪い合いは政府への信認低下に繋がっており、政府...

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州景気は予想以上に力強さを欠く展開 ~公的部門や家計の内需に底堅さも、外需や設備投資の動向が重石に~

...般的に低迷しており、近年外資企業による撤退の動きが相次いでいる影響が色濃く残っている様子がうか がえる。このように外需に不透明感が残るなかでも、家計部門を中心とする内需は堅調さを維持しており、今 後の景気については外需の動向及びこれに対する企業部門の反応が大きく影響すると予想される。同国最大の 輸出相手である中国では景気回復期待が出ているものの、急拡大は期待出来ない上、ASEANなどアジア新 興国の景気も力強さを欠く。一方、米国など先進国景気は堅調だが、輸出に占める割合は低く、主要輸出財の 資源...

2014年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シャドーバンキング問題に揺れる中国経済 ~G20でも焦点に。全人代で改革の具体策は示されるか~

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。3/3態収拾を一段と困難にする可能性もある。足下で米国をはじめとする先進国景気の回復期待が高まっていることは、世界経済にとってプラスである一方、その背後で行われるQE3(量的金融緩和第3弾)縮小による金融政策の正常化プロセスは世界的なリスクマネーの収縮を招くリスクもあり、中国経済の変調が予期せざる投資家行動を引き起こすことも予想される。先週開催されたG20では、声明文に初めて「シャドーバンキングへの対応」が明記されるなど中国の果たすべき役割に焦点が当てられた。世界第2位の経済規模となり、その...

2013年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン、公共投資が景気を大きく押し上げ(Asia Weekly (5/27~5/31)) ~先行きは在庫調整圧力が高まる可能性もあり、下振れリスクはくすぶる~

...性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。3/3図TH 製造業生産と設備稼働率の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[香港]図 TH 政策金利の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成~先進国景気の回復期待が外需を下支えする中、小売を巡る状況も比較的堅調に推移している~27 日に発表された4月の輸出額は前年同月比+9.0%となり、前月(同+11.2%)から減速した。ただし、当研...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドの金融政策はようやく「平時」に戻る ~2回連続で利上げ実施の一方、ルピー安阻止への緊急対応は終了~

...ることで引き締め姿勢を一段と強め た。 その一 方でM SF 金利は 25bp 引 き下げ られ て8.75%となり、これにより「レポ金利+100bp」となるなど金融政策の「非常態勢」は完全に解かれた。足下の世界経済について、米国の財政問題などは引き続き懸念材料ではあるが、先進国景気は緩やかな拡大を続けており、新興(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成国景気も国内外の下振れリスクはあるものの、米国によるQE3継続決定が好材料になっているとみている。一方、同国経済は内需低迷が景気の下押しに繋がってきたが、輸出...

2014年1月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

政権2年目、韓国が直面する苦悩 ~外需を取り巻く厳しさに加えて、内需にも足かせが多数~

...部門は負債比率が高く、不動産市況の低迷が内需の重石になっている。韓国経済が勢いを取り戻すのは難しいといえる。《ウォン高による競争力低下、内需を取り巻く環境の厳しさなど、韓国経済が勢いを取り戻す材料は乏しい》 米国による量的金融緩和第3弾(QE3)の縮小が実施され、米国を中心とする先進国景気に改善の動きがみられる一方、世界的なマネーの縮小に繋がる動きは資金流入を追い風に経済成長を押し上げられてきた新興国にとっては厳しい環境が予想されるなど、ここ数年の世界経済を巡る様相は大きく転換する可能性が出ている。こうした中、世界...

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年9月) ~「時間的猶予」を貰ったアジア新興国、資金流出への対応強化は引き続き課題~

...1/24AsiaTrendsマクロ経済分析レポートアジア経済マンスリー(2013年9月)~「時間的猶予」を貰ったアジア新興国、資金流出への対応強化は引き続き課題~発表日:2013年9月27日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当西濵 徹(03-5221-4522)《各国経済の現状判断》方向性コメント中国景気の減速基調が強まってきたが、足下では構造改革による悪影響を懸念する姿勢が強まる中、先進国景気の緩やかな拡大を受けて外需も底入れし、投資拡大も景気を押し上げている。一方、回復...

2013年11月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業の受注改善に一服感(Asia Weekly (11/18~11/22)) ~シンガポールは予想外に堅調な景気拡大を続けている~

...ビス部門も軒並み拡大基調を強めるなど景気は最悪期を過ぎたと判断出来る。 中国景気 の回復や欧米先進国景気の底堅さを反映して輸出は拡大したほか、 政府の緊急経済対策により政府消費は拡大 したことも景気を押し上げた。さらに、世界経済の回復期待を追い風に観光客数も増加しており、関連産業の 好調も景気を下支えしている。一方、公共投資の進捗の遅れを反映して固定資本投資は鈍化しているほか、個 人消費も低迷を脱していないなど、 内需は力強さを欠いており、 これに伴う輸入鈍化も景気の押し上げ要因に なっている。 先行きについては、 世界...

2014年7月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業景況感、政府・民間ともに50 超(Asia Weekly (6/30~7/4)) ~インドネシアは貿易黒字に転ずるも、輸出入ともに低迷と内容は良くない~

...連続で拡大しており、米国をはじめとする先進国景気の回復に加え、中国景気に底入れの兆しが出ていることを受けてASEANなどアジア新興国向けも拡大するなど、全般的に底堅く推移している。財別では、電子部品をはじめとする機械製品のほか、天然ガスなどの資源関連輸出も全体をけん引している。一方の輸入額は前年同月比+11.9%となり、前月(同+5.0%)から加速した。ただし、前月比は過去2ヶ月に亘って大幅に拡大してきた反動で減少に転じており、内需の堅調さを背景に原油や消費財関連は拡大したものの、資本...

2015年4月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

内需を重石に中国の景況感は一段と悪化(Asia Weekly (4/20~4/24)) ~韓国の1Qは内需が底堅い一方、外需低迷が景気の足かせに~

...本土経済の不透明感は懸念されるが、先進国景気の緩やかな拡大による輸出底入れを受けた雇用環境の改善期待が就業意欲を改善させ、結果的に失業率の悪化を招いていることから、全体として基調は悪化していないと言えよう。23 日に発表された3月の鉱工業生産は前年同月比+6.49%となり、前月(同+2.72%)から加速した。前月比は+0.55%と前月(同+1.49%)に続いて拡大しており、そのペースは鈍化したものの、底堅さがうかがえる。中国本土からの資金流入を背景とする建設需要の旺盛さを受け、建設関連の生産が堅調に推移しているほか、先進...

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドのインフレ率は一段と低下(Asia Weekly (9/13~9/19)) ~ニュージーランド景気は内・外需の低迷で減速~

...りに利上げに踏み切る決定を行ったが、足下で輸出や国内金融市場における信用の伸びが鈍化していることが影響したと考えられる。同行は足下の世界経済について「先進国景気には地域ごとにバラつきがあるものの、幅広い改善の動きがみられ、アジア諸国も堅調な内需や海外経済の回復が景気の押し上げに繋がり、全体的に緩やかな拡大が続いている」との従来の見方を据え置いた。その上で、同国経済については「輸出と内需の拡大に支えられており、先行きは民間消費がやや鈍化する一方で民間投資は旺盛に推移し、海外経済の改善に伴い輸出も回復が続き、安定...

2015年4月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

アジアマンスリー2015年5月号

...以前は項目に輸入税が入っていないため、各項目の寄与度は不連続。(資料)CEIC、統計総局を基に日本総研作成<実質小売・サービス消費の推移>ンフレ率や失業率の低下を受けた消費者マインドの改善により、同+9.2%と高水準にある(右下図)。輸出(通輸入税第3次産業25.8%と、第 2、3 次産業が全体をけん引した。この背景として、消費と輸出の堅調が挙げられる。統計総局によ誤差(%)2012年142013年122014年102015年86先行きも、良好な雇用・所得環境を背景とした個人消4費や、先進国景気の全般的な回復を受けた輸出がけん引2役と...

2013年9月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の8月指標は良悪取り混ぜの様相(Asia Weekly (9/8~9/13)) ~インドネシア中銀は先月末の緊急利上げに続き利上げを断行~

...移図 25 PH インフレ率の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[ニュージーランド] ~不動産市況の上昇を理由に年明け以降の利上げを示唆も、年内は金利据え置きへ~12 日、ニュージーランド準備銀行は定例の金融政策委員会を開催し、政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)を 20 会合連続で 2.50%に据え置く決定を行った。足下の世界経済について同行は「豪州や中国をはじめとする新興国景気に減速感が出る一方、先進国景気...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年10月) ~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~

...実施が再び景気に悪影響を及ぼす可能性は小さくない。 アジア新興国では、先行きにおいても資金流出の再燃が実体経済に悪影響を及ぼす可能性は残る。しかし、QE3が縮小される前提として米国経済の回復が見込まれるほか、欧州景気も最悪期を過ぎつつあることを勘案すれば、外需依存度の高い国々を中心に早期に景気の底入れが進むことが期待される。アジア新興国では資金流出が各国通貨の下落を招いて輸出競争力の向上を促すと見込まれることから、こうした動きも外需の回復の速さを生む一因になるであろう。なお、欧米先進国景気...

2015年5月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア景気は軒並み減速模様を強める(Asia Weekly (5/15~5/22)) ~インドネシア中銀、金利維持も景気維持へ実質的な緩和スタンスにシフト~

...究所が試算した季節調整値に基づく前月比も5ヶ月ぶりに拡大に転じており、自動車輸出台数が3ヶ月ぶりに前年を上回る伸びに転じるなど、底入れしている様子が確認された。米国や欧州など先進国景気の堅調さが続いていることに加え、年明け以降の原油相場の底入れを背景に中東向け輸出に改善の動きが出ていることも考えられる。一方の輸入額も前年同月比▲7.5%と5ヶ月連続で前年を下回る伸びとなったものの、前月(同▲13.4%)からマイナス幅は縮小している。ただし、前月比は前月に大きく増加した反動でわずかながら減少に転じており、依然...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ