「外国債券」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年5月28日内閣府フィードバック数:2社会/政治

投資信託を経由した市場への資金フローについて

...への資金流入状況を国際収支統計を通してみてみると、3月には外国債券を中心に合計4,440億円の買い越しとなっている(図3)。為替相場が昨年秋以降、急速に円安方向に推移するなかで、投資家の間に先行きの円安期待が形成されたことなどを背景に、外国株式・債券への資金流入は、日本株に対してよりも大きなものとなっているが、2009年から2010年にかけての水準と比較するとそれ程高いものではない。このように、投資信託の残高は足元で増加しているが、株価上昇・円安進行を背景とした評価益要因が大部分を占めており、投資信託を経由した日本株式、外国債券、外国...

ネット証券の評価ランキングです。

2012年インターネット証券ランキング 2012/07/30

...も、積極投資派、海外分散投資派1位、コスト重視派6位とすべてのカテゴリーでランキングに入った。豊富な品揃え、信用取引口座の開設で無料で利用できる取引ツール、入出金サービス、Web上の取引画面・口座管理画面の使いやすさなど全体のサービスレベルが高くかつ手数料も安いという総合力の高さで1位となった。住信SBIネット銀行との提携により入金手続なしで売買代金に充当できるサービスや外国株や外国債券の取り扱いなど特徴的なサービスも評価できる。 楽天証券も全カテゴリーでランキングに入り総合でも2位となった。すべ...

通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性

...通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性 | ニッセイ基礎研究所 通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性 金融研究部 准主任研究員 福本 勇樹日本の金利市場において金利低下が進んでいることから、本邦投資家が利回り確保のために外国債券へのアロケーションを増やすといった外貨投資に関する話題を聞くことが多くなっている。一方で、海外投資家による日本国債の保有残高がここ数年増加傾向にある。本邦...

2012年2月28日内閣府フィードバック数:5社会/政治

所得収支の動向

...などの利息収入である「債券利子」と、株式配当金、投資信託分配金、投資信託運用会社の運用益(外国株式配当金および外国債券利息など)である「配当金」で構成され、「債券利子」が「証券投資収益」の約7割(2011年速報)を占めている(図表6-1)。リーマンショック以降、世界的な長期金利(利回り)低下を反映して「債券利子」は減少が続いているものの、2011年は、「配当金」が増加したことにより「証券投資収益」が増加した(図表6-2)。「配当金」の増加要因について整理すると、企業業績の回復により株式配当金が増加したことや、相対...

2013年6月12日東京商工リサーチフィードバック数:7社会/政治

銀行116行の国債残高 162兆円

...えて長期国債から短期保有の国債を増やす動きもあり、株式や外国債券への資金シフトを進めている。今回の調査結果でも、この動きを裏付けた。銀行の中小企業向け貸出しは低迷しているが、国債を中心とした有価証券の運用は拡大している。なかでも、銀行の膨大な国債保有残高は、銀行貸出しの「リスク回避」姿勢の反映とみることができる。今年3月末に「中小企業金融円滑化法」が終了したが、企業の成長支援には銀行貸出しが欠かせない。こうした状況で、資金運用が低利回りの国債に流入にしていることは心もとない。国債金利が上昇傾向をみせているが、アベ...

2012年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:9ビジネス

銀行117行 2012年3月期単独決算ベース預証率調査 ~国債保有は前年同期より2割増の166兆円~

...(同4.5%)、「社債」が同1.6%減の29兆7,618億3,700万円(同10.7%)、「株式」が同3.0%減の18兆4,379億9,200万円(同6.6%)、「その他証券」(外国債券など)が同13.4%増の50兆4,163億2,800万円(同18.1%)となり、「国債」が有価証券運用の約6割を占めた。2012年3月期の国債保有 160兆円を上回る  これまで「国債」は、2006年3月期が92兆9,748億6,300万円、2007年3月期が82兆455億7,300万円(前年同期比11.7%減...

2011年10月21日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

外貨投資についての調査結果です。

外貨建て金融商品に関する調査

...、「外貨建てMMF」(20.5%)、「外国債券」(16.0%)、「外債ファンド」(14.3%)と続いた。興味があっても高いリスクを払ってまで外貨投資をする人は少ないことがうかがえる。■購入窓口は「ネット証券」「銀行の店頭窓口」「ネット専用銀行」がトップ3外貨投資経験者にこれまで購入した金融商品の購入方法について聞いた(複数選択)ところ、トップは「ネット証券」で37.0%、「銀行の店頭窓口」が2位(28.3%)、「ネット専用銀行」が3位(26.0%)という結果となった。イン...

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

通貨スワップ市場がもたらす外貨投資インセンティブの非対称性-外貨を保有する投資家にとって円建て資産への投資が魅力的な理由

...任研究員 福本 勇樹日本の金利市場において金利低下が進んでいることから、「本邦投資家が利回り確保のために外国債券へのアロケーションを増やす」といった外貨投資に関する話題を聞くことが多くなっている。一方で、海外投資家による日本国債の保有残高がここ数年増加傾向にある[図表1]。本邦投資家が利回り確保の観点で円建て資産への投資に対して悲観的になっている中で、海外投資家は日本国債に対してどのようなインセンティブを感じ、その保有額を増加させているのであろうか。本稿では、ここ数年の通貨スワップ市場の環境から、外貨...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ