「大手小売」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

オムニチャネル導入で顧客満足度と購入頻度が向上

...オムニチャネル導入で顧客満足度と購入頻度が向上~良品計画など大手小売企業24社が回答、ポイント・顧客データの共通化が課題に~報道関係者各位2014年7月15日株式会社 EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 武下真典、以下 )は、実店舗とネットショッピングなど複数の販売チャネルを組み合わせるオムニチャネルへの取り組みの実態について、良品計画を含む大手小売企業24社を対象とした調査を実施しました。 その結果、38%にあたる9社が...

食品の品質表示や安全についての調査です。

食品の品質情報に関する消費者意識調査

...結果、JAS(日本農林規格)、トクホ(特定保健用食品)、大手小売りのロゴマークはよく知られているものの、都道府県が行う認証制度や国際的認証制度のロゴマークの認知度は低いことがわかりました。認証制度の普及には、統一的なマークの採用と積極的な周知活動が必要です。食生活の自己評価自分の食生活について、否定的な評価が6割、肯定的な評価が4割。60代では肯定的な評価が多い。…参照:食生活の自己評価自炊志向は75.6%と多く、野菜志向、新鮮志向、地元食材志向も6割を超える一方、有機栽培食品志向は3割未...

2016年1月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

小売業のビッグデータ活用に関する調査結果 2015

...2016年01月27日 小売業のビッグデータ活用に関する調査結果2015 ~課題とは認識しつつも、遅れている小売業のビッグデータへの取り組み~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の小売業者のITやビッグデータに関する取り組み状況について調査を実施した。1.調査期間:2015年11月~12月2.調査対象:国内の大手小売業者3.調査方法:電話によるヒアリング調査<小売業のビッグデータ活用に関する調査とは>日本国内の売上高上位の小売業者(百貨店、スーパーマーケット、専門店、生協...

2014年4月15日JETRO★フィードバック数:0ライフスタイル

市場調査です。

日本産農林水産物・食品輸出に向けたコーシャ調査報告書

...ラなどの食品大手はコーシャ認証を取得しており、コストコなど大手小売の自社ブランド製品でコーシャ認証を取得した製品が並ぶなど、一般消費者にとっても身近なものとなっている。 「健康・安心・安全」を求めるコーシャ食品の購買層と、海外で「ヘルシー」である点が評価されている日本食、日本食品の購買層は親和性が高いと考えられ、日本食品の海外進出を考えた場合ひとつのヒントとなりうる。 本報告書では、コーシャ市場とコーシャ認証、主な海外のコーシャ市場としてイスラエル、米国のコーシャ認証とコーシャ市場についてまとめた。 イスラエル市場、米国...

2015年8月16日価格.com★フィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカード利用状況調査 -気になる!みんなのカード事情-

...の小売店とのコラボカードも多いことから回答が多く集まったと考えられます。その他、「楽天カード」(8.6%)や「ワイジェイカード」(4.5%)といった、インターネットでの買い物がお得になるカードや、大手小売店で割引サービスや電子マネー機能等が利用できる「イオン銀行」(6.3%)も上位にランクインしました。【図2 保有しているクレジットカードの発行会社】※JCBやアメリカンエキスプレス等、自社カード発行を行う国際ブランドについては、発行企業としての回答と国際ブランドとしての回答が混ざっている可能性があるため、必ずしも厳密な数値ではないことをご了承ください。...

米国年末商戦の評価-好調な米国個人消費に変調はみられるのか

...来の伸びとなるなど、好調を維持していることから、過度に悲観的にみる必要はないとみられる。また、14年は、大手小売チェーンが年末商戦の開始時期を11月上旬に早めるなど、通常の年末商戦に比べて購買パターンが変化した可能性があり、11月と12月の季節調整で、12月の落ち込みが強調された可能性には注意したい。労働市場の改善が継続する中、ガソリン価格の下落もあり、消費に影響を与える消費者センチメントはミシガン大学消費者センチメント指数が11年ぶりの高さとなっているほか、消費者の購買意欲は非常に強いことから、好調...

2017年1月26日TUNE★フィードバック数:0マーケティング

2017年モバイルマーケティング業界のトレンド予測

...認できるテクノロジーが必要とされるでしょう。4. 大手小売企業がモバイル事業で躍進モバイルは単なるチャネルの一つから、必要不可欠なチャネルになりました。そのような状況の中、ウェブで培った優れたマーケティング戦略を持ち合わせる大手小売企業やフォーチュン500企業がモバイル事業に注力しています。「モバイルファースト」の時代を経験したこれらの企業は、モバイルのもつ最高のソリューションとオプションを提供することを意味する「モバイルベスト」の実現に取り組んでいます。彼らは、長きに渡るウェブマーケティングの知見と巨大なマーケティング予算を、ユー...

2016年8月24日東京商工リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

「靴業界動向」調査

...業はインターネット通販の台頭で取引ルートが細り、製造業も価格競争や海外の生産コスト上昇などで苦戦が続いている。今回の調査では、好調の大手小売業と苦境の卸売業、製造業という対立構図が鮮明となった。本調査は東京商工リサーチが保有する国内最大級の企業データベース(309万社)から、主業種が「革製履物製造業」、「革製履物用材料・同付属品製造業」、「ゴム製履物・同付属品製造業」、「プラスチック製履物・同付属品製造業」を製造業、「靴・履物卸売業」を卸売業、「靴・履物小売業」を小売業とし、業績が3期連続で比較可能な686社を抽出、分析した。 売上高、利益...

消費者心理調査(CSI)12月調査

...った。10月比で[増える]はほぼ横ばい、[減る]は微増で、12月は[減少]見通しのみがわずかに強まりをみせ、不安の高まりがうかがわれる。物価の先行き見通しでは、[上昇]見通しの人は50.3%、[変わらない]は30.5%、[下がる]人は5.8%となった。10月と比べて、[上昇]見通しは大きく減少し、[変わらない]がかなり増加、また [下落] も小幅ながら1年ぶりに増加に転じている。10月調査以降、大手小売業者の値下げの動きなどもあり、緩やかな減少基調にあった物価[下落]見通しが、12月は...

2013年5月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年5月号

...11010020251090「悪い」超800▲ 1020▲ 20▲ 30▲ 402008物価2013年1~2月一定規模以上の企業14(年/期)主要月次統計(前年比)輸出実質小売売上高(CPIで実質化)固定資産投資(年初累計、右目盛)消費主要月次統計(前年比)企業規模別の小売売上高(前年比)<一定規模以上企業の小売売上高>実質GDP成長率(前年比)9主因は公費倹約令。2012年末に中央政府は公費の倹約を政府関係者に要求したため、公費による飲食や贈呈品の購入を禁止する動きが拡大。政府消費の増勢鈍化を受けて、大手小売...

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

アルゼンチン経済・金融概況(2013年3月)

...・雇用2012物価・雇用(%)物価:政府は、大手小売業に対し値上げを自粛するよう12説得しており、消費者物価上昇率は1月の前年比+11.1%から2月は同+10.8%と小幅低下。2月は実勢のインフレ10率も低下した模様。雇用:第3四半期の失業率は7.6%に悪化していたが、景8気がやや持ち直したことで第4四半期は6.9%に改善。国際収支貿易収支:政府の厳しい輸入規制により、貿易収支は小幅の黒字が続いているが、9月以降6ヵ月連続で10億ドルを下回っている。輸出不振の一因は、為替の下落を見越して、輸出...

2014年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金は上がり始めたか、企業行動に転換の兆し

...労働組合総連合会「春季生活闘争回答集計結果について」よりみずほ総合研究所作成最近のマスコミ報道をみると、派遣労働者の時給の上昇、パートの時給引き上げ等、労働市場の逼迫による賃金引上げに関する報道も増加している。また大手小売チェーンが万人単位で従業員を正社員化させるとの報道もある。こうした動きは、企業にとって人件費を変動費から固定費化させることであり、これも従来のリストラモードからの大きな転換を意味する。これまでの企業の財務行動は、資産デフレが続くなか、「持たない経営」が基本で、資産を圧縮し、負債...

2015年4月23日パルディアフィードバック数:0マーケティング

2014年度店頭広告キャンペーン実施形態調査 ~キャンペーンの形態別比率/メーカー×キャンペーン実施形態ランキング~

...を対象とした調査結果(画像1 参照)ではキャンペーンの総件数は8,849 件であり、 2013 年度の総件数9,686 件から約91%に減少しました。 キャンペーン数減少の内訳としては、流通タイアップキャンペーン・流通実施キャンペーンの減少傾向が顕著にみられました。<キャンペーン数減少の背景> ・大手小売りチェーンによる経営統合・合併が進み、GMS・DGS・流通実施キャンペーンで減少傾向にあること。 ・プライベートブランドの台頭により、食品...

2016年4月1日DHLフィードバック数:0社会/政治

ロボットに関する動向調査報告書

...べています。近い将来、世界中の物流施設でロボットが当たり前の存在になる 本動向調査報告書では、見る、動く、周囲の状況に反応するといった機能を備え、人間とともに精密作業を担うことのできる次世代ロボットの開発が急速に進んでいる背景には人手を要するEコマースの急拡大や労働人口の減少および高齢化に起因すると指摘しています。昨今、他国では政府や個人投資家、大手小売企業の投資によって新たな研究開発の波が出現しており、物流現場を支えるロボットの開発に大きな影響を与えています。米国、中国、ロシア、日本に加え、欧州...

2013年12月26日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:初めて揃う政策不透明感緩和と賃金上昇

..., 2013<FOCUS>初めて揃う政策不透明感緩和と賃金上昇 年末商戦の走りは全体としては概ね平年並みとなっている一方、業種別にはバラツキが大きくなっている。オンライン販売が好調に推移し全体を牽引する反面、値引き競争が激化するなかデパートを含む総合用品店の苦戦が目立つ。他方、園芸・家具などの住宅関連売上が過去数年を上回る伸びを示している点は明るい動きである。 年末商戦における販売価格の下落は今年は特に顕著である。大手小売を調査対象とし、オンライン専業を含まない国際ショッピングセンター評議会(ICSC...

2014年12月21日三井住友銀行フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人の消費需要取り込みが期待される小売業界

...外国人からのニーズが高い宝飾品や化粧品を取り扱う百貨店では、免税カウンターの拡充やスタッフ増員に努めています。この結果、訪日外国人向け売上高が増加し、これにより内需減少をカバーしている事例もみられます。また、②チェーン展開する大手小売業者では、将来の一段の需要拡大を見越して、都市部や観光地の店舗で幅広く、免税店の許可を申請する動きがあるほか、③外国人誘致と海外出店を合わせて強化することによって現地での知名度向上による相乗効果を狙う企業も出てきています。もっとも、今後は店舗間での集客競争が激化することも想定されるなかで、小図表2 免税店の分類と免税対象<免税...

2015年6月17日GMOインターネット★フィードバック数:0ライフスタイル

日中比較です。

ネットスーパーに関する利用実態調査

...の社会進出に伴ってライフスタイルが多様化していることを背景に、仕事や家事、子育ての合間にインターネット上で商品を注文し、希望時間に自宅まで届けてもらえるネットスーパーの利用が進んでいます。日本国内では大手小売業が次々とネットスーパー市場に参入し、中国においても日本を含む世界各国のスーパーマーケットが進出するなど、今後も市場拡大が予想されます。 そこでGMOリサーチは、日中両国におけるネットスーパーの利用実態を把握するべく、日中の女性モニターを対象にインターネットでのアンケートを実施いたしました。 ※本調査におけるネットスーパーとは、スー...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度消費者行政推進調査等委託費(消費者の生活向上に資する新たな流通の在り方に関する調査研究)

...て確立できれば、新たな市場獲得の機会が拡大すると期待される。②日本及び欧米4カ国の消費財流通業の現状に関する調査日本の消費財流業は、事業構造としては、欧米の大手小売と比較して、主要な取引先を卸売業とするメーカー・卸・小売の三層の流構造となっていることと、小売業のビジネスプロセスとして、品揃えや物流機能などを取引先(卸、メーカー)に依存している部分が多いという特徴を持つ。このような環境下で、日本のスーパーは、「EDLP 追求型」(仕入原価とオペレーションコストを抑える)、「付加価値追求型」(品揃...

2014年7月23日流通経済研究所フィードバック数:0ビジネス

消費増税がプライスラインへ与える影響

...業の戦略としてオムニチャネル戦略が重要であるといわれているが、それを推進する物流システムの構築こそが重要なテーマであると考える。 2.セブン&アイHDのオムニチャネル戦略オムニチャネルは、全米小売業協会の「Mobile Retailing Blueprint 2.0」(2011年1月)の発表を受けて広く知られるようになり、Macy's社やWalgreens社、Walmart社など米国大手小売業の取組が先行している。わが国でも、セブン&アイHDが2013年度下期から具体的な取組を始めている。セブン&アイHDのいうオムニチャネルとは、「リア...

2016年1月12日東京商工リサーチフィードバック数:0マーケティング

「玩具卸売業」業績動向調査

...占め、従来の小売店は市場の2割を占めるにとどまっている。特に、インターネット通販の台頭で、地方を中心に体力の脆弱な小売店などは倒産や廃業の動きが進んでいる。こうした玩具小売店の減少は、玩具二次問屋や三次問屋の経営を直撃するだけに、今後は中小・零細規模の玩具卸業者の淘汰が進む可能性もある。流通業界を巻き込んだ大手小売店の玩具市場の寡占化が進む一方、インターネットによる無店舗販売も市場を拡大している。これまでの市場環境が大きく変化する中で、いかに消費者ニーズを先取りした商品を開発できるか、卸業...

2009年9月30日富士通フィードバック数:0マーケティング

インターネットショッピング2009

....2%から17.0%に増加し、「できるだけ」との合計は前回の63.1%から今回64.1%となった。 ポイントサービスに対する意識:前回との比較 ネットスーパー利用経験者はまだ1割未満。30代、専業主婦が多い大手小売業のネットスーパーの取り組みが本格化し、ネットスーパーの利用者が増えはじめた。この調査でも、この1年のPCネットショッピングで「一般食品」を購入した回答者の率が継続的に増加している。そこでネットスーパーの利用状況について調べたところ、同居の家族を含む世帯単位でネットスーパーを「この1年に...

2015年5月29日日本政策投資銀行★フィードバック数:0ライフスタイル

畜産業界についてのレポートです。

畜産業界調査報告書 ~「畜産王国」南九州の成長戦略II~

...ビス面での差別化(こだわり)を重視する企業への2極化が進んでいる。2極化する食品業界業界業界動向• 百貨店・スーパー・コンビニエンスストアでの食料品販売額は横ばいもしくは減少傾向。オーバーストアが常態化しており、大手小売による低価格競争が激化している。小売• その中で食品スーパー・高級スーパーでは競合と品質・サービス面での差別化を図る企業が増えてきており、やや高価格でも良いものを求める消費者を呼び込んでいる。• ナショナルブランド(NB)だけでなく、プライベートブランド(PB)の製造に力を入れる企業が増加。一般...

2014年11月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年11月号:不動産開発投資に底入れの兆し

.../月)(資料)商務部(株)日本総合研究所 中国経済展望 2014年11月-2-安定的な雇用・所得情勢が持続個人消費は総じて堅調に拡大。実質小売売上高は横ばいで推移。もっとも、高所得層と中低所得層で二極化の動き。高所得層は倹約令と住宅価格の下落を背景に、消費を抑制。百貨店や高級レストランを含む大手小売業の売上高は、1~9月に前年同期比9.5%増と低い伸び。概説小売売上高(前年比)(%)18輸出入消費投資物価小売売上高(年初累計、前年比)名目ベース(%)16全体実質ベース大手16141412一方、中間...

2017年1月12日GMOインターネット★フィードバック数:0マーケティング

日本・中国「ポイントサービスに関する実態調査」

...300億円に達すると予測されるなど、今後もさらなる拡大が期待されています(*2)。一方、中国においても、大手小売チェーンを展開する百聯集団が早くからポイントサービスを導入し、売上・利益の向上で効果が表れるなど、中国国民の生活に浸透しつつあります。また、2015年4月に「無印良品」が中国店舗向けポイントプログラムアプリの提供を開始したことを皮切りに、2016年11月にローソンが中国店舗向けポイントサービスの導入を発表するなど、日本の小売業によるアプリを活用した店舗への集客戦略として、中国...

2013年7月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年7月号

...日に倹約令を含む「八項目の規定」を発表し、党改革の必要性を強調。これを受け、地方政府は公費による飲食や贈呈品の購入、春節期間中の表敬訪問などを禁止。この結果、高級レストランや百貨店に大きな影響。実際、2013年入り後、大手小売業の消費財売上高の増勢は鈍化。大手飲食の売上高は前年比マイナスに。概説小売売上高(前年比)(%)25<個人消費> 足許の個人消費の実勢は堅調。政府関係者があまり使用しない中小小売業の消費財や飲食の売り上げは高い伸びを維持。家電と娯楽用品、自動車の販売は2013年入...

2013年7月12日富士通★フィードバック数:0マーケティング海外

小売業と消費者についてのレポートです。

インドのBtoC市場開拓に必要な現地消費者の理解 ~現地の消費者調査から~

...ば、インド人主体のボリュームゾーン・マーケティング研究所を作り、消費者理解に努めている。例えば、エアコン「キューブ」の開発において、インド人はエアコンをほぼ一日中つけっ放しなので、リモコンを省略した。しかし、後に節電意識も高いことを悟り、後続機種には付加するといった試行錯誤も行っている。このように、特にBtoC市場においては、現地消費者の理解に基づく商品の開発・投入が不可欠であることがわかる。こうした中、インド政府は複数ブランドを扱う小売業に関して外資への解禁を決めた。これによって、ウォルマートなど外資の大手小売...

市場データです。

スマートフォン広告市場動向調査

...りました。2013年、大手事業者により広告配信プラットフォームの大幅な仕様変更が行われ、広告主はPC・スマートフォンなど複数のデバイスに対して、一括かつ横断的に広告配信をすることが可能になりました。これにより、従来PC向けに検索連動型広告を出稿していた多くの広告主がスマートフォン向けの広告出稿をはじめ、スマートフォン向け検索連動型広告需要が促進されました。国内ゲームデベロッパーのプロモーション需要に加えて、海外デベロッパーの日本進出、大手小売・飲食チェーンなどのO2Oプロモーション需要、Eコマ...

2016年12月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年11月報

...中心の企業においても厳しい状況に直面する可能性を想定しておく必要があろう。■小売業に変調、一部業種で倒産増加が表れ始める個人消費が冴えない。家計の可処分所得が伸び悩むなか、円高や中国の輸入関税引き上げなどでこれまで好調だったインバウンド需要が鈍化し、大手小売各社の業績が悪化傾向を示し始めた。百貨店販売額における主要5商品は3カ月連続で全品目が前年同月比減少となっており、特に衣料品や家庭用品などは10カ月以上にわたり減少した(「平成28年10月全国百貨店売上高概況」日本百貨店協会)。また、スーパーストアの販売状況も減少傾向が続いている(「チェーンストア販売統計(月報)」日本...

2012年12月27日東京商工リサーチフィードバック数:12ビジネス

売上高100億円以上の「小売業」動向調査 ~ 「ホームセンター、家電」 10年前に比べ売上高平均1.7倍増 ~

...企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 売上高100億円以上の「小売業」動向調査 ~ 「ホームセンター、家電」 10年前に比べ売上高平均1.7倍増 ~ 小売業はリーマン・ショック以降、消費低迷とデフレで我慢が続いている。年間売上高100億円以上の小売業者数は2007年度の1,499社をピークに減少をたどっている。だが、2011年度は小売業者の売上高合計および1社あたりの売上高平均が増加し、復調の兆しも見え始めた。中堅・大手小売業者は冷え切った個人消費を喚起し、未曾...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年8月(中南米経済の見通し)

...入両サイドの拡大に結び付くという好循環が生まれたと思われる。今年 1~2 月には前年比▲11.9%であった自動車輸出は 3 月から急増し、3~7 月累計の自動車輸出台数は前年比+46.0%となった(第 12 図)。インフレは依然として終息していない。政府が発表しているインフレ率は 10%強であるが、実態は年率 20%を超えるインフレが長期化しており、国民の不満が高まっている。そこで政府は大手小売業等に対し生活必需品約 500 品目について、上・下院の中間選挙がある 10 月を期限とする価格凍結指導を行った。第11図:経済活動指数の推移第12図:輸出...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(中南米経済の見通し)

...えるインフレが長期化しており、長期化国民の不満が高まっている。こうしたことから政府は大手小売業等への指導により、生活必需品約 500 品目について、上下院の中間選挙が実施される 10 月を期限として価格凍結を行ってきた。選挙後、政府は 12 月までの価格凍結延長を決定したが、選挙後のインフレ加速を懸念した一部国民が消費を急いだことがこれまでの消費を押し上げていた一因となった可能性がある。今年 9 月のブラジル紙によると、ブラジルからアルゼンチンへの自動車輸出が増加した背景として、富裕...

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングの魅力とは?(2012/11)

...回答)/n=714人(利用経験者) 次に2位は「メーカー、専門店のショッピングサイト」(30.1%)。「地方のお取り寄せ、和菓子、宮内庁御用達品など」(男性40代)など、近くでは手に入らないもの、その地方ならではの名産品などを専門店から直接取り寄せるという声が目立ちました。そのほか、「ネットスーパーをよく利用している」(女性30代)など、4位に「スーパー、コンビニのショッピングサイト」(9.2%)、「百貨店のショッピングサイト」(8.3%)が続き、信頼度の高い実店舗を持つ「スーパー」「百貨店」などの大手小売...

2013年10月4日エスキュービズムフィードバック数:0ビジネス

消費社会の変遷にみる、日本の小売とレジの歴史

...システムの標準機が発表されました。その機種は業界初の双方向インハウス・オンラインを採用しており、レジスタで集めたデータをコンピュータに直接入力することで、全取引明細の検証・記録と、売上げ情報のレポートが可能になりました。日本での反響も大きく大手小売経営者は訪米視察団を派遣し、情報収集にあたるほどだったそうです。日本でもPOSレジシステムの開発が進み、ペン状リーダーでのスキャニングによる商品タグの自動入力やカラー・バーコード・システムも開発され、従来の手作業による会計業務の大幅な改善に寄与しました。百貨...

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0エンタテインメント

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(デジタルコンテンツ等のクリエイティブ産業に係るファンド事業の運営人材(投資案件組成・実施関係)に関する調査研究)

...総合商社 執行役員、大手総合商社 元執行役員・大手製造業 代表取締役社長、中堅製造業 代表取締役社長・大手百貨店 取締役、大手小売チェーン上席執行役員、大手外食チェーン取締役・大手インターネットサービス 常務取締役・大手情報サービス会社 代表取締役社長・大手広告代理店 執行役員他、複数のエグゼクティブ層とのインタビューを実施。業種区分強い弱い総合商社・インフラ、不動産、衣食住、 ・基本的には特定事業部門で金融等あらゆるジャンルに昇っていく人事制度のため対して深い見識と独自人脈全方位的に...

2014年4月13日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

『調査月報』(2014年4月号)

...さんは年にリアや開業動機、事業機会の発見の仕方などが異な2回ヨーロッパに渡り、日本人の足に合いそうな形るため、選ぶ事業領域も違ってくるわけだ。でかつデザインが良く、リーズナブルな靴を買いつさらに、一般消費者を相手にしたビジネスであっける。日本では大手小売店が取り扱っていないブても、そのターゲットは男女で異なる。「一般消費者」ランドも少なくない。その独自の品ぞろえと、販売が主な販売先であると答えた人にその顧客層の性別時にその場で顧客一人ひとりの足に合わせて形を補を尋ねると、女性...

2013年9月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

消費市場としてのインドネシア・フィリピンの評価~現地調査を踏まえて成長性と課題を探る~

...系小売業の市場参入に対して厳しい規制を設けている。例えば、店舗売り場面積は、スーパーで1,200 ㎡以上、ミニマートで 400 ㎡以上が必要であり、投資総額は 100 億ルピア(約 1 億円)、払込資本金 25 億ル図表 9インドネシアの小売業態別売上高シェア推移伝統市場、零細雑貨店ハイパーマーケットミニマート100%ピア(約 2,500 万円)以上のガイドラインが設けられてい80%るうえ、出店場所を決めるに際し地方自治体の許可も得なけ60%ればならないなど参入障壁は高い。外資系の大手小売業は、地場財閥グループとの提携、フラ...

2014年1月9日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 諸外国の電気事業に係る規制機関に関する調査 報告書

...権分離所有権分離所有権分離所有権分離3802TWh328TWh444TWh529TWh299TWh261TWh115TWh131TWh電力、水力発電、天然ガス、石油電力、天然ガス電気・天然ガス電気、ガス、鉄道、通信、郵便電気、ガス、水道電力、ガス、水道電力・水資源電力・ガス・地域熱供給-送電:1 社配電:19 社発電:125 社小売(家庭):68 社送電:RTE1社配電:大手 7 社(eRDF 等)小売:約 160 社の地方配電・小売事業者、18 社の大手・準大手小売事業者送電:TERNA1 社配電:145 社(内、需要家数送電:REE1 社配電:329 社(内、需要家数送電:Statnett1 社配電:161 社(内、需要...

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

...株高を支えた海外投資家不在の状況で低迷が続いている。図表 2日本の日経平均と 10 年国債利回り推移(%)1.4(円)日本10年国債利回り16,500日経平均(右目盛)1.214,7001.012,9000.811,1000.69,3000.47,50011121314(暦年)(資料)Bloomberg日本の企業活動には前向き転換の兆しも最近マスコミ報道をみると派遣労働者の時給の上昇、パートの時給引き上げ等、労働市場の逼迫から賃金引き上げに関する報道が増加している。また大手小売チェーンが 1 万人以上の従業員を正社員化させるとの報道もある。こう...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ