「土地所有」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年11月26日国土交通省★★フィードバック数:0社会/政治

平成26年空家実態調査

...有者、管理者、土地所有者等(以下、「所有者等」という。)を対象とした。 ■ 調査の方法・時期調査対象となった戸建て空き家等について、登記簿謄本により所有者等を特定したうえで、平成26年11月~平成27年2月にかけて、郵送により調査票を配布して実施した。○調査対象数:11,163○有効回答数: 3,316(回答率:29.7%) ■ 調査の沿革本調査は、昭和55年よりほぼ5年ごとに、調査方法の見直しを図りつつ実施している。平成26年調査は8回目にあたる。※統計表は政府統計の総合窓口(e-stat)に掲...

2014年11月2日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

法人の土地、建物の所有についての調査です。

平成25年法人土地・建物基本調査(速報集計)

...査結果によれば、全法人の土地所有面積の64.3%、建物所有面積の50.8%を占めていること等から、法人が所有する土地・建物全体の動向について、一定の傾向が分析・評価できるものとし、速報公表の対象とした。  国土交通省ホームページ 土地総合情報ライブラリー内平成25年法人土地・建物基本調査(速報集計)お問い合わせ先国土交通省土地・建設産業局 参事官付 専門調査官遠藤 TEL:03-5253-8111 (内線30-243) 直通 03-5253-8376 FAX:03-5253-1577 国土交通省土地・建設...

2014年7月1日JETROフィードバック数:0ライフスタイル海外

「中国農業の経済分析-『農業産業化』による構造転換」研究会調査研究報告書

...題について、中国農村に関する土地制度の実態からその課題と今後の研究の方向性について考察した。中国の「小農排除」に関する本稿の暫定的な結論として、途上国における土地所有の格差を前提とした「小農排除」という分析視点は、行政村(あるいは村民小組)内での均等な土地配分を原則とする中国農村の実態に必ずしも即したものではなく、土地面積に関する地域間の格差との錯誤の危険性があると指摘できる。その一方で、家族構成の変化や土地賃貸市場の発達とともに地域内でも土地経営面積の格差が徐々に進行し、大規...

2012年4月16日国土交通省フィードバック数:10社会/政治

農地・森林の不在村所有者に対する調査結果

...農地・森林の不在村所有者に対する調査結果について 平成24年4月13日 次世代により良い状態で国土を引き継ぐこと(持続可能な国土管理)の実現に向けた取組を進めるうえで、所有者の分からない土地の存在は大きな問題※1です。この度、居住地とは異なる市町村に農地・森林を所有している方(不在村所有者)を対象としたインターネットアンケート調査※2を実施し、特に、相続時に登記や届け出等の手続きを何も行っておらず、農地・森林の所在地からみると、所在の把握が難しい土地所有者(相続時未手続所有者)の実...

賃貸経営を行う駐車場所有者を対象とした カーシェアリングに対する意識調査

...賃貸経営を行う駐車場所有者を対象としたカーシェアリングに対す...| 賃貸経営を行う駐車場所有者を対象とした カーシェアリングに対する意識調査~賃貸経営をしている土地所有者には、まだ意識が低い結果~株式会社アルティメット総研(所在地:東京都新宿区、代表取締役:大友 健右)は、運営するオーナーが自ら入居者を募集する賃貸情報サイト『ウチコミ!』のオーナー会員における、カーシェアリングに対する意識調査のアンケートを行い、結果を発表いたします。グラフ1 所有...

2015年6月16日日本銀行フィードバック数:0大型消費/投資

新設住宅着工統計の見方等について

.../31日までの着工分)。グリーンのシャドーは、「復興支援・住宅ポイント」制度の申請期間(11/10/21日~12/10/31日までの着工分)。オレンジのシャドーは、「省エネ住宅ポイント」制度の適用期間(14/12/27日~16/3/31日までの着工分)。2 相続税増税対策を企図した貸家の受注が増加しているほか、相続税に関するセミナーも大盛況であり、貸家の受注は、少なくとも年内は継続するのではないかと期待している。 富裕層や土地所有者など比較的余裕のある層を中心に持家の受注が増加している。一部...

2014年9月19日東京財団フィードバック数:0社会/政治

土地の所有者不明化の実態把握に向けて

...ロジェクトが繰り返し指摘してきたように、土地所有者不明化の問題は、不動産登記制度上の課題をはじめ、地籍調査の遅れ、売買届出制度(国土利用計画法)の不徹底など、現行の土地制度に起因するものがほとんどである。しかし、所有者不明地の扱いは財産権や所有権にも関わる問題であるため、たとえ問題の存在が認識されても、不利益の規模や深刻度が定量的かつ明確に把握されなければ、国も容易には対応に踏み出せない。東日本大震災の被災地では、所有者不明・相続未処理の土地が多数存在することで移転用地の取得が難航し深刻な問題になっているが、被災...

2016年12月23日zuuonline★★フィードバック数:0ビジネス

2016年倒産企業ランキング ワースト10 件数少なめ、1位はあの大企業の子会社

...の売上高をあげていたが、以降はゴルフ人口の減少や市況低迷の影響を受け、2015年3月期の売上高は3億7996万円にまで落ち込んでいた。預託金約54億円を含めた負債総額は、債権者2094人に対して約166億8700万円。2位 公益財団法人山梨県林業公社 山梨県出資の三セク 261億円山梨県の全額出資により設立された第三セクターの公益財団法人山梨県林業公社は7月15日、甲府地裁に民事再生法の適用を申請した。同公社は、個人では森林整備が困難な土地所有者に代わって人工林の造成や整備を行うほか、山村...

2013年8月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済を見る戦略キーワード(6) 地方政府と財政

...政府が様々な微調整を行う現象のひとつというわけだ。中央が様々な抑制策を打ち出しても、地方政府に底気(遂行する確固とした信念)がない。土地財政の延命を望む地方政府の毒瘾(麻薬中毒)とまで評する論者もいる。土地財政盛宴は、いずれは終わりを告げるとしても、いかなる道筋を辿ることになるのかがより重要となる。土地財政からの脱却には、土地所有権や土地経営管理機能の問題、税体系全体の改革が絡んでおり、畢其功于一役(ひとつの行動で一気に解決すること、かつて孫文が、民主革命と社会主義革命は異なる性質の革命プロセスで、一挙...

2015年6月21日JETROフィードバック数:0社会/政治

途上国日本の開発課題と対応:経済史と開発研究の融合

...改良事業に関わる研究史の検討から「日本の経験」を整理・紹介することを課題とする。まずマクロ的にみて、日本の土地改良事業は持続的に展開していったことが統計的に確認できる。続いて事例研究として、(1)明治期の土地所有者による事業実施、(2)戦間期以降の国家による事業への政策的補助と大規模土地改良事業の実施における問題点、(3)水利権売買慣行が存在した地域、などの点について整理・検討した。特に大規模土地改良事業の実施については、事業の担い手や費用負担といった点で不明な点が多く、「日本の経験」のさらなる検証が求められることを指摘した。そこ...

住宅セクターに不安残るも賃貸、投資市場は堅調を維持-不動産クォータリー・レビュー2014年第3四半期

...上昇が進む一方、着工や販売、取引などが低迷している。依然、消費税率引上げ前の駆け込み需要に対する反動減が続き、建築コストの上昇も重荷になっている。9月の新設住宅着工戸数は、7ヶ月連続で前年比マイナスとなった[図表1]。貸家に限っては、相続税の課税対象拡大を受けた土地所有者の節税需要が強く、前年比プラスが続いていたが、建築コスト上昇の影響により、7月以降前年比マイナスに転じた。9月の首都圏の分譲マンション新規販売戸数も3,336戸と前年比▲44%の大幅減少となった。価格...

ニッケル需給、2014年にタイト化、長期的に供給不足へ

...-Sparborth) ・ 後進国での中流階級の拡大と都市化の進展による消費パターンの変更により、今後ステンレス粗鋼需要が拡大することは明らかである。世界のステンレス粗鋼生産量は2013 年の3,770万tから年4.4%増加し、2018 年には4,680万tまで増加すると見ている。 ・ ニッケル供給サイドでは、インドネシアの鉱石禁輸によりフィリピンがラテライト鉱石供給国としての代替先となり、また世界最大のニッケル鉱石生産国となるが、低品位鉱石であること、また環境問題や土地所有者問題、政治汚職等のネックがある。さら...

2015年3月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ミャンマー_ミャンマー知的財産庁設立支援調査

... Direction 13 of the Inspector General of Registration)は、商標の所有者宣言を行うことで、農業灌漑省土地記録局の権利・保証登録官室において商標を登録することを認めている。登録法は、元来、土地所有権に関する登録を行うことを主な目的とする法律であるが、同法第 18 条では、選択的に登録できる文書が定められており、上記登録命令第 13 号により商標も登録法第 18 条(f)のもとで登録できるとされている。もっとも、商標登録は、必須のものではなく、また、商標...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ