「共同企画」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年10月11日マクロミル★フィードバック数:5エンタテインメント

スポーツについての多様な調査です。

2012年スポーツマーケティング基礎調査

...ドンオリンピックで銀メダルを獲得した、なでしこジャパンのファンは4,074万人に増加。一方、サッカー日本代表チームのファンは4,418万人に減少。日本のプロ野球ファンは3,216万人に、J リーグファンは1,245万人にともに減少。東京でのオリンピック開催に賛成が6割。株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)と、三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区社長:水野俊秀)は、共同企画として「2012年ス...

2014年10月9日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング視点でのスポーツです。

【速報】2014年スポーツマーケティング基礎調査

...なスポーツ選手は11年連続でイチロー選手が1位。錦織選手が3位へ躍進。プロ野球ファン人口は3,128万人に減少。サッカー日本代表のファンは3,774万人で減少傾向続く。スポーツを目的とした観光・旅行を経験したことがあるのは2人に1人。株式会社マクロミル(本社:東京都港区、取締役会長兼代表執行役社長:杉本哲哉)と、三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井秀延)は、共同企画として「2014年スポーツマーケティング基礎調査」を全...

2016年10月25日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

2016年スポーツマーケティング基礎調査

...での人気が高まっているアシックスが日本ブランドでのトップを堅持好きなスポーツ選手は13年連続でイチロー選手が1位。2位はテニスの錦織選手プロ野球ファン人口は2,747万人に減少サッカー日本代表のファンは3,017万人で減少傾向続くプロ野球リーグ優勝チームのファン人口が伸びるリオオリンピックで一番印象に残った競技は「体操」4年後の東京オリンピックで一番期待しているのは「開会式/閉会式」 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト)と、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井秀延)は、共同企画...

2011年10月13日マクロミルフィードバック数:0マーケティング

2011年スポーツマーケティング基礎調査

...、共同企画として「2011年スポーツマーケティング基礎調査」を全国15歳(中学生を除く)~69歳のマクロミルの調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2,000名の回答を得ました〔調査期間:2011年9月1(木)~9月5日(月)の5日間〕。本調査は2004年から始め、今回で8回目の調査になります。調査の趣旨 :マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、データに基づいたスポーツ経営やスポーツ振興に役立つ資料整備に向けた取り組みとして、スポ...

2013年10月25日マクロミル★★フィードバック数:0マーケティング

スポーツ関連市場についてのまとまった調査です。

【速報】2013年スポーツマーケティング基礎調査

...秀延)は、共同企画として「2013年スポーツマーケティング基礎調査」を全国15歳(中学生を除く)~69歳のマクロミルの調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2,000名の回答を得ました〔調査期間:2013年9月20日(金)~9月24日(火)の5日間〕。本調査は2004年から始め、今回で10回目の調査になります。調査の趣旨マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、データに基づいたスポーツ経営やスポーツ振興に役立つ資料整備に向けた取り組みとして、スポ...

2015年10月9日マクロミル★★フィードバック数:0エンタテインメント

2015年スポーツマーケティング基礎調査

...サルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井秀延)は、共同企画として「2015年スポーツマーケティング基礎調査」を実施しましたので、速報版を発表いたします。 本調査は、全国15歳(中学生を除く)~69歳のマクロミルの調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2000名の回答を得ました〔調査期間:2015年9月10日(木)~9月11日(金)の2日間〕。本調査は2004年から始め、今回で12回目になります。 マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、デー...

2010年10月19日マクロミルフィードバック数:7マーケティング

2010年スポーツマーケティング基礎調査

...に増加し、プロ野球ファン(約3,350万人)を上回る。Jリーグファン人口は約1,500万人。ワールドカップをきっかけとした消費を行った世帯は9.1%。購入品は薄型テレビが最多。消費額は北京オリンピックを下回る。株式会社マクロミルと、三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社/東京都港区、社長:水野俊秀)は、共同企画として「2010年スポーツマーケティング基礎調査」を全国15歳(中学生を除く)~69歳の...

2016年5月22日エイチームフィードバック数:0ライフスタイル

恋されたい、愛されたい。本当に男性ウケするファッションとは

...どのようなものなのでしょうか。●男性による「女性のカーディガンコーディネート人気投票」! ラルーンでは、有名ブロガーによるコラボ型セレクトwebショップ『ジョイントスペース』との共同企画で、ファッションへの意識が高い会員ユーザーさまを集めてオリジナルカーディガンを制作しました。そこでラルーンを運営するエイチームグループの女性社員が着回す『カーディガンコーディネート人気投票』を行いました。●エントリーコーディネートはコチラ! 大人っぽいキレイ系、フェニミン系、カジュアル系、ボーイッシュ系、お嬢さんOL系と5つの...

2014年10月6日日経リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2014年版「人を活かす会社」調査

...旬から開始します。「人を活かす会社」調査は日本経済新聞社、日経HR、日経リサーチの共同企画調査で、昨年「働きやすい会社」アンケートをリニューアルしてスタートしました。同アンケートを含めると今年で12回目になります。今回もランキングなどの一部は10月6日(月)付の日本経済新聞や日経産業新聞の紙面に掲載されました。リニューアル後2回目となる今回の調査で総合首位になったのは昨年2位のSCSKでした。評価を構成する4側面で「雇用・キャリア」が昨年13位から3位、「ダイバーシティ経営」が同15位から9位に...

スイーツに関する調査

...ローソンストア100 × Pontaリサーチ “初”の共同企画『理想のスイーツプロジェクト』スタート!共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、生鮮コンビニ「ローソンストア100」を運営する株式会社九九プラス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:河原 成昭、以下「九九プラス」)と共同で、Pontaリサーチ会員(※)の声を取り入れた「理想のスイーツ」をシ...

2017年1月26日コロプラ★フィードバック数:0マーケティング

AbemaTVに関する調査

...AbemaTVはどこで視聴している?AbemaTVに関する調査結果スマートアンサーでは、株式会社フェイス・コムとの共同企画にて、スマートアンサーユーザー25,301人を対象に、AbemaTVを知っているか?、AbemaTVを視聴したことがあるか?、AbemaTVをどこで視聴しているか?など、AbemaTVに関するアンケートを実施しました。 AbemaTVを知っている人は43.7%、10代男女で知っている人が多い結果にまず、スマートアンサーのユーザーに対して「無料で視聴できるインターネットTV...

2011年2月1日コクヨフィードバック数:11ビジネス

「東大生」の3人に1人が使っていた「ドット入り罫線ノート」

...トがきれいにまとまるのでノートを開く回数が増え、結果として勉強をよくするようになった(2010年入学・女性)」といった意見。美しくノートを書くことで復習などの機会が増え、結果学力の向上に繋がった学生もいるようです。※2 「ドット入り罫線ノート」は、コクヨS&T(株)と 「東大合格生のノートはかならず美しい」著者太田あや氏、(株)文藝春秋との共同企画で生まれたものです。■「国公立大学生」の使用比率は5割以上 国公立大学の学生を対象にした別調査では、実に51%の学生が「『ドット入り罫線ノート』を使用したことがある」と回答。同商...

2013年10月9日NTTレゾナント★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職についての調査です。

ビジネスマンの転職意識に関する調査

...インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ 2013年10月8日日本経済新聞 2013年8月6日掲載gooリサーチと日本経済新聞社による共同企画調査「ビジネスマンの転職意識に関する調査」結果 アベノミクス効果により雇用環境に改善がみられる中、日本経済新聞社とgooリサーチは、20代~50代のビジネスマンを対象に転職への意識についてインターネットでアンケート調査致しました。主に、性別年代別やお勤め先の企業規模別での特徴について確認し、特徴がみられました。 調査...

製造業におけるマーケティングの実態調査です。

製造業の“マーケティングと営業”に関するアンケート調査報告書

...マーケティング機能を担当する組織の有無マーケティング人員営業人員マーケティング予算(人件費除く)マーケティングや営業課題についてマーケティング課題の重要性マーケティング課題に対する解決の実現度営業活動の効果今後重視したい営業活動営業全体が抱える課題イプロス × パワー・インタラクティブ 共同企画セミナー開催「IT×リアル」をキーワードにリアル営業を最大限に活かすIT活用、さらには相乗効果を発揮できる営業とマーケティングの共存の仕組みづくりについて考えていきたいと思います。...

2017年10月18日オルタナSフィードバック数:0ビジネス

働きやすさ求め「自己成長」:社会貢献意識が高いミレニアル世代調査

...タナSの編集及び執筆、管理全般を担当。企業やNPOなどとの共同企画などを担当している。 Tweet関連記事...

人事評価についての調査です。

人事評価に関する調査

...インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ 人事評価における不満の大半は「評価基準の曖昧さ」 日本経済新聞 2015年3月3日掲載NTTコムリサーチと日本経済新聞社による共同企画調査「人事評価に関する調査」結果~人事評価における不満の大半は「評価基準の曖昧さ」~ 日本経済新聞社とNTTコムリサーチは、20代~50代のビジネスマンを対象に「人事評価に関する意識」についてインターネットでアンケート調査を実施しました。 調査概要「NTTコムリサーチ」登録...

2016年10月22日ミライロフィードバック数:0社会/政治

「点字ブロック」と「誘導ソフトマット」の併用に関する調査

...レル製品のユニバーサルデザイン化を目指す。(株)バリュープランニングと(株)ミライロが試着会を実施! 2016年4月11日 15時発売5日後に重版決定!紀伊國屋書店ウェブストアビジネスベストセラー1位!ミライロ代表・垣内俊哉の初著書「バリアバリュー」が新潮社より発売中 2016年3月25日 13時ユニバーサルデザインの(株)ミライロ、結婚式場等に向けLGBT(性的マイノリティ)に対応するマナー研修をスタート 2015年6月15日 12時ミライロとエイチ・アイ・エスが共同企画!車いす利用講師がガイドする、バリアフリー先進都市ハワイで学ぶ5...

2016年5月9日ADDIXフィードバック数:0モバイル

「インスタキャンペーン」は、いまや定番!成功の3つのコツとは?

...の調査からは他のツールを使ったキャンペーン手法との比較は出来ませんが、女性にアプローチしたい企業にとって、Instagramキャンペーンを実施するメリットは少なくなさそうです。女性たちに、投稿を楽しんで参加してもらうための手法のひとつとして、Instagramを利用したキャンペーンは、女性にアプローチしたい企業に今後もよりいっそう使われていくのではないでしょうか。「インスタアンテナ」松重秀平さんのコメント今回の調査を共同企画した、インスタグラム専門メディア「インスタアンテナ」の松重秀平さんにコメントをいただきました。“ 今回の調査結果は、おおむね納得です。特に、20...

企業の成長と人材についての調査です。

構造変化の中での企業経営と人材のあり方に関する調査

...の分社化」(事業あるいは組織の一部を分離し、別会社(子会社・関連会社)を設立)が四・〇%などとなっている。企業間コラボレーションによる付加 価値増大の取り組みもみられる。共同企画・開発や技術提携のほか、生産、流通・販売、情報面等での連携を含む「同業種他社との事業交流」は七・二%で、「異業種他社との事業交流」が三・〇%、「他社との事業統合」(事業・資産の一部を他社と統合し、議決権を所有する新会社を設立)が二・五%などとなった。この間に事業再編を実施した理由 (複数回答)を尋ねると、「新たな収益源 の 獲 得...

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度 企業における女性活躍推進支援のあり方に関する実態調査報告書

...活躍推進に優れている企業を選定・発表する事業として、平成 24 年度から経済産業省と東京証券取引所の共同企画として毎年度実施されているものである。42.1.2基準検討委員会開催概要基準検討委員会は下記のとおり開催した。日時審議事項平成 26 年 8 月 19 日決定事項実施スケジュール実施手順実施手順・スコアリング基準スコアリング基準選定枠の拡大等選定枠の拡大等アンケートの実施・フィードアンケート内容(於:経済産業省) バック検討委員会における決定事項については、次節以降で詳細に記載する。2.1.3実施...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ