「売上高成長率」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

売上高がソニーより大きい企業さえ,出現済み

...「EMS/ODM企業抜きではもはや,まともな売り上げを立てられない――」(日系電子部品商社)。ODMやEMS,そして中国語で「代工(だいごん)」と呼ばれる,設計・製造の受託企業の存在感が電機業界で増している。象徴は,台湾Hon Hai Precision Industry Co., Ltd.(鴻海,通称Foxconn)の売上高である。2005年度にシャープのそれを上回った後,2007年度にはソニーのエレクトロニクス部門(映画や金融などを除く)の売上高さえも超えた(図1)。 代工の売上高成長率...

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年日本テクノロジー Fast 50」発表

...テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年日本テクノロジー Fast 50」発表1位は売上高成長率6,048%の株式会社エアークローゼット/売上高成長率1,000%以上の企業の受賞が増加し、全体の10%を占める 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年 日本テクノロジー Fast 50」を本...

2016年10月10日転職×天職フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製薬会社「5年成長率」ランキング

...利益の成長率を独自に集計し、ランキングにまとめました。新製品の成長で業績を伸ばした企業、パテント・クリフの影響から抜け出せずにいる企業、使用促進策を追い風に急成長する後発品企業と、明暗の分かれるランキングとなっています。併せて集計した営業利益率の増減ランキングからは、全体として収益性が低下する業界の状況も改めて浮き彫りとなりました。【売上高成長率】後発品企業が上位独占 新薬トップは参天集計対象としたのは、東証1部に上場し、医療用医薬品を中心に事業展開している製薬企業。各社の決算資料をもとに2015年度(16年3月期)と10...

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」

...テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表1位は売上高成長率1,252%の株式会社ココナラ 売上高50億円以上の企業の受賞が増加し、全体の約4割  有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」を本日発表します。 2017年10月18日 有限...

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表

...テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」 発表1位は売上高成長率1,252%の株式会社ココナラ 売上高50億円以上の企業の受賞が増加し、全体の約4割  有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」を本日発表します。 2017年10月18日 有限...

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

驚愕!「社員が高齢化した」500社ランキング

...分の多い順に並べた。ランキングは平均年齢の増加分と直近の平均年齢だけでなく、売上高成長率、従業員数増減率、直近の従業員数も併記した。10年以上前から上場し、従業員の平均年齢を継続して公表している約2600社が集計の対象だ。ただ、この10年で本社の中枢を担う社員しかいないケースが多い純粋持ち株会社に移行した会社、逆に純粋持ち株会社から事業会社に移行した会社などは、原則として除いた。高齢化著しい上位企業で売り上げ増は少数派従業員の平均年齢が上昇するカラクリはさまざまながら、高齢化が著しい上位企業のうち、売上...

デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500

...テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表500社の平均売上高成長率は前年から27ポイント増の600%で引き続き上昇 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2017年12月11日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表しました。 500社の平均売上高成長率...

テクノロジー企業成長率ランキング 第14回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」

...テクノロジー企業成長率ランキング 第14回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」発表受賞企業の6割が100%以上の売上高成長率、成長率平均は323% 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第14回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を本日発表した。 ・受賞企業の6割が100...

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」

...テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表平均売上高成長率は前年を158%ポイント上回る573%で2008年以来の最高水準 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2016年12月1日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした直近3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表した。 平均売上高成長率...

2014年10月27日日経BPフィードバック数:0ビジネス

変革企業71社を全公開 大手コンサルが指摘する日本企業の厳しい現実

...の事業セグメント構成変化が30%以上かどうか、または1996~2013年度のM&A累積買収金額が時価総額の30%以上かどうかで判断。好業績かどうかは、1990~2013年度の年率売上高成長率及び年率利益成長率がともに上場企業の平均を上回るかどうか、または、一方が平均を下回った場合、それが同じセグメント内の企業の平均を上回っているかどうかで、判断した (出所:ベイン・アンド・カンパニー・ジャパンの資料を基に本誌作成) 「やはり、こんなに多いのか」――。 9月中旬、お願いしていた調査結果の報告をベイン・アンド・カンパニー・ジャ...

2018年11月6日フィードフォースフィードバック数:0マーケティング

データフィード管理は「ツール利用」が88%!フィードフォースの「dfplus.io」、データフィード利用状況を調査

...下の割合が48.8%と半数に迫る水準となりました。(図表3)セルフサーブ型フィード管理ツール dfplus.io は1年で3倍以上に成長、継続率は98% セルフサーブ型のフィード管理ツール dfplus.io では、売上高成長率が314%(前年同月比)を達成、サービス利用継続率は98.0%を記録し、多くの企業で継続的にご利用いただけるまでに成長を遂げました。 (図表4)今後もdfplus.io では「フィード初心者にもやさしいツール」を目指し、便利な機能の追加および利便性の向上に努め、デー...

2014年2月23日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化-

...会提出予定の派遣法改正案では派遣元で無期雇用の場合は派遣先での期間制限が撤廃される見込みであり、派遣元での雇用契約の無期化を促進するという意味で、派遣労働者の雇用安定化が図られることが期待される。表1:推計結果のまとめ 注1)派遣比率の変化(2007年度から2009年度)以外の変数は、すべて2006年度の値。注2)表中のヴォラティリティーは売上高成長率の2002年度から2006年度にかけての標準偏差を示す。注3)有意水準1%、5%、10%で有意な結果を、それぞれ***、**、*で表している。 独立行政法人経済産業研究所(法人番号 6010005005426)当サイト内の署名記事は、執筆...

テクノロジー企業成長率ランキングです。

デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500

...場企業が大半を占める傾向は今回も続いた。2014 年のテクノロジー企業成長率ランキング「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」の上位 10 社全500社のランキングは、www.deloitte.com/fast500asiapacific(英語)をご覧ください。<2014年 デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500を受賞した日本企業45社> 日本企業は15位にランクインしたHEROZ株式会社(売上高成長率1,969%)を筆頭に、20位に株式会社アイアンドシー・クルーズ(1,621%)、32位に...

イノベーションマネジメント実態調査2016

...ベーションマネジメント調査結果のサマリー】1. イノベーションマネジメントの取組みを進める上位企業が存在するものの、改革の余地はまだ大きい回答企業の約1/4が総合スコア平均で標準(2.0)以上となり、取組み上位企業と認識できる日本企業は大きく5つの取組みパターンに分けられる。トップの掛け声が効く取組みが先行して組織・制度の仕組みが伴わない「掛け声先行型」と、取組み方針が見えにくい「場当たり型」が合わせて7割強を占める2. 取組み上位企業の成長性は、上場企業平均を大きく超過取組み上位企業の売上高成長率平均(CAGR10.1%)は上...

役員報酬サーベイ(2016年度版)

...%)」「当期利益(27%)」となっている。また「売上高成長率(9%)」や「売上高営業利益率(13%)」を使用する企業もあった。利益関連指標では「ROE(24%)」「ROA(9%)」「フリーキャッシュフロー(11%)」となっており、利益関連指標は昨年よりも採用率が高くなっている(図4)。なお、欧米で一般的に使用されるEPS(1株当たり利益)やTSR(株主総利回り)を使用している企業は存在しなかった。*4:「明文化された役員評価制度の有無」で「あり」を選択した52社のうち、「全社業績の報酬への反映の有無」で...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ