「原油在庫」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

足元の原油価格の動きとMLPの動向

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月5日足元で、原油価格の変動が大きくなっています。WTI原油先物価格は、EIA(米エネルギー情報局)が発表する週報において、米原油在庫が1982年8月の集計開始以来最高となったことが嫌気され、1月28日に1バレル=44.45米ドルと2009年3月以来の安値を付けました。その後、米国の石油掘削装置(リグ)の稼働数が3年ぶりの水準に落ち込んだとの調査レポートを受け、米原油生産の抑制観測が拡がったことから、WTI原油先物価格は2月3...

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー 2014年1月(原油)

...平成 26 年(2014 年)1 月 30 日米国の需要増加量が中国を上回った 2013 年原油価格(WTI 期近物)は 12 月中旬以降、米国の量的緩和縮小決定や地政学リスクの高まりを背景に 99 ドル近辺で推移した。しかし 1 月に入ると、米国の原油在庫増加や米中の景況指数悪化を受けて原油価格は下落傾向を辿り、13 日にはイラン核協議進展を背景に 91 ドル台に下落した。その後、①堅調な米経済指標、②国際エネルギー機関(IEA)による世界需要見通し上方修正、③米国でのパイプライン稼動による原油在庫...

石油市場についてのレポートです。

最近の石油市場の状況と今後の展望に関する一考察

...エネルギー機関(IEA)データ他を基に推定2014201320122011201020092008200720062005200420032002年200120142013201220112010200920082007200620052004200320022001200020202000年出所:DOE データを基に作成図2 (2000 ~ 2014 年)年(注)在庫日数=月末在庫量÷直後の3カ月間の1日あたり原油精製処理量出所:IEA データ他を基に推定米州 OECD 諸国の各年 8 月現在の原油在庫日数図4...

原油市場他:供給過剰感が払拭できないことから、下落続く原油価格

...在庫も増加傾向となった結果平年幅の上限付近に位置する量となっている。また、製油所での原油精製処理量の増加で原油在庫の増加は抑制されたものの、例年 12 月を中心とした時期に発生するはずの年末の課税対策に向けた湾岸地域製油所等による原油在庫水準引き下げへの行動が 2014 年については発生しなかったことから、原油在庫は増減を繰り返しつつも若干の増加となるとともに平年幅を超過したままの水準となった。② 2014 年12 月末の OECD 諸国推定石油在庫量の対前月末比での増減は、原油については、米国で微増、欧州ではほぼ同水準となった反面、日本...

コモディティ・レポート (2015年3・4月)

...て、原油供給の潤沢さが意識されている面もあり、上値が重くなっている。シェールオイルを中心とした米国の原油生産は高止まりが続き、原油在庫の削減にも時間がかかりそうだ。今後、米国の原油需給の緩和状態は緩やかに引き締まりに向かうと予想される。しかし、ドル高圧力が見込まれること、OPECが減産に慎重なこと、世界景気の拡大テンポは緩やかなことなどから原油価格の上昇ペースは緩やかになるだろう。...

足元の原油価格の動きとMLPの動向

...の構成上位20銘柄(指数時価総額の約76%を構成)の中で配当公表済み(5月1日時点)の17銘柄においては、前期と同額だった1銘柄を除き、全て増配となりました。このように、原油価格が低迷する中でも底堅い決算内容となったことも、投資家に安心感を与えたと考えられます。EIAでは、WTI原油先物価格は2016年にかけて上昇すると見ていますが、原油の供給過剰に対する警戒感は根強く、米国の原油在庫の状況やOPEC(石油輸出国機構)の生産動向、中東における地政学リスクなどの影響を受け、原油...

米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月20日米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~ 国際商品市場では、今月中旬以降に原油価格が再び軟調となっており、ニューヨークWTI原油先物価格は、足元で、およそ6年ぶりとなる1バレル=43米ドル台を付けました(終値ベース)。この背景には、米国で、エネルギー当局が2015年の米原油生産見通しを引き上げたことや、週間統計により原油在庫の増加が続いていることが確認されたほか、国際エネルギー機関が、原油...

2014年1月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年の原油見通しは上値が重い

...ントについてはイランの態度軟化を中心に徐々に値を下げる相場が予想される一方で、WTIについては、米国で中西部からメキシコ湾へのパイプライン開通に伴い、1リサーチTODAY2014 年 1 月 20 日原油在庫の余剰感が緩和する可能性があることから、価格の押し下げ圧力がブレント程は高まらないと見られ、2014年は平均で96ドル程度を想定している。同じコモディティでも、下記の図表に示されるように、銅やアルミニウムの市況が世界経済の減速に沿って徐々に値を下げてきたことを考えれば、これまでの原油価格の高止まりは、中東...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

石油統計速報 (平成23年3月~平成24年2月分)

....214,630,17414,808,301輸入kl15,510,465106.5105.314,567,21914,736,285国産kl64,538102.589.662,95572,016油kl533,553638,181602,5484,014,1563,790,030輸在23年2月入原一日当り処理量bbl3,356,050精製業者の処理kl16,588,77392.688.617,923,63618,717,541基地・油槽所の原油在庫kl3,616,977100.1123.83,613...

原油市場他:OPEC総会での原油生産上限引き下げ見送り後、石油需給緩和感増大で急落する原油価格

...ズエラでの製油所の操業停止で国外からの石油製品調達が活発化したことなどにより、米国での留出油在庫が減少する場面が見られた結果、平年幅の下限付近に位置する量となっている。また、製油所での原油精製処理量の増加に伴い、原油在庫の増加速度は緩やかになったものの、それでも平年幅を超過する水準は維持されている。② 2014 年11 月末の OECD 諸国推定石油在庫量の対前月末比での増減は、原油については、米国では同水準となったが、欧州においては、製油所での秋場のメンテナンス作業が前年程大規模でなかったうえ、米国で留出油在庫が減少したことや、ベネ...

経済・金融の動向

...旬には一時 1 ドル=121 円 85 銭と 7年 4 ヶ月ぶりの円安・ドル高水準となった。その後は株価動向や米金利政策への思惑のなかでボラタイルな展開となり、116∼119 円台で揉み合っている。原油相場(NY 市場・WTI 期近)は、北米でのシェールガス・オイル増産などで原油在庫が増加する中、11 月末に石油輸出国機構(OPEC)が石油減産を見送ったほか、国際エネルギー機関(IEA)が 15 年の石油需要見通しを引き下げたこともあって大幅に下落。12 月中旬には 1 バレル=50ドル台半ばと 5 年 7...

経済・金融の動向 2013年4月

... 円台へと回復した。キプロスをめぐる混迷で乱高下したものの、21 日には約 4 年半ぶりに 1 万 2,600 円台を回復した。外国為替市場のドル円相場は、月初の 93 円前後から中旬にかけて 96 円前後まで下落した。日銀への金融緩和期待や米景気回復期待から円を売ってドルを買う動きが強まった。その後は、キプロス問題で欧州不安が高まったことから安全資産とされる円を買う動きが強まった。原油相場原油相場(ニューヨーク原油先物・WTI 期近)は、原油在庫の過剰感などから、3 月上旬は 1バレル=90 ドル...

経済・金融の動向 2013年5月号

...=92 円台 半ばでの取引となったが、同会合後には円安が進行。その後、一時的に北朝鮮情勢への不安など から円安一服となる場面もあったが、 米金融緩和の早期解除への思惑などもあって円安傾向での 推移は続き、中旬以降は度々1 ドル=100 円に迫るなど、約 4 年ぶりの円安水準となっている。   原油相場 原油相場(ニューヨーク原油先物・WTI 期近)は、4 月初めに米国経済の回復期待の高まりか ら 1 バレル=97 ドル台後半まで上昇。しかし 4 月中旬には、原油在庫が例年に比べて高水準に ある...

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

... の縮小見通しに伴う米長期金利の上昇などを受けて円安・ドル高が進行し、12 月末には 1 ドル=105 円台前半と、5 年 3 ヶ月ぶりの水準となった。その後も概ね 104 円台での推移が続いている。原油相場(ニューヨーク原油先物・WTI 期近)は、シリアやエジプトなどの地政学的リスクが後退したことを受けて昨年秋にかけて下落したが、12 月以降は米国の景気回復期待の高まりや原油在庫の減少などから、1 バレル=100 ドル台まで上昇した。1 月上旬には米雇用統計の結果等を受けて一時 91 ドル...

経済・金融の動向

...入以降、米国経済の回復期待の高まりもあって円安・ドル高が進行している。5 月 10∼11 日の G7 財務相・中央銀行総裁会議で日銀の金融政策が容認されたことも円安・ドル高要因となり、5 月中旬には一時 1 ドル=103 円台と、約 4 年 7 ヶ月ぶりの円安水準となった。原油相場原油相場(ニューヨーク原油先物・WTI 期近)は、原油在庫が平年に比べ高水準であるものの、中東情勢が引き続きリスク要因であるほか、経済指標の堅調さを受けて米国経済の回復期待が高まったことから、5 月半ばに 1 バレル=96 ドル...

2014年12月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油相場の新たな展開~地政学・金融相場から需給相場への転換~

...的低コストで開発が可能なシェール層の新規計画もその多くが実行されなくなると予想している。( 4 ) 価格調整のオーバーシュートWTI価格が60ドル前後で推移し始めると、米国の原油市場に需給の緩みをもたらしていたシェールオイルの生産を抑制する動きが顕著となり、生産調整のスピードが加速すると見ている。ただし、原油相場が持ち直すには、そうした新規開発の停止だけでは不十分な可能性もある。米国では、シェールオイルの生産が活発化し始めた2009年から原油の在庫が積み上がり始め、特に米国の原油生産が増加基調を強めた2012年以降は原油在庫が大幅に積み上がったままの状態となっていることから(図表 14...

資源価格持ち直しも一進一退の新興・資源国市場

...安には前年比▲2.7%と 6 ヶ月連続の下落とな一服感が出てきた。米国の原油在庫が減った。また、消費者物価指数(4 月)は同少に転じたことが背景にあろう。4.9%と、3 月(同 5.3%)から鈍化した。IIF(国際金融協会)によれば、分析対鉱工業生産指数(3 月)は前年比 2.1%と象とした新興 5 ヶ国の日別非居住者資金5 ヶ月連続で上昇したが、2 月(同 4.9%)フロー(債券)は 5 月に入り流出超過とから減速した。原油安に加え、需要の弱なっており、新興...

2013年2月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

原油価格の見通し(2013年2月)

...リカ地域の地政学リスクの高まりから上昇し、1 月末には 97 ドル台と 4 ヵ月振りの高値となった。2 月に入り、石油輸出国機構(OPEC)や国際エネルギー機関(IEA)の原油需要見通し、米国の経済指標や原油在庫統計に反応しながら、原油価格は 95~97 ドル台と狭いレンジで推移している。原油先物市場における投機筋の買い越し額をみると、日銀の追加金融緩投機筋の買い越し和期待、米財政不安の後退等を受けて投資家のリスク選好姿勢が強まった額は過去最高水準ことから、昨年 12 月半ば以降増加傾向にあり、足元では過去最高水準に達している(第 2...

今月の経済・金融情勢2013年03月22日号

...為替市場のドル円相場は、月初の93円前後から中旬にかけては96円前後まで下落した。日銀への金融緩和期待や米景気回復期待から円を売ってドルを買う動きが強まった。その後は、キプロス問題で欧州不安が高まったことから安全資産とされる円を買う動きが強まった。6.原油相場(ニューヨーク原油先物・WTI期近)は、原油在庫の過剰感などから、3月上旬は1バレル=90ドル台で推移したが、中旬以降は米経済回復基調の強まりで、1バレル=93ドル台まで上昇した。その後は、キプロスを巡る欧州情勢の不透明感などが上値を抑えた。2米国経済:堅調...

今月の経済・金融情勢2014年1月23日号

...半ばから後半でのもみ合いが続いている。5.ドル円相場は、米国経済の回復期待の高まりやQE3の縮小見通しに伴う米長期金利の上昇などを受けて円安・ドル高が進行し、12月末には1ドル=105円台前半と、5年3ヶ月ぶりの水準となった。その後も概ね104円台での推移が続いている。6.原油相場(ニューヨーク原油先物・WTI期近)は、シリアやエジプトなどの地政学的リスクが後退したことを受けて昨年秋にかけて下落したが、12月以降は米国の景気回復期待の高まりや原油在庫の減少などから、1バレル=100ドル台まで上昇した。1月上...

2013年12月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年の原油価格見通し~世界経済が回復する中でも上値の重い展開~

...油生産が今後も現状程度の水準に抑えられたとしても、非OPECの原油生産がこのまま増加し続ければ、再び原油の需給バランスは緩和的な状態になる可能性が高いと考えられるのである。OPECは、いずれ減産を余儀なくされると予想されるが、それでも2014年は、原油需給が大きく逼迫する状況にならないと見られ、予想される超過需要も2012~13年に積み上がった原油在庫に比べればわずかなものになるであろう(図表 9)。むしろ、OPECによる減産の主因となっているリビアの原油生産(図表 10)が回復すれば、2014年も原油は供給超過が続く可能性すらある。そし...

今月の経済・金融情勢2013年05月23日号

...経済の回復期待の高まりもあって円安・ドル高が進行している。5月10~11日のG7財務相・中央銀行総裁会議で日銀の金融政策が容認されたことも円安・ドル高要因となり、5月中旬には一時1ドル=103円台と、約4年7ヶ月ぶりの円安水準となった。6.原油相場(ニューヨーク原油先物・WTI期近)は、原油在庫が平年に比べ高水準であるものの、中東情勢が引き続きリスク要因であるほか、経済指標の堅調さを受けて米国経済の回復期待が高まったことから、5月半ばに1バレル=96ドル台まで上昇した。2米国経済:緩やかな回復基調を継続(%)イールドスプレッドとFF...

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(全体版)

....005.005.005.002.752.02.52.52.52.252.02.252.52.52.52.53.02.11.91.11.50.61.40.30.01.00.20.4(注)上段が最新、中段は8月、下段は2013年5月時点。財政収支は現金収支ベース。(資料)豪州財務省より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(竹島9慎吾、大幸雅代)Ⅵ.オーストラリアⅦ.原油~米シェールオイル増産と OPEC の存在感~原油価格(WTI 期近物)は地政学リスクの後退や米国の原油在庫増加を受けて下落傾向を辿り、11...

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年1月(全体版)

...ストラリアⅦ.原油~米国の需要増加量が中国を上回った 2013 年~原油価格(WTI 期近物)は 12 月中旬以降、米国の量的緩和縮小決定や地政学リスクの高まりを背景に 99 ドル近辺で推移した。しかし 1 月に入ると、米国の原油在庫増加や米中の景況指数悪化を受けて原油価格は下落傾向を辿り、13 日にはイラン核協議進展を背景に 91 ドル台に下落した。その後、①堅調な米経済指標、②国際エネルギー機関(IEA)による世界需要見通し上方修正、③米国でのパイプライン稼動による原油在庫減少期待、等が...

限られるユーロ圏に吹く追い風の景気刺激効果~市場波乱の拡大につながる原油価格の反転上昇~

...では投機筋による等でこのまま経済情勢に過熱感が兆すこ原油先物のネットロングポジションが積ともあり得るが、これはインフレ懸念にみ上がっていることから、一旦は価格のもつながり、もともと反対論が根強い QE下押しの可能性が考えられる(図表 12)。については期限以前での早期縮小の思惑利上げ観測に伴う米ドル高も、原油の上が一層強まることにもなりかねない。値を抑える要因である。しかしながら、このような追い風の反転は今後の景気米シェールオイルの減産や原油在庫の減回復を阻害するばかりか、市場波乱はリ少見通しなどにより、緩やかに価格が上スクテークの一層の手控えを招き、景気昇する可能性は十分考えられる。その...

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年12月9日~) ~景気は金融政策の転換に耐えられる?~

...用統計が良好な内容だったものの、FRBがQE3縮小に加速するほどの内容でもなかったことが好感され、リスクオン的な環境の中で高金利通貨を中心に上昇が見込まれる。ドル/円相場は一段の円安余地を探る展開となろう。【商品市場】:図表は7ページ先週は、原油を中心に上昇。米国や中国の製造業景況感の強まりや、米原油在庫の減少などを材料に、WTIは大幅上昇となった。今週は、前週からの流れを引き継いで堅調な展開が見込まれる。週内には中国の主要月次指標の発表もあることから、同指標が強含んだ場合は一段高の可能性もある。本資...

今月の経済・金融情勢2013年07月23日号

...出入ともに前年割れ。中国経済は足踏み状態が続いているとの見方が広がっている。• インド:米QE3の規模縮小観測で、ルピーは対ドルで過去最安値を更新、通貨安とインフレ継続による景気悪化が懸念されたことなどから、株価は5~6月で最大8.5%の下落。IMF、アジア開発銀行は7月に13年の成長予測を下方修正した。• ロシア:消費者物価指数(6月)は前年比6.9%と、依然高止まりしており、利下げの見方もあったものの7月も政策金利を据え置いた。エジプト情勢の緊迫化や米原油在庫が減少していることなどから、資源...

Weekly金融市場 2015年6月12日号

...、鉱工業生産などの経済指標が改善したことから、やや反発した。【その他新興・資源国】米非農業部門雇用者数が予想以上に増加したことで、米利上げは年内にも実施されるとの思惑が強まり、日米欧の長期金利は上昇、米ドル高も一段と進行した。一方、米原油在庫の減少により、原油価格は上昇に転じたこともあり、資源輸出国では好感された。国別にみると、ロシアでは、原油価格が持ち直したことや、財務副大臣がインフレ先行きに対して楽観的な見方を示したことで、株・通貨ともに買われた。ブラジルでも、原油...

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

経済マンスリー:2013年7月(全体版)

...~エジプト情勢緊迫の影響をどうみるか~原油価格(WTI 期近物)は、6 月後半は 95 ドル近辺の狭いレンジで推移したが、7月に入ると、エジプトの情勢緊迫を受けた地政学リスクの高まりや米国の原油在庫減少を背景に大幅上昇し、3 日には 101.24 ドルとなった(第 1 図)。100 ドルを超えたのは 2012 年 5 月以来である。その後も上昇し、10 日以降は 106 ドル台の高値圏で推移している。エジプトでは 2011 年 2 月、反政府デモにより当時のムバラク政権が崩壊した。大統...

2014年6月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2014年6月)

...動向を反映して、緩やかながら前年比上昇率を高めつつある(図表 24(3))。先行きの雇用者所得については、経済活動や企業業績の回復につれて、持ち13直しがさらに明確になっていくと考えられる。2.物価国際商品市況は、横ばい圏内の動きとなっている(図表 26(1)(3))。原油は、米国における原油在庫の動きやウクライナ・ロシア情勢を受け、振れを伴いつつも、引き続き横ばい圏内で推移している。非鉄金属については、中国を含めた新興国経済を巡る不確実性が意識されるなかで、春頃に弱含んだあと、横ばい圏内の動きとなっている。一方...

2015年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2015年2月号

...ア情勢やギリシャ問題など不安要素が燻るなか、引き続き低調な推移が見込まれる。中国経済は金融緩和や景気対策の効果で腰折れこそ回避されるものの、過剰設備や不動産市場の調整から生産・在庫バランスが悪化しており、減速が続く見通しである。対外交易環境対外交易環境は大幅に改善している。1 月は前年比でみた円安幅が縮小したことなどから輸出物価の伸びが鈍化する一方、原油安を受け輸入物価が前年比マイナスに転じた結果、対外交易条件は前年比+10.0%(12 月同+5.3%)とプラス幅が大きく拡大した(図表 2)。原油価格は米国の原油在庫...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ