「味覚教育」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年1月30日明治フィードバック数:0ライフスタイル

日本とフランスでスイーツの代表・チョコレートの嗜好調査

...の含有量が多いミルクチョコレートを日本とフランス両国の成人男女122名を対象に、味覚に関する意識調査を実施いたしました。■専門家コメント 内坂 芳美(うちさか よしみ)氏フランスの味覚教育(ルソン・ドゥ・グゥ)は1990年に始まったのですが、そのなかで《子供達の嫌いな味=苦い》を受け入れるために《苦み》をチョコレートで体験させています。苦いものにもおいしいものがある、という発見で苦い味も好きになれるように導いています。フランスの場合、チョコレートは小さい頃からビターチョコレートで慣れているのでおいしく感じるのでしょう。たと...

2015年11月23日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

日本人は和食を食べているか、伝えているか

...文化を構成する核となる要素とその周辺要素」は4つ。島国日本の気候風土に根差した「食材」、素材の味わいを活かす調味料や道具の「調味」、一汁三菜の献立、箸づかいやふるまい、美しい盛り付けなどの「食べ方」、そして行事や地域・家族と密接にかかわる「日本の伝統」がそれです。そもそもユネスコ無形文化遺産に認定された、ということは、これらの要素が「放っておいたらなくなる」と危惧されているのと同じ。今後の伝承においては「子ども」というワードがポイントになりそうです。というのも、その国の料理、味を伝承するためには幼いころからの味覚教育...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 

お知らせ