「免疫細胞」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

再生・細胞医療研究の現状とビジネスの展望

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング再生・細胞医療研究の現状とビジネスの展望 −調査結果− • 国内の再生医療市場→ 2015年の市場規模は、約140億円と推計。約9割が 「がん免疫細胞療法」や「美容領域」等の保険外診療。→ 2020年以降、iPS細胞由来の再生医療等製品が徐々に承認され、市場は急速に拡大。→ 2030年の市場規模は、2015年比約78倍の約1兆1,000億円を超えると予測。• 世界の再生医療市場→ 2015年の市場規模は、約1,200億円と推計。米国が約70...

2015年5月19日アスタミューゼフィードバック数:0ライフスタイル

成長市場 がん医療

...的に取り組むべき課題として、放射線療法・化学療法・手術療法の更なる充実、精神心理的苦痛に対する心のケアを含めた全人的な緩和ケアの推進、がん登録の推進、働く世代や小児へのがん対策の充実 が挙げられている。医療技術としては、miRNA(マイクロRNA)マッピングなどの早期発見技術と同時に、早期治療技術の確立が急務である。早期治療には生体の自然免疫システムを活性化する免疫細胞治療や遺伝子治療に期待が持たれる。また、がん幹細胞の弱点を突き止めれば、がんの根治にも繋がる可能性もある。臓器再建に向けての再生医療への期待も根強い。今後...

かくれ炎症度チェックに関する調査

...を守るために起こる生体防御反応です。たとえば、風邪やインフルエンザにかかると、免疫細胞(白血球)が炎症を引き起こすさまざまな物質(炎症性サイトカイン)を放出し、体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃します。風邪をひくと熱が出たり、ノドが赤く腫れたりして炎症を起こすのは、このとき自らの細胞までダメージを受けてしまうから。つまり、「炎症」とは体内で免疫細胞が闘っている証なのです。ただし、「炎症」は、その経過によって「急性炎症」と「慢性炎症」の2つに大きく分けられます。「急性炎症」は比較的早く終息しますが、「慢性炎症」は組...

2015年10月20日ケロッグフィードバック数:0ライフスタイル

冬に感じる心身の悩みについて調査

....ne.jp/releases/78123/img_78123_1.jpgこの調査結果を受け、同委員会の委員で医療法人小林メディカルクリニック東京院長の小林 暁子医師、食物繊維の専門家である大妻女子大学家政学部 食物学科の青江 誠一郎教授は、下記のように述べています。●医療法人小林メディカルクリニック東京 小林暁子 院長冬に風邪やインフルエンザにかかりやすいのは、体の免疫力の低下が影響している可能性があります。実は体の免疫細胞は70%が腸に集まっていることをご存知ですか。免疫細胞...

2013年3月21日トレンダーズフィードバック数:3ライフスタイル

働く女性の「新生活ストレス」に関する意識・実態

...ルス感染細胞の拒絶にあたり重要な働きをします。徹夜や不規則な食事といった生活リズムの乱れは、この「NK細胞」にマイナスの影響を与え、免疫力の低下につながるため、まずは規則正しい生活を送ることが大切。また、体を温めることも有効ですので、適度な運動を定期的に行い、毎日入浴をして芯から体を温めるようにしましょう。睡眠中は免疫細胞の働きが活発になるため、十分な睡眠をとることも重要です。日頃から乳酸菌を摂取することもおすすめ。というのも、乳酸菌には「NK細胞」を活性化させる働きがあるのです。腸内の乳酸菌が増えることで、「NK細胞」が体...

2016年5月2日アスタミューゼフィードバック数:0社会/政治

「発生工学・再生医療・細胞治療」市場における科研費獲得金額ランキングTOP50

...する医学・医療の領域をいう。特定の臓器 や組織の再生を指す場合、組織工学(tissue engineering)という表現を用いることもある。また、細胞治療とは、生体細胞を体外に取り出し、選別、活性化、増幅などの処理を行った後に患 者に投与する治療法の総称であり、免疫細胞移植や造血幹細胞移植などがこれに当たるが、幹細胞から分化誘導した細胞を患者に移植することにより組織修復を目指す治療も細胞治療と呼ぶため、細胞治 療には再生医療も含まれる。発生工学(developmental engineering)はさ...

第52回 風邪! ひいてませんか? 2001.12.13~2001.12.19

...トミルクなどの炭水化物や脂肪、タンパク質をとる。上昇期(37~38度):だるさ、頭痛、内臓機能の低下がおこる。ハイビスカス、ローズヒップのハーブティー、野菜スープ、すりおろしりんごなどの暖かい飲み物やビタミCの補給。ピーク期(38度以上):免疫細胞の数を増やすホットバナナジュース(暖めた牛乳とバナナ1本ぐらいをミキサーにかける)or 胃のために何も食べない、飲まない。気持ちが良いならリンパの辺を冷やす。下降期(平熱に戻るまで):汗をかき始めたらウイルスとの戦い完了の合図。下着はこまめに替え、水分補給。解熱剤OK。ビタミンA、C...

「免疫チェックポイント阻害剤」治療に関するWEBアンケート

...ブロリズマブ)」の処方によって高い治療効果が期待できる、「PD-L1(※2)発現が50%以上」という患者タイプに対しては、91%とほとんどの医師が1次治療として同剤を提示していることが明らかになりました。高い効果が期待できる薬剤の使用に際しては、医師の意見がほぼ一致していると言えます。※2 PD-L1:免疫細胞の働きを妨げる癌細胞の因子。免疫チェックポイント阻害剤はこれを妨げることで癌の治療効果を得ます。3.医師が提示した免疫チェックポイント阻害剤が、患者側の希望で処方に至らないケースは約3割1次・2次治...

2017年5月7日ネオマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

食事ダイエットに関する調査

...菌を増やして腸内環境を整える上で役立ちます。女性は、男性と比べると便秘などにもなりやすいのですが、ダイエットで食事量を減らすと便秘になりやすい傾向があります。科学的な研究は十分ではありませんが、女性なら経験的に便秘が続くとお腹が張るなどしてダイエットはもちろん肌が荒れたり、メンタル的にも良い効果はないと、多くの人が感じていることでしょう。腸には体の免疫細胞の半分以上が集まっていますから、腸内環境を整えておくことは、ダイエットや美容はもちろん健康のためにも良いことです。 こうしたスーパーフードと呼ばれる食品の機能性は、まだ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 

お知らせ