「対象物質」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年1月5日環境省フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

「平成22年度化学物質環境実態調査結果(概要)」について

...」という。)の発効等を踏まえ、今日的な政策課題により迅速かつ適切に対応するため、「プライオリティリスト」方式の調査について抜本的な見直しが行われ、平成14年度より調査結果を施策により有効に活用されるよう、各担当部署からの要望物質を中心に調査対象物質を選定する方式に変更し、現在は「初期環境調査」、「詳細環境調査」及び「モニタリング調査」の調査体系で実施している。さらに、化学物質に係る各種施策において一層有効に活用するための見直しが行われ、平成22年度より、排出...

2013年12月28日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度化学物質環境実態調査結果(概要)

...」という。)の発効等を踏まえ、今日的な政策課題により迅速かつ適切に対応するため、「プライオリティリスト」方式の調査について抜本的な見直しが行われ、平成14年度より調査結果を施策により有効に活用されるよう、各担当部署からの要望物質を中心に調査対象物質を選定する方式に変更し、現在は「初期環境調査」、「詳細環境調査」及び「モニタリング調査」の調査体系で実施している。さらに、化学物質に係る各種施策において一層有効に活用するための見直しが行われ、平成22年度より、排出...

2014年12月25日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質環境実態調査

...」という。)の発効等を踏まえ、今日的な政策課題により迅速かつ適切に対応するため、「プライオリティリスト」方式の調査について抜本的な見直しが行われ、平成14年度より調査結果を施策により有効に活用されるよう、各担当部署からの要望物質を中心に調査対象物質を選定する方式に変更し、現在は「初期環境調査」、「詳細環境調査」及び「モニタリング調査」の調査体系で実施している。 さらに、化学物質に係る各種施策において一層有効に活用するための見直しが行われ、平成22年度より、排出...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度環境対応技術開発等(東アジアにおける化学物質管理情報基盤の実現性に関する調査)報告書

...の化学物質に関するデータベースや多国間で運営される他分野のデータベースを参考にして整理するとともに、設置した際の経済的影響等を調査し、設置されるべき基盤の在り方、並びにそれを活用した効果的・効率的な化学物質管理制度の在り方についてまとめることを目的とした。21.3. 調査の調査の内容と内容と方法① 化学物質管理情報基盤の在り方の検討データベースを構築する際に、どの程度の対象物質があるかを把握するため、各国が現時点で構築している化学物質管理制度における規制対象化学物質等のリストの有無及びある場合はその物質リスト、並びに申請等される項目等に関する調査・整理を行った。また、既存...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度環境対応技術開発等,化管法対象物質の選定基準改正のための基礎的調査報告書

...平成 23 年度経済産業省委託事業平成 23 年度 環境対応技術開発等(化管法対象物質の 選定基準改正のための基礎的調査) 報告書平成 24 年 2 月目 次1. 調査の背景と目的 ................................................................................................... 1 1.1 調査...

2013年12月6日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度環境対応技術開発等リスク評価対象物質への一斉質量分析手法の適用性と環境濃度把握の可能性事業報告書

...経済産業省 製造産業局化学物質管理課 殿平成 24 年度環境対応技術開発等リスク評価対象物質への一斉質量分析手法の適用性と環境濃度把握の可能性事業報告書平成 25 年 3 月 6 日横浜国立大学 大学院環境情報研究院代表:亀屋隆志1.調査名リスク評価対象物質への一斉質量分析手法の適用性と環境濃度把握の可能性2.調査目的化審法の優先評価化学物質および化管法対象物質を中心とする数百種類に及ぶ化学物質の環境リスク評価に不可欠な曝露情報である環境中濃度の同時一斉分析を実現できる技術を確立する。具体...

2014年3月31日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度東日本大震災の被災地における化学物質環境実態追跡調査結果の公表並びに 平成23~25年度本調査結果の総括について

...化学物質排出把握管理促進法に基づき排出量等の届出が必要とされる物質(PRTR届出対象物質)等(以下、「POPs等」という。)の被災地における残留状況を把握するため、環境省が従来より実施している化学物質環境実態調査の測定地点等を中心に、被災や津波による影響、PRTR制度に基づく届出情報、前年度に実施した化学物質環境実態追跡調査(以下、「追跡調査」という。)の結果等を踏まえ、調査地点を選定し、今年度の追跡調査を実施しました。 (1)大気環境試料の調査結果について[1]今年度の追跡調査と既往調査結果との比較 POPsの6物質について、16地点(地図別添1参照)で調...

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度環境対応技術開発等(改正化審法における物理化学的性状、分解性及び蓄積性データの整備)報告書

...等の入力について.......................................... 108 入力シートへの個々の入力方針について .................................................... 108 6.1.1. 6.1.2. 6.1.3.7.巻末資料 収集対象物質リスト...................................................................................110 7.1. 7.2. 3.2.2 の収集対象物質...

2013年9月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度経済産業省環境対応技術開発等残留性有機汚染物質等に関する調査報告書

...状況の状況 ................................................................... 7(3) REGULATION (EC) No 850/2004 及びその改訂規則における対象物質の指定状況................ 93.1.2 短鎖塩素化パラフィン (SCCP)、塩素化ナフタレン (CN)、ヘキサクロロブタジエン(HCBD)のリ...

2015年5月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(製品含有化学物質における調達基準の実態調査)

...品の分類及び表示に関する世界調和システムJAMPアーティクルマネジメント推進協議会AISアーティクルインフォメーションシートIMDS国際材料データシステムGADSL世界の自動車業界の申告対象物質リストJGPSSIグリーン調達調査共通化協議会JIGジョイント・インダストリー・ガイドラインIEC国際電気標準会議2有害化学物質規制法第1章 事業の背景と目的1.1事業の背景我が国の電気電子製品や自動車などの輸出産業におけるサプライチェーンでは、諸外国の化学物質規制強化へ対応するため、化学物質情報の管理及び伝達が求められている。一方で、サプ...

2014年8月29日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のレポートです。

平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書

...の規定による観測の成果等を活用しつつ、特定物質によるオゾン層の破壊の状況並びに大気中における特定物質の濃度変化の状況を監視し、その状況を公表するものとする。(参考2)フロン類について・CFC(クロロフルオロカーボン):冷媒、発泡剤、洗浄剤等として使用される。オゾン層破壊物質であり、モントリオール議定書の規制対象物質。また、強力な温室効果ガスでもある。先進国では1995年末に生産・消費が全廃されており、開発途上国でも2009年末に生産・消費が全廃された。・HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン):オゾン層破壊物質であり、モントリオール議定書の規制対象物質...

2015年4月1日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大気汚染の調査です。

平成25年度 大気汚染状況について(有害大気汚染物質モニタリング調査結果報告)

...しています。(1)対象物質(21物質) ①環境基準が設定されている物質(4物質) ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン  ②環境中の有害大気汚染物質による健康リスクの低減を図るための指針となる数値(以下「指針値」という。)が設定されている物質(9物質) アクリロニトリル、塩化ビニルモノマー、クロロホルム、1,2-ジクロロエタン、水銀及びその化合物、ニッケル化合物、ヒ素及びその化合物、1,3-ブタジエン、マンガン及びその化合物  ③環境...

2014年3月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度PRTRデータ

...に届出対象事業者から届出のあった全国の36,504事業所からの排出量・移動量について集計したところ、排出量は162千トン(対前年度比▲6.9%)、移動量は219千トン(対前年度比▲2.8%)、排出量と移動量の合計では381千トン(対前年度比▲4.6%)となりました。 また、政令改正前後における継続物質※の排出量は147千トン(対前年度比▲6.9%)となり、引き続き減少傾向となりました。※継続物質:物質見直しの前後で継続して届出対象物質として指定されている276物質。 3.集計結果の公表 【参考】掲載資料リスト 「報道発表資料(経済...

2015年3月6日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

平成25年度PRTRデータの概要等について-化学物質の排出量・移動量の集計結果等-

...25年度の1年間に届出対象事業者が把握し、平成26年4月1日から6月30日までに届出のあった事業所からの排出量・移動量について全国・全物質で集計しました。平成25年度は、前年度に比べ、届出排出量及び届出移動量が減少しました。また、平成22年度から届出対象物質が354物質から462物質に見直されており、見直しの前後で継続して届出対象物質として指定された物質(以下「継続物質」といいます。276物質)についても、届出排出量及び届出移動量が減少しました。<全対象化学物質(462物質のうち届出があった435...

2014年7月18日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

フロン回収・破壊法に基づく平成25年度のフロン類の破壊量の集計結果

...べるとオゾン層を破壊する力は弱い。モントリオール議定書に基づき先進国においては2019年(平成31年)末までに生産を全廃しなければならない。強力な温室効果ガスでもある。HFC(ハイドロフルオロカーボン) CFC、HCFCの代替物として開発された、いわゆる代替フロン。オゾン層破壊物質ではないが、強力な温室効果ガスであり、京都議定書において排出削減対象物質となっている。 (参考1:平成24年度のフロン類破壊量等の集計結果)単位:kg※小数点以下を四捨五入しているため、表中の数値の和は必ずしも合計欄の値に一致しない。 (参考2...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業技術研究開発(構造活性相関手法による有害性評価手法開発)成果報告書<毒性・代謝知識情報の収集と体系化>

...名などをシステムに入力すると、対象物質の反復投与試験データ、毒性作用機序情報、代謝情報、該当カテゴリー等の情報が出力される。また、類似物質についても同様の情報を抽出し、これらを解析しやすい形式で出力する。これにより、評価対象物質の反復投与毒性試験データがない場合についても、カテゴリーに該当する場合、ユーザーはこれらの情報を判断材料としてカテゴリーアプローチ等により評価対象物質の反復投与毒性を推定できる。4ユーザー③ 有害性評価支援システム統合プラットフォーム① 毒性知識情報DBラット代謝マップDB及び代謝シミュレータヒト・ラッ...

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(化学物質管理分野におけるアジア諸国との二国間協力に関する調査)報告書

...物質、取扱制限物質、製造・輸入申請対象物質、 登録対象物質などが規定されている。また、化学品法では、化学品の事故防止や事故に対す る対応措置の作成が要求される危険化学物質リストの規定があり、 対象物質を製造や使用な ど取扱う場合は事故防止計画を作成し届け出を行うことを義務付けている。 同法の具体的な運用については、下位規定として政令や省令等の整備が進められている。 例え ば、 運 用体制として、化学物質管理の中心となる組 織 となる「化学品 庁 」 ( 以 下、 Vinachemia) が 2009...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全対策(in vitro簡易有害性試験法の利用促進調査)報告書

...物質の調製手順、析出有無の確認、測定手順)を Hand1-Luc EST 記録用紙(QC チェックシート(Hand1-Luc Ph0 study)ver1.1.xls)に記載した。3. Hand1-Luc EST における試験成立の判定基準(1) Performance standard of assayそれぞれ一回の実験で,陽性対象物質 5-FU が下記の条件を満たすことを絶対条件とする。IC50 : 0.008 – 0.200 μg/mLID50 : 0.006 – 0.150 μg/mL(2...

2015年4月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(アジアにおける化学物質管理情報基盤調査)報告書

...ア共通の化学物 質管理情報基盤を、特に ASEAN 諸国を対象として調査しデータを充実させるとともに、 データ構造、機能、運用方法・体制についても引き続き検討を行うことを目的とした。 1.2 1.2.1 調査内容及び実施方法 化学物質管理情報基盤の検討① 化学物質管理情報基盤で取り扱う内容の検討とデータの充実 ASEAN 各国の現行規制を物質毎に一覧できる化学物質管理情報基盤を構築する ため、前年度までの調査事業で、ASEAN 規制対象物質リストを化学物質管理情報基 盤に入力したところであるが、本年...

2014年6月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25 年度化学物質安全対策(化学物質適正管理の今後の課題に関する調査)報告書

...) ................ 443.(1)③(ア)(2) スクリーニング対象物質の選定 ........................................................... 453.(1)③(ア)(2)-1) 第 1 回対象物質の選定................................................................... 463.(1)③(ア)(2)-2) 第 2 回対象物質...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等 (代替フロン等3ガスの工業用洗浄剤・溶剤用途における使用実態調査)報告書

...は、2013 年以降 HFC-365mfc が京都議定書における排出量報告の対象物質となり、HFE も報告することが望ましい物質となったので、効率の良い排出削減対策を実施するために、これら物質の排出量報告システムの構築が必要となる。82.2HFC 洗浄剤・溶剤の使用実態2.2.1調査対象となる HFC京都議定書の第1約束期間での対象物質及び 2011 年の COP17 で決められた京都議定書第 2 約束期間で対象となった HFC は次の物質である。○京都議定書第1約束期間対象 HFC略 称GWP(100...

2015年3月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等(改正フロン法施行に向けたフロン類及びフロン類使用製品の冷媒転換等に関する調査)

...千倍 から 1 万倍に及ぶ温室効果ガスでもある。過去に冷媒や発泡剤、断熱材として広く使用された が、オゾン層保護対策の観点でモントリオール議定書の対象物質となり、生産・消費規制が実 施されている。その結果、排出量は着実に削減されている。 特定フロンの代替物質として、 オゾン層破壊効果の無い HFC (ハイドロフルオロカーボン) 、 PFC(パーフルオロカーボン) 、SF6(六フッ化硫黄)といった代替フロンへの転換が進んでい る。しかし、これらの物質も温室効果を持っているため、京都議定書の削減対象物質...

2015年6月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度経済産業省化学物質安全対策 平成26年度GHS分類ガイダンス改訂案の作成等報告書

...国においては、2001 年に関係省庁連絡会議1を設置し、国連 GHS の邦訳、GHS に関連する国内法の整備のための情報交換などを実施するとともに、国内での分類作業を促進するため、2006 年度からの 2 年間で、化管法2、労働安全衛生法、毒物及び劇物取締法(毒劇法)等における SDS 交付対象物質(約 1,500 物質)について、参考値としての GHS 分類を実施し、その分類結果の公表を行ってきた。また、この GHS 分類作業を 2 年という短期間で円滑に行うため、具体...

2013年7月5日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度環境問題対策調査等委託費(フロンガスの分布及び回収・破壊方法に関する国際調査事業)

...として完全に使用された量を減じた量であり、再利用された量は、「生産量」とはみなされない。表 1 本事業の対象国を抽出するための確認するC FC 及び H C FC の消費量の確認を行う物質群の特定対象国の抽出に当たって確認するモントリオール議定書対象物質の分類冷媒回収・破壊の対象となる物質A nnex A – G roup I: C hlorofluorocarbons(C F C -11, C F C -12, C F C -113, C F C -114 and C F C -115)●(但し消費量)A nnex A – G roup...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等 (冷媒管理体制実証モデル事業(データ収集分析等調査))報告書

...した実証データの分析と冷媒管理体制構築に向けた検証..................................................... 723. 本調査における留意点 ......................................................................................................... 77Ⅰ. 事業の目的冷凍空調機器の冷媒として使用されるフロン類(CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)、HFC(ハイドロフルオロカーボン))は、地球温暖化係数(GWP)が高く、特に HFC は京都議定書削減対象物質...

2012年8月2日国土交通省フィードバック数:5社会/政治

平成23年全国一級河川の水質現況

...概要 ---------------------------------------------------- 119 1)対象物質 ----------------------------------------------- 119 2)調査地点および調査頻度 --------------------------------- 121 (2)調査結果 ---------------------------------------------------- 122 (3)これまでの経年変化と今後の対応 ---------------------------- 124 6.水質...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等 (冷媒管理体制実証モデル事業(実証モデル事業運営検討調査))報告書

...委員が委員会席上でこの資料に言及されたため、ここでは資料編に加え、資料3とした。21.背景と目的冷凍空調機器の冷媒として使用されるフロン類(CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロフルオロカーボン)、HFC(ハイドロフルオロカーボン))は、地球温暖化係数(GWP)が高く,特に HFC は京都議定書対象物質であり、オゾン層破壊物質のような生産・消費規制が存在しないため、大気への排出を抑制する必要が有る。モントリオール議定書による特定フロン(CFC,HCFC)の生産消費規制の進行に伴い、冷凍...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等(GHS情報提供方法の基盤調査)報告書

...原案素案の作成方針 化学物質を適切かつ安全に管理するため、化学物質安全情報をより有効に伝達すること が求められている。このため、MSDS 制度における GHS の一層の促進や提供対象物質の拡 大が検討されており、それに合わせて、制度の対象を B to B における純物質のみから、混 合物にまで拡大する方向が考えられている。 本事業の実施にあたり、上記を実効的に実施するためには、情報の提供者と被提供者と の間で効果的・効率的に情報が伝達できるよう、その方法を的確に定めることが重要と考 えられた。そのため、統合...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度環境対応技術開発等(化審法スクリーニング評価・リスク評価におけるQSAR等活用に係る調査等)報告書

...ゴリーアプローチは上記の方法自体を指すものであるが、 評価対象物質が どの化学物質カテゴリーに該当するのかについて支援する検索機能や、 カテゴリーに基 づいた有害性等データの補完を支援するツールが組み込まれた (OECD QSAR Toolbox のようにソフトウェア化された)ものを使う場合(in silico)と、カテゴリーをユーザ ーが構築し、手作業的に分類及び有害性等データの補完を行う場合とがある。本事業の概要 本事業の概要を以下に述べる。本事業のうち、「化審法における in silico の活用案」をとり まとめるにあたり、「平成23年度...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度環境対応技術開発等(ナノ材料のリスク評価に係る国内外動向及び安全性情報に関する調査)報告書

...らの物質を取り扱う際には、国立労働安全衛生研究所(NIOSH)認定の防護指数(APF)10以上の保護マスクを着用するか、作業場エアロゾル濃度を8時間平均 NCEL1.5mg/m3以下に維持すること、危険有害性周知プログラムの設置、d10粒子サイズ(レーザー光散乱測定で計測し、小粒径側重量10%の粒径)が100nm 以下である PMN 対象物質の製造を制限することなどを義務付けている。この SNUR は、2011年12月5日より有効になるため、11月4日までパブリックコメントを受け付けている。⑥高生...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ