「国内民需」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年2月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.0%~国内民需の増加・加速に支えられ、景気は回復基調を持続~

...平成 26 年(2014 年)2 月 17 日NO.2014-12013 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率は前期比年率+1.0%~国内民需の増加・加速に支えられ、景気は回復基調を持続~【要旨】— 2013 年 10-12 月期の実質 GDP(1 次速報値)は前期比年率+1.0%と、伸び率は前期(同+1.1%)に比べて小幅に低下したが、4 四半期連続のプラス成長となった。輸出はやや伸び悩んでいるものの、個人消費や設備投資など国内民需の着実な増加・加速に支えられ、日本...

2015・2016年度経済見通し(15年5月)

....4%)、住宅投資(同1.8%)、設備投資(同0.4%)がいずれも増加し、国内民需中心の成長となったが、2014年度前半の大幅な落ち込みを考えれば持ち直しのペースは依然として緩慢にとどまっている。海外経済減速に伴う輸出の下振れリスクはあるものの、原油安の恩恵を受けた国内景気の回復基調は2015年度入り後も継続する可能性が高い。2014年度の実質GDP成長率は▲1.0%と5年ぶりのマイナス成長となったが、2015年度は1.7%、2016年度は1.9%と2年続けて2%近い高成長になると予想する。原油...

第162回短期経済予測(2015年4-6月期~2017年1-3月期)

...成長率に対してはマイナス寄与となった。以上、国内民需が牽引する形での景気回復が確認されており、「雇用・所得の改善や世界経済の緩やかな拡大が日本経済を支える」との従来のシナリオは実現可能性が高まったといえる。久しぶりにネガティブサプライズが無かった。とはいえ、1-3月期の高めの実質成長率は在庫投資によって大きく嵩上げされており、額面どおりに受け止める訳にはいかない。在庫の積み上がりは、4-6月期の反動の発生につながる可能性がある。日本経済は、引き続き加速感に乏しいというのが実勢だろう。SA162では、15年度、16年度の成長率予測を+1...

2013年12月9日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2013-6】2013~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、政策主導から徐々に自律回復へ

....22.32.52.42.5▲ 4.52.63.84.11.41.6国内民需(寄与度)(  1.5)(  2.8)(  3.5)(▲ 7.4)(  2.1)(  1.6)(  1.6)(  1.0)(  1.9)(▲ 3.6)(  1.0)(  1.1)(  1.5)(▲ 0.2)(  0.8)官公需(寄与度)(  1.4)(  0.5)(  0.3)(  0.2)(  0.3)(  0.2)(  0.2)(▲ 0.3)(▲ 1.4)(▲ 0.5)(▲ 0.1)(  0.3)(  1.0)(  0...

2015年6月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2015-2】2015~2016年度改訂見通し-在庫調整が当面重石も、自律拡大の強まりとともに景気は緩やかに回復

...公共投資▲ 5.92.71.3▲ 0.80.00.0▲ 0.5▲ 1.0▲ 1.22.00.0▲ 0.4(  0.0)(  0.0)(  0.0)公的在庫(寄与度)(  0.0)(  0.0)(  0.0)(  0.0)(  0.0)(  0.0)(  0.0)(  0.0)輸出9.93.94.85.14.33.32.82.82.88.06.6輸入12.22.44.25.65.35.26.06.08.93.75.7国内民需(寄与度)(  4.8)(  0.5)(  1.0)(  1.9)(  2...

2014年3月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2013-8】2013~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、徐々に政策主導から自律回復へ

...)(  0.0)(▲ 0.0)(  0.0)(  0.0)輸出1.74.14.65.55.95.14.13.93.63.6▲ 1.23.44.1輸入14.70.5▲ 7.63.22.32.52.42.5▲ 4.52.63.75.31.4国内民需(寄与度)(  2.0)(  3.7)(▲ 7.5)(  2.2)(  1.6)(  1.6)官公需(寄与度)純輸出(寄与度)(  1.0)(  1.9)(  0.8)(  0.3)(  0.2)(  0.3)(  0.2)(▲ 2.1)(  0.6)(  2.3...

2013年11月15日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2013-5】2013~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、徐々に政策主導から自律回復へ

...消費 公共投資 公的在庫 輸出 輸入 国内民需 官公需 純輸出(寄与度) (寄与度) (寄与度) (寄与度) (寄与度)1.9 0.4 11.3 0.7(  1.4)3.5 3.6 8.4 4.2(▲ 0.2)4.4 6.1 ▲ 15.5 4.8(▲ 0.3)▲ 5.3 ▲ 12.5 ▲ 22.6 3.9(  0.3)2.8 2.7 ▲ 11.5 4.9(  0.0)2.3 0.9 1.0 5.7(  0.1)2.2 0.8 4.8 5.9(  0.1)0.9 0.8 5.6 4.2(▲ 0.2)0.6...

2015年2月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-7】2014~2016年度改訂見通し-自律拡大の強まりと原油安や政策効果で景気は底堅さを増す展開

...GDP 個人消費 住宅投資 設備投資 在庫投資 政府消費 公共投資 公的在庫 輸出 輸入 国内民需 官公需 純輸出(寄与度) (寄与度) (寄与度) (寄与度) (寄与度)2.2 1.1 ▲ 4.8 0.4(  0.7)2.4 1.4 3.8 3.9(  0.0)1.8 1.3 3.7 4.1(  0.0)1.8 1.3 4.2 4.4(  0.0)1.7 1.2 4.0 4.5(  0.0)1.7 1.2 3.9 4.6(  0.0)1.3 0.8 2.0 2.3(  0.2)1.2 0.8 2...

2014年8月25日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本総研のレポートです。

人手不足下で期待されるロボット投資-設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与

...No.2014-012 2014年8月22日http://www.jri.co.jp人手不足下で期待されるロボット投資~ 設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与 ~(1)わが国のマニピュレータ・ロボットの出荷金額をみると、足許で、輸出が急回復しているとともに、 国内出荷も持ち直しの兆し(図表1)。 (2)国内出荷持ち直しの背景の一つは、景気回復に伴う設備投資環境の改善。産業用ロボットの出荷は景 気変動に鋭敏に反応。部品・関連装置を含む産業用ロボットの国内民需...

2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2013-1】2013年1~3月期GDP統計予測

...府などを基に日本総研作成(注1)家計部門=民間最終消費支出+民間住宅(注2)企業部門=民間企業設備+民間在庫品増加(注3)官公需=政府最終消費支出+公的固定資本形成+公的在庫品    増加(注4)外需=輸出-輸入着手完了(69.4)(資料)内閣府(注)進捗状況について、「実施」は独立行政法人などが民間企業と契約   した状況、「着手完了」は国から独立行政法人などへ補助金を交付   したものの、実施までには至らない状況を指す。(図表3)緊急経済対策の景気押し上げ効果(試算)(%ポイント)実質GDP(2013年度)国内民需...

2013年9月9日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2013-4】2013~2014年度改訂見通し-2013年度は政策効果で高成長が持続も、2014年度は反動減でほぼゼロ成長に

...)物価はプラス基調が定着すると見込まれるものの、デフレマインドが根強く残存するなか、緩   やかなペースでの上昇が続く見通し。日銀は、物価上昇率が想定シナリオよりも下振れている   ことが明らかになれば、マネーや株価に働きかける追加緩和策を講じる見込み。(図表1)わが国経済・物価見通し1~32013年4~67~9(実績)個人消費住宅投資設備投資在庫投資政府消費公共投資公的在庫輸出輸入国内民需官公需純輸出(寄与度)3.82.23.47.7▲ 0.13.0▲ 1.05.10.929.12.1(寄与...

2015年6月21日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「2015年度の経済と貨物輸送の見通し」(改訂)

...の実質経済成長率は0.8%増と、14年度の0.9%減からプラス成長に転換した。国内民需に景気のけん引役が期待されたが、世界経済の先行き不透明感が増すなかで、個人消費は微減、設備投資も小幅な伸びにとどまった。16年度については、前回予測値を0.2ポイント下方修正し、0.7%増と見込んだ。17年4月に予定されていた消費増税が2年半延期されたことから、主に16年度下期に発生を想定していた駆け込み需要の消失などに伴い、若干の下方修正となっている。設備投資には比較的堅調な伸びを見込んだが、個人...

2013年12月23日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度の経済と貨物輸送の見通し

...の実質経済成長率は0.8%増と、14年度の0.9%減からプラス成長に転換した。国内民需に景気のけん引役が期待されたが、世界経済の先行き不透明感が増すなかで、個人消費は微減、設備投資も小幅な伸びにとどまった。16年度については、前回予測値を0.2ポイント下方修正し、0.7%増と見込んだ。17年4月に予定されていた消費増税が2年半延期されたことから、主に16年度下期に発生を想定していた駆け込み需要の消失などに伴い、若干の下方修正となっている。設備投資には比較的堅調な伸びを見込んだが、個人...

2014年7月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【2014~2015年度 関西経済の見通し】底堅さのなかにも供給制約の懸念

...、%)2015(予測)3.92.13.01.05.26.27.46.13.85.6実質GDP個人消費住宅投資設備投資在庫投資政府消費公共投資公的在庫輸出輸入国内民需官公需純輸出名目GDP1.51.3(0.0)▲ 1.23.7(1.1)(0.4)(▲ 0.8)▲ 0.22013(実績)2.32.69.52.6(▲ 0.5)1.815.1(0.0)4.77.0(1.7)(1.1)(▲ 0.5)1.92014(予測)0.9▲ 0.4▲ 4.16.1(▲ 0.2)0.61.2(0.0)6.95.9(0.5)(0.4...

2014年12月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2014年12月(全体版)

...加幅を拡大した。公共投資は、消費増税後の国内民需のもたつきを一部補う役目を果たしたといえる。公共投資は高水準この先の公共投資は、昨年度補正予算や今年度当初予算の執行を下支えを維持しつつも、ピークアウトへに、水準としては高い状態を維持するとみられる。ただし、上記補正予算の規模は、公共投資拡大局面を支えた 2012 年度補正予算と比べて小さく、先行指標となる公共工事の請負金額と受注額も足元で減少に転じている。こうしたことから、公共投資は早晩ピークアウトする公算が大きい。(4)物価原油価格の下落を消費者物価は、生鮮...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ