「国有企業改革」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

低下するベトナムの成長力

...ナムの潜在成長率の低下の大きな要因になっているのではないかと考えられる。IMF・世界銀行では常々ベトナム政府に国有企業改革を促してはいるものの、改革は遅々として進まない。アベノミクスでは、第一、第二の矢である金融・財政政策よりも、第三の矢である「民間投資を喚起する成長戦略」こそが重要であると言われているが、ベトナムにおいても国有企業改革などの構造改革こそが今後の成長への重要な鍵である。(※1)中華人民共和国国家統計局、「2014年1季度GDP(国内生产总值)初步核算情况」、2014年4月17日。(※2)日本の2013年10~12月期の実質GDP成長率は前年同期比2.6...

2015年6月21日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス海外

WTO加盟が中国企業の輸出に与える非対称な影響

...によって最恵国待遇を受けられるようになり、中国の輸出企業は海外市場への参入が容易になった。また、WTO加盟に際し、中国政府は国有企業改革など、市場の規制緩和を義務付けられた。WTOへの加盟は2000年代の中国の輸出企業に顕著な影響をもたらしたと考えられる。WTO加盟が中国の生産性向上にもたらした影響に関する研究は多数みられる。たとえばBrandt et al. 2012は、WTO加盟後、中国経済の生産性は向上したが、その大部分は政府の分権化改革による新規参入企業と撤退企業の影響であると指摘している。また、Yu and Jin 2014は中...

2014年11月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年11月号:不動産開発投資に底入れの兆し

...層と低所得層の消費は高い伸びを維持。高所得層の利用が少ない中小小売業の好調さを受けて、小売売上高の総額は同12.0%増と2ケタの伸びを維持。この背景には安定的な雇用・所得環境が指摘可能。求人倍率は1倍以上を保ち、平均賃金は年率10%程度の伸びが持続。今後、高所得層の消費は一段と鈍化する見通し。住宅価格の下落が続くなか、セカンドハウス所有者の資産は目減り。加えて、国有企業改革が期待所得を引き下げ。中央政府は国有企業改革の一環として、国有企業幹部の年俸に上限を設けることを検討。高所得者層の消費者マインドが大幅に悪化し、外資...

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会 ~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~

...の生産者物価は落ち着いた推移が続いており、過剰設備を背景とする在庫調整なども物価を下押しする一因になっているが、設備投資の拡大が続くことはこうした状況の長期化を招く可能性もある。また、アジ(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成アに同国産品が流出することで同国発の価格下落圧力が広がる恐れもあり、先行きの動きには一段の注意が必要である。現在開催中の三中全会(共産党第 18 期中央委員会第三回全体会議)では、経済改革として国有企業改革が討議されているが、既得権益による障壁の大きさを勘案すれば、民営...

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

全人代終了、今年の中国経済の方向性を占う ~雇用など成長率の質を重視も、異質性が際立つ対応は不透明要因になろう~

...意味では、中国経済の成熟化に加えて、経済成長の質的変化による労働市場の変化が不可欠になるが、共産党及び政府は依然として低所得者向けの住宅建設など従来型の公共事業を中心とした雇用機会の創出に依存している傾向が強い。李首相は記者会見において「財政政策と金融政策を活用する余地には限界がある」との考えを示しており、従来型の景気刺激策の限界を認識している姿勢はうかがえるものの、課題となる国有企業改革などでは短期的に雇用機会の喪失に繋がるリスクも懸念されるため、こうした改革の「大なた」を振...

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の中国経済を展望する

...が予想される中期的課題の克服中期的な課題、リスクも考えておく必要がある。第一は政治的リスクだ。三中全会の決定では「市場機能に決定的役割を与える」とされたが、他方で「公有制を主体とする基本的経済制度を堅持」するともしており、政権内での改革に対する温度差、意見の不一致が垣間見える中、特に国有企業改革や金利を含む金融自由化の面でどこまで改革が貫徹されるかどうかは、既得権益との関係で不透明だ。三中全会で李首相の存在が見えなかった点も気にかかる材料だ。第二は、格差の拡大に伴う社会不安要因の増大だ。中国のある専門家の推計では、2011年の‘灰色...

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年11月) ~「三中全会」からみえる中国の課題と今後の行方~

...性を保つことが重要としており、大胆な国有企業改革が難しいことがうかがえる。さらに、同国の社会問題と表裏一体の関係にある戸籍問題についても、農村部では規制を撤廃する方針を掲げる一方、大都市の人口については厳格に管理するとされており、同国の農村と都市を巡る問題が容易に解決出来ない実状もうかがえる。一方、同国経済が直面する喫緊の課題として、近年は生産年齢人口の減少が挙げられてきたが、今回の決定ではいわゆる「一人っ子政策」の緩和が決定されたほか、定年年齢の引き上げによる労働者数の維持を目指す方針も示された。また、国民...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ