「地域医療再生」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年7月5日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度総合調査研究(地域医療再生等健康関連分野における各種制度に関する調査研究)報告書

...平成24年度総合調査研究「地域医療再生等健康関連分野における各種制度に関する調査研究」最終報告書2013年3月15日株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部〒100-0005東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル目次1.調査の概要2.調査の結果Copyright(C) 2013 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved.1目次1.調査の概要1.1.背景・目的・内容1.2.本調...

2013年9月20日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【税・社会保障改革シリーズ No.14】社会保障制度改革国民会議報告書のポイントと評価

...り込まれており、本年末に予定される来年度診療報酬改定、および、来年通常国会への提出が計画されている医療法改正など財政支援の詳細が決められていく過程のなかで、ばら撒きに変質する危険を持っている。本来、消費税を負担する国民の側に立つならば、「柔軟に」ではなく「厳格に」と書き込まれて然るべきであろう。実際、基金方式の先例である地域医療再生基金に対しては、ばら撒きになったとの指摘もなされている(キヤノングローバル戦略研究所[2011])。地域医療再生基金とは、各地域における医療の課題の解決、例えば、医師...

2015年6月21日神奈川県フィードバック数:0ライフスタイル

産科医療及び分娩に関する調査

...産科医療及び分娩に関する調査結果について分娩取扱い施設数は減少・産科医師数も減少し、依然不足 産科など特定の診療科の医師確保が喫緊の課題となっており、県では、地域医療再生基金や医療介護総合確保基金を活用し、医師確保に向けた取組を進めています。 地域の産科医療及び分娩をめぐる状況を把握するため、平成18年度より標記調査(実態調査及びアンケート調査)を実施しており、このたび、平成27年度の結果を取りまとめましたので公表します。1 概要主な内容は次のとおりです。(1)分娩取扱い施設数病院が3施設...

地域医療連携システムの市場規模予測

...トワーク数は、2013年度には135(推定)、2020年度には223と予測。 金額ベースでは、2013年度約76億円(推定)、2020年度には約180億円市場に成長すると予測。 2013 年の地域医療連携システム市場は75.8 億円。厚生労働省の「地域医療再生基金」等、国の助成金を資源に、2011 年から全国に地域医療連携ネットワークが急増した。本基金の交付完了にともない、2015 年をピークにネットワーク構築意欲はやや衰えるものの、消費税増税を財源とした新たな基金「医療・介護...

医療分野におけるクラウドサービスの市場規模予測

...、2014 年比で約5 倍に拡大すると予測した。 クラウド型地域医療連携システム2014年度で地域医療再生基金の交付は一旦終了するが、補助金の交付自体は継続する見通しである。医療連携ニーズの高まりと中小病院・診療所の医療IT 化の流れもあり、市場は堅調に伸長すると予測される。中核病院数、普及率、平均システム価格から算出したクラウド型地域医療連携システムの市場規模は、2024 年時点で約200 億円、2014 年比で約5 倍に拡大すると予測した。 クラ...

2020年の地域医療連携システムの市場規模予測

...導入費とリプレース費用が5割、運用費が5割の構成地域医療連携ネットワークは、2000 年頃より構築が始まった。その後、厚生労働省が2009 年度より「地域医療再生基金」を設置し、2012 年度にかけ5 次にわたり財源を投入したことから、2011 年頃から急増した。しかし、再生基金の交付完了にともない2014年をピークに新設ネットワーク数は減少傾向にある。一方で、各ネットワークに参加する施設数は堅調に伸びている。この流れを受けて、地域医療連携システムの市場規模は、2015 年度約89 億円と推定した。2016 年6 月に...

2012年3月16日総務省フィードバック数:1社会/政治

平成24年版「地方財政の状況」の概要(平成22年度決算)

...国直轄事業負担金その他の経費歳出合計- 9 -(目的別)(1) 総務費は、定額給付金事業の終了等により、前年度と比べて7,186億円減(6.7%減)の9兆9,998億円となった。(2) 民生費は、子ども手当の創設や生活保護費の増加等により、前年度と比べて1兆5,485億円増(7.8%増)の21兆3,163億円となった。なお、災害救助費は、前年度と比べて245億円増(236.4%増)の348億円となった。(3) 衛生費は、地域医療再生臨時特例基金への積立の減少等により、前年度と比べて1,591億円減(2,7%減)の5兆8,124億円...

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

...65歳以上になります。同時に、人口は地方から大都市へと移っています。日本政府の2012年の見込みでは、過疎化が進む地域では2005年の289万人から2050年には114万人へと61パーセントもの大幅な人口減が発生します。これは、地方の医師不足にも影響します。2016年5月に公表された日本病院会の「地域医療再生に関するアンケート調査報告書」では、勤務医が不足していると答えた病院は日本全体で80.0パーセントであったのに対し、指定都市と中核市ではその数は72.7パーセント、郡部・町村では92.5パー...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ