「実質GDP成長」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

アジア経済概況(2014年11・12月)

...2015/02/20調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・10-12月期の成長率は+7.3%で前期から横ばい2.中国の主要指標解説:2014年の自動車販売台数の伸び率は大幅鈍化3.台湾経済の概況・・・10-12月期の実質GDP成長率は+3.3%に鈍化4.韓国経済の概況・・・10-12月期の実質GDP成長率は+2.7%に鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・10-12月期の実質GDP成長率は+2.3%に持ち直し2.インドネシア経済の概況・・・10-12月期...

アジア経済概況(2014年9・10月)

...2014/12/04調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+7.3%に鈍化2.中国の主要指標解説:PMI雇用指数と利下げ3.台湾経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+3.6%に鈍化4.韓国経済の概況・・・7-9月期の成長率は前期比加速も前年比では鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+0.6%に持ち直し2.インドネシア経済の概況・・・7-9月期の成長率は+5.0%に小幅鈍化3.マレ...

アジア経済概況(2014年7・8月)

...2014/09/09調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・景気回復のペースは再び緩やかに2.中国の主要指標解説:最近の国際収支状況3.台湾経済の概況・・・4-6月期の実質GDP成長率は+3.7%に加速4.韓国経済の概況・・・景気は依然として低迷II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・4-6月期の実質GDP成長率は+0.4%に持ち直し2.インドネシア経済の概況・・・4-6月期の成長率は+5.1%と小幅鈍化3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4...

アジア経済概況(2014年5・6月)

...2014/07/30調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・4-6月期の実質GDP成長率は+7.5%に小幅加速2.中国の主要指標解説:新エネルギー車の普及加速を目指す中国3.台湾経済の概況・・・景気は緩やかな持ち直し基調にある4.韓国経済の概況・・・4-6月期の実質GDP成長率は+3.6%に鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・治安回復により景気に持ち直しの兆し2.インドネシア経済の概況・・・景気の拡大テンポは一段と緩やかに3.マレーシア・フィリピン・シン...

2015/2016年度経済見通し(2015年2月)

...【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年2月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年02月18日○16日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.2%)と3四半期ぶりにプラスに転じた。ただし、民需の伸びが小幅にとどまるなど、景気は持ち直しに転じた後も、その勢いは力強さに欠けている。年度末にかけても景気持ち直しが続くと予想されるが、上期の落ち込みが大きいため、2014年度全体の実質GDP成長...

2014/2015年度経済見通し(2014年3月)

...【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年3月)(2次QE反映後)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2014年03月11日○2013年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+0.2%(年率+0.7%)と1次速報値の同+0.3%(年率換算+1.0%)から若干下方修正された。景気は緩やかに持ち直しているが、上期と比べると回復ペースは大きく鈍化している。2014年1~3月期には、消費税率引き上げ前の駆け込み需要により実質GDP成長...

2014/2015年度経済見通し(2014年5月)

...【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年5月)~景気は持ち直すも、ペースは緩やかにとどまる~ 2014年05月19日○2014年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+1.5%(年率換算+5.9%)と消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって高い伸びとなった。個人消費が前期比+2.1%と急増したことから、民需の実質GDP成長率に対する寄与度は前期比+1.8%まで高まった。他方、公的需要全体の前期比寄与度は同-0.1%と7四半期ぶりにマイナスとなった。また、外需...

2013/2014年度経済見通し(2013年12月)

...2013/2014年度経済見通し(2013年12月)(2次QE反映後)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2013年12月10日○2013年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)に下方修正された。4四半期連続でのプラスであり、景気が緩やかに持ち直していることは確認されたが、2013年上期と比べると回復ペースは鈍化している。○2013年度後半は、実質GDP成長率の前期比プラス幅が拡大する。海外...

経済見通しです。

2014/2015年度経済見通し(2014年2月)

...【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年2月)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2014年02月19日○2013年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.0%)と4四半期連続でプラスとなり、景気が引き続き緩やかに持ち直していることが確認された。民需全体では前期比+0.8%と伸びが強まっており、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の動きが一部で強まりつつあることがうかがえる。一方、外需の前期比寄与度は2四半期連続でマイナスとなり、マイ...

2013/2014年度経済見通し(2013年11月)

...2013年11月18日○2013年7~9月期の実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+1.9%)と4四半期連続でプラスとなった。景気が緩やかに持ち直していることは確認されたが、中身をみていくと、公共投資や在庫投資によって大きく押し上げられており、見た目ほど回復力に力強さはない。○2013年度後半は、実質GDP成長率の前期比プラス幅が年度末にかけて拡大する。海外景気の持ち直しを受けて輸出が前期比プラスに転じ、年度...

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1116のアップデート)

...今週の指標 No.1118 2014年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1116のアップデート) ポイント2015年3月25日2014年10-12月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.3%となり、2014年7-9月期(▲2.6%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+1.5%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。今回試算値(▲2.3%)は1次速報に基づく試算値(▲2.2%)から...

日本経済(週次)予測(2013年3月11日)

...No. 38CQM(超短期経済予測モデル)日本経済(週次)予測(2013 年 3 月 11 日)稲田義久(APIR 研究統括)内容に関するお問い合わせは下記までe-mail:inada-y@apir.or.jpポイントCQM 予測の動態:実質 GDP 成長率2013Q1 (%,前期比年率換算)5.04.14.03.02.481.822.01.921.771.00.0-1.0市場コンセンサス支出サイド主成分分析平均3/113/042/252/182/122/041/281/211/1412...

2015年2月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

...今週の指標 No.1116 2014年10-12月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2015年2月25日2014年10-12月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.2%となり、2014年7-9月期(▲2.6%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+2.2%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。一方、2014年のGDPギャップは▲1.6%となり、2013年(▲1.1%)からマイナス幅が拡大した。これ...

2015年1~3月期のGDP(1次速報)予測

...2015年05月01日5月20日に公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率は2四半期連続でプラスとなったと予想されるが、前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と緩やかな伸びにとどまったようだ。景気は持ち直しているが、その足取りは重たいままである。この結果、2014年度の実質GDP成長率は前年比-1.1%と5年ぶりのマイナスになったと見込まれる。個人消費は、反動減の一巡や実質賃金の減少幅縮小を背景に前期比でプラスが続くが、伸びは小幅にとどまっている。設備投資は、企業...

2013年6月12日内閣府フィードバック数:6社会/政治

2013年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について

...今週の指標 No.1069 2013年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1067 図1のアップデート) ポイント2013年6月12日2013年1-3月期の2次QEを反映したGDPギャップ(注)は▲2.2%となり、12年10-12月期(▲2.9%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+4.1%と、潜在成長率(+0.8%)を上回る伸びとなったためである。今回試算値を1次QEに基づく試算値(▲2.3%)と比較すると、上方...

2015年6月4日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

...今週の指標 No.1121 2015年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2015年6月4日2015年1-3月期のGDP1次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.9%となり、2014年10-12月期(▲2.3%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+2.4%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。一方、2014年度のGDPギャップは▲2.1%となり、2013年度(▲0.6%)からマイナス幅が拡大した。これ...

2015/2016年度経済見通し(2015年6月)

...【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年6月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年06月09日○8日に発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的大きめに上方修正された。主な修正要因は、法人企業統計調査の結果を受けて設備投資と在庫投資が上方修正されたことによるものである。設備投資は前期比+2.7%と3四半...

アジア経済概況(2015年1-3月)

...2015/04/27調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・1-3月期の成長率は+7.0%に鈍化2.中国の主要指標解説:国際収支の「新常態」3.台湾経済の概況・・・景気は緩やかな回復基調4.韓国経済の概況・・・1-3月期の実質GDP成長率は+2.4%に鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・景気の回復テンポは依然として緩やか2.インドネシア経済の概況・・・景気の拡大テンポは緩やか3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベト...

2014/2015年度経済見通し(2014年9月)

...【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年9月)(2次QE反映後)~景気は緩やかに持ち直すも、下振れリスクが強まる~ 2014年09月09日○2014年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-1.8%(年率-7.1%)と1次速報の同-1.7%(同-6.8%)から小幅下方修正された。全体での修正は小幅にとどまったが、設備投資の下方修正の一方で、その落ち込みを在庫の増加で補う形になっており、1次速報よりも内容は悪い。在庫投資は、プラス幅が大きくなった分、調整...

2014年10~12月期のGDP(2次速報)予測

...3月9日公表予定の2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%と変わらないが、年率換算値では+2.2%から+2.6%に、若干上方修正される見込みである。修正幅は小さく、景気の見方に変化が出ることはないだろう。需要項目別の内訳をみると、10~12月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.1%から同+0.2%に上方修正され、在庫投資の寄与度も同+0.2%から同+0.3%に上昇修正される見込みである。一方、公共投資は、12月の...

2011年9月16日内閣府フィードバック数:4ビジネス

2011年4-6月期2次QE後のGDPギャップの推計結果について

...今週の指標 No.1010 2011年4-6月期2次QE後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1007 図5のアップデート)ポイント2011年9月16日2011年4-6月期2次QEを踏まえた2011年4-6月期のGDPギャップは、1次QEから実質GDP成長率のマイナス幅が拡大したため、▲4.0%となった。なお、GDPギャップは前提となるデータや推計方法によって結果が大きく異なるため、数値については幅をもってみる必要がある。問合せ先参事官(経済財政分析-総括担当)付小寺 信也...

2013/2014年度経済見通し(2013年5月)

...2013/2014年度経済見通し(2013年5月)~景気持ち直しの動きが強まっていくが、過度な期待は剥落へ~ 2013年05月20日○2013年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+0.9%(年率換算+3.5%)と高い伸びとなった。これで2四半期連続の増加であり、景気が昨年中に底打ちし、年明け後も順調に持ち直していることを改めて確認する結果であるといえる。円安や株高を受けて消費者マインドが高まっていることが高い伸びの原因となっている。2012年度全体の実質GDP成長率は前年比+1.2%まで...

2015/2016年度経済見通し(2015年3月)

...【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年3月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年03月10日○9日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は、前期比+0.4%(年率換算+1.5%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.2%)から下方修正された。在庫投資の寄与度が+0.2%から-0.2%に大きく下方修正されたことが主因である。設備投資も下方修正され、3四半期連続で前期比マイナスとなった。景気...

2015年1~3月期のGDP(2次速報)予測

...6月8日公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%から+0.7%に上方修正される見込みである(年率換算値では+2.4%から+2.7%)。修正幅は小さいが、修正の中身によって、景気の見方が前向きに変化する可能性がある。需要項目別の内訳をみると、1~3月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.4%から同+2.1%に大きく上方修正される一方、在庫投資の寄与度が同+0.5%から同+0.3%に下...

2014/2015年度経済見通し(2014年6月)

...【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年6月)(2次QE反映後)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2014年06月10日○2014年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.6%(年率+6.7%)と1次速報値の同+1.5%(年率換算+5.9%)から上方修正され、名目成長率も同+1.2%(年率+5.1%)から同+1.4%(年率+5.7%)に上方修正された。今回の2次速報の結果は、企業部門で修正幅がやや大きかったものの、その...

2013年4~6月期のGDP(2次速報)予測

...9月9日公表予定の2013年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+1.0%(年率+4.1%)と、1次速報値の同+0.6%(年率+2.6%)から上方修正されると見込まれる。上方修正は、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比-0.1%から同+1.7%に上方修正されることが主因である。また、在庫投資も、同じく法人企業統計の結果を反映させると、実質GDPに対する前期比寄与度は-0.3%から-0.2%に上方修正されると見込まれる。さらに公共投資も、6月の...

2015/2016年度経済見通し(2015年5月)

...【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年5月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年05月22日○20日に公表された2015年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と2四半期連続でプラスとなった。しかし、このうち、在庫の前期比寄与度が+0.5%と伸び率の大部分を占めており、在庫を除いた最終需要の動きは鈍いままである。景気は昨年夏場をボトムとして持ち直しに転じたものの、その...

2013年12月28日共立総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2014年東南アジア経済の見通し

...FOCUS2014 年東南アジア経済の見通し2インドネシアが続くと予測されるため、民間消費、投資とも伸びが抑制現地通貨安とインフレが成長の足かせにされると見込まれる。産業を見ると、2013年の製造業は堅調な伸びを維持した(1)経済成長率の見通し1タイ成長は一服も底堅く推移(1)経済成長率の見通し2013年の実質GDP成長率は第1四半期が前年同期比投資などが鈍化した。2014年は輸出回復を背景に投資は+6.0%、第2四半期同+5.8%、第3四半期同+5.6%と小幅な回復すると見込まれる。がら...

2014年5月23日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

...今週の指標 No.1096 2014年1-3月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2014年5月23日2014年1-3月期のGDP1次速報値から試算したGDPギャップ(注)は▲0.3%となり、2013年10-12月期(▲1.6%)からマイナス幅が縮小した(図、表)。これは、実質GDP成長率が前期比年率5.9%となり、潜在成長率(0.7%)を大幅に上回ったためである。このマイナス幅の縮小には、消費税率引上げに伴う駆け込み需要による個人消費の増加だけではなく、企業...

2013年9月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1077のアップデート)

...今週の指標 No.1079 2013年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1077のアップデート) ポイント2013年9月12日2013年4-6月期の2次QEを反映したGDPギャップ(注)は▲1.5%となり、13年1-3月期(▲2.2%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率3.8%と、潜在成長率(0.7%)を上回る伸びとなったためである。今回試算値(▲1.5%)を1次QEに基づく試算値(▲1.9%)と比較すると、上方...

2013年12月17日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について

...今週の指標 No.1086 2013年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1082のアップデート) ポイント2013年12月16日2013年7-9月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.6%となり、13年4-6月期(▲1.7%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率1.1%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。今回試算値(▲1.6%)は1次速報に基づく試算値(▲1.3%)から...

2012年10~12月期のGDP(1次速報)予測

...2013年02月01日2月14日に公表予定の2012年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比0.0%(年率換算0.0%)となったと見込まれる。月次の経済指標では景気が昨年中に底打ちした可能性が高まっているが、実質GDP成長率でみても、底打ちの可能性をサポートすることになりそうだ。前期比で横ばいまで持ち直す最大の要因は、家計部門の底堅さである。個人消費は所得情勢が厳しいにもかかわらず、自動車販売の落ち込みが一巡したなどの理由によって前期比プラスに転じたと予想される。また、公共...

脚光を浴びる国民総所得(GNI)

...計の所得そのものではない。巨額の対外純資産を背景とした海外からの利子や配当の受取の増加を主因として、名目GNIは名目GDPを上回るペースで拡大しているが、賃金の低迷や低金利による財産所得の減少などから、国民総所得に占める家計の割合は低下している。実質GNIを見る際には、交易条件の影響を考慮する必要がある。日本は長期にわたり交易条件の悪化が続いているため、実質GNI成長率が実質GDP成長率を下回る傾向がある。交易利得はこの10年間で▲26.4兆円も減少している。実質GNI成長率が実質GDP成長率よりも高くなるためには、輸入...

2015年6月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1121のアップデート)

...今週の指標 No.1122 2015年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1121のアップデート) ポイント2015年6月15日2015年1-3月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.6%となり、2014年10-12月期(▲2.4%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率+3.9%となり、潜在成長率(0.6%)を上回ったためである。今回試算値(▲1.6%)は1次速報に基づく試算値(▲1.9%)から...

2014年3月17日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1090のアップデート)

...今週の指標 No.1091 2013年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1090のアップデート) ポイント2014年3月14日2013年10-12月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.6%となり、2013年7-9月期(▲1.6%)から横ばいとなった(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率0.7%となり、潜在成長率(0.7%)と同程度になったためである。今回試算値(▲1.6%)は1次速報に基づく試算値(▲1.5%)から...

2014年12月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1109のアップデート)

...今週の指標 No.1110 2014年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1109のアップデート) ポイント2014年12月16日2014年7-9月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.8%となり、2014年4-6月期(▲2.2%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率▲1.9%となり、潜在成長率(0.6%)を下回ったためである。今回試算値(▲2.8%)は1次速報に基づく試算値(▲2.7%)から...

2014年9月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1102のアップデート)

...今週の指標 No.1104 2014年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1102のアップデート) ポイント2014年9月18日2014年4-6月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.3%となり、2014年1-3月期(▲0.3%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、実質GDP成長率が前期比年率▲7.1%となり、潜在成長率(0.6%)を大幅に下回ったためである。今回試算値(▲2.3%)は...

2014年6月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について

...今週の指標 No.1099 2014年1-3月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1096のアップデート) ポイント2014年6月13日2014年1-3月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲0.2%となり、2013年10-12月期(▲1.7%)からマイナス幅が縮小した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率6.7%となり、潜在成長率(0.7%)を大幅に上回ったためである。今回試算値(▲0.2%)は1次速報に基づく試算値(▲0.3%)から...

国際マネーフローレポートNo.99

...I.今月のトピックス~米テーパリング進行下の新興国金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

2013年10~12月期のGDP(2次速報)結果

...本日発表された2013年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+0.2%(年率+0.7%)と1次速報値の同+0.3%(年率換算+1.0%)から若干下方修正された。名目成長率も、同+0.4%(年率+1.6%)から同+0.3%(年率+1.2%)に下方修正となった。なお、GDPデフレーターは、前年同期比-0.4%から同-0.3%と、小幅上方修正された。同時に2013年1~3月期も前期比+1.1%、7~9月期も同+0.2%へ、それぞれ0.1%ポイント下方修正され、2013年暦年の結果も1...

米国の対外証券保有状況

...I.今月のトピックス~米国の対外証券保有状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

2014年11月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:9月ドイツ鉱工業生産・貿易収支 ~反発はしたけれども・・・~

...夏季休暇の時期が後ずれ、自動車の新車投入タイミングもずれ込んだことから、受注、生産、輸出統計が軒並み落ち込んでいた。9月は予想通り揃って反発したが、6日発表の受注統計の反発が弱く、企業マインドの悪化も続いており、景気回復のモメンタムは悪化してきている。・ 9月の生産の反発が弱く、14日に発表される7-9月期のドイツの実質GDP成長率が再びマイナスとなる恐れもある(4-6月期は前期比▲0.2%)。その場合、特殊要因があったにせよ、ドイツ景気までもがテクニカル・リセッションに陥ることになり、欧州...

東京市場での投資部門別株式売買状況

...I.今月のトピックス~東京市場での投資部門別株式売買状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

2013年7~9月期のGDP(2次速報)予測

...12月9日公表予定の2013年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+0.5%(年率+1.9%)と、1次速報値の同+0.5%(年率+1.9%)から大きく修正されることはないと予想される。もっとも、今回は2011年度の確々報値および2012年度の確報値も発表されるため、過去の実績分も修正されることになる見込みである。このため、前期比の伸びが同じであったとしても単純な比較はできない。需要項目別の内訳をみると、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.2%から...

2013年10~12月期のGDP(2次速報)予測

...3月10日公表予定の2013年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+0.2%(年率+0.9%)と、1次速報値の同+0.3%(年率+1.1%)から下方修正が見込まれる。ただし、修正幅は小幅であり、景気の見方に変化が生じることはないであろう。需要項目別の内訳をみると、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+1.3%から同+0.8%に小幅下方修正されると見込まれる一方、在庫投資は、同じく法人企業統計の結果を反映させると、実質GDPに対する前期比寄与度は+0...

2014年7~9月期のGDP(2次速報)予測

...12月8日公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値から若干上方修正され前期比-0.3%となる見込みである(年率換算値では-1.6%から-1.2%に修正される見込み)。2四半期連続でのマイナス成長の状況に変化はなく、消費税率引き上げ後、景気が弱含んだ状態が続いていたことを確認する結果となろう。需要項目別の内訳をみると、7~9月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が2次速報値の前期比-0.2%から同+0.6%に上方修正される一方で、公共投資は、9月の...

2013年10~12月期のGDP(1次速報)予測

...2014年01月31日2月17日に公表予定の2013年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれ、景気持ち直しが続いていることを確認する結果となろう。中でも高い伸びが見込まれるのが個人消費と設備投資である。公共投資も引き続き増加しており、この結果、内需の寄与度は+1.0%まで高まったと予想される。一方、輸出が緩やかな伸びにとどまった半面、輸入は順調に増加しており、外需寄与度は前期比-0.5%と2四半...

国際マネーフローレポートNo.101

...I.今月のトピックス~増加するマネタリーベースと金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

米国際収支統計からみた対外金融資産投資

...I.今月のトピックス~米国際収支統計からみた対外金融資産投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

米国QE終了後の金融マーケット

...I.今月のトピックス~米国QE終了後の金融マーケットII.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ