「兼業農家」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年2月18日経済産業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農協改革の必要性と意義

...拡大は進まなかった。主たる収入が農業である主業農家の販売シェアは、酪農で95%、野菜や畑作物では82%にもなるのに、米だけ38%と極端に低い。米価引き上げが、兼業農家の滞留、米消費の減退、米過剰による減反政策の実施などをもたらし、米農業を虫食んでいった。農家の7割が米を作っているのに、2割の生産しかしていない。いかに米が非効率な産業となってしまったかが分かるだろう。これこそが日本農業の最大の問題である。図2は、さまざまな農業の中で、米だけ農業所得の割合が著しく低く、農外所得(兼業収入)と年...

2013年10月11日秋田経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

秋田県内集落営農組織の現状と課題

...購入した機械の共同利用、③担い手が中心となって取り組む生産から販売までの共同化等、地域の実情に応じてその形態や取り組み内容は多様である。農作業に関する一定の取り決めのもと、地域ぐるみで農作業の共同化や機械の共同利用を行うことによって、経営の効率化を目指す取り組みであり、高齢化や担い手不足が進行している地域において、小規模農家や兼業農家の参加を促し、農業、農村を維持する有効な形態として全国に拡大している。また、最近では国が法人化に対するメリット措置を実施していること等から、集落営農組織の法人化も進展している。 2 本県...

「米の生産コスト4割削減」の可能性と問題点

...後は必ず所定の位置に戻す(次に使う時に探す手間が省ける)③重い農機具は軽トラックの荷台と同じ高さの台に置き、積み下ろしの労力を軽減する――といった細かい工夫を積み重ね「ムリ・ムダ・ムラ」を排しているという。また、生産コストの削減という本稿の趣旨からは外れるが、田畑輪換(水稲収穫後に野菜等を栽培)や米麦二毛作、畜産との複合経営なども経営全体の効率化という観点では有意義だろう。複合経営や二毛作は旧農業基本法(61~99年)下の選択的拡大政策や兼業農家の増加を背景に減少したが、昨今の農業情勢の変化に合わせ、その...

2014年3月14日全国農業会議所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の視点に立った新規就農の課題や支援施策のあり方調査(平成24年度)

...%40.7%13.6%10.2%100.0%1249451591309.2%37.7%34.6%11.5%6.9%100.0%44就農の動機関係1)家族など農業との関わりの有無【問4―①家族など農業との関わりがありましたか。○を1つ付けて下さい。】「実家や親戚に農業を営んでいる者はいない」が最も多く5割を占める。次いで、「祖父母や親戚が農業」、「実家が農業」と続き、農業と関わりのある者があわせて4割となっている。「その他」の回答は1割であり、内容は、夫の家が農業、夫の実家が兼業農家、夫が...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ