調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 実質賃金プラス

「実質賃金プラス」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

期待通りの賑わい―今年のGW

...わたしの意見 ― 水野 創期待通りの賑わい―今年のGW(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月14日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] GWが終わり交通各社の利用状況等が相次いで発表された。勢いを感じさせる結果だ(表1)。今年のGWは、�@賃金・雇用の改善、�A株高による資産効果、�B原油価格低下効果、そして�C消費税引き上げの影響一巡による4月の実質賃金プラス転換と「新しい局面を迎えた個人消費」の力が示される最初の機会だったと思う。後半は5連休...

2015年3月15日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

EYのレポートです。

シリーズ:経営者のための経済・市場環境定点観測 vol.2

...安による負担感の低下に加えて、賃金上昇への期待感から、消費者マインドが改善。 企業:収益増の一方で、設備投資は停滞企業収益の増加が見込まれる中で、設備投資は停滞している。昨年末から輸出向け出荷が増えたことで、足もとでは在庫が減り、生産が増える好循環の兆しが見えている。 金融市場:高い流動性と低金利環境により世界的な株高を記録金融市場は各国の緩和政策により高い流動性を確保。日経平均は原油安による好業績を背景に、海外機関投資家の買いを巻き込み、2000年4月以降15年ぶりの高値水準に到達。<4-6月期の見通しハイライト>家計:実質賃金プラス...

2015年6月14日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

経営者のための経済・市場環境定点観測 vol.3

...兆まで膨らみ、終値で史上初の600兆円超えとなった。<7-9月期の見通しハイライト>家計:実質賃金プラスで消費は回復へ賃上げや今夏ボーナスの増加の一方で、物価上昇率が縮小することで、当面、実質賃金がプラス圏で推移するとみられる。消費者マインドも好転して、消費の底上げが期待される。 企業:輸出増と設備投資の回復米国向けなどを中心に、アジア諸国の景気減速の一服に伴って、輸出が増加すると見込まれる。企業業績の改善を背景に、設備投資の増加も想定される。 金融市場:欧州...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ