「原油在庫」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安はもう終わったのか

...は米国産原油の減産を確認できる状況を原油価格回復のサインと受け止めたようだ。下記の図表は米国の民間原油在庫の推移を示す。確かに、原油在庫の積み上がりに歯止めがかかったことは大きな転換だが、その水準は2009年から2014年の原油在庫レンジと比べて依然として大幅に高い。■図表:米国の民間原油在庫推移(100万バレル)5002014年4802015年4604404204003803603402009年~2014年の原油在庫レンジ320300123456789101112(月)(資料)米国エネルギー省よりみずほ総合研究所作成一方、原油の需要に関しては、足元...

足元の原油価格の動きとMLPの動向

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月5日足元で、原油価格の変動が大きくなっています。WTI原油先物価格は、EIA(米エネルギー情報局)が発表する週報において、米原油在庫が1982年8月の集計開始以来最高となったことが嫌気され、1月28日に1バレル=44.45米ドルと2009年3月以来の安値を付けました。その後、米国の石油掘削装置(リグ)の稼働数が3年ぶりの水準に落ち込んだとの調査レポートを受け、米原油生産の抑制観測が拡がったことから、WTI原油先物価格は2月3...

原油市場他:米国での原油生産の頭打ち、原油在庫の減少、米ドル下落などで、上昇が続く原油価格

...更新日:2015/5/18調査部:野神 隆之原油市場他:米国での原油生産の頭打ち、原油在庫の減少、米ドル下落などで、上昇が続く原油価格(IEA、OPEC、米国 DOE/EIA 他)① 米国では、製油所での春場のメンテナンス作業が概ね完了したことにより、原油精製処理量が回復した状態を維持した一方で、先物市場における直近の受渡月の原油価格が将来の受渡月のそれを下回る度合いが相対的に軽微になってきたこともあり、5 月に入り原油在庫は減少し始めているが、それ...

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年12月(原油)

...平成 25 年(2013 年)12 月 27 日米シェールオイル増産と OPEC の存在感原油価格(WTI 期近物)は地政学リスクの後退や米国の原油在庫増加を受けて下落傾向を辿り、11 月末には 92 ドル台と約半年振りの安値となった。しかし 12 月に入ると、米国でのパイプライン稼動による原油在庫減少期待や米 11 月分雇用統計の改善を受けて、原油価格は上昇に転じた。12 月中旬以降は、①来年 1 月からの米国の量的緩和縮小決定を受けて米景気の楽観的な見方が広がったこと、②南ス...

原油市場他:供給過剰感が払拭できないことから、下落続く原油価格

...在庫も増加傾向となった結果平年幅の上限付近に位置する量となっている。また、製油所での原油精製処理量の増加で原油在庫の増加は抑制されたものの、例年 12 月を中心とした時期に発生するはずの年末の課税対策に向けた湾岸地域製油所等による原油在庫水準引き下げへの行動が 2014 年については発生しなかったことから、原油在庫は増減を繰り返しつつも若干の増加となるとともに平年幅を超過したままの水準となった。② 2014 年12 月末の OECD 諸国推定石油在庫量の対前月末比での増減は、原油については、米国で微増、欧州ではほぼ同水準となった反面、日本...

原油市場他:地政学的リスク要因と米国原油在庫減少が上方圧力を、中東産油国の高水準の原油生産と米ドル上昇が下方圧力を加える、原油価格

...更新日:2015/6/14調査部:野神 隆之原油市場他:地政学的リスク要因と米国原油在庫減少が上方圧力を、中東産油国の高水準の原油生産と米ドル上昇が下方圧力を加える、原油価格(IEA、OPEC、米国 DOE/EIA 他)① 米国では、製油所での春場のメンテナンス作業が概ね完了したことにより、原油精製処理量が回復した一方で、先物市場における直近の受渡月の原油価格が将来の受渡月のそれを下回る度合いが軽微になってきたこともあり、原油在庫は継続的に減少したが、それ...

コモディティ・レポート (2015年3・4月)

...て、原油供給の潤沢さが意識されている面もあり、上値が重くなっている。シェールオイルを中心とした米国の原油生産は高止まりが続き、原油在庫の削減にも時間がかかりそうだ。今後、米国の原油需給の緩和状態は緩やかに引き締まりに向かうと予想される。しかし、ドル高圧力が見込まれること、OPECが減産に慎重なこと、世界景気の拡大テンポは緩やかなことなどから原油価格の上昇ペースは緩やかになるだろう。...

足元の原油価格の動きとMLPの動向

...の構成上位20銘柄(指数時価総額の約76%を構成)の中で配当公表済み(5月1日時点)の17銘柄においては、前期と同額だった1銘柄を除き、全て増配となりました。このように、原油価格が低迷する中でも底堅い決算内容となったことも、投資家に安心感を与えたと考えられます。EIAでは、WTI原油先物価格は2016年にかけて上昇すると見ていますが、原油の供給過剰に対する警戒感は根強く、米国の原油在庫の状況やOPEC(石油輸出国機構)の生産動向、中東における地政学リスクなどの影響を受け、原油...

2014年1月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年の原油見通しは上値が重い

...ントについてはイランの態度軟化を中心に徐々に値を下げる相場が予想される一方で、WTIについては、米国で中西部からメキシコ湾へのパイプライン開通に伴い、1リサーチTODAY2014 年 1 月 20 日原油在庫の余剰感が緩和する可能性があることから、価格の押し下げ圧力がブレント程は高まらないと見られ、2014年は平均で96ドル程度を想定している。同じコモディティでも、下記の図表に示されるように、銅やアルミニウムの市況が世界経済の減速に沿って徐々に値を下げてきたことを考えれば、これまでの原油価格の高止まりは、中東...

米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月20日米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~ 国際商品市場では、今月中旬以降に原油価格が再び軟調となっており、ニューヨークWTI原油先物価格は、足元で、およそ6年ぶりとなる1バレル=43米ドル台を付けました(終値ベース)。この背景には、米国で、エネルギー当局が2015年の米原油生産見通しを引き上げたことや、週間統計により原油在庫の増加が続いていることが確認されたほか、国際エネルギー機関が、原油...

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー 2014年2月(原油)

...平成 26 年(2014 年)2 月 28 日~非 OPEC の生産拡大を背景に、原油価格は横這い圏内で推移~1.価格動向原油価格(WTI 期近物)は 12 月中旬以降、米国の量的緩和縮小決定や足元は 100 ドル台地政学リスクの高まりを背景に 99 ドル近辺の高値で推移した。しかし、1の高値圏月上~中旬は米国の原油在庫増加や米中の経済指標悪化、イラン核協議進展を受けて下落傾向をたどり、91 ドル台と約 8 ヵ月振りの安値をつけた(第 1 図)。1 月下旬には、米国...

2015年5月24日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2015年6月号 No.38

...で金融緩和が進展するきっかけとなったが、足元で原油価格は持ち直しつつある(図表 16)。そして、原油価格の底打ちがユーロ圏のインフレ率改善をもたらしたことにより、世界的な金融緩和継続への期待は一旦後退した。また、これまでの原油価格の下落によって、経済・財政の悪化が懸念される資源国に向けられた警戒感は、このところ若干和らいでいる(図表 17)。図表 16 原油価格と米国原油在庫(ドル/バレル)(100万バレル)12010080図表 17 ルーブル/ドル、レアル/ドルレート600230500210400(対ドル、2013年1月1日=100...

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(全体版)

....005.005.005.002.752.02.52.52.52.252.02.252.52.52.52.53.02.11.91.11.50.61.40.30.01.00.20.4(注)上段が最新、中段は8月、下段は2013年5月時点。財政収支は現金収支ベース。(資料)豪州財務省より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(竹島9慎吾、大幸雅代)Ⅵ.オーストラリアⅦ.原油~米シェールオイル増産と OPEC の存在感~原油価格(WTI 期近物)は地政学リスクの後退や米国の原油在庫増加を受けて下落傾向を辿り、11...

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年12月9日~) ~景気は金融政策の転換に耐えられる?~

...用統計が良好な内容だったものの、FRBがQE3縮小に加速するほどの内容でもなかったことが好感され、リスクオン的な環境の中で高金利通貨を中心に上昇が見込まれる。ドル/円相場は一段の円安余地を探る展開となろう。【商品市場】:図表は7ページ先週は、原油を中心に上昇。米国や中国の製造業景況感の強まりや、米原油在庫の減少などを材料に、WTIは大幅上昇となった。今週は、前週からの流れを引き継いで堅調な展開が見込まれる。週内には中国の主要月次指標の発表もあることから、同指標が強含んだ場合は一段高の可能性もある。本資...

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年2月25日~) ~TPP、FRB議会証言は株にとってプラスも、見えない財政の崖

...市況はほぼ全面安となった。原油は、米国の原油在庫が増加していることも売り材料となった。今週は、米欧中銀総裁のコメントや、中国を含めた経済指標が注目材料となるが、週末に財政の崖期限を控えていることもあり、停滞状態が続こう。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一...

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年11月4日~) ~ISMが強かっただけに、雇用統計まで動きにくいか~

...統計発表前のドルの動きを重くする要因になると考えられる。一方、ユーロはECB理事会後の総裁記者会見で、利下げの可能性を探ることになり、神経質な展開となろう。【商品市場】:図表は7ページ先週は、全般的に軟調な推移となった。なかでも原油は米原油在庫の増加を背景に下落基調が続いた。このほか、FOMC声明文の内容などから、FRBの緩和縮小のタイミングはそれほど遅れないとの見方が強まっていることも、逆風となった。今週は、週末に米雇用統計、および中国の主要経済指標発表が控えており、全体としては方向感に欠ける展開が続こう。本資...

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年7月8日~) ~業績相場移行への足掛かりができた~

...が改めて景気の回復に連れた金利の上昇を容認するようなことを言わない限り、対ドルを中心に各国通貨に対して減価すると見込まれる。【商品市場】:図表は7ページ先週は、まちまち。原油は、エジプトのクーデターが中東懸念に繋がったほか、米原油在庫の急減、米経済指標の改善などが、いずれも押し上げ要因となって大幅高。一方、非鉄金属などはドル高や中国経済を含めた新興国に対する懸念を背景に軟調な推移となった。今週は、エジプト情勢を背景に、原油は堅調な展開が見込まれる。景気回復による需要拡大期待が高まっているWTIも、上昇傾向が続こう。一方で、新興国の景気持ち直しの兆候が出るまでは、非鉄...

2014年6月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2014年6月)

...動向を反映して、緩やかながら前年比上昇率を高めつつある(図表 24(3))。先行きの雇用者所得については、経済活動や企業業績の回復につれて、持ち13直しがさらに明確になっていくと考えられる。2.物価国際商品市況は、横ばい圏内の動きとなっている(図表 26(1)(3))。原油は、米国における原油在庫の動きやウクライナ・ロシア情勢を受け、振れを伴いつつも、引き続き横ばい圏内で推移している。非鉄金属については、中国を含めた新興国経済を巡る不確実性が意識されるなかで、春頃に弱含んだあと、横ばい圏内の動きとなっている。一方...

JOGMEC国際セミナー-原油市場の動きを踏まえた世界の石油・天然ガス開発情勢を左右する3極の動向-

... 0 1 6 年以2降はこれが供給の伸びに影響を与えるだろうという見方1をする向きがある。そのため、油価が上昇した。0 もちろん、この見方にはリスクがある。現在、原油在庫が多く積み上がっていると述べたが、ここ数カ月で積-1み増しが非常に多かったこと、米国の製油所の定期修理が春先にかけてピークを付け、そのため製油所で必要と出所:World Bank、IMF図1 世界...

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

経済マンスリー:2013年7月(全体版)

...~エジプト情勢緊迫の影響をどうみるか~原油価格(WTI 期近物)は、6 月後半は 95 ドル近辺の狭いレンジで推移したが、7月に入ると、エジプトの情勢緊迫を受けた地政学リスクの高まりや米国の原油在庫減少を背景に大幅上昇し、3 日には 101.24 ドルとなった(第 1 図)。100 ドルを超えたのは 2012 年 5 月以来である。その後も上昇し、10 日以降は 106 ドル台の高値圏で推移している。エジプトでは 2011 年 2 月、反政府デモにより当時のムバラク政権が崩壊した。大統...

2015年5月25日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2015年5月)

...的な需給緩和を背景に大幅な下落を続けたあと、年明け以降は揉み合う展開となっていたが、足もとでは、米国における原油掘削設備の稼働数減少や原油在庫の増加ペースの鈍化、中東における地政学リスクなどが上昇要因として意識されるもとで、小幅に上昇している。非鉄金属は、中国を含む新興国の成長ペースの鈍化などが意識され、弱含んできたが、中国の追加金融緩和の影響もあって、銅を中心にこのところ幾分反発している。この間、穀物は、昨年末にかけて上昇していたが、その後は米国における豊作観測もあってやや弱含んでいる。12輸入物価(円ベース)を3か月前比でみると、国際...

2014年5月23日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2014年5月)

...てみればなお小幅のマイナスとなっている(図表21(3))。一方、所定外給与の前年比は、労働時間の動きを受けて、はっきりとしたプラスで推移しているほか、特別給与も前年比で増加を続けている。雇用者所得は、以上のような雇用・賃金動向を反映して、このところ前年比プラスが続くなど、緩やかに持ち直している(図表 22(3))。先行きの雇用者所得については、経済活動や企業業績の回復につれて、持ち直しがさらに明確になっていくと考えられる。2.物価国際商品市況は、横ばい圏内の動きとなっている(図表 24(1)(3))。原油は、米国における原油在庫...

2015年6月26日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し(1次改訂)

...長期金利は、海外金利の上昇に伴いボラタイルな推移。為替は、円安が進行、株価は上昇。原油価格は小幅に上昇。TIBOR 等短期金利は低位安定。長期金利は、海外金利の上昇を受け、上昇する場面がみられた。米国で年内の利上げ観測の高まりなどから円安が進行。世界的な金融緩和や企業業績の改善を受けて、株価は 20,000 円台まで上昇。米国での原油在庫量の減少などから、小幅に上昇。(万人)(%)[図A-5]米国 個人消費(月次:~15/5)401020500シンガポール80(%)ドイツ(右目盛)6013/1[図...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ