「内定取り消し」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2009年1月5日ネットエイジアフィードバック数:0社会/政治

「世相」に関する大学生の意識調査

...ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2008年12月26日 「世相」に関する大学生の意識調査〜「内定取り消し」が最も不安、男子大学生の4.5%〜ネットエイジアリサーチ「世相」に関する大学生の意識調査〜「内定取り消し」が最も不安、男子大学生の4.5%〜モバイルリサーチ()を展開するネットエイジア株式会社()(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、『「世相」に関...

2009年1月14日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

2009年 新成人に関する調査

...の未来「暗いと思う」82%「自分の未来」についてどう考えているか尋ねたところ、「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば、明るいと思う)」と回答した人は64%となりました。一方、「日本の未来」について尋ねたところ、「暗いと思う(暗いと思う+どちらかといえば、暗いと思う)」と回答した人は82%でした。日本の未来について「暗いと思う」理由を具体的に尋ねると、‘政治不安’や‘不況’、‘内定取り消し’のニュースによって、不安を感じているといったコメントが多く上がりました。自分の未来について(n=516)Q...

新卒採用についての調査結果です。

新卒採用に関する調査

...辞退は恐怖である】では『あてはまる』が49.5%、『あてはまらない』24.1%となりました。採用関係者は応募者の内定辞退を恐れ、他社の内定獲得状況を気にしている様子が窺えました。また、【内定取り消しは場合・状況によっては仕方が無いと思う】の項目では、『あてはまる』が58.4%、『あてはまらない』が16.0%となりました。合理的な理由のない限り無効とされる内定取り消しですが、「場合・状況によっては仕方がない」と考えている採用関係者が多数派となりました。内定辞退に関連して、複数...

最近の統計調査結果から 2014年9月

...%の増、求職者数は約18万6千人で、同1.0%の増、求人倍率は1.28倍で、同0.35ポイントの上昇となった。中学新卒者の求人倍率は0.41倍で、同0.04ポイントの上昇となった。(注)対象は、学校や公共職業安定所からの職業紹介を希望した生徒。平成25年度新卒者内定取り消し状況まとめ9月12日(金曜)厚生労働省発表本年3月に大学や高校などを卒業して4月に就職予定であった人のうち、内定取消しとなった学生・生徒数は54人(31事業所)となった(8月末現在)。入職時期の繰下げについては、該当...

2011年4月8日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年度採用人数、震災後も92%が「当初の計画通り」

...>○11 年度新卒者で内定取り消しや会社自体がなくなった被災者に対し、5月入社でも6月でもかまわないので採用を行いたい。<建設・住宅・不動産>※被災地域について厚生労働省が指定する災害救助法指定地域を含む下記の県(調査開始時点で最新の第 11報による)を、「被災地域」として集計した。青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県。(ここでは東京都を除いた)調調調回調査査査答査対時方社機《調査概要》象:全国の主要企業 14,568 社期:2011 年 3 月 29 日 ~ 4 月 4 日法:イン...

最近の統計調査結果から 2013年9月

...状況 平成25年7月末現在、平成26年3月に高校を卒業する生徒(注)について、求人数は約17万2千人で、前年同期に比べ18.1%の増加、求職者数は約18万6千人で、同3.6%の減少、求人倍率は0.93倍で、同0.18ポイントの増加となった。同じく中学新卒者の求人倍率は0.37倍で、前年同期に比べ0.10ポイントの増加となった。(注)対象は、学校や公共職業安定所からの職業紹介を希望した生徒。平成24年度新卒者内定取り消し状況まとめ 9月13日(金曜)厚生労働省発表本年3月に大学や高校などを卒業して4月に...

2010年7月6日日本生産性本部フィードバック数:5キャリアとスキル

平成22 年度新入社員(2,663 人)の「働くことの意識」調査結果

...社組については本格的にポスト氷河期に入ったと言われた。その流れを受けて、昨年は採用そのものは順調だったものの、土壇場になって世界金融危機をきっかけとする経済不安から内定取り消しが出たことが話題となった。その流れを受けて、本年入社の新入社員については採用を絞った企業が多かったため、一転して就職活動は非常に厳しいものになったようだ。それが「第一志望の会社に入れた」とする回答は昨年の 62.3%から 55.2%に減少したことに表われている。「人並み以上に働きたいか」(Q8)では「人並み以上」が平成 19 年 42.8%、20 年 38.5%、21 年 41...

2009年6月8日新生フィナンシャル★フィードバック数:0大型消費/投資

サラリーマンの小遣いについて、年を追った変化も見られます。

2009年サラリーマンの小遣い調査

...ックをきっかけに日本国内の景況感は一転しました。昨年後半以降、企業業績の悪化から大量の派遣社員の雇用打ち切りや新卒学生の内定取り消しなどが社会問題化し、2009年3月期の日本企業の業績は、大幅な赤字に転落した自動車や電機など輸出型産業を筆頭に、上場企業の3社に1社が赤字となりました。では、サラリーマンや家計にとっては、どのような1年だったでしょうか。厚生労働省の発表によると世帯収入は19年ぶりの低水準とのことで、百貨店など流通業界の業績低迷が顕著です。一方、ユニクロ、H&M、Forever21に代表されるファスト・ファ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ