「医師不足」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月11日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

医療機関の休廃業・解散動向調査

...」=企業が解散した状態(主に、商業登記等で解散を確認) 3.1、2以外で活動停止を確認したうち、倒産(任意整理、法的整理)に分類されないケース調査結果 2014年に休廃業・解散した医療機関は前年比12.7%増の347件。集計を開始した2007年以降で最多となった。 地域別では、9地域中6地域で増加。「近畿」(34件、前年比54.5%増)、北海道(36件、同38.5%増)の増加が目立つ。都市部での競合や、地方での医師不足・地域偏在で休廃業・解散件数が増加。 年代別では「70代」が最多。60代以...

2017年10月4日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

遠隔医療市場に関する調査を実施(2017年)

...600万円に成長すると予測情報通信技術(ICT)の急速な進展に伴い、現在の医療環境全般の課題となっている医師不足や医師偏在、医療費の増加、高齢化人口の増加などに対処することが可能となってきている。現下、遠隔医療においては診療報酬上の課題も指摘されるなか、2018年の診療報酬改定においてプラス改定が期待されることから、2019年度の遠隔医療市場規模は199億600万円に成長すると予測する。 ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その...

2016年12月1日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】

...抜けなかったために、症状が悪化したという同僚がいました。私自身も、何度も病院に通ったあげく、いっこうに症状が改善せず、別の病院で見てもらったら治った、なんてことが何度かあります。医師不足や地方と都市部の格差、医療費問題など、医療業界を取り巻く課題は多くありますが、まずは「患者」の負担(金銭的、身体的、精神的、時間的などあらゆる)を人工知能やロボットが少しでも和らげてくれることを個人的には期待しています。今回は、そんな「医療と人工知能・ロボット」について調査してみました。ぜひ参考にしてください。人工...

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

...65歳以上になります。同時に、人口は地方から大都市へと移っています。日本政府の2012年の見込みでは、過疎化が進む地域では2005年の289万人から2050年には114万人へと61パーセントもの大幅な人口減が発生します。これは、地方の医師不足にも影響します。2016年5月に公表された日本病院会の「地域医療再生に関するアンケート調査報告書」では、勤務医が不足していると答えた病院は日本全体で80.0パーセントであったのに対し、指定都市と中核市ではその数は72.7パーセント、郡部・町村では92.5パー...

医師と患者のコミュニケーションに関する調査

...ーム対応に困っているような意見が回答から見受けられます。医師と患者それぞれの立場や、情報量、情報の精度、文化の違いなども、伝えるメッセージを歪めてしまう要因があるようです。医師不足といわれる背景もあり、患者に時間をかけて向き合いたくても人手不足で時間が足りない。後期高齢者が今後さらに増加する社会で、患者数の増加に伴う医師の確保も一層必要になってくる状況です。より質の高い医療や、患者に寄り添った医療を目指すためには、患者の待ち時間の削減や診察時間の改善、医師不足の課題を補完できるテクノロジーの採用、活用の進んだ診療の質の向上も望まれそうです。 調査...

2013年6月14日東京商工リサーチフィードバック数:9ビジネス

2012年新設法人 10万3,074社で3年連続増

...社)、介護老人保健施設や有料老人ホーム経営などの社会福祉法人も同17.7%減(322→265社)と、そろって減少した。医師不足や介護従事者の人手不足などを背景に低迷したとみられる。(注)従来の社団法人や財団法人の設立は、主務官庁による許可が必要で、「法人格の取得」「公益性の判断」「税制上の優遇措置」が一体の制度だった。このため許可を得ること自体が難しく、また逆に公益法人として似つかわしくない営利法人が税制上の優遇措置を受けるという問題も指摘されてきた。しかし公益法人改革により、「法人格の取得」と...

医師の当直の実態に関する最新アンケート

...を集約して人を集めるべき当直の日程を早く決める当直予定を早く出して、翌日の業務を予め整理できる余裕が作れるとよい当直の日程が決まるのが遅いため、当直翌日はいつも通りの予約をこなさなければならないまとめ今回の調査から、当直や当直明けの勤務に関して問題意識を抱いている医師は多い一方で、勤務先での改善の取り組みはあまり進んでいないということが浮き彫りになったといえます。背景には、医師不足であることに加えて、「医師は特別」といった考え方もまだまだ根強く残っていることが挙げられます。しかし、これ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ