「定期券利用者」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年4月11日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

第12回大都市交通センサス調査

...に詳細な分析を行うこととしております。 (1)総輸送人員総輸送人員は、平成22年から27年にかけて、首都圏・中京圏・近畿圏の全ての圏域で増加しています。○首都圏:40.8百万人(H22)→44.1百万人(H27)[+8%]○3.1○近畿圏:12.6百万人(H22)→13.4百万人(H27)[+6%](2)通勤・通学時間[1]定期券利用者の通勤時間(平均)は、首都圏が67.7分、中京圏が61.1分、近畿圏が62.2分であり、首都圏が最も長い。また、近年の推移では、概ね横ばいの傾向にある。[2]定期券利用者の通学時間(平均)は、首都圏が78...

2017年5月2日東洋経済新報社フィードバック数:0大型消費/投資

新宿駅に着いた客が乗り換える路線はここだ

...線への乗り換えが最多首都圏のみならず全国で最多、世界でもトップといわれる利用者数を誇るのが新宿駅だ。乗り入れる各線を合計すると、1日の利用者数は300万人を大きく上回るとされる。「路線間の乗換え状況」のデータによると、定期券利用者数ベースの数値では1日あたり片道96万8328人が利用し、そのうち65万6847人が同駅(西武新宿や新宿三丁目など周辺駅を含む)での乗り換え利用者となっている。全体の約68%が新宿駅を乗り換えのために利用している計算だ。定期券以外の利用者を加えればもっと多いことになる。では、各路...

2015年2月18日国立国会図書館フィードバック数:0社会/政治

並行在来線の現状と課題

...の負担を軽減する目的で採用されてきた。現在、四つの並行在来線が開業している。いずれの路線も定期券利用者が多く、住民の足としての重要な役割を担っている。その一方、利用者・沿線人口の減少、運賃の上昇、地方自治体の負担増などの問題に直面している。●課題として、並行在来線の経営支援策(主に貨物調整金制度)をより安定的なものにすること、経営分離区間の決め方を検討し JR 各社の経営健全性の確保と並行在来線の負担軽減との均衡を図る必要があることが指摘されている。国立国会図書館調査及び立法考査局国土交通課まなこかずや(真子 和也)第851号調...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ